[あおり運転]なんてしたくないけど、どかない車がいる時は[対処法]

御存知の通り、2020年6月30日から、いわゆる「あおり運転」に対する罰則が強化され、検挙されると一発で免許取消もあり得るという世の中になりました。

そもそも、あおり運転が問題となったのは、極一部の頭がおかしい人々が勝手に腹を立て、前に回り込んで他の車両を停めて因縁を付けるという事件が頻発したからですが、例によってマスコミの無責任な報道と、それに便乗した警察による厳罰化で「追越車線絶対譲らないマン」などの遅いのに進路を譲らない迷惑ドライバーが増長する結果となってますね。

一昔前までは、高速道路の追越車線で前走車に追い付いているのに譲ってくれなかったら、右ウインカーを出して抜きたい意思を伝え、それでも気付かなければ軽くパッシングして知らせたりしていましたが、上記の表を見ればわかる通り、今では「先に行きたいから左車線に寄って譲って下さい!」という程度の意味合いのパッシングですらあおり運転と見做されかねない状況です。

あおり運転と誤解されるような運転はしたくないが、前の遅い車が譲ってくれないせいでいつまでもチンタラ走らされたくもない。

そもそも追い付かれているのに譲らないのは「追い付かれた車の義務違反」という立派な違反なので、そんな悪質な常習違反者が運転する車はさっさと抜いてしまいたい。

そんな時に知っておくと便利な方法をお伝えしておきます。

ただし、今から御紹介する方法は「検挙はされないが100%合法とも言い切れない」グレーゾーン的な対処法ですので、順法精神の塊で制限速度をオーバーしたことなど一度もないというタイプの方は読まないことをお勧めしておきます。ここから先は会員限定記事とします。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について
twitterはじめました

コメントをどうぞ