ご意見・ご質問はこちらから

[注意]2017年1月より、コメント投稿は会員限定機能とさせていただきました。ログインせずにコメントを投稿してもエラーとなりますのでご注意下さい。

ちょっと質問がしたいだけなのに有料会員にならないといけないの?

ほとんどの疑問は、以下の説明とリンク先を読めば解決しますよ!

質問する前に読むページ

青切符について質問する前に

反則点数6点未満の反則行為違反の容疑で、通称「青切符」正しくは「交通反則告知書」を切られた方は、御質問の前にリンク先の記事を御一読下さい。

知りたい事のほとんどの答えはそこに書かれていると思います。

赤切符を否認する場合のプロトコル(会員限定)

反則点数6点以上の非反則行為違反の容疑で、通称「赤切符」を切られた方は、リンク先の記事を御一読下さい。

99.9%以上が不起訴になる青切符とは異なり、赤切符を否認する場合はそれなりの覚悟が必要です、また、否認の仕方によって不起訴率もかなり変わります。

手の内を警察・検察に晒さないために、赤切符関連の記事は会員限定記事とさせていただきました。

代わりに、会員限定記事では具体的な上申書の書き方などもわかるようにしてあります。

人間の不安のほとんどは「わからないこと」に対するものですので、仕組みがわかれば不安はかなり軽減されます。

よくある質問のQ&A

警察がこんな酷い対応をしました。おかしいですよね!

私にしてみれば、警察が腐っていることは既知の事実ですので、単に警察の対応への不満を書きたくられても、「そうですね。」としか答えられません。

どうすればいいかアドバイスをお願いします。

「何かアドバイスして下さい」というのはあまりにも抽象的ですし、記事を読めば書いてある事を要約してアドバイスしろというのは勘弁して下さい。まずは関連する記事を読み、それでもわからない点について具体的にご質問下さい。

急いで下さい!今日中に返答して下さい!

申し訳ありませんが、本業が別にあります。警察署や検察庁への出頭日は電話一本で変更出来ます。出来るだけ速やかな返答を心掛けておりますが、今しばらくお待ち下さい。

違反が事実なら否認すべきではない!

それってあなたの主観的判断ですよね?人の生き方やイデオロギーの域を出ませんので、議論するだけ無駄だと思います。私は「被疑者には否認する権利がある」と言っているのですが?

私の考えは違うので賛成できません!

もちろん、私とは異なる考え方をする方がいて一向に構いません。その主張は自らブログなりサイトなりを開設して持論を展開して下さい。

検挙に納得が出来た方は反則金を納めるなり、赤切符ならば素直に認めて略式裁判で罰金刑を受ければよいと思います。その人には「是認」という選択肢を選ぶ権利があります。

一方で、納得がいかなければ「否認」という選択肢を選ぶ権利が誰にでもあり、その権利を侵害する事は許されません。

否認すると逮捕されるぞ!裁判になって大事になるぞ!

あなたは警察官ですかw 否認する権利を行使しないよう圧力をかけたいのですね。

誓って言いますが、元が青切符の反則行為で、逮捕理由が「否認したこと」である例は一例もありません。

ちなみに、警察のバイブル本にも「否認は逮捕事由にならない」と書かれています。

こちらの記事に証拠も載せていますが、残念ながら会員限定記事です。

やっぱり質問したいから会員になろうかな?会費は高い?

それは大変ありがたいのですが、登録前によく検討してからにして下さい。私が逆の立場だったら、ちょっとコメントをするためだけに有料会員になるのはもったいないと思います。

会費は500円/3ヶ月か、1500円/1年の2パターンありますが、有料記事のメインは「切符を切られない為の対処法」「赤切符を切られた場合に読む記事」です。

どうせ会員になるのであれば、会費分の元を取る為にも、ちゃんと対処法を学んで二度と警察の嘘に騙されない人間になるんだという決意を持って読んでいただきたいと思います。

会員登録申請についてはこちらからどうぞ

取締り110番.comでは、一部記事を会員制記事としております。少しでも質の高い記事を執筆するため、肝心の対処法を警察関係者に読まれない為に必要な措置ですので、サイ...

[注意]繰り返しになりますが、2017年1月より、コメント投稿は会員限定機能とさせていただきました。ログインせずにコメントを投稿してもエラーとなりますのでご注意下さい。

アクセス数アップに御協力いただける方は以下をクリック!
にほんブログ村 車ブログへにほんブログ村 バイクブログへ

twitterはじめました

コメント

  1. natsumechan より:

    管理人 様

    お忙しい中、早速の回答をいただきありがとうございました。
    お陰様で、疑問だらけだった頭の中がすっきりしました。

    一つだけ知りたいのですが、回答の中に「不起訴が欲しいならば」とありますが
    不起訴の場合は、不起訴だという連絡があるのでしょうか?

    先に納得できないことが二度あったと書きましたが、一度目の経験からこの疑問が来ています。一度目には他の車と間違われて青切符か切られました。、反則金も支払わず4年がたっていますが、何の連絡もありません。

    一度目も同じバイパスで、信号無視と切符を切られました。白バイでした。身に覚えがなく「どの信号ですか?」と聞くと「二つ前の信号です」ということでした。とっさに二つ前の信号を通った時のことが思い出せず、否定もできず、急いでいたのでサインしました。しかし後になって二つ前の信号の時のことを思い出しました。私は青信号で通過し私の後から何台もの車が通過していったのを思い出したのです。私は2車線の右側を青信号ではしり、右車線はスムーズに次々と車が通りましたが、左車線は大きなトラックがゆっくり左折しようとしていて。その後ろの車がストップし渋滞していました。私は右車線でラッキーと思いながら通過したのを思い出したのです。しばらくすると左車線のトラックが速いスピードで走ってきました。左折のトラックが曲がり切って、その後ろで止められていたトラックが追い付いてきました。私の車とそのトラックが並んだところで、信号無視ということでトラックと私と両方同時jに止められました。

    後で思い出し、警察に行って違うと言いまして調書も書いてもらいましたが、後になって私の言い分は認められないという返事がきました。私の車と並んだトラックは信号無視をしたのかもしれませんが、私は、そのトラックと一緒に通過した別の車と取り違えされました。
    その結果、ゴールド免許ではなくなりました。後で否定してもダメでした。反則金は支払っていません。不起訴の連絡もありません。4年以上たっていますが、まだ審理中ということでしょうか?

    • 取締り110番 より:

      不起訴(起訴猶予)処分の場合は検察からの連絡はありません。交通違反(道交法違反)の公訴時効は3年間ですので4年以上前の事件については知らぬ間に不起訴が出ていたと考えて間違いないでしょう。

      いずれにせよ、通常は否認した場合は一度は簡裁併設の部署に呼ばれて調書を録られ、その1~3ヶ月後には勝手に不起訴になっています。不起訴かどうかの確認がしたければこちらから電話するしかありません。
      また、東京のような大都市の場合は、簡裁に呼ばれる事もないまま不起訴になるケースもあります。

      今の御時世ではドライブレコーダーが必須装備となっておりますので、今後の為には前方だけでも付けておくことをお勧め致します。今回の件に関してもドラレコを搭載していて、現場で「ドラレコがあるから徹底的に争う。黄色に変わった時点で停止線手前に安全に停止出来る距離でなければ交差点を通過してしまうのが道交法上正しい運転だろ?ましてや、完全に赤に変わった後に交差点を通過してきたパトカーに危険だなんだと言われても説得力ない」というような話を、スマホで録画しながら対応していたら、警告指導で済んだ可能性が高いと思われます。

  2. natsumechan より:

    はじめまして

    納得できないことが二度起こりましたので警察の取り締まりに疑問が生じ、
    どう行動すべきか、どう行動すべきだったのか知りたいのでよろしくお願いします。
    これは、2度目のケースですが、
    9月11日、2車線のバイパスを走っていたらパトカーに停められ、信号無視といわれました。全く覚えがないのですが、赤信号に変わった2秒後に交差点に入ったという事でした。
    私は大きなコンテナを積んだトラックの後ろを走っていて、青信号を見ていました。信号がトラックの陰で見えなくなり、そして通貨したあとパトカーが追ってきました。
    昼の11時ころで、バイパスは2車線ともトラックだらけで、普通乗用車の私は前後も横もトラックという状態でした。赤信号で入ったといわれても私には信号が見えなかったのではっきり否定することも出来ず、言われるままに免許証を出しました。警官が何か書類を書いている間に、整体の予約に間に合わないことになりキャンセルの電話をし、その他の約束のある相手にも遅れる連絡をしました。
    しかし、変だなあ・・と言う感じがしてきました。私は40年以上運転してきた感覚から、直前まで青信号を見ながら運転していて、トラックの陰で見えなくなった数秒に信号が青から黄色にそして赤になるだろうか?スピードもかなり出ていたので、経験からどうしても納得できない気持ちになりました。
    しかも、その警官が非常に居丈高で、急いでいるというと反省してないのか、みたいなことをいうので、青い切符にサインする気になれなくなり、サインはしないといいました。チャートには切符を切られたがサイン無しに当たります。
    そのあと、わたしを「被疑者」と呼びはじめ、その場で私の言い分を作成しなければならない、と言い、急いでいるので・・と言っても「後ではダメだ」。どのくらいここに止め置かれるのでしょうか?と聞くと「自分で考えろ」という事だったので、あきらめました。そして私の言い分を警官が勝手に書き、読み上げ、サインしろというので、書いた内容が私の言い分と違う、と言って書き直ししてもらいました。そしてサインして、合計一時間以上そこに止められました。

    質問です。
    取り締まり内容に納得がいかないときには、免許証を出さなくて良いらしいことはこのサイトで分かりました。信号無視の証拠があるなら見せてほしいというべきだったでしょうか?私の言い分は、直前まで青信号だったのに、トラックで見えなくなった数秒のうちに青から黄色、赤に変わるとは思えない、という内容なので、警官は私の言い分を聞いたら映像を見せてくれても良いのにという思いがします。なぜ見せてくれなかったのか、本人に聞かなければわからないことですが、どのような可能性が考えられますか?
    質問その2
    青い切符にはサインせず、私の言い分を書いた文章にサインしましたが、その写しはもらえませんでした。読み上げられただけで、直接読ませてくれませんでした。でもサインはしました。後から考えると、読み返してよく吟味してからサインすべきだったと思うのですが、その場でサインしないと帰してしてくれませんでした。写しももらえなかったのですが、今からもう一度内容を確認することはできますか?
    その3
    帰るときに、青い切符と罰金の納付書を渡されましたが、これには何か意味がありますか?どこかに出頭するようにとは口頭では言われませんでしたが、このまま何かが届くのを待っていれば良いのでしょうか?チャートには裏面に書いてある場所に出頭するようなことが書いてありました。何も言われなくても出頭するという事でしょうか。(するべきかどうかは別として)

    普段、取り締まりについて深く考えることはありませんでした。この経験から無知はまずいと思うようになりました。

    蛇足ながら、バイパスのその場所は、乗用車の女性ばかり捕まえるといううわさでした。私は乗用車の若くない女性で、怖がってすぐサインしそうだったのかもしれません。警官のあまりの態度にプチっと切れました。

    • 取締り110番 より:

      既に切符を切られてしまっているため、不起訴は簡単でも反則点の抹消が難しい事案ですが、車両にドラレコは搭載されていたでしょうか?
      もしドラレコ映像があるのであれば、すぐにPC等に保存してデータが消えないようにしておきましょう。交差点通過時の信号が映っていなくても、最後に信号が映っている位置から交差点までの距離や走行速度を計算することによって、「この地点で青信号だったのだから、進入時に赤信号だったことはあり得ない」という立証が出来れば、切符処理の取消にも可能性が出てきます。

      ひとまず、御質問にお答えしておきます。

      質問1「証拠を見せろと言うべきだったか?見せてくれなかったのは何故か?」
      回答1 セオリーとしては「パトカーのドラレコ映像を見せろ。見せられないなら証拠が無いのと同じじゃないか!」とスマホ等で録音しながら対応すべきでしたが、仮にそう言っていても警察が映像を見せた可能性は非常に低いです。法令上は交通違反の検挙に映像証拠等の客観証拠は必要なく、警察官が「確かに見た」と言えば切符処理が可能なシステムになっています。仮に信号が青で信号無視容疑が完全な冤罪だったとしても、警察官が嘘をついて「確かに赤だった」と言えば切符は切れてしまいます。
      [警察官は]富山県警が「信号無視」交通切符誤交付[色もわからない]

      こんなシステムはおかしいですよね?だから私のような者がこんなサイトを運営せざるを得ない状況になっています。信号無視・一時不停止・白バイ追尾による速度超過などはいくらでも冤罪が作り出せるシステムになっていますので、警官が意図的であれば誤認であれ、数多くの冤罪が毎日のように発生しているでしょう。そして、仮に冤罪でもドラレコ証拠等で反証出来ない限りは反則点の加算は合法とされてしまっています。残念ながら、日本はまだ法治国家にはなっていないのです。

      質問2「調書の内容を今から確認できるか?」
      回答2 おそらく出来ません。請求すれば警官には被疑者供述調書を見せる権限はありますが、義務ではないのでまず見せてきません。ただし、青切符の否認事件は99.9%以上が不起訴になりますので、調書の内容がどうであれ特にメリットもデメリットもありません。否認を貫けば不起訴にはなるが、行政処分側で勝手に反則点が加算され取り消せない。そういう状況です。

      質問3「渡された告知書と反則金仮納付書には意味があるのか?」
      回答3 反則金の仮納付書を渡されたということは、今回の事件はまだ否認事件扱いになっていません。その納付書で反則金を納めると違反を認めた事になり、刑事処分は終了し、反則点が加算されて終了です。本来は告知書への署名を拒否して否認した場合は、すぐに通告処理をして否認事件として検察併設の部署への出頭を指示しなければならないのですが、警察が欲しいのは反則金であって罰金ではありませんので、調書を録って脅しだけ掛けておいて、反則金の納付書を渡してカネを払えと言われている状態です。

      期限までに支払わずにいると通告書と本納付書が書留で届き、それも支払わないと複数回の督促状が来た上で最終的に簡裁併設の部署からの出頭要請が来ますが、放っておくとそこまで進むのに半年~1年以上掛かったりします。

      すぐに送検してもらって不起訴が欲しいのであれば、取締りをした所轄に連絡して「当初から否認しているのだから納付書を渡したのはおかしい。さっさと送検処理をしろ」と言うか、青い告知書の裏面にある通告センターに出頭して同じことを言うかです。もちろん、ドラレコ映像があるなら早めに証拠を揃えて所轄に乗り込みましょう。

      蛇足に関してですが、警察の交通違反の取締りの99%は、反則金集金のためのみに行われています(残りの1%はアリバイ作りの飲酒検問や、通報があった場合の暴走族の取締りなどです)
      集金が目的なのですから、逃げ切られそうな相手や、頑強に否認してきそうな車・バイクは狙わず、女性・高齢者・職業ドライバー(トラック・タクシーなど)を重点的に狙うのが警察のセオリーです。

      とはいえ、止めるまではドライバーが女性かどうかまではわからないケースも多いですから、女性のみを狙っているとは言い切れませんが、もし貴女が乗っていた車両が乗用車ではなくナンバーを隠した大型バイクだったら、パトカーで追ってもどうせ逃げ切られるだろうと判断して追わなかった可能性が高いでしょう。私は乗用車もバイクも乗りますが、バイク乗車時にパトカーに追われた事は一度もありません。捕まえやすいのを捕まえて効率良く反則金を徴収する。それが警察に与えられた使命であり、違反事実の有無や交通安全など最初から彼らの眼中にはありません。

コメントをどうぞ