赤切符(非反則行為)の目次

スポンサードリンク

「青切符の違反は軽微だから否認してもいいが、赤切符での検挙は危険度が高いし反則金制度の対象ではないのだから素直に認めて罰金を支払うべきではないか?」という意見があることは知っています。

しかし、そもそも全ての国民には否認する権利があり、裁判で有罪判決を受けるまでは推定無罪の原則があります。

オービスやネズミ捕りは誤測定が多々ある冤罪の宝庫ですから、事実無根の冤罪で検挙される方もいますし、警察が検挙しやすくするために敢えて制限速度を低めに設定しているような路線では、30km/h程度超過しても特に危険ではない場合もあります。首都高速の湾岸線の制限速度は80km/hですが、車線数・見通しの良さ・舗装の良さを鑑みれば、これがドイツのアウトバーン上ならば余裕で「制限速度なしの区間」に区分されそうな道路です。

確かに違反は違反でしょう。しかし、可罰的違法性の問題を考えるならば、仮に違反が事実であったとしても否認して正式裁判を求め、公判で争うなり不起訴処分を求めるなりしても一向に構いません。被疑者にはその権利があるのですから。この権利を無視して「素直に認めるべきだ」という意見は私見に過ぎず、感情論の域を出ません。

私は飲酒運転には反対の立場ですから、飲酒での検挙でこのブログにたどり着かれた方がいても、ご質問やご相談には乗らないつもりですが、それでも否認する権利がある事は認めざるを得ません。警察には検挙する権利があり、我々には否認する権利があるのです。

赤切符で検挙されたが納得がいかないという方は、以下の記事をご一読下さい。

持ち物は10個だけ!赤切符を否認する場合のプロトコル[不起訴なら罰金なし]
ご存知の通り、青切符の反則行為は否認さえ貫けば99.9%以上が不起訴になりますが、「赤切符で検挙されて否認したいがどうしたらいい?」という質問も数多く届きます。こ...

[交通違反]検察提出用の上申書について[赤切符を否認]
赤切符(非反則行為)の検挙に遭い、上申書の添削を希望される方が増えておりますが、まずは自力で書いてみる事が大切です。私には結果責任は負えないのですから、起訴...

[交通違反]検察提出用の上申書について2[否認]
前記事は検察提出用の上申書についてです。白バイ追尾・PC追尾では、測定値は被疑者の速度ではない私にとっては常識ですが、ご存じない方もいらっしゃるでしょう。白...

東京なら70%以上が罰金なし!赤切符の不起訴率[交通違反]
※この記事編集時よりも新しい検察統計に基づく記事があります。この記事を読み終わったらより新しい記事もご一読下さい。検察統計でわかる不起訴率(2010)検察統計でわか...

全国で40%が不起訴!?検察統計でわかる赤切符の不起訴率(2010)
以前、東京なら70%以上が罰金なし!赤切符の不起訴率の記事にも、2006~2009年までの4年間分の検察統計から、地検における不起訴率をまとめたデータをアップしましたが...

東京なら8割も不起訴!検察統計でわかる赤切符の不起訴率(2012まで)
以前も検察統計から地検での不起訴率を割り出し、「赤切符の非反則行為を否認した場合の不起訴率」を試算しましたが、今回は2012年発表分(データ内容は2011年...

知っていれば怖くない!交通違反で起訴されたらどうなるの?
ご存知の通り反則行為は否認すると不起訴率99%超です。しかし、赤切符の非反則行為では公判請求も年間1万件前後はあり、否認しても起訴される方がいるのも事実です...

[交通違反]スピード違反の判例研究からわかる無罪の法則[否認]
私は大卒ですが法学部卒ではありません。裁判の傍聴も好きですが時間がなくて行けません。簡単に判例を調べられる図書館とかがあるなら行ってみたいとは思いますが本気...

[交通違反]警察・検察との会話は全て録音・録画
旧ブログへのコメント欄への投稿を読んでいますと、主に警官とのやり取りを詳細に記載して下さる方がいます。それ自体は状況がよく伝わり、望ましい事なのですが、いく...

[交通違反]警察・検察は録音を嫌がる?録音したら態度が急変![検察で否認]
旧ブログに書きたい事は大体全て書いてしまったので、ここ数年はコメント欄への質問に答えるばかりであまり記事は書いていませんでした。私はこんな正確なので警察以外...

[驚愕]区検では事務官にまで公訴権を与えている[検事じゃない]
刑事訴訟法247条には以下のように定められています。第二百四十七条  公訴は、検察官がこれを行う。「公訴」とは被疑者を起訴する権限の事で、ニホンでは検察官だけが...

[検察統計]地検と区検の不起訴率2015[赤切符・青切符]
2015年の検察統計年表が出ていましたので、データを整理して「赤切符や青切符を否認した場合の不起訴率」を計算してみました。青切符の不起訴率は99.9%以上というのは明...

実際に検察で否認して不起訴になったり公判請求されて裁判を受けた方の体験談はわかりやすい!交通違反を否認した人の体験談のページにまとめてあります。

否認した人の体験談
管理人や読者の方が経験した体験談・体験記をこの目次にまとめておきます。結局は相手の警官の個性による所が大きいのですが、最初に載せてある覆面追尾の事件は、この...

なお、記事の中にもありますが、非反則行為である赤切符を否認した場合の不起訴率の全国平均は40%程度です。(反則行為の青切符は99.9%以上ですので不安にならないように!)しかし、このサイトで相談に乗った方の不起訴率は現時点で8割を超えています。

残念ながら起訴されてしまった方もいらっしゃいますが、ちゃんと戦術を立てて否認を貫き、検察対策で上申書を用意するなどすると不起訴率が上がる事は間違いありません。

一方で、どれほどしっかりした上申書を用意し、検察官取調べ時の対応が素晴らしくても、検事や副検事の当たり運が悪ければ起訴されてしまう事もわかりました。この国は法治国家ではなく人治国家なので、どの検事(副検事)が担当するかで有罪か無罪かが分かれてしまうのです。

ちなみに地裁の有罪率は99%以上ですから、この国で有罪か無罪かを決めているのは検察官である事がわかります。「起訴さえすればほぼ有罪」なのですからね。

検察官との対決では「隠し録音」が必要不可欠です。そうなるとスマホではやや不足する場合も多く、ICレコーダーが一台あると便利ですね。

事前に胸ポケットなどに入れて録音状況を確かめてみて、相手の声が聞き取れないようであれば、外部マイクを追加してもよいでしょう。

バッテリーの持ちと初期投資額が気にならないなら、本当にペンにしか見えないペン型のレコーダーがあると用途が広がると思います。

ペン型の利点の一つは、「バレても本体だけでは再生も削除も出来ないので確実にデータを持ち帰れる」という事です。

言うまでもない事ですが、取調べ時に「被疑者側が録音する行為」は違法ではありません。検察も息を吐くように嘘をつきますので、「法令で禁止されている」とか「許可する法律はない」とか言いますが、

法令で禁止されているのは、官憲側が被疑者の許可なく録音する行為であり、禁止する法律がない行為は全て自由なのが法治国家の原則です。

憲法や六法のどこを読んでも「おならをしてもよい」とは書かれていませんよね?では、おならをする行為は違法なんでしょうか?

とにかく検察庁に電話する時は録音アプリ、検事と話す時は全て録音が鉄則です。

検察に限らず、普段運転する時に必要な3つのツールについて知りたい方は以下の記事をどうぞ。

取締り対策に有効な3つのツールとは?
このサイトを見つけた方のほとんどは、理不尽な取締りを受けて納得がいかずに調べた結果、という事だと思います。出来れば切符を撤回してもらって反則点が付かずに済ま...

twitterはじめました
スポンサードリンク