ご意見・ご質問はこちらから

スポンサードリンク

[注意]2017年1月より、コメント投稿は会員限定機能とさせていただきました。ログインせずにコメントを投稿してもエラーとなりますのでご注意下さい。

ちょっと質問がしたいだけなのに有料会員にならないといけないの?

ほとんどの疑問は、以下の説明とリンク先を読めば解決しますよ!

スポンサードリンク

質問する前に読むページ

青切符について質問する前に

反則点数6点未満の反則行為違反の容疑で、通称「青切符」正しくは「交通反則告知書」を切られた方は、御質問の前にリンク先の記事を御一読下さい。

知りたい事のほとんどの答えはそこに書かれていると思います。

赤切符を否認する場合のプロトコル(会員限定)

反則点数6点以上の非反則行為違反の容疑で、通称「赤切符」を切られた方は、リンク先の記事を御一読下さい。

99.9%以上が不起訴になる青切符とは異なり、赤切符を否認する場合はそれなりの覚悟が必要です、また、否認の仕方によって不起訴率もかなり変わります。

手の内を警察・検察に晒さないために、赤切符関連の記事は会員限定記事とさせていただきました。

代わりに、会員限定記事では具体的な上申書の書き方などもわかるようにしてあります。

人間の不安のほとんどは「わからないこと」に対するものですので、仕組みがわかれば不安はかなり軽減されます。

よくある質問のQ&A

警察がこんな酷い対応をしました。おかしいですよね!

私にしてみれば、警察が腐っていることは既知の事実ですので、単に警察の対応への不満を書きたくられても、「そうですね。」としか答えられません。

どうすればいいかアドバイスをお願いします。

「何かアドバイスして下さい」というのはあまりにも抽象的ですし、記事を読めば書いてある事を要約してアドバイスしろというのは勘弁して下さい。まずは関連する記事を読み、それでもわからない点について具体的にご質問下さい。

急いで下さい!今日中に返答して下さい!

申し訳ありませんが、本業が別にあります。警察署や検察庁への出頭日は電話一本で変更出来ます。出来るだけ速やかな返答を心掛けておりますが、今しばらくお待ち下さい。

違反が事実なら否認すべきではない!

それってあなたの主観的判断ですよね?人の生き方やイデオロギーの域を出ませんので、議論するだけ無駄だと思います。私は「被疑者には否認する権利がある」と言っているのですが?

私の考えは違うので賛成できません!

もちろん、私とは異なる考え方をする方がいて一向に構いません。その主張は自らブログなりサイトなりを開設して持論を展開して下さい。

検挙に納得が出来た方は反則金を納めるなり、赤切符ならば素直に認めて略式裁判で罰金刑を受ければよいと思います。その人には「是認」という選択肢を選ぶ権利があります。

一方で、納得がいかなければ「否認」という選択肢を選ぶ権利が誰にでもあり、その権利を侵害する事は許されません。

否認すると逮捕されるぞ!裁判になって大事になるぞ!

あなたは警察官ですかw 否認する権利を行使しないよう圧力をかけたいのですね。

誓って言いますが、元が青切符の反則行為で、逮捕理由が「否認したこと」である例は一例もありません。

ちなみに、警察のバイブル本にも「否認は逮捕事由にならない」と書かれています。

こちらの記事に証拠も載せていますが、残念ながら会員限定記事です。

やっぱり質問したいから会員になろうかな?会費は高い?

それは大変ありがたいのですが、登録前によく検討してからにして下さい。私が逆の立場だったら、ちょっとコメントをするためだけに有料会員になるのはもったいないと思います。

会費は500円/3ヶ月か、1500円/1年の2パターンありますが、有料記事のメインは「切符を切られない為の対処法」「赤切符を切られた場合に読む記事」です。

どうせ会員になるのであれば、会費分の元を取る為にも、ちゃんと対処法を学んで二度と警察の嘘に騙されない人間になるんだという決意を持って読んでいただきたいと思います。

会員登録申請についてはこちらからどうぞ

有料会員登録ページ
取締り110番.comでは、一部記事を会員制記事としております。少しでも質の高い記事を執筆するため、肝心の対処法を警察関係者に読まれない為に必要な措置ですので、サイ...

[注意]繰り返しになりますが、2017年1月より、コメント投稿は会員限定機能とさせていただきました。ログインせずにコメントを投稿してもエラーとなりますのでご注意下さい。

アクセス数アップに御協力いただける方は以下をクリック!
にほんブログ村 車ブログへにほんブログ村 バイクブログへ

twitterはじめました
スポンサードリンク

コメント

  1. アラフィフ より:

    裁判所から電話があり、第1回口頭弁論は来月下旬の予定です。
    被告は欠席の場合が多いみたいですね。事務的な感じですか?!
    その1週間位前に、被告の答弁書が届き、
    2回目以降の口頭弁論期日前には、毎回「準備書面」を提出とのこと。
    書類の作成が厄介ですが、喝を入れながら乗り切りたいと思います。
    とりあえず、今はどんなウソを並べてくるのか楽しみにしながら、
    更なる反論の準備をしていればいいですかね?!

    • 取締り110番 より:

      お疲れ様です。
      私が行政訴訟を起こした時には、被告人は警視総監でしたが、当然ですが出て来ません。
      アラフィフさんのケースでも被告は県警本部長でしょうか?ならば100%出廷はないでしょうね。県警の訟務課のアホが3~5名と、税金で雇われた弁護士が1~2名で計4~7名が被告人席に並ぶ事になるかと思います。

      裁判はシナリオのある茶番劇ですので、お互いの書証の確認をしてから、証人尋問の予定などを尋ねられ、おそらくは県警側が検挙した警官の証人尋問を申請するでしょう。

      で、第2回公判時に警官の証人尋問をして(この時には反対尋問が可能ですので直接問い詰める事も出来ます)警察官は宣誓をした上で警察にとって都合が良い嘘八百を並び立てます。「取締りの経験が豊富である」「当日の事はよく記憶している」「間違いなく原告の違反を現認した」云々と。

      反対尋問で矛盾した証言をしても、あるいは準備書面等で警察の取締り手続の不備を指摘しても、裁判官はそれらの都合の悪い点には一切触れずに「原告が違反した事は事実と認められる。よって処分は妥当であり、原告の主張には理由がないので請求を棄却する」という判決文をよくある書式通りに作文しておしまいです。公判回数は3回程度が普通です。

      これをひっくり返すには、録音もしくは録画証拠が不可欠で、これがあってもなお「警察官の行為に一部不適切なものが含まれていたとしても、それだけで直ちに原告の違反がなかったとまでは言えない」などという珍妙なロジックで棄却してくるのが二ホンの裁判所です。

      私は既にこの国が法治国家ではないことを知っていますが、アラフィフさんにはまだ心のどこかで裁判所ならば証拠に基づいて客観的な判断を下してくれる可能性があると思われているのだと思います。この国の現実を体験をもって知る為にも、出来る限りの抗弁(反論)と求釈明することが出来ます。

      警察側の答弁書などの不可解な点は準備書面で求釈明する事が出来ます。通常の裁判では求釈明に答えないと相手の主張を認めた事になりますが、行政訴訟においては、警察は平然と「釈明の必要性を認めない」などと書いてきます。で、裁判官に直接口頭で「求釈明に答えないという事はこちらの主張を認めた事になりますよね?」と尋ねると「被告としてはそれ(釈明の必要性を認めない)で釈明に当たると考えているのでしょう」などと答えてくるのが二ホンの裁判官です。私はそれを自分で経験しました。

      訴状で言いたい事は大体網羅したのであれば、第2回以降の準備書面は大分薄くて済むようになります。訴状などは法律的な言い回しで独特な文体が含まれますが、慣れてしまえばどうという事もありません。

      訴訟費用はおそらく2万円前後だったかと思いますので、地裁の茶番劇場の観劇料だと思って、元が取れるように存分に暴れてみて下さい。茶番だろうが結論が既に決まっていようが、おかしいものはおかしいですし、間違っているものは間違っているのです。

      前にも提示したと思いますが、苦しい時はガンジーの言葉を思い出して下さい。

      あなたがすることのほとんどは無意味であるが、それでもしなくてはならない。そうしたことをするのは、世界を変えるためではなく、世界によって自分が変えられないようにするためである。

  2. majin より:

    管理人様

    いつもお世話になっております。
    以前に埼玉県内で60km/hのところを96km/hで検挙され、略式起訴を拒否した事について相談させていただいたものです。

    その後は何事も無くこのまま呼び出しが来なければ良いなぁと思っておりましたが、半年後の9月下旬に検察庁から通知が来てしまいました。
    当時は海外出張中で日程的にきつかったので日時変更のために電話をしたところ、おそらく事務次官だと思うのですが「何故だ!」「どうしてだ!」みたいな発言をいただきましたが何とか日程変更して取り調べに臨んできました。

    10月某日に出頭すると取調室には検事官と事務次官が待ち構えており、取り調べがスタートしました。
    検事官は50代ぐらいで気難しい様な感じでしたが落ち着いた口調でした。
    先人の勇者様の経験談から1~2時間程度の取り調べだろうと思っていましたが、4時間近くかかかってしまい想像以上に長かった・・・
    (さいたま検察庁はこんな感じなのか?この検事官だけなのかはわかりませんが・・・)
    上申書を提示していたのですが、上申書の内容確認と時折質問も交えながら調書を作成(検事が記入内容を読み上げ、事務次官がパソコンに入力)。
    質問に対して、こちらも上申書に基づいて返答したのですが経験豊富なのか誘導の様な問答を投げかけてきたりしてきたので、不利になる様な発言をしない様に注意していましたが不安がのこりました。

    3時間経過で一度20分程度の休憩が入り、身上書の作成→調書内容の確認→捺印で終了しました。
    (調書の内容は、概ね上申書と同じでした)
    最後の方で検事官からは「私の経験から計測は正確なので間違っていないと思う。」との発言、この発言と長時間の取り調べや身上書作成で「こりゃ、起訴されるかも・・・」と思ってしまいました。
    その後、今後の進め方として警察官からの調書をとり、1~2ヶ月程度で起訴するかを判断するとの事。
    私の方から「起訴の有無に関わらず連絡が来るのか?」と質問したところ、「そうだ」との返答。
    そして、取調室から退室しました。

    取り調べ中は動揺せず毅然とした態度で臨んでいたつもりでしたが、経験豊富な検事官にしてみたら「チョロイ相手」だったのではないかと思われたかもしれません。
    検挙時の状況確認で、「光電式なので正確だと思うが・・・」とか「設置位置で速度を上げていたのでは?」とか言ってきましたが、「誤作動や他の車両を誤検知した可能性もある」や「そんなに速度は出していない」と否定しましたが、もっと強く否定すべきではないかと反省しています。
    すでに腹をくくっていますので、結果を待ちたいと思います。
    やはり記録シートや切符にサインした事が悔やまれます。

    あと取り調べ開始時に検事官から「録音や録画は禁止なのでしないでください」をしつこく確認されました。
    もちろん既に録音開始しておりましたが、「していませ~ん。」と返答しました。(笑)
    途中で時計を見るフリして1~2回ほど録音しているスマホが動作しているかを確認した時にも「本当に録音していませんよね?」と確認されました。
    軽くしていませんとかわしたのですが、ホントに禁止なのでしょうか?

    以上が報告となります。
    たいした報告内容でなくて申し訳ありません。

    あと、貴重な体験談を投稿してくださった先人の勇者の皆さまと管理人様にこの場をお借りして深く感謝いたします、本当にありがとうございました。

    • 取締り110番 より:

      調書の録取にそれだけの時間がかかり、身上調書を録られているパターンから判断すれば、公判請求(起訴)されてしまう可能性が高いケースに思えます。

      しかし、今からでも出来る事がいくつかありますので検討してみて下さい。

      1. 長くて大変ですが、取調べの様子を録音した録音データを聞き直し、誘導尋問と思われる部分や、事実かどうかわからない事柄について検事(副検事)が断定的に話している部分、あるいはあなたの主張を調書に残そうとしなかった部分などをメモして下さい。
      2. 次にこちらから検察に電話して担当検事(副検事)を電話口に呼び出し「前回の取調べの時に録音は禁止だと何度も言われていましたが、もし録音していた場合、どの法令のどの部分に違反しており、どのくらいの刑罰があるのか教えて欲しい」と言ってみましょう。当然「録音してたのかのか!?」となると思いますが、「その質問にお答えする義務はないと思います。私はこれから起訴される可能性が高いと思われるので、公判に備えて書証を用意しておこうと思っているのですが、やたら録音について心配されていたので、もし録音データが存在していて、裁判所に証拠提出した場合に、録音した行為そのものが刑法その他に触れる犯罪なのかどうかを知っておきたいのです。」とはぐらかしましょう。
      3. 当たり前ですが検察庁内での録音は犯罪ではありません。検察庁の施設管理権という民法上の責任によって「録音するなら取調べはしない」とか「録音するなら施設外に退去してもらう」という選択肢が検察にあるだけです。個人情報云々も無関係ですので、その手の嘘を言われた時も落ち着いて「私の個人情報しか含まれていませんからその御指摘は当たりませんね」と言っておけばOKです。
      4. 録音云々のやり取りが一段落したら、「せっかくお電話したのでもう少しお伺いしたいのですが」と言って、1.でメモした検察官の取調中の不用意な発言(もしくは問題があると思われる部分)について、「取調べ中に〇〇とおっしゃっていましたが、私の証言の任意性を奪うもので、倫理規定に反していませんか?」などと少し追い込んでみましょう。

      当然、この通話も録音しておきます。

      大切なのは「こいつは取調べ時に録音してたんじゃないか?」という疑念を持たせる事です。4時間の取調べの自分の発言を全て記憶している人物などいませんから、録音されていたかもしれないと思えば、余計な事を言わなかったか不安になります。不安になれば不起訴でお茶を濁そうという発想も出てきます。

      これをやったからといって不起訴が出るとは限りませんが、何もしないよりは遥かに効果が期待できます。電話口で検事(副検事)が動揺したりキレたり怒ったりしたら、それは「効果があった」という事を意味しています。

  3. T.O より:

    今回赤切符をきられ、なんとか出来ないかと調べこちらのHPにたどり着きました。
    2点お伺いしたいのですが、
    ①ネズミ取りの場合、不起訴は難しいのか。②上申書の事実の部分の書き方です。
    状況は、2車線道路で緩やかな登り⇨平地⇨緩やかな下りと続く制限速度60kmの道路で30kmオーバーで赤切符。左側を走行中、緩やかな坂で前方を走るガソリンタンク車がスピードを落としたため、右車線に移り追い越して、そのまま平地を走っていたところネズミ取りに引っかかり、緩やかな下りのところで警察官に止められました。
    タンク車を追い越しただけなので90km出ている意識はなかったこと(メーター見てないので確信はありませんが)、下りで止められた時も急ブレーキでは無く安全停止出来たのでスピードは出ていなかったと思うこと、停車時には左車線には車が2台以上止まっていたので左車線には先行車がいたため、納得できませんでした。
    ショックで思考が止まり、その場で赤切符を記入してしまいましたが、記入中会社名を書くのを拒否したら赤切符だから書くようにと強制されました。調書?も追い越しだからスピード出ていないと思うと言ったがそんな訳ないだろこちらの言った通りに記入してもらえませんでした。
    長文になってしまいましたがお力を貸してください。お願いします。

    • 取締り110番 より:

      まずは赤切符関連の記事を通読して下さい。疑問点のほとんどは解決できると思います。

      通読した前提でお答えしますと、赤切符の否認事件で不起訴が出ているのは、ほとんどが速度超過容疑のものです。追尾計測の方が不起訴が出やすいのは事実ですが、ネズミ捕りでも都道府県毎の相場通りの不起訴が出ます。不起訴が狙いにくいのはオービスと酒気帯びです。

      切符に署名してしまった事実があろうが、警察の主張通りの調書を録られていようが、検察出頭時までに否認の意思を固めて上申書を用意しておけば、都道府県毎の不起訴率以上の確率での不起訴は狙えます。なお、このサイトへの相談者の方々の不起訴率は概ね80%程度です。

      赤切符関連の記事、体験談の記事などを通読され、それでも御不明な点がございましたら改めて御質問下さい。

      行政処分の回避や取消は至難の業ですが、30km/hジャストの超過容疑については、刑事処分については不起訴が出やすい傾向があります。

  4. sinobi より:

    初めまして、時期尚早かとは思いもするのですが、転ばぬ先の杖感覚で質門させて頂きたいのですが。
    私は、先日ツーリングで大型バイク2台中の後方を15m間隔で田舎町の制限速度50㎞の国道を恐らく80㎞弱ほどで走行していました。
    その時、前走者が急ブレーキをかけたので私も驚き急ブレーキをかけて止まったのですが、前走者が急にUターンをしたので、道を間違えたのかと思い、私も同じくUターンをしようとしていたら数十メートル前方で止まれの旗を持った者が私に対して手招きをしていたように見えたので、そこで、ねずみ取りに気付いて前走者がUターンをしたのかと思ったのですが、前走者が逃げた事により、今度は私に手招きしているように見えたので、ハァ!?何で!俺と違うやろと思い関わらん事が一番と思い自身もUターンしてその場を離脱しようと走り出した時に、前方で測定していた者が止まれのようなジェスチャーをしたのですが対向車線なので無視して走り去りました。
    数百メートルほど走ると前方に一般車両が居たので減速して走行しているとパトカーがサイレンを鳴らして真後ろに付いたので、邪魔くさいと思い加速したら前方の一般車もサイレンに気付き左寄りに走行したので少し車線をはみ出る感じで追い越し、直後三差路を左折するとパトカーも左折してきて真後ろを、安全な車間距離も取らずに執拗に追いかけてくるので、追突されると思うような車間距離と勢いの為に止まる判断さえ薄れ、違反車両の前走者は直進して逃げてるやろ~と思いながら、国道筋から脇に逸れた田舎道を1キロほどを50~70㎞で走行していると行き止まりに差し掛かったが偶然単車が通れるほどのバリケードを見つけ脱出したのですが、前記の通りパトカーに執拗に追跡されていた事もあり、後日出頭通知等があるかと懸念していますが、このような経緯の場合は今後の対策はどう考えれば良いと思われますでしょうか、単純に青切符や赤切符の話は読ませて頂いていますが、少し複雑?な前置きがある私のケースの場合は如何思われますでしょうかアドバイス頂ければ幸いです。

    • 取締り110番 より:

      バイクの場合は基本的には逃げ切ってしまえばそれで終了です。ナンバーを上げていればなおベターですが、ナンバーを録られていても1~2回の逃走ではまず追跡捜査は来ません。

      逃げるは恥でも罪でもない-走り屋がゴールド免許を維持出来る理由

      追跡捜査が来るパターンは大別すれば以下の2種類のどちらかです。

      1. 検挙されかかった都道府県と居住地が同じ(所轄内に居住していたりすると確率が上がります)
      2. ETCレーン突破やオービスへのピースサインを繰り返すなどの累犯で警察にマークされている人物の場合

      今回の事案はツーリング先でネズミ捕りを回避して逃げ切ったというものだと思います。居住地と異なる都道府県での事案ならば、とりあえず忘れて日常生活を楽しんでおいて構いません。

      万一警察から連絡があった場合も、「何の事だかわからない」「バイクはよく友人に貸すので誰が乗っていたかは知らない」と惚けておけば警察もそれ以上は出来ません。これがオービス記念撮影を繰り返すようなアホの場合、警察を本気にさせてヘルメットや服装などから本人特定をされて逮捕される事例もありますが、sinobiさんの場合は今回が初っぽいので大丈夫でしょう。

      どうしても心配であれば、しばらくの間はツーリング時に着用したジャケットやヘルメットを使わないようにして、万一警察が来た時に「普段使ってるのはこれだけど?」と違うヘルメットを見せるという手もあります。どこまで警戒するかはsinobiさん次第です。

      • sinobi より:

        早速の御返信有難うございます。

        大変気持ちが落ち着きました。
        今回は、地元から2県ほど隣での出来事でしたので大丈夫かと思えるようにりました。
        逃げたのも初めてですし、ナンバーは上げてはいませんでしたけれども・・・
        あのまま大人しく停車していたらと考えると、先に逃げたバイクの濡れ衣を着せられていた可能性もあるのかと考えると末恐ろしい限りです。
        こちらのサイトを閲覧していてさらに感じました。

        また、もし次の展開があるようでしたら、書き込みますので宜しくお願い致します。
        その時は次の方への参考にでもなれば幸いです。

        有難うございました。

  5. mousse519 より:

    8年ほど前からこのブログを読ませて頂き、お世話になっています。
    オービスの件についてあまり記述がないのでご質問させていただきます。

    先日60km/h制限の高速道路のオービスを110km/hほどで光らせてしまい、その1ヶ月後に出頭日が指定されていない(出頭日を事前連絡する)呼出状が自宅に届きました。
    まだ出頭はしていません。
    道路は見通しの良い3車線道路ですが60km/h制限速度でした。ほとんどの車が90km/h~100km/h前後で走っていたので課罰的違法性はないと考えてるのですが、やはりオービスの否認を貫いて不起訴処分に持っていくことは難しいのでしょうか?
    まだ切符を切られていない状況ですのでこれからできる対策、対応があればご教授よろしくお願いします。

    • 取締り110番 より:

      ご質問ありがとうございます。

      オービスに関するご質問がたまに舞い込みますので、これを機に記事にしてみました。

      [オービス]光った時に知っておくべき3つのポイント[不起訴を狙え]

      リンク先を御一読いただき、それでも不明な点があれば改めてご質問下さい。

      • mousse519 より:

        わざわざ記事にして頂き有り難うございました。

        記事全文を読んだ結果、自分なりに策を練り否認を貫こうと思います。
        まずは赤切符を切られないように否認し(厳しいと思いますが)、それでも駄目なら不起訴狙いの否認をしようと思います。

        幸いにも管轄地域が大阪ですので不起訴率は高い方だと思われるので、希望を捨てずに頑張ります。

        手続きが全て終わり次第結果報告しようと思います。

        • 取締り110番 より:

          警察や検察相手に否認を貫くのは、最初は勇気が要りますが、一度やってしまえば「こんなものか」と経験学習出来るレベルのものです。
          日本では公判ですら、最初からシナリオや結論が決められていて、検察と裁判所が「裁判をやっているフリ」をしているだけの茶番劇、単なる学芸会レベルの寸劇に過ぎません。そうでなければ一審有罪率が99.9%などというカルト国家にはなりません。

          従って、日本では有罪か無罪かを決めているのは裁判所ではなく検察庁です。検察が起訴すればほぼ有罪確定、アベシンゾーの太鼓持ちジャーナリストなら女性に薬を盛ってレイプしても不起訴になるという訳です。

          オービスは絶対に誤測定しない事になっていますが、実際には誤作動・誤測定の嵐です。PCを使った事がある人なら、何年間もエラー一つなく動くプログラムなどない事を知っているでしょう。

          否認するなら認めちゃった!オービスは電波で誤測定する話の内容は使えると思います。
          「違法電波が出てると誤測定する可能性があると警察が主張して男を逮捕したんだよね?現場でそのような電波が出ていなかった証拠を見せてくれないと測定値が正しい証明にならないよね?」というあたりの主張を貫くと、警察・検察としても答えに窮するでしょう。

          どちらに転んでも自分で選んだ道なら後悔はしません。納得いくまで争ってみて下さい。

  6. cc5500 より:

    何度もありがとうございます。さて昨日苦情申立てをしてから警察署から2回目の呼出状が来て1回目の呼出状にはなかった文面になってて2回目の呼出状に本当かどうかわからないが検察庁と協議し警察が第一義的に捜査するという文面になっていて赤字で自宅での調書作成は実況見分の立ち合いを含めて出頭要請をしているから調書作成は実況見分終了後警察署ですると書いてあると相談しましたそして既に上申書が用意できているので、送検を早めるために調書を録らせようと思い本日電話して担当者を呼び出し実況見分に立ち会うメリットは感じないので、実況見分は警察単独でやってくれてかまわないといい担当者がそのように書くけどいいかと聞いてきたのでかまわないといいました。それで警察の言いなりになるのも癪でしたので、調書が必要なら自宅に来て欲しいと言いましたがやっぱり駄目でしたがなぜか、警察署までこちらが出向くほどの受忍義務があるとも思えないので自宅に来れないのなら。間を取って近所の交番だったら調書作成に応じてやるがと言ってみたらあっさりokがでました管轄が違うし自宅から数百メートルの距離にあるんですが….担当者曰く交番の管轄署に連絡して許可とればいいらしいです。じゃあそこまでするなら自宅まで来いよといいたいところです。で、やっぱりそのままでは癪なので調書を取るなら録音させてもらうといったところ平然と捜査上の情報になるので録音はできない地方公務員法、刑訴法でと言ってきましたので、被疑者側の録音を禁じる法令も判例もない事は既に調べてあるといった所録音を公開される恐れがあるからとか言ってきやがりましたからこちらとしては公開する気はないと言っときましたしこっちとしても違法な取り調べをしないなら公開する必要がないんですが録音できないの一点張りでしたので録音できないならそれは警察の都合だから、録音されたくないので調書は録りませんでしたと捜査報告書にでも書いてさっさと送検しろといった所交番なら呼出状の日時で調書録らせてやると言ったのに無しになりました。警察も組織なので担当者の判断では決められないと言って最終的に無しになったんですが…結局調書をあきらめて調書を録らずに送検するのか3回目の呼出状を送ってくるのかが疑問ではあります。

    • cc5500 より:

      何度もすみません。録音を禁じる法令も判例もない事は既に調べてあると何回もいったのに録音を公開される恐れがあるといい地方公務員法、刑訴法で守秘義務がとか言って録音拒否でしたのでそのことにかんして嫌がらせ程度でしかないでしょうが前回だしたことがある苦情でも出してみようと思いますが出すとしたら虚偽の教示でいいでしょうか?

      • 取締り110番 より:

        不起訴が目的なのであれば、勝負は検察ですので警察段階で必要以上に争ってもあまりメリットはありません。
        近所の交番での調書作成に応じて、こっそり隠し録音しておき、取調中に違法な発言や刑訴法に反した対応があれば、録音証拠を添付して検察出頭時の上申書にもその旨を記載すると不起訴率が高まります。
        また、苦情申立や審査請求においても録音証拠を添付すると「そのような事実はない」とは言えないので警察に対する嫌がらせにはなるでしょう。

        公然と録音させろと言うと今回のように屁理屈をこねて応じてきませんし、仮に応じてきても録音されていると警察も慎重になって違法な発言をしなくなりますので、逆に失言を捉えて武器にすることが難しくなります。

        さて、地方公務員法や刑訴法の規定は、いずれも「司法当局が被疑者の承諾なく録画・録音をしてはならない」という趣旨の規定ですので、被疑者側が録音することを禁ずる法令はありませんし、被疑者側の公開を禁ずる法令も存在しません。小沢陸山会事件の時に地検特捜の検事が取り調べの内容とは全く異なる虚偽の調書を作成したという事件がありましたが、あの時も被告人側の元秘書が隠し録音したものをマスコミを通して全国ネットで公開しましたが、それを理由に元秘書が罪に問われた事はありません。

        今回の電話のやり取りが録音出来ているのであれば、苦情申立等を行っても構いませんが、録音証拠を付けて出しても「公務員側がそれをすると守秘義務違反になるという趣旨で発言したものであって、発言内容に問題はない」みたいな回答を出してくるでしょう。菅官房長官と同じで、権力側が「問題ない」と言えば問題があってもなかったことになるのが日本の惨状です。

        cc5500さんの事件ですし、私には結果責任が取れませんから、お好きなように動いていただいて構いませんが、まずは検察で不起訴を勝ち取って刑事処分を終わらせることが肝要かと思います。上申書を作成したら、その趣旨に反しない内容の簡潔な供述を警察に対しても行い、近所の交番で済むならさっさと調書を録らせて送検させてしまった方が良いとは思います。

        もちろん隠し録音の準備は万端にしておき、「録音してないよね?」と聞かれても「(ちゃんとしているから)大丈夫です!」とでも答えておけば良いです。

        これが警察署内の取調室の場合は、難癖を付けて所持品検査や身体検査を強行してくることがありますから、いつでも退去しやすい交番ならば何かあっても対応がしやすいでしょう。

        • cc5500 より:

          何度も返信ありがとうございます。そうですね検察で不起訴を勝ち取って刑事処分を終わらせることが大事ですから上申書の用意はできてますから交番でさっさと調書を録らせて送検させて本番の検察にいどみたいと思います。ありがとうございました。

  7. Ammonite より:

    初めまして。34km速度違反(一般道)ということで赤切符を切られた者です。
    交通機動隊がパトカーを使って停車式で取締っていたのでレーダーのタイプですかね。
    パトカーの屋根に四角い箱が付いておりました。

    クラウンの後部座席にて、切符と白い紙(この速度で走行していたなどの旨を記した用紙)にサインを強要されまして、サインと拇印はしております。

    ただ、サインをする前にこの速度違反には納得できない件を伝え、拒否をしましたが白い紙だけでもサインしろという事でしぶしぶ記入。そうすると、ドサクサに紛れて「速度違反を認める」といった欄と赤切符にまでサインさせられておりました。

    ※後日、簡易裁判所に出向いた際に「間違いありませんね?」などとその用紙を確認されたので、「違反を認めた覚えはない。〇〇巡査に強制されサインさせられていたものであり、無効だ」と主張したところ、当日簡易裁判所で手続きができない旨を告げられ、帰されました。

    今後ですが、交通機動隊から電話が来て、恐らく日時を指定して出向くように言われるだろうと思いますがこれには出頭するべきなんでしょうか?
    出向くとすれば、準備などは有りますでしょうか?

    略式に応じてただ警察の言い分のみが正義といった泣き寝入りは我慢なりません。
    徹底抗戦したいので、良い立ち回り方などありそうでしたら、ご教示願いたいと思います。宜しくお願いいたします。

    • 取締り110番 より:

      まずは赤切符関連の記事を通読して下さい。知識は何よりの武器になります。

      赤切符(非反則行為)

      これが青切符であれば警察の調書に付き合う義務も義理もメリットもありませんが(どうせ不起訴なので)赤切符の場合は調書の一本程度は録らせてあげないといつまでも送検されずに不快な日々が長引いてしまいます。日時の変更はどうにでもなりますので、警察の言いなりにはならない程度で出頭してあげても良いでしょう。

      赤切符関連の記事にあるように、それまでに検察提出用の上申書を用意し、主張を整理しておきましょう。ただし、この上申書は絶対に警察には見せないようにしましょう。上申書の内容に合わせて証拠を捏造してくるのが日本の警察です。

      出頭時は隠し録音出来る用意をしておき、警察には断らずに調書の録取時には必ず録音しておきましょう。わざわざICレコーダーを買わなくても、スマホに外部マイクを付ければどうにかなると思います。

      調書では上申書の内容に矛盾しない程度の供述に留め、調書の内容が少しでも不自然に感じたら「刑訴法198条に基づいて増減変更の申し立てをします。その部分は○○と書き直して下さい」と言って納得のいく調書を作りましょう。なお、長時間拘束されそうになったら、同じく刑訴法の規定に基づいて退去して構いません。

      ちなみにレーダー式取締りにおいて計測器の不具合を主張してもあまり意味がありません。カルト国家二ホンにおいては、警察が使う機械は絶対に故障しない事になっています。

      私なら「計測したのが自分の車であるとする証拠がない。あの通りは飛ばす車が多いので、他の車両を計測したものと取り違えたのではないか?」と主張します。パトカーにはドラレコが搭載されていますが、警察がこの映像を証拠提出することは不思議にありません。一度映像証拠を提出してしまうと、今後の検挙全てを録画しなくてはならなくなり、困るのは警察だからです。

      では、赤切符関連の記事を通読した上で、それでも御不明な点があれば改めて御連絡下さい。

  8. KEIGO より:

    ご質問させてもらいます。
    酒気帯び 初犯 数値0.18で赤切符を切られました。前日、午後8時から11時過ぎまで飲酒して、帰るときに代行運転がみつからなく、体調が悪いこともあり、駐車場で仮眠を取って酔いを覚ましました。午前7時にもう大丈夫だろうと思い車を動かしたところ、100mも走らないうちに止められました。私としては、数値が出たこともあり、自分の認識の甘さを反省しています。簡易裁判所に行き略式の手続きをしていたところ、切符に酒が残っている意識はあったが運転をした。と私は一言も言っていない供述があったため、それは違うそんな事は言っていないと、
    検事さんに言うと、今回は一旦処分を保留する旨を伝えられ、その後予定されていた意見の聴取も延期されることになりました。質問なんですが、この後私はどうなる可能性が高いのでしょうか? 警察、公安委員会の人も、はっきりしたことは言わなかったので、不安です。

    • 取締り110番 より:

      酒気帯びの0.15ラインが違法とされている国は、日本とスウェーデンとアルバニアくらいしかありません。まずはそんなに罪悪感を抱く必要がない事を理解すると気が楽です。
      一部の泥酔状態でハンドルを握る異常者の事故を騒ぎ立てておいて、どさくさに紛れて「諸外国なら合法とされているライン」まで違法としてくるのが警察国家ニホンの惨状です。

      http://xn--110-rf4b302pzd3bcnm.com/red-tickets/post-2916/

      さて、刑事処分と行政処分は別進行ですから、「その後予定されていた意見の聴取」は「検察による調書の録取」の誤りではありませんか?それとも、90日以上の免停処分を受ける時に開く事になっている行政処分側の「意見の聴取」も延期するという連絡が別途入ったのでしょうか?検察は行政処分にはタッチ出来ない為、検察で意見の聴取についてコメントをもらうことは原則的にはないハズなので、状況が今一つ飲み込めません。

      さて、事故原因の中ではむしろレアな酒気帯び運転を厳罰化している世相ですが、呼気中アルコール濃度0.15mg/Lというラインは以前なら違法とはされていなかったラインですので、初犯で酒気帯び運転の自覚がなかったのであれば、十分不起訴がありうる案件です。

      刑事処分サイドとしては、以下の3つの可能性が考えられます。
      1. 警察から改めて調書が録りたいという連絡がくる
      2. 区検から出頭要請が来る
      3. 地検から出頭要請が来る

      どの可能性にしても、先方は公務員のお役所仕事ですから、1~3ヶ月程度何のリアクションもない事もザラにあります。以下の事項を済ませたらとりあえず忘れて人生を楽しんでおきましょう。

      1. 23時頃には飲酒を止めて店を出た事を証言してくれる友人または店員を見つけておく
      2. 「陳述書」というタイトルで「KEIGOさんは23時過ぎには飲むのを止めて帰ろうとしていた。運転代行を呼ぼうとしていたが見つからなかったため、「朝まで車で寝て酔いを醒ましてから帰る」と言って車で寝始めた」というような内容の書面をKEIGOさんが作成し、その友人または店員名で署名・押印をしてもらう。裁判沙汰を嫌がる日本人が多いので、「検察に不起訴にしてもらうための情状証拠として提出するだけで、万一公判になったら諦めて罰金を支払うので出廷して証言して欲しいなどとは言わない。迷惑はかけないから「飲酒運転をする意思がなかったこと」を証明する為に協力してほしい」とお願いする。
      3. それとは別に、自分の主張を書いた「上申書」を作成して検察提出用に取っておく。
      4. もし警察の調書に応じる場合は、上申書は見せずに上申書の内容と矛盾しない供述をする。

      これだけです。本気で取り組めば2~3日で終わる事ですのでさっさと上申書などを作ってしまいましょう。

      23時過ぎに店を出た事が証明出来れば、検挙された7時過ぎという時間は警察の記録に残っていますので、「約8時間の睡眠を取り、酒は完全に抜けたと確信して運転を始めた所で検挙されてしまった。酔っている自覚は全くなかった。数値が出てしまった事は認める他なく、今後はアルコールチェッカーなどを購入して、前の晩に飲んだような場合には運転前に自分でもチェックしてから運転するつもりである。酒気帯び運転をする意図も自覚も全くなかったことを鑑み、寛大な処分をお願いしたい」といような内容の上申書を書くと良いでしょう。

      厄介なのは行政処分の方ですね。刑事で不起訴になっても行政処分は強行されるケースがほとんどです。90日免停該当ですから、短縮講習を受けても45日免停までしか短縮されません。刑事処分で不起訴が出た場合は、意見の聴取の際にも上申書を持参し、「酒気帯びの自覚が全くなかった。二度とこのようなことがないように対策を取るので、今回に限り寛大な処分をお願いしたい」と主張すれば、運が良ければ60日免停くらいに減免される可能性はあります。

      また御相談には乗りますので、不安な事があればいつでも聞いていただいて構いません。初犯であり数値も低めですから、司法当局を恐れずにちゃんと対応すれば十分不起訴が狙えます。仮に起訴されても略式を受けた場合と変わらぬ罰金額にしかなりませんので、「殺される訳でも取って食われる訳でもない」と理解し、かつ「諸外国なら合法とされているラインの数値なのだから、日本の警察が狂ってなければ容疑者扱いされる事もなかった」という事実を受け入れ、あまり気にせずに好きな事に時間とカネを使いましょう。

      たった一度の人生です。警察なんぞの為に不安な気持ちを抱きながら過ごすのはあまりにももったいありません。前述のto doリストを消化したら、後は当局からのアクションがあるまでは今回の事など忘れて好きに過ごしましょう。

      • KEIGO より:

        忙しい中の返信有難うございます。言葉足らずでしたが、意見の聴取は公安委員会のほうです。区検に行った際、まず、警察官と話して、その後検察官と話をしました。その後検察官は荷物を持って、退室した後戻って来て警察と少し話をされてまた退室されました。その後再度警察側の部屋に呼ばれて、意見の聴取のハガキはもう来ているかと問われたので、来ている旨伝えたところ、こちらからも連絡しておくので、一応出席の返信ハガキを出してくれとのことで、ハガキはその後すぐ出しました。その時の警察官の対応がはっきりしてなく、曖昧だったため、1週間たってから、公安のほうに連絡したところ、今電話しようと思っていた、刑事のほうが中途半端なまま、行政処分だけ進めるのはちょっとねーとこちらも曖昧な態度で、予定されていた意見の聴取は延期とされました。これは地域差で、わりとうちの地域では刑事処分と行政処分が連動するように気をつけているのでしょうか? 警察に一緒にいた、友達と行った店の名前を聞かれ、迷惑をかけたくなく黙秘していたのですが、無駄に心証を悪くしてもと思い名前を告げ、当人等には、迷惑をかけるかもしれないと、謝罪の電話はしておきました。また言ってもしょうがないことと、検察には言いませんでしたが、切符を切られる際、待ち伏せ、狙い打ちのような状況、呼気を吐く袋を一度出したものと取り替えられたこと、署名捺印の際なんの説明もなく、早く帰りたい気持ちと警察官の心証を悪くする不安から確認もせず署名捺印したことは自分としても反省していますが、後で書かれた調書に警察の都合の良いことばかり書かれていたことには不信感を感じます。とりとめのない愚痴になってしまいましたが、上申書等書かれてあったものを作成してみようと思います。有難うございました。

        • 取締り110番 より:

          詳しい状況説明をありがとうございます。公安委員会のその対応を見ますと、刑事処分で不起訴が出れば、行政処分についても「処分保留」という形で免停にならずに済む可能性もありそうです。

          ポイントになるのは「何時まで飲んでいたのか?」「運転する時に酒気帯びである自覚があったのか?」あたりだと思いますので、友人やお店に迷惑がかかるとしても、23時過ぎには退店したという事を陳述書に書いたものに署名・押印をもらっておきたいところです。

          日本ではよく子供達に「他人様に迷惑をかけるんじゃありません」と教える親が多いですが、インドでは「お前は人に迷惑をかけて生きているのだから、お前も人の迷惑を許しなさい」と教えるそうです。

          どちらが正しいという問題ではありませんが、私は後者の考え方を支持しています。ただし、血税を食んでおきながらさらに因縁を付けて多大な迷惑をかけてくる交通警察だけは許しませんが(笑)

  9. piroshiki より:

    外国人の主人が35キロオーバーしてしまい赤切符になったものです。
    以前に国際免許の法の不知でいろいろ警察にお世話になってしまったもので、今回は絶対に処分を免れたい!という一心で本HPで色々勉強させていただきました。
    外国人の場合の交通違反対策情報はネットでなかなか無く、憲法も含め様々な外国人としての権利を駆使しながら戦いに挑みました。主人は簡単な日常会話くらいは問題ありませんが、ひとたび難しい内容になると理解はできません。
    捕まった時は妻である私も同乗していたのですが、特に通訳も依頼されることなく主人だけ警察バンの中につれていかれ説明を受けてました。もちろんこの説明はすべて日本語です。で切符にわけもわからぬままサインしてしまいました。
    裁判所出頭に関する部分の説明になって、私が呼び出されいついつどこどこに来てくださいというような説明だけ受けた次第です。
    現場を立ちさる直後になって、主人や友人の外国人達がやはりおかしいということになり現場に舞い戻り、ネズミとりの現場、計測している警察から誘導する警察の写真や距離等を記録にとりいざというときの為にビデオも撮りその場を去りました。
    日本では警察の立場が守られているので違反といわれればハイソウデスカとなりますが、欧米では、写真証拠は絶対にないといけないですし、その日取り締まりをする前の機器の正常性確認結果までも見せられるようにしていないといけないそうです。
    今回はオービスで写真を撮られたわけでなかったので、スピードはかなりだしていたものの、計測に疑問を持っていたのも確かでした。

    その後検察官から連絡が来て詳しくお話を聞かせてくださいと電話がきて、その日までに時間があったので勉強しまくりました。ちょっと忘れてしまいましたが、取り調べ規範のようなものに則ると妻である私が通訳として立ち会うのはふさわしくないようでしたが検察官は私に通訳を依頼してきました。また、ちょっと話を聞かせてくださいというのが、正式な取り調べという説明も事前になかったことから、正式な通訳がいないのであれば権利が守られてないということで帰宅しました。もちろんすべて音源にとってあります。余談ですが、そこで持参した上申書は次回提出してくださいといわれましたが、同時にコピーを取らせてもらっていいですか?と言われました。任意だったので断りましたが、事前に内容を確認しようとしていましたね。
    その後2回目に通訳立ち会いの元取り調べを行いました。上申書には1回目の取り調べにおける通訳に関する無知と取り調べを行いますという宣言なしにことを進めようとしたことも書き足ししました。
    取り調べでは、通訳が通訳した内容が実際に正しいものか検証が必要になると思ったため(通訳ミスで大きく方向が変わってしまうという判例を知っていたため)、録音することを自ら言いました。すると、隣の部屋の声等が入ってしまう可能性があるのでダメと言われました。しかしながら主人は心折れることなく、適切な環境をつくるのは検察の義務であることを主張し結局録音しました。事前の調べで、取り調べは任意であり、いつでも退室できることを知っていた為、何か怪しいと思われるごとに主人は「弁護士に相談する(実際には妻に電話)」と退室しておりましたら、その度に検察官は止めに入りいらだっていたそうです。その日は戦略通り、上申書にすべて書いてありますの一点張りで終えました。
    1か月ほどして上申書の翻訳が済んだらしく、所轄の警察から連絡がありました。
    別に身上調書を作成したいので来てほしいというものでした。
    以前おこしてしまった事故に際に、少し英語が話せる警察間から8時間程度に渡る調書を取られていた為その調書を探して使ってくださいと話ました。ここで嘘ですが、弁護士の先生からもそのように言われましたと言いました。生まれたときから今に至るまでどのような人生を送ってきたかの調書は以前受けた際にも無意味に思われ、ただのプレッシャーのように感じたからです。これは外国人のみ受ける取り調べでしょうか。。。任意ということでしたので、お断りしました。結局3年間は保存しなくてはいけない書類だったようで、以前の調書が見つかったと連絡がありました。
    その後も再度連絡があり、前回の身上調書を取った日からこんにちまでの分がほしいと依頼がありました。お断りした後も、不利になる可能性がありますが本当に取り調べは受けないという意志ですか?と、オフィシャル回答を求められたので、改めてお断りしました。
    そして、今日ついに不起訴の連絡がきました!!!!!!約6か月です。
    本当に御HPのおかげです!知識は人を助けます。何が起きるか分かった上で対応すれば、怖いものはありませんね。おかげ様で本当に勉強させていただきました。
    次のステップは行政処分の抹消です。県警のHPに処分登録取り消しに関する一文があったので不起訴処分告知書を入手して対応していきたいと思います。
    ありがとうございました。

    • 取締り110番 より:

      貴重な体験談をありがとうございます。

      検察庁でのやり取りが詳細で他の読者の方の参考になりますし、外国籍の方への情報提供としては非常に貴重なものになると思いますので、是非記事化させていただければと思います。

      出来れば大まかな検挙場所(○○県××市レベル)と、出頭したのが地裁なのか簡裁なのか(地検なのか区検なのか)を教えていただければ幸いです。

      記事化しましたらダイヤモンド会員認定をさせていただきたいと思いますので、お手数をお掛け致しますが御助力いただければ幸いです。

      行政処分の取り消しは至難の業ですが、体験談の記事にあるように成功された方もいらっしゃいます。是非、可能な限りの対策を採ってみて下さい。

    • Piroshiki より:

      ご連絡ありがとうございます。身バレになる可能性が高い為、本人より記事化は遠慮いただきたいとのことでした。協力できなくて残念ですが、このコメント欄だけにひっそりと残してください。また、進捗がありましたら共有させていただきます。
      ご理解の程お願い致します。

      • 取締り110番 より:

        了解しました。ご本人の意思を尊重して記事化は控えさせていただきます。

        いずれにしましても、貴重な情報提供をいただきありがとうございます!

      • Piroshiki より:

        ふたつ書き忘れたことがありましたが、検察庁で録音した取り調べは本人以外には聞かせていけないという注意受けて録音しました。
        私は本人からこんなことがあったよ、という結果は口頭で聞きましたが録音内容は実際の録音結果は聞いておりません。
        検察庁の取り調べ数週間後に、警察から私宛に電話があった際「取り調べどうでしたか?」という質問を受けました。ちょっと意図がわかりかねる質問でしたので、何かのひっかけかと思い「主人は出すべきものは出したといっていました」と返しましたが、後々考えると私が録音内容を聞いたか確認したがっていたのかなと疑念がわきました。こちらも猜疑心の塊で対応しすぎてるだけかもしれませんが。。。。

        また、最初のころ、連絡先は私にと伝えておいたのに、警察が主人に電話をかけたことがありました。主人は仕事中で出れず、ブチッと切ってしまったとのことでした。その後私が警察に折り返しましたが、のちに私が警察とやり取りする中で、通訳さんが直接主人に電話する分には問題ないので、それが可能なのであれば主人に直接連絡してもらっても結構と話しをしていたところ、過去にご主人電話に出てくれなかったことありましたねと言われました。また疑いまくりですが、これをもとに逃亡の危険性があると判断して追い込もうとしているのではないかと思ってしまいました。

        計測結果は別としてもスピードを出しすぎでいたことは事実で、今回のことは主人にとってはかなり痛いお灸となり、本当の意味で深く反省し注意深く運転しています。
        その点では意味があったプロセスでした。

  10. kai_hop88 より:

    質問です。原付バイクの駐車違反で罰金の納付書と弁明通知書が家に届きました。駐車違反を切られたのはチケット制の路肩パーキングで、販売機でチケットを購入してバイクに貼るシステムです。バイクを駐車枠内に停め、販売機に小銭を入れたところ何度試みても返却口から戻ってきてしまいます。パーキングの目の前の病院に行くために駐車したかったのですが、急いでいたので診察の受付だけ済ませ(約10分)、もう一度料金を払ってみようと思って戻ったところ、原付バイクに駐車違反のステッカーが貼られていました。と同時に、販売機にはさっきまでなかった故障中のステッカーが、コイン投入口や釣り銭返却口などに3枚貼られており、一目で故障中とわかるようになっていました。ほどなくして駐車場の管理会社のスタッフが現れて修理を始めました。文句を言ったところ「他の販売機で買えばいい」とか「問い合わせの電話番号が書いてある」と言われました。近くに他の販売機があったことも知らなければ、電話番号にも気がついていませんでした。バイクはパーキングの枠内に停めてあったこともあって納得がいきません。弁明する余地はあるでしょうか?

    • 取締り110番 より:

      バイクまで取り締まるようになった警察のせいで日本のバイク文化は滅びようとしていますね。

      さて、記事を読んでいただければわかる通り、放置違反金制度は警察と駐車監視員の一存で強制的に違反金が巻き上げられるという酷い行政システムですので、基本的には逃れる術がありません。

      法令上は「チケットが貼られていなければ駐車違反」ですから、チケットを貼っていても風で剥がれたら駐車違反、駐車監視員や警察官がチケットを剥がして捨てても駐車違反です。つまり、警察のロジックにおいては、「チケット販売機が故障していたなら、チケットが貼れないのだから停めてはいけない」という事になります。

      弁明しても判断するのは警察ですから勝ち目はありませんが、戦う前から諦めたくないのであれば、

      「○時×分頃チケットを買ってちゃんとフロント部分に貼っておいた。戻ってみたらチケットが剥がされていて駐車違反扱いになっていた。風で剥がれたのか誰かが剥がしたのかは知らないが、バイクはその構造上四輪車のように窓の内側に貼る事が不可能なのであるから、「チケットを貼ってからバイクを後にした」という私の行為には違法性がないばかりか過失もない。無過失の者を罰するのは法の趣旨に反すると思われるので、放置違反金の納付命令を撤回されたし」

      というような内容で弁明書を送ってみても良いでしょう。おそらく「貼られていなかったのだから理由はどうあれ放置違反」という回答が来るでしょうが…

      さて、問題はそこからです。大人しく放置違反金を納めれば免許証も汚れずに済みますので多くの者がそうしますが、原付の場合は自動車と違って車検制度がありませんので、放置違反金を支払わずに放置しても車検拒否といったペナルティはありません。

      ただし、行政制裁金である放置違反金の未納付は、税金の滞納と同じく異常な高金利の利率が付いた状態で滞納扱いにされます。これを警察が本気で取り立てに来たら最悪給与や財産の差し押さえをされるのですが、額が少額なので放置される可能性もあります。

      「いつか滞納額を加算された状態で取り立てられたら嫌だから納得いかないけど払う」のか「こんな少額で警察が動くワケがないし、数年以内に転居する予定もあるから放置してみよう」と考えるのかはkaiさん次第です。

      とりあえずは弁明書を送ってみて、返答が来るまでの間に放置違反金制度についてよく調べた上で決断して下さい。

  11. cc5500 より:

    前回ご質問させていただいたcc5500です。警察署に連絡して呼出状に書いてあった担当と話し調書・実況見分で警察は自宅で調書は取らないし任意出頭の依頼の文章なのであくまで署内でないと取らないてきなことをいわれ虚偽の教示ということで苦情申立や審査請求をするので階級と上司を教えろと言って言わなかったので前回の質問でアドバイスしていただいた不作為による不教示として録音データを監察室と公安委員会に送ったのですが結果当然ですが両方とも調査の結果対応に不適切な点は認められないとのことでした。
    ここから本題ですが3回呼出状を送ると言ってましたが1回目の呼出状が6月26日期限でしたが放置して苦情申し立てをしましたがそれから2回目の呼出状が来てないのですがこれは、呼出しを諦めたということでしょうか電話連絡すらないので。

    • 取締り110番 より:

      法令自体が公務員に有利に作られている上に、監察も公安委員会も審査そのものは警察官がするのですから、明らかな虚偽の発言を録音出来ない限りは認容はされません。
      ちなみに「自宅では調書は録れない」なら違法な発言ですが、「(任意捜査なので)警察署以外では調書は録らない」は法令上OKです。

      しかし、それで良いのです。「監察と公安委員会に書面を送るような厄介な被疑者である」という情報が警察に伝わった時点で、向こうも無茶がしづらくなります。

      呼出状が届くペースが遅いのは気にしても仕方がありません。相手は公務員ですから全てはお役所仕事です。私は検挙から1年間何の音沙汰もないまま過ぎ去り、その後でひょっこり検察から出頭要請が来た事もあります。

      • cc5500 より:

        1年間音沙汰ない場合もあるんですね検察用の上申書は用意してあるんで
        大丈夫ですがお役所仕事にもほどがありますね。やるならもっと早くすれば
        いいのにと思うところですが無理だろうな。
        では、返信下さりありがとうございました。

        • 取締り110番 より:

          「悪質な違反だ!」とか因縁を付けて取り締まっておいて、その後の送検は1年以上放置したりするのですからアホくさいにも程がありますね。

          警察の立場に立って見てみると、反則金はカネになりますから反則点の処理などは割と迅速に行われます。

          一方で刑事処分については、送検しても青切符ならどうせ不起訴ですし、赤切符で罰金刑になっても罰金は国庫に入ってしまうので警察には1円も入りません。ただ、面倒な書類作りが待っているだけです。警察も末端はブラック企業と変わりがありませんので、面倒な仕事を後回しにしているうちにずっと放置されたりします。

          そのまま忘れてくれても良いのですが、警察はしょっちゅう人事異動があるため、上司が変わると業績作りの為に未処理案件を一気に片付けさせようとしたりする上司が来る事があります。そうなると溜まった書類の昔の方から順に強引に処理しようとし始める為、たまに「時効直前で送検」とか「ずっと不出頭だった奴を逮捕」とかいうような感じになったりします。

          まあ、夏休みでしたから、これから涼しくなって実況見分がしやすい気候になったらまた呼出が来たりするのではないでしょうか?

          検察での勝負を早めたいのであれば、面倒でも警察に調書の一本も録らせてあげても良いですが、警察署内で録られると録音・録画が難しくなりますので、「調書が録りたいならうちまで来い。警察署で録るというなら取調べの様子を録音させろ。被疑者側の録音を禁じる法令も判例もない事は既に調べてある。録音されるなら録らないというならそれは警察の都合だから、「録音されたくないので調書は録りませんでした」と捜査報告書にでも書いてさっさと送検しろ」とでも言いますかね、私なら…

          • cc5500 より:

            アドバイスありがとうございました。それでですが、苦情申立てをしてから警察署から2回目の呼出状が来たんですが1回目の呼出状にはなかった文面になってました2回目の呼出状には本当かどうかわかりませんが検察庁と協議し警察が第一義的に捜査しますという文面になっていましたそれと赤字で自宅での調書作成は今回実況見分の立ち合いを含めて出頭要請をしているから調書作成は実況見分終了後警察ですると書いてありました。それと持ってくる物が書いてあったんですがなんですが免許と印鑑はわかるんですが車検証も持って来いと書いてあるんですが車検証っているんですかね車買い替えるから出頭するにしてもその時車検証っていうか捕まった時の車ないんですけどね。

          • 取締り110番 より:

            既に上申書が用意できているのであれば、送検を早めるために出頭して調書を録らせても構いません。どうせ本番は検察に進んでからですしね。ただし、必ず隠し録音はしておきましょう。

            実況見分に立ち会うメリットもありませんし、実況見分は警察単独でも出来ます。というか私は実況見分に呼ばれたことすらありません。

            警察の言いなりになるのも癪でしょうから、電話して担当者を呼び出したら、「実況見分への立会いは義務ではないしメリットもないから警察単独でやってくれ。どうしても調書が必要なら自宅に来て欲しいし、自宅で調書が録れないなどという嘘をつくほど警察もバカではないだろうが、警察署までこちらが出向くほどの受忍義務があるとも思えない。間を取って近所の交番だったら応じてやるがどうする?」とでも言ってみますかね。もちろん、通話録音アプリで相手の返答は全て録音しておきましょう。

            3回くらい出頭を拒否すると、狂った県警の場合は逮捕状を取る事もありますので、そのリスクを冒したくないなら警察署まで出向いても構いません。警察としても調書なしでは送検しづらいというジレンマを抱えているのです。

            車検証は車の所有者の確認の為にルーチンワークで持って来いと言われているだけですが、別に必要ありません。「既に売却(廃車)したから車検証なんてねぇよ」でOKです。

            相手は我々の血税を食んでいる癖に何ら世の中の役に立つことをしないばかりか、むしろ害悪になっている末端の地方公務員です。身を守る為に譲らされる部分があるにせよ、精神的には決して臆せず「何も生産していない公務員が何を偉そうに言ってるんだ?」くらいの態度で臨みましょう。

  12. mizuki より:

    管理人様

    いつもこちらのサイトで、万が一の時のために勉強させていただいています。

    今日は、質問と言うかご意見を伺いのですが、最近都内でも駐車禁止の場所に「運転者が乗車中でも駐車違反。取り締まりを行います」みたいな看板を多く見かけるようになりました。しかしながら、違反をしていても取り締まりをされた事はありませんし、取り締まりをされているような人も見たことがありません。
    ただ黙認しているのでしょうか?

    そんな私はなるべくコイン式のメーターパーキングに59分まで止めて、うっかり手数料を入れ忘れてしまう事が多くて反省しています。

    お手すきの時に返信頂けると幸いです。

    • 取締り110番 より:

      御返信が遅くなり申し訳ありません。

      看板の設置主が誰かにもよりますが、仮に地元の警察署だとして、警察は息を吐くように嘘をつく組織ですので「運転者が乗車中でも駐車違反」という部分が既に、半分正しく半分間違っています。

      駐車と停車の定義自体が曖昧なのが原因なのですが、一般論として「駐車」の定義は以下の3つのいずれかに該当するものだと言われています。

      1. 客待ち・荷待ち
      2. 5分を超える荷卸し
      3. 運転者が車両を離れ、直ちに運転できない状態

      通常の駐車違反の取締りは3.のケースに限られ、駐車監視員が取り締まれるのも3.だけです。

      「運転者が乗車中でも駐車違反」という表現は、1.のケースであれば違反と言えなくもありませんが、これを厳密に適用したら「タクシーの客待ちを除く」の標識がない場所の客待ちタクシーは全て違反になってしまいますし、逆に客も荷物も待っていないのであればいくらでも止まっていられるとも解釈出来てしまいます。

      日本は法治国家ではありませんので、わざと法令の解釈を曖昧にしておいて、警察官を含む公務員の胸先三寸で合法にも違法にも出来てしまうようにしている様々な例のうちの一つですね。

      よって「ただ黙認しているのか?」という御質問に対する答えとしては「直ちに運転できるし客待ちでも荷待ちでもないと主張されたら取り締まれない。看板の前半は半分ウソで、後半は99%ウソ」ということになります。

      • mizuki より:

        ご返信ありがとうございました。
        大変参考になりました。
        これからもよろしくお願いします。

  13. supergt100 より:

    rakuchi様

    前回の投稿から大分日が空いてしまいましたが、
    6月頃、福井県で30km/hオーバーで赤切符を切られてしまったsupergt100です。
    6月14日から始まる投稿です。

    前回投稿の最後のrakuchi様のコメントから返信できなくなっていましたので、
    また新たに投稿させて頂きます。

    4月30日で福井県にて検挙され、6月19日に当方居住の愛知県の区検にて
    否認を伝え、8月15日、管轄の警察署から電話が来ました。
    お盆休み真っ最中に電話してきて頭に来たのでしばらく無視し、
    先ほどようやく電話しました。

    内容としては、区検で伝えた否認理由(計測された数値は近接車両のもの)を
    詳しく聞きたいので、現場まで来て警察官と状況確認をしたい、という内容でした。
    最初は身上調書を取るために福井の検察まで来い、という内容の電話かと勘違いし、
    rakuchi様のアドバイス通り、刑事訴訟法第二条の事も話しましたが、
    「今回電話したのはそうではなくて、否認理由の信憑性を上げるためのもので、
    どちらかというとあなたのためにやるもので、福井まで来るのも1回で済む」
    と言われました。

    上申書を送ってその内容を読んで判断できないか、という要求に対しては、
    「こちらで現認している状況と私が主張している状況が違うので、書類は
    こちらの言い分でまとめて愛知の地検へ送致します」と言われましたので、
    こちらの線は無しかなと思いました。

    上申書を渡すなら福井まで直接行った時かなと思いました。

    愛知の地検に送致するのはやるし、今回話を聞くのは否認するあなたのため
    にもなりますよという言い方でした。

    向こうの警察官は拍子抜けするくらい腰が低い人で、上から物を言ってくるような
    人ではありませんでした。

    自分としては、1回で済むなら行ってもいいかという気分です。
    とりあえず福井の警察官には「日程を調べてまた別途連絡します」と言って
    電話は切りました。

    電話は全て録音しました。

    否認したいという気持ちは変わらないので福井まで行って自分の主張を
    押し通しに行くべきでしょうか?
    何か助言・アドバイス等宜しくお願い致します。

    • 取締り110番 より:

      警察の実況見分に立ち会うかどうかという問題ですね。

      複数の警官に囲まれても自分の主張を貫ける自信がおありなのであれば、立ち会って主張を見分調書に記載させた方が不起訴率は多少上がると思われます。

      ただし、不起訴になっても福井までの交通費は補償されませんし、30km/hジャストの超過容疑は不起訴率が高いため、立ち会うメリットがどこまであるかはわかりません。

      考え方としては、仮に実況見分に立ち会わずに否認して起訴された場合に、「立ち会っておけばよかった!」と後悔する可能性があるなら立ち会った方が良いでしょうし、上申書を武器に検察で争えば十分と思うなら行かなくてOKです。ちなみに私なら今回のケースは立ち会いません。

      なお、上申書は絶対に警察には見せず、検察段階に進んでから提出すべきです。先に見せると上申書の内容に合わせた証拠の捏造をしてくるのが警察という組織です。

      赤切符なので警察の調書録取にも応じる必要があるかもしれませんが、その際には上申書の内容と矛盾しない供述を簡潔に述べて調書に記載させましょう。隠し録音をしている状態で「刑訴法198条の規定に基づいて増減変更を求めます」と言って、納得のいく調書を完成させましょう。

      30km/h超過の罰金相場は6万円です。不起訴になれば6万円稼ぐのと同じと考え、もし起訴されたら6万円で日本の司法制度が茶番に過ぎないことを体験する授業料だと考えれば、どちらに転んでも後悔はしないでしょう。

      原発を爆発させても誰も責任を取らず、首相がお友達企業に100億円規模の補助金詐欺を行わせても特捜が動かない国が日本です。事故ってもいないのに我々の税金から多額の報酬を得ている警察や検察にとやかく言われる筋合いなどありません。

  14. tomachan より:

    おはようございます、ご返答ありがとうございます。
    rakuchiさんの言われる通り私の住んでいるような田舎町では警察が幅を利かせており、まさに「警察に逆らっても勝ち目はない」状態になっています。
    なのでやはり家族の理解は得られませんでした。特に嫁とは大喧嘩をしてしまい、時期的なこともあり子供を連れて実家に帰られてしまいました。本当は家族で出かけるはずだったのですが…。
    こちらのサイトの趣旨からすると不甲斐ないと思われるかもしれませんが、これ以上家庭環境を悪くしてまでこの先不起訴までもっていき、さらに点数の訴訟までもっていくのは厳しいと判断しました。

    ただせっかくrakuchiさんのこのサイトに登録させていただきましたので、もう二度とこのような目に合わないようにしっかりと勉強させていただきたいと思います。
    まずはもう少しましなドラレコを購入したいと思います。
    この度はありがとうございました。

    • 取締り110番 より:

      家族不和の原因にまでなるのですから、警察は本当に迷惑集団ですね。

      こんなサイトを運営している私ですら嫁の説得は切符回避よりも難しいです(笑)

      点数の抹消請求は至難の業かつ時間がかかりますが、反則金を納めずに不起訴を得るのはそう難しくはありません。単に反則金を納めずに放置し、検察併設の部署からの出頭要請が来たら一度だけ出頭して

      「信号が黄色になった時点で停止線手前で安全に停止できる位置にいなかったので法に従って交差点を通過した。あの位置関係では急ブレーキを踏んでも停止線をオーバーする事は明白だった。署名・押印は無知だったが故に強制されて書かされたものであって自分の意志ではない」

      とでも言えば間違いなく不起訴になります。

      女性が求めている「安心感」であって論理や証拠ではありませんから、私なら嫁には「心配かけてゴメン。でもどう考えても自分の運転が違反だったとは思えない。家族には一切迷惑を掛けないから反則金を支払わずに否認させて欲しい。検察統計上も不起訴はほぼ確実だから、不起訴が出たら浮いたお金で美味しい物でも食べに行こう♪」とでも言ってみますかね。

      関係のない話ですが、新婚当初は夫婦喧嘩をしまくった私ですが、以下の本を読んで男女の脳の性差を学んでからは滅多な事では喧嘩しなくなりました(笑)

      この人と結婚していいの?

  15. tomachan より:

    初めまして、コメント・質問はこちらからでよろしいでしょうか?

    私も昨日、交差点で信号無視をしたという理由でバイクに乗っていた警官に止められて
    青切符を切られました。
    そこで色々調べているうちにこちらにたどり着きました。
    自分に当てはまりそうな記事を読んでみましたが、いかに自分が間違った対応をしてしまったのかと悔んでいます。
    状況としては私が黄信号で交差点に進入してすぐに赤になったのですが、そこでブレーキを踏むとと交差点の真ん中で止まってしまうと思いそのまま直進して走り抜けました。
    それを左折側にいたバイクの警官が見ていたらしく追い掛けてきたという訳です。
    暑さのせいかドラレコの調子が悪く、動画が記録されていなかったせいで動揺してしまい、自分は違反はしていないと主張したものの、この目で見たから間違いないと高圧的な態度で押し切られ署名してしまいました。(署名が拒否できる事も知りませんでした。)

    納得いかないので反則金を払わないで不起訴を狙おうかと考えているのですが
    不安な事が1つあります。実は昔、ある事で略式起訴されているのです。
    今回の交通違反の起訴、不起訴を決める時にその影響はあるのものでしょうか?
    私としては正式に裁判になり前科が付くのは避けたいのですが。
    この様なケースは書かれていなかったと思いご質問させて頂きました。
    ちなみに家族からはその時のこともあり、反則金を払って穏便に済ませろと言われてしまっています。

    • 取締り110番 より:

      青切符の不起訴率には前歴や前科は何の関係もありません。殺人犯が出所後に一時停止を無視して検挙されても、否認すれば不起訴(起訴猶予)になります。

      [反則行為]青切符の不起訴率が99.9%以上であるとする根拠[検察統計]

      家族の理解は永遠に得られないものと考えた方が良いでしょう。「警察=正義」という洗脳を受けている人も少なくありませんし、そこまで洗脳が深くなくても「警察に逆らっても勝ち目はない」という洗脳を深く受けている人に戦う術を教えても意味はないのです。

      私のサイトは100人に1人くらいしか支持者がいないサイトかもしれませんが、その1名に警察との戦い方をお伝えする為に運営しています。

      略式起訴の前歴があろうがなかろうが、青切符の不起訴率は99.9%です。それ以上でもそれ以下でもありません。

コメントをどうぞ