ご意見・ご質問はこちらから

[注意]2017年1月より、コメント投稿は会員限定機能とさせていただきました。ログインせずにコメントを投稿してもエラーとなりますのでご注意下さい。

ちょっと質問がしたいだけなのに有料会員にならないといけないの?

ほとんどの疑問は、以下の説明とリンク先を読めば解決しますよ!

質問する前に読むページ

青切符について質問する前に

反則点数6点未満の反則行為違反の容疑で、通称「青切符」正しくは「交通反則告知書」を切られた方は、御質問の前にリンク先の記事を御一読下さい。

知りたい事のほとんどの答えはそこに書かれていると思います。

赤切符を否認する場合のプロトコル(会員限定)

反則点数6点以上の非反則行為違反の容疑で、通称「赤切符」を切られた方は、リンク先の記事を御一読下さい。

99.9%以上が不起訴になる青切符とは異なり、赤切符を否認する場合はそれなりの覚悟が必要です、また、否認の仕方によって不起訴率もかなり変わります。

手の内を警察・検察に晒さないために、赤切符関連の記事は会員限定記事とさせていただきました。

代わりに、会員限定記事では具体的な上申書の書き方などもわかるようにしてあります。

人間の不安のほとんどは「わからないこと」に対するものですので、仕組みがわかれば不安はかなり軽減されます。

よくある質問のQ&A

警察がこんな酷い対応をしました。おかしいですよね!

私にしてみれば、警察が腐っていることは既知の事実ですので、単に警察の対応への不満を書きたくられても、「そうですね。」としか答えられません。

どうすればいいかアドバイスをお願いします。

「何かアドバイスして下さい」というのはあまりにも抽象的ですし、記事を読めば書いてある事を要約してアドバイスしろというのは勘弁して下さい。まずは関連する記事を読み、それでもわからない点について具体的にご質問下さい。

急いで下さい!今日中に返答して下さい!

申し訳ありませんが、本業が別にあります。警察署や検察庁への出頭日は電話一本で変更出来ます。出来るだけ速やかな返答を心掛けておりますが、今しばらくお待ち下さい。

違反が事実なら否認すべきではない!

それってあなたの主観的判断ですよね?人の生き方やイデオロギーの域を出ませんので、議論するだけ無駄だと思います。私は「被疑者には否認する権利がある」と言っているのですが?

私の考えは違うので賛成できません!

もちろん、私とは異なる考え方をする方がいて一向に構いません。その主張は自らブログなりサイトなりを開設して持論を展開して下さい。

検挙に納得が出来た方は反則金を納めるなり、赤切符ならば素直に認めて略式裁判で罰金刑を受ければよいと思います。その人には「是認」という選択肢を選ぶ権利があります。

一方で、納得がいかなければ「否認」という選択肢を選ぶ権利が誰にでもあり、その権利を侵害する事は許されません。

否認すると逮捕されるぞ!裁判になって大事になるぞ!

あなたは警察官ですかw 否認する権利を行使しないよう圧力をかけたいのですね。

誓って言いますが、元が青切符の反則行為で、逮捕理由が「否認したこと」である例は一例もありません。

ちなみに、警察のバイブル本にも「否認は逮捕事由にならない」と書かれています。

こちらの記事に証拠も載せていますが、残念ながら会員限定記事です。

やっぱり質問したいから会員になろうかな?会費は高い?

それは大変ありがたいのですが、登録前によく検討してからにして下さい。私が逆の立場だったら、ちょっとコメントをするためだけに有料会員になるのはもったいないと思います。

会費は500円/3ヶ月か、1500円/1年の2パターンありますが、有料記事のメインは「切符を切られない為の対処法」「赤切符を切られた場合に読む記事」です。

どうせ会員になるのであれば、会費分の元を取る為にも、ちゃんと対処法を学んで二度と警察の嘘に騙されない人間になるんだという決意を持って読んでいただきたいと思います。

会員登録申請についてはこちらからどうぞ

取締り110番.comでは、一部記事を会員制記事としております。少しでも質の高い記事を執筆するため、肝心の対処法を警察関係者に読まれない為に必要な措置ですので、サイ...

[注意]繰り返しになりますが、2017年1月より、コメント投稿は会員限定機能とさせていただきました。ログインせずにコメントを投稿してもエラーとなりますのでご注意下さい。

アクセス数アップに御協力いただける方は以下をクリック!
にほんブログ村 車ブログへにほんブログ村 バイクブログへ

twitterはじめました

コメント

  1. Bommy より:

    管理人様

    初めまして。
    今年の6月にネズミ捕りで捕まりまして、以来、有料登録しサイト内の記事を参考に上申書の作成をさせていただきました。

    本日、区検察庁に行き検察官と話をしてきました。
    結果としては本日は調書などは取らず、事前に送付していた上申書に対する検察官の意見を聞かされ、次回までに上申書を訂正するか、どうするか(何をどうするかは明言されませんでした)を考えて再度出頭することとなりました。

    再度出頭するにあたり、より良い対応がないかをご相談したく、コメント投稿させていただきます。
    お忙しいところ恐縮ですが、お力添えいただけると幸いです。

    以下に経緯を記載いたします。
    〇検挙
    ・2020年6月下旬 13時18分 会社から帰宅途中30km/h道路を400ccのバイクで走行中、ネズミ捕りにて検挙。
    ・検挙時の速度は66km/h(36km/hオーバー)
    ・測定装置は光電管式とのこと。

    〇検挙時の状況
    ・検挙場所は自宅から近く、よくネズミ捕りをしていることを知っていたため、40km/hほどで走行中、突如警官が飛び出してきて停止。
    ・測定場所から、停止場所までの距離は60m。
    ・バイクを路肩によせて停止し、免許証を提示。
     測定紙が出るまで数分待つ。この間にナンバーの確認。
    ・測定紙の数字は66km/hで、自分の確認していた速度とはかけ離れており、驚いている間に測定紙へのサインと拇印を求められ応じてしまう。
    ・その後、作成された赤キップへのサインを求められるも、走行速度と測定速度の乖離が大きいため拒否したが、警官の主張は『機械は正しい』の一点張りであり、サインをしないと解放されないと思い、サインと拇印を行う。
    ・当日は免許証の没収はなし。(コロナで出頭日程が未定のため)
    ・当日はコロナ対応のため、マスクの上からヘルメットを着用していたが、
     両方外すことなく、現場での処理がすべて終了。車検証の提示も求められず。

    〇私の言い分(上申書内容)
    ・帰宅中であったため急ぐ理由もなく、取締りポイントであることを知っていたので、速度確認の上走行していた。
    ・取締り前に、取締りポイントより5.1km離れたガソリンスタンドで給油。
     給油時のレシートの時刻は13時9分。給油後、タイヤの空気圧調整を実施。
     ガソリンスタンドを出たのは13時13分頃と思われる。
     検挙時刻である18分までの5分で5.1kmを走行するためには平均60km/h以上で走行する必要があり、検挙場所まで5箇所の信号や、他の交通を考慮すると困難である。(検挙場所までの道路は40km/h制限)
    ・67km/hで走行していた場合の停止距離は約50m。67km/h = 18.6m/sec。
     警官が速度を確認して停止に飛び出るまで1秒と仮定しても、残り40m強での停止は困難。
     実際はタイヤがロックすることもなく、側道に入るのにウインカーを出す余裕まで残して停止している。(ウインカーを出す際にホーンボタンに指が当たり、音が鳴ったことを警官も覚えていた。)
     私がメーターで確認していた40km/hであれば妥当な停止距離である。
    ・告知表を作成した警察官は、検挙時に「犯罪事実の確認」「黙秘権があることの教示」「免許証記載の人物と運転者が同一人物であることの確認」をいずれもしておらず、この検挙には明白な手続き上の瑕疵があり、検挙は無効と思われる。
    ・以上より、37km/hも速度オーバーした事実も、する理由もない。

    〇検挙以降の経緯
    ・6月下旬 検挙
    ・8月初頭 区検察庁への出張通知を受理。
    ・8月中旬 所在地の区検察庁へ出頭。上申書提出。
      この時の検察官はこちらの言い分を聞き、捜査すると話して終了。
    ・出頭翌日 電話にて犯罪地の区検察庁へ移管する旨の電話があり。
    ・10月中旬 犯罪地の区検察庁から出頭通知を受理。同日に免停通知も受理。
    ・本日 区検察庁へ出頭。

    〇本日の検察官の言い分
    ・速度測定器は検挙後前後に確認をしており、機械は正確である。
     本件においてはこれを覆すほど明確な証拠はない。
    ・給油後から検挙までの時間に何をしていたかは証言以上の証拠がなく、否認理由として意味がない。私がウソをついているとは言わないが、勘違いである可能性がある。
    ガソリンスタンドの防犯カメラもすでに上書きされて消えている可能性が高い。赤キップにサインをしたから捜査をしていない。
    ・9分であれば、5.1km進むのに平均34km/hであり現実的な数字である。
    ・60mあれば停止は可能。
    ・以上より、どうするかを再度考えて来る様にとのこと。

    正直なところ、管理人様の記事の区検察庁への持ち物に『折れない心』の記載がなければ、あきらめてしまいそうになりました。
    私としては、これ以上明確な証拠を提示することも難しく、上申書を部分訂正し、このまま正式裁判を希望、結果、不起訴となることを祈る以外ないかと思っています。

    もしも、上申書を直すにあたり、なにかご助言などをいただければ幸いです。
    具体的な質問でなく、申し訳ありません。
    よろしくお願いいたします。

    • 取締り110番 より:

      不起訴率は都道府県によって大きく異なるため、[検察統計]地検と区検の不起訴率2017[赤切符・青切符]の記事を参考に大まかな不起訴率の予測を立てて下さい。2019年版をそろそろ作ろうとも思っていますが、基本的には大きな変動はありません。

      裁判や検察の処分に絶対はありませんが、私の知識・経験上は現時点で起訴される可能性はかなり低いと思われます。理由は2つです。

      1. 上記記事も含めて不起訴率は全て「地検」での話です。区検での公判請求など全国で年間数件程度しかありませんので、検察が本当に起訴するつもりならさっさと地検に送致します。今回は現場段階では否認せずに署名・押印しているため、1回目の出頭は単に否認の意思を伝えるだけに消費され、今回の出頭が実質1回目の出頭です。改めて出頭して上申書を再?提出するなどして否認したとして、担当検事(おそらく副検事か検察事務官ですが…)は、そのまま不起訴にするか地検に送致するかを判断します。

      2. 今回も調書を録っていないのは、Bommyさんなら色々脅したり宥めたりすれば、否認を諦めて略式命令に従う可能性があると思われてしまっているからです。検察にしてみれば違反を認めて略式命令を受けてくれるのが一番楽な事務作業です。現場段階から否認していたり、毅然とした態度で「無実だから否認する!裁判でも徹底的に争う!起訴するならさっさとしろ!」という感じで否認する者が相手の場合は、検察もさっさと調書を録ります。何故なら、不起訴を出すにもしても被疑者供述調書は基本的に必要だからです。

      上申書は既に1回提出済みで、今回の担当検事の手元にもあるのであれば、無理に2通目を出す必要はないと思いますが、不起訴狙いなのであれば論点は絞って検察としても不起訴を選択しやすい内容にしておくのが無難です。私ならば以下の3点に絞ります。

      1. 取締りをよくやっている路線だと知っていて気を付けていた上にガソリンを入れてからの帰宅途中であり急ぐ必要が全くなかった。犯行の動機が一切なく、自分はメーター読みで40km/h程度で走行していたのだからいまだに違反をしたという認識を持っていない。それでも警察が正しいと主張するにしても、過失犯に厳罰が必要だとあなたは思うのか?

      2. 光電管による測定地点で私の違反を現認したとする現認係は1名しかいなかったと思われる。測定値は他の車両を計測したものである可能性が高く、たった1名の目撃証言だけで「合理的な疑いの余地がない程に立証されている」と本当に思うのか?しかも取締りを行う警察官は、検挙自体を業務として行い給与をもらっているのであるから「検挙により利益を得る者」の証言の信用性は低いと言わざるを得ない。つい最近も北海道で測定していないのに証拠を捏造して切符処理していた警官がいた事がニュースになっていたばかりで、「警察官だから過失も故意による捏造もしない」という主張には理由がない。

      3. 制止係が飛び出してきた時点で60mあったのであれば十分止まれるだろうが、60mというのは測定地点から実際の停止位置までの距離である。現認係は測定値が違反であることを確認してから無線で制止係に連絡するのであるから、警察用語で「フジ・白・8008」(普通自動車・白色・ナンバー8008)などと短縮して伝えたとしても、制止係が飛び出すまでには1~2秒のタイムラグが絶対に発生する。私が67km/hで走行していたならば、制止係が飛び出した時点で残りは最大でも40m前後であり、教習所の急制動レベルの急ブレーキでなければ止まれない。しかも、無線から1秒で飛び出せるという仮定自体がおよそ現実的ではない。

      まあ、3.に関しては本当に測定地点から60mしかなかったのかなど疑問点もありますが、2.の「現認係は1人しか配置されていなかったでしょ?」という主張は案外有効です。1名では誤認の可能性があるので交通取締りは出来るだけ複数で行えと措置要領にも書かれていますし、同じ理由で白バイによる検挙は不起訴率が高いのです。

      • Bommy より:

        管理人様

        迅速かつ、親身なご返信ありがとうございました。
        また大変わかりやすくアドバイスいただきありがとうございます。
        参考にさせていただき、今後の対応を諦めずに進めたいと思います。
        また進展がありましたらご報告させていただきます。
        取り急ぎ、お礼まで。
        ありがとうございました。

  2. dfumihit より:

    管理人様

    昨日、30キロ道路でネズミ捕りに捕まりました。測定場所の手前では40キロ前後のスピードは出ていましたと思います。私の車(軽自動車)が遅いので後ろ車(白色ワゴン車)が猛スピードで追従してきましたので、スピードを落として追い抜きさせようとしたら、20メートル手前で警官が停止旗を持って出来ましたので、何故、自分が捕まったのか分かりません。
    警官が計測表を持ってきたら30キロですので、赤切符となりますと告げられ、私は30キロオーバーの自覚がなく、計測地100メート前では30キロ前後に落としていたと思います。後ろの車は捕まらず、私の車が停車させられたことに納得がいかず、否認を行いました。
    特に警官に対しての知識がある訳でもなかったのですが、100歩譲っても10キロ前後のオーバースピードであったことを告げ、このスピードであれば認めますが、30キロオーバーには納得がいかないので、全て、否認しました。
    今後、どの様に対処すればよいかご教授の程、お願い致します。
    計測器を担当していた警官はスピードを緩めたことも求めていました。若い警官が私の車を取り囲み、急いでいましたか等と質問してきましたが、会社に帰ると途中であり、車の20年前のポンコツ軽自動車でしたので、ゆっくり帰っていました。
    私が思うには、後ろの車が私の車を追い越そうとスピードを上げていた時、私の車でなく工法の大型ワゴン車を計測してのではないかと思います。
    普段より安全運転に心がけていますので、この仕打ちには納得がいきません。
    宜しくお願い致します。

    • 取締り110番 より:

      大変理不尽な取締りを受けたようですね。

      否認する場合の今後の流れについては赤切符(非反則行為)より記事を通読していただければ御理解いただけるかと思います。
      30km/hジャストの超過容疑であることや、現場段階から否認していることも踏まえれば、不起訴になり罰金刑にはならない可能性は十分あるかと思います。

      しかし、反則点数については警察が取締りをすると自動的に加算され、これの撤回・抹消は至難の業です。無実であっても免停や免取処分が可能な異常なシステムで運用されているのが運転免許制度ですので…

      可能性は低いですが反則点の抹消に成功するケースとは、「検察が「嫌疑なし」または「嫌疑不十分」での不起訴を出す」ことです。不起訴の大多数は「起訴猶予」(犯罪の事実はありそうだけど罰するほどではない)となってしまい、嫌疑不十分以下の不起訴処分はまず出ません。

      しかし、担当検事の当たり運が良かったり、ドラレコ映像によって完全に冤罪であることが立証可能な場合は行政処分の撤回に成功した事例もございますので、このサイトの記事をよく読んだ上で、後悔しない対応をして下さい。
      [神奈川県警]ドラレコ映像によってmagumaguさんの冤罪が晴れるまで[スピード違反]
      [驚きの結末!]切符処理されたのに加点されなかったMTSさんの体験記[携帯使用等違反容疑]
      [免停処分など]赤切符を切られたのに反則点が付かないパターンはあるのか?[体験談]

      上記の体験談などを読むと、行政処分の取消が自分も可能なのではないかと期待してしまうと思われますが、ドラレコのような反証がない場合はあくまでもレアケースで1/100未満の確率です。

      それでも諦めずに自らの主張を貫いた方の一部だけが、そのようなレアケースに遭遇することとなりますので、納得がいかないのであればこのサイトで理論武装した上で「折れない心」を持って立ち向かって下さい。

      国家権力と争うことになりますが、相手は皆公務員であり、どれだけ争っても罪が重くなったり新たな不利益が生じることはありませんので、その点は御心配なさらなくて大丈夫です。

      • dfumihit より:

        御回答誠に有難うございます。

        ご相談した内容に誤字が御座いました。
        1. 測定していた警察官がスピードを緩めたことを認めていたました。
        2. 工法→後方
        大変失礼しました。

        どう見ても後ろの車が追い抜きにかかってスピードを出したとしか考えられません。私の車にはドライブレコーダーが設置されていませんので、事実関係を説明するには
        至難の業かもしれません。
        警察官が停止サインを出した場所は20メートル前後でしたが、30キロオーバーで走行していたら停止できないと思います。
        100メートル手前からは追い抜きさせようとかなり減速していたので可笑しな話である事は明白です。
        管理人様からのご返答に大変勇気付けられました。
        不起訴処分になっても嫌疑なしでなければ、反則点数は戻ってこない事も理解しました。この場合、免停になるのでしょうか。
        ここ数年、無事故・無違反ですので、6点減点で講習後1日免停になるのでしょうか。冤罪であると確証しているのに、全くもって災難にあったと思います。
        今後共、御指導の程、宜しくお願い致します。

        • 取締り110番 より:

          御返信が遅れました。
          罰金額を決める刑事処分と、免停等の行政処分は別進行ですので、おそらく刑事処分の決着が出る前に免停の為の出頭通知が来ると思われます。
          嫌疑不十分以下の不起訴が出る可能性に賭けたいのであれば、免停処分は指定された出頭日に出頭しなくても何の罰則もなく、未出頭の間に運転していても無免許扱いにはならず特に困りませんが、免停処分の前歴が消えるのは「処分を受けてから1年後」となるため、行政処分について諦めが付くのであれば、指定日に出頭してさっさと短縮講習を受けて1日免停で済ませてしまった方が結果的に前歴が消えるまでの期間が短くなることになります。
          とはいえ、完全な冤罪だと確信していてどうしても納得がいかないのであれば、出頭せずに刑事処分の決着を見てからにしても構いません。
          ただし、指定日から大幅に遅れた出頭の場合、短縮講習を受けられなくなる可能性がありますので、その場合は30日間の免停を受けても問題のない期間に出頭するか、[免停に関する]とんでもない話[リスキー]のようなあまりオススメ出来ないリスキーな方法を取るかという選択肢から選ぶことになります。
          いずれにせよ、警察の取締り目的に「交通安全」は入っていませんので、速度超過が事実であれ無実であれ、事故を起こさずどこにも被害者が存在しないのですから、罪悪感だけは抱く必要がありません。税金泥棒の警察官に因縁を付けられて困っている。客観的に見ればそれだけのことなのです。

  3. アラフィフ より:

    この前、鮫洲の試験場に行ったら、駐車場が無料でビックリしました。
    神奈川県の免許センターが1年半位前、道路の向かい側に移転し、
    最近駐車場の位置も変わっていました。
    パッと見、料金が分からなかったので、調べたら「1回1,000円」!!
    以前の「1回700円」も高いと思い、違反登録の確認のために、
    運転記録証明書の申請をした時は、少し離れた駐車場に停めました。
    マイカーの方がコロナリスクを低減できるのに、
    何でこの時期に値上げするのか?!と思いました。
    本当に、神奈川県警はどうしょうもなくて、悲しくなります。

  4. Kayumi より:

    初めまして。本日の8時にネズミ取りで捕まり、(20キロ以上違反)、青切符を切られました。この場合は今日中に警察に行き、調書を取らせた方が宜しいのでしょうか?頭が真っ白で混乱気味ですがご相談したいと思い投稿しました。

    • 取締り110番 より:

      交通安全週間初の連休で今日は警察が全力で取締りをしていましたね…

      パターンは4つだけ!青切符について質問する前に[交通違反]に記載しました通り、反則点を諦め、不起訴狙いで反則金のみ免除でよいのであれば急いで調書を録らせる必要はありません。通告センターに行って否認しても良いですし、督促が来てから電話して否認の意思を伝えても構いません。

      成功確率が非常に低く、おそらく無駄足になることを理解した上で今から切符処理の抹消を狙うのであれば、切符を切られても諦めない!後で出頭して切符が撤回された事例!の記事のように所轄に乗り込んで暴れてみても良いですが、成功するのは非常にレアケースでまず成功しない事は理解した上で御判断下さい。

      私は20年以上警察の理不尽な取締りと戦ってきましたが、その結論としては難易度は以下の順で低いです。

      1. 警察の取締りロジックを知り、取り締まっていそうな場所を事前に察知して取締り自体を受けないようにする(難易度:低)
      2. 万一止められても、現場で否認して交渉し、警告指導での決着を図り切符処理されないようにする(難易度:中)
      3. 切符処理後に撤回させる(難易度:高)

      なお、青切符の不起訴は難易度ゼロです。否認して一度だけ検察併設の部署に出頭すれば99.9%不起訴ですからね。しかし、多くの方は反則金よりも反則点が痛いと思われますので、こんなサイトを運営して警察の取締りロジックや万一止められた時の否認法について紹介しています。

      • Kayumi より:

        返信ありがとうございます。 
        担当所轄に行きましたが駄目でした。 
        駄目元だったので覚悟はしてましたが。
        取り調べ室は「録音は許可がいる」との張り紙がありました。録音を相当。警戒してます。    
        あわよくば厳重注意で済まそうと私なりに粘りましたが正式名称は覚えられませんでしたが「犯人隠匿罪」で警官も私も逮捕されるので見逃す事は出来ないと言われました。 
        ネズミ捕りは難易度が高いですね。

        • 取締り110番 より:

          結果としては切符処理の撤回は適いませんでしたが、「所轄に乗り込んで自らの主張をする」という経験値を得たのですから、万一次に理不尽な取締りで止められた際には現場で毅然と否認して警告指導での決着が図れると思います。多くのドライバーは捕まったことに対する恨み節は言えても、理路整然と「切符処理するほどの違法性はない。警告指導処分では不十分と考えるだけの根拠を示せ」とは言えないですからね。

          切符処理したものを警察官個人が勝手にもみ消したら、犯人隠匿罪が成立する可能性はありますが、現場段階で「違反を現認したので厳重注意(あるいは警告指導)した」であれば完全に合法なので問題ありません。

          以前も書いたかと思いますが、一度違反登録をされてしまった違反は、既に運転免許本部のデータベースに登録されてしまっているため、これを取り消すには署長レベルの決裁による抹消上申が必要で難易度が非常に高いのです。

          体験談にある「所轄に乗り込んだら取り消してもらえた」という事例は、当日中でまだ違反登録されていなかったため、警告指導処分をしたという建前が通せる状態だったのだと思われます。今はタブレット端末で切符を作成するため、切符処理した時点で違反登録まで完了してしまう可能性が高いです。タブレット端末の詳細が公表されていないため、現場段階でLTE通信で登録されてしまうのか、所轄に戻って署内LANに繋がないとされないのかまでは不明ですが、いずれにしても以前よりも切符処理後の撤回の難易度は更に上がっていると予想されます。

          青切符ならば不起訴を得るのは簡単ですので、まずは1年間の無検挙(過去2年間に他の違反が無ければ3ヵ月)を通して累積点をリセットさせ、その後も二度と切符処理をされないように取締りに注意した運転法と否認のための理論武装をしておきましょう。危険かどうかは関係ありません。予算の為に取り締まる警官の立場に立って「出来るだけ簡単に取り締まろうとしたらどこで取り締まるのか?」を考えながら運転するしかないわけです。

          私は普段から制限速度など意識せずに周囲の交通の流れに合わせて運転していますが、一時停止は見通しの良い場所ほどキッチリ止まりますし、交通の先頭に出てしまった時は光電管に備えて路肩にパイロンが置かれていないかどうかをメチャメチャ気にしながら走っています。陸橋途中に合流路がある場所では白バイを警戒して後方確認しまくったり…

          危険性とは無関係なのですから、本来ならば不要な注意力の消費でやってられませんが、「カネを取りたい」という不純な目的を持って待ち構えている警察が相手なのですから、こちらもそれに合わせた運転が必要になるのが日本の悲しい現実です。

コメントをどうぞ