yellow-cutさんの覆面追尾での切符回避体験談

覆面PCによる追尾での切符回避に成功したyellow-cutさんの体験談です。

例によって青字は管理人のコメントです。体験談は通常全文を無料公開していますが、今回の記事内には警察サイドに知られたくない対処法を含んでいますので、後半部分は会員限定記事とさせていただきました。

前書き

お世話になります。
かれこれ5年程前からゴールド免許を守るためにこのブログを定期的に読んで理論武装していたのですが、ついに初めての実戦を迎えました。
初めてということでちょっと緊張はしましたけど、目論見通り警告指導処分で決着できたので良かったです。(一応、警官が信用ならないので2週間くらい経ってから累積点数等証明書を申請してみますが)

もし使えそうなら体験記に乗せてもらえたら幸いです。

以下、止められた時のやりとりです。

覆面PCがパッシングしてくる

日曜の昼下がり、札樽道をレンタカーで走行、80キロ規制の道路だが車も少ないので後ろをチラチラ確認しながら快走していた。

追い越し車線を走行していたが、インターの合流を過ぎた後にふと後ろを見ると覆面が赤ランプ回しながら走行車線から自車の後ろに入って貼りつこうとしているのを確認。

ブレーキランプはつけたくなかったのですかさずエンブレで法的速度に落としつつ走行車線へ移動したら後ろからメチャクチャパッシングしてくる覆面。

尚、計測が正しくできていないのはほぼ確信していた。

取締りの指針として「等速度・等間隔で200m程度は追尾してから計測」という目安がありますが、実は法的には明確な基準がありません。そもそも、追尾式による計測は「その時警察車両が出していた速度」であって、被疑車両の速度とは何の関係もありませんので、正しい計測も何もないのですが…

「路肩狭くて危険なのに何やってんだコイツは?」と思いつつ非常電話の場所が少しだけ広がっていたのでそこまで走って停車。

エンジンを切り、初めての緊張と初実戦のワクワク半々に準備開始。20半ばの部下が横に来たところで見えるように録画を開始したところからの流れ。

何はともあれ録画・録音。これが切符回避を目指す場合の対応の鉄則です。

録画を嫌がる警察

若手警官
あなた速すぎる!免許証持ってパトカー乗って!

明らかに高圧的な態度。
呆れながら一言目。

yellow-cut
その前に警察手帳規則5条に基づき警察手帳を提示して所属階級氏名を明らかにしてくれ

言われた部下、提示。ちょっとは規則のことを理解してるかと思った矢先、警察手帳を確認する間もなくしまって一言。

若手警官
警察手帳にカメラを向けるのはやめてください!これは撮ってはいけません!

yellow-cut
なんで?録画しちゃいけないってそれは義務なの?

若手警官
義務です!

残念ながら部下はアホだった模様。義務じゃねーだろうがとツッコミを入れ、無視して録画を継続。

正しい対応ですね。「警察は息を吐くようにウソをつく」という事実を知らないと、警察バッジを録画してはならないなどという大ウソに騙されて録画をやめてしまう方もいると思いますが、法律で録画・録音が禁止されているのは公判中の裁判所くらいなものです。もちろん、施設管理権や著作権の問題から、映画館内やライブ会場での録画もNGですが、取締りを受けた際に被疑者が証拠保全と防御の為に録画・録音する行為を禁止する法令は存在しません。

いずれにせよ、警察がここまで録画・録音を嫌がるというのは、それが効果的である事を自供しているようなものです。

不当逮捕を避けるために免許証を提示

若手警官
とにかくパトカーに乗ってください!速度も確認してもらう必要がありますので!

yellow-cut
任意事項なので拒否します。そもそも、なんで速度を確認しに行く必要があるの?レシートでも発行して持ってきたらいいじゃないの。そもそも、その計測値はあんたのパトカーが出した速度だし、警察の内規にある等間隔で200mの追尾もできてないでしょうが!

若手警官
いやそんな設備ないし!とにかく乗って!

設備って何でしょうね?大人しくパトカーに乗って切符を切られる場合は、測定器から印字されるレシートみたいのを切符に貼り付けますので、印字する装置が無いという意味ならこれもウソですね。

ここで頭の中で逮捕のリスクがよぎったので自ら免許証を提示

yellow-cut
逮捕されたくはないので免許証を提示します。その上でパトカーに乗るのは拒否します

若手警官
まだ免許の提示は求めてないぞ!!

じゃあお前は何しに来たんだよ?というツッコミを心の中でしたところで上司がやってきた。

この上司は見た目40-50の警部補。

部下とのやりとりで車の中だとラチが明かないと思ったので車からは降りることを決意。

録画した状態で「逃亡の恐れを疑われたくないのでエンジン停めますね~」とか言いながらエンジンを切って鍵を抜いたりすれば、乗車したままでも対応可能ですが、2人組の警官と対応する場合は、階級が高い方と交渉するのも鉄則です。警察は極度な縦社会ですので、切符処理を強行するか警告指導に留めるかは全て階級が高い方が決めますので。

中年警官
パトカーに乗って

yellow-cut
それは任意事項だから拒否する。ただ、逮捕はされたくないし一旦車の外で話そう

そう言ってパトカーと自車の間のスペースに3人で移動。

逮捕されないよう左手に免許証を見えるように提示し続けながら右手のスマホで録画継続。

中年警官
とにかくパトカーに乗れ

部下以上に高圧的な態度に呆れて頭を抱えそうになるが一言目は同じく。

yellow-cut
その前にあなたも警察手帳規則5条に基づき警察手帳を提示して所属階級氏名を明らかにしてください

中年警官
は?なんで提示しなきゃいけないの?この格好を見れば警察だってわかるだろ??

残念ながら部下以上のアホだった模様。警察手帳規則もわからないのは失笑モノだ。
とはいえ、そんなこと言いながら渋々名前が確認できる時間程度見せたので良しとする。

最初に警察手帳規則で氏名を確認するのは、警官に対して「お前個人の言動について後で責任を問う可能性があるぞ」と意識させる為です。これは警官だけの話ではありませんが、権威に弱い日本人は、逆に権威を後ろ盾とすると異常に気が大きくなってしまい尊大な態度を取りやすくなってしまいます。

確かに我々のような下級国民では、警察組織を相手に勝つ事は不可能です。しかし、警官個人に対する苦情申立や審査請求は可能ですし、現場で取締りをしている時点で我々が直接対面する警官達は皆末端の下級警官ですから、不用意な言動を録画・録音されれば実際に内部で処分対象になることもあります。だから、所属・階級・氏名や識別番号を確認されると彼らの中に保身の心を芽生えるのです。(一定水準以上の知性が残っていれば、ですが…)

やっぱり録画を嫌がる

だが次の行動は問題である。

中年警官
ちょっと、録画するのはやめてくれる??

そういってカメラを手で覆い叩こうとしてる。録画されているのにそんな行動ができるとは、呆れたものである。

そういうアホ警官も決して少なくありませんし、絶対にスマホを落としたり取り上げられたりしないように注意しましょう。もし、スマホを叩き落されてスマホが壊れたとしても、その様子が保存されていなければ警察は平然と「そのような事実はない。被疑者が勝手に落として破損したものである」と主張してきます。本当に、信じられない簡単に「息を吐くようにウソをつく」のが警官という人種なのです。

yellow-cut
公務中の警官に肖像権はないぞ?(ここは肖像権の主張ができないの言い間違い)
中年警官
私が、人間として!やめろと言ってるんだ!

なんだそりゃ?思わず半笑いになってしまったが……

これは笑えますね。「じゃあ私も人間として、追尾式の取締りは異常だからやめてくれって言っときますよ。あなた達の方が速度が高かったから追い付いたんでしょ?私以上に飛ばしておいて危険だから捕まえるとか、人間としておかしいと思わないんですか?」とか言ってあげましょう。

yellow-cut
任意事項なので拒否します♪あ、私は逮捕されたくないからこうやって免許証は提示してますからねー

中年警官
当たり前だ!免許証の提示は義務だ!

さっきはまだ提示しろと言ってない!などといばり散らしていたのに、掌返しの早さが面白かった(笑)

ここで、本線の車がクラクションを鳴らしながら通過する。

若手警官
ほら、危ないから早くパトカー入って!

yellow-cut
いやいや、危ないってわかってるならなんでこの場所で止めたんだよ!?別にPAにでも入れてくれれば良かったじゃないか!

後で進行先にPAがないのは気づくのだが、そんなことより問題は部下の一言である。

若手警官
あんたの車が速すぎるからだよ!!

別にパトカー先導で安全な場所へ誘導すればいいだけだし、80キロ規制の道路を100キロちょいで走るより狭い路肩に停車させる方がよほど危険だと思うのは私だけだろうか?
ツッコミを入れてるとキリがないのでスルー。

ここで、2人ともバカすぎて不当逮捕でも平気でやりそうな気がしたのでパトカーに乗ることは決意。切符切ってくる可能性は十分あるよなあとげんなりするが、逮捕されるとマズイので妥協した。そして、パトカーに乗ろうとした時にバカな上司がまた余計な一言。

不当逮捕のリスクを最大限下げる為には「犯罪捜査規範219条」というフレーズを出しておくとベターですね。不勉強な警官の場合は219条の中身をちゃんと知らない事も多々ありますが、こちらに法律の知識があると伝えるだけで彼らの暴走を防ぐ効果はあります。まあ、兵庫県警レベルの広域指定暴力団になるとどうだかわかりませんが…

中年警官
パトカーの中で録画は禁止だから!それ止めて!

yellow-cut
だから録画の禁止義務はないって。任意事項だから拒否しますよ(上司にカメラ向けながら)

これは本当は微妙なんですよね。警察署内やパトカー内の場合は、内部が行政庁内と同じ扱いになるため、守秘目的で内部の撮影を禁止する事は可能です。しかし、その場合は「録画するなら施設内から退去しろ」という意味と同じですので、警察は「録画するならパトカー内での取り調べはしない」とは言えても、録画を禁止した状態で取調べをしてよいことにはなりません。

中年警官
お前、ホント最低!プライバシー権の侵害だ!俺お前のこと訴えるぞ!!

yellow-cut
どうぞご自由に(何言ってるんだこいつ?)

公務員の肖像権について説明したはずなのだが、バカな上司警官はわかってくれなかったようだ。既に忘れていたのかもしれないが……。

プライバシー権を言い始めたら大体勝ちですね。「え?今プライバシー権を主張した?公務中の公務員は基本的にプライバシー権を主張できないから、それを主張したってことは公務中ではなく今は休憩中って事になるよね?公務中じゃないなら応じる義務も受忍義務もないからもう帰るけどいいよね?」と私ならツッコミます。

それに対して何を言われても「でもプライバシー権を主張したじゃん?警告指導だけで解放してくれるならこの動画は公開しないし、今は公務中じゃないから単なる注意をしようと思って止めただけって言ってくれたら、その他の部分はデータ消去してもいいよ?交通違反と同じで一度言った事は取り消せないよね?え?取り消せるの?じゃあ俺の速度超過容疑も、制限速度以下に落とした時点で無かった事に出来るってことでいいよね?」でよいでしょう。

こんな面白いやりとりをしながらパトカーへ乗車。
メーターを見ると104キロと出ている。24キロオーバーだ。
それまで出してた速度を考えればかなり低いが……。

部下の方が何か紙を持っていたが、それがイエローカードと書かれた警告指導の用紙であることに気づいたのはしばらく後のお話。

まあ、警告指導だけの為に止める覆面はいませんから、明らかに切符処理を諦めたんですね。

警告指導での決着

中年警官
免許証見せて

もちろん義務なので文字が覆われないように手で支えながら顔前に提示した。

yellow-cut
どうぞ。あ、提示は義務だからやるけど、提出はしないからね

若手警官
手で隠れて見えねえよ!真ん中置け!

部下は目が悪いのだろう。仕方ないので運転席と助手席の間に置き、取られないようかつ文字が隠れないよう対角を指で押さえて提示した。

yellow-cut
これじゃ見えねえだろ!手をどけろ!

警官2人とも、相当目が悪いのだろう。
そんな状態で覆面を運転していることが危険なのでそちらが心配になってしまった。
仕方ないので手を上の2点支えに変えて提示し直す。
しかし、提示中も上司は隙あらば免許を取ろうとしてくる。
提示と提出の違いは理解できなかったようだ。

私が対面した過去の警官達と比べてもレベルが低いですね。2人とも高卒採用の体育会系(パワハラ系)ノンキャリ警官でしょうか…

ようやく内容を書き写してもらったところで本題に入る。

中年警官
アンタ、何キロで走ってた?

yellow-cut
90弱か、100

中年警官
ここ何キロ制限?

yellow-cut
100制限だろ?(80とは知ってたがわざとウソをついた)

若手警官
80だよ!アンタ標識見てないのか!!

正しい対応ですね。80km/h制限と知っていて100km/h出していたら故意犯ですが、100km/h制限と誤解していたなら過失犯です。どちらも違反ですが、故意犯の方が悪質性が高いので、制限速度を知っていたと主張すると「わかっていて違反したんだから悪質だ!」とツッコまれるので、これが正しい対応です。サイトの細部まで読み込んでいただいているようで私も嬉しいです。

yellow-cut
道路交通法に記載された趣旨の安全で円滑な交通を阻害するような行為はやってないのだが??
若手警察
いや、スピード出てただろうが!

いや、お前はもっと出したから追い付いたんだろうが…

部下と話しても意味がないのでテキトーにあしらいながら上司と話す。

中年警察
アンタの歯向かう態度、すっごい印象悪い!そういう態度を警察に取るのはやめた方がいいぞ!

お前の相手は面倒だという褒め言葉(笑)と受け止めて笑顔になる。
「アンタの高圧的な態度、すっごい印象悪い!そういう態度を民間人に取るのはやめた方がいいぞ!」というセリフが頭に浮かんだが、言うと余計に面倒になるのでぐっと飲み込んだ。

大人ですね。私なら言っちゃいます… ともあれ、警察に歯向かわない従順な態度を取ったら切符処理されて反則金を納める所までがセットになります。日本では、権威に逆らわずに盲目的に従う者は、死ぬまで奴隷として搾取され続けるだけなのです。

ここで私から警告指導の話を振る。

yellow-cut
上司さん(名前呼び)、私は警告指導だったらちゃんと聞こうと思うんだけど

中年警察
は?警告指導ってなんだよ??

警告指導が伝わらないってマジかよ……もう1バトルする必要あるのかと思った矢先、上司は何故か速度メーターをリセットしてしまう。
取り締まりが終わる前にリセットするとは思わなかったのでちょっと戸惑った。

そんなパターンは私も初めてで戸惑います(笑) 停車しているのに104km/hと表示されていただ時点で明らかに計測速度をロックしていますから、いつでも印字して切符処理出来る状態だったのですが…

中年警察
今回はね、悔しいけど!悔しいけど!すっっっごい悔しいんだけど!速度が取れてなかったの!だけどアンタ速かったから、それで止めたの!気をつけてよ!

本当に悔しかったのだろう。3回繰り返して言ってくれた(笑)。

この警部補の知能や判断力は本当に大丈夫ですかね?こんな奴が腰に拳銃下げて市中に出没していると思うと…

yellow-cut
それは、速度についての指導を行いますという意味で良いですか?

中年警察
当然だよ!何でそんなこと聞くのさ!

yellow-cut
上司さんが行える手続きはいくつかある。その中で切符を切らず注意指導を行うつもりなのか確認したかったのです

中年警察
そのつもりだ

ちゃんとおバカな上司でも理解してもらえるよう言葉を選ぶのが一番苦労した点かもしれません(笑)

yellow-cut
そういうことでしたら、真摯に聞こうと思います♪

私は違反点数はつかないと説明を受けた上で白い紙にイエローカードと書かれた警告指導書類(誓約書?)にサインをして無事解放されたのだった。

サインを始めたら雰囲気は緩みどこからきたのか軽く話して終了。

ここまでの所要時間は約15分。

思えばパトカーに乗り込んだ時点で警官に切符を切るつもりはなかったのだろう。ただ、止めた時点でヘコヘコしてたら切符を切られたことは容易に想像できた。

警察とヤクザは面子で生きてますからね。警告書や誓約書なら反則点が付きませんからいくらでも書かせてあげましょう。

取締りの理由?

そして去り際、上司からとんでもない一言が。

中年警察
追い越し車線に車がいて、なかなか追い越しに出られなかった。そのうちアンタがスルスル追い越しを先に行っちゃうから俺はアンタを止めたんだよ

ちょっと待て。お前イラッとした腹いせにレンタカーだった俺の車止めたのか?で、あわよくば切符切ろうとしていたのか?と思ったがスルーしてその場を立ち去ったのだった。

ちなみに、立ち去る時まで録画は回りっぱなしだったが特に警官からツッコミは入らなかった。

腹いせに止めたレンタカー、カモにしてやろうと思っただろう。

だが理論武装している恐ろしく面倒なヤツが出てきて猛反撃を食らうとは警察も予想外だったに違いない。

尚、数時間後に同じ道を反対方向に走っていたら同じ覆面がレクサスを検挙していた。

面倒なヤツにコテンパンにされて警官たちも腹が立っていたことだろう。

空いてる道を走っていただけのレクサスの運転手が気の毒で仕方なかった。

追越車線を塞いでるアホがいたなら、そいつの方を通行帯違反か追い付かれた車の義務違反で捕まえろよって話ですよね。明らかに円滑な交通の維持を妨害していますから。

レクサスの運転手も不憫ですが、無知は罪ではなくとも損をする世の中ですから、免許証を守りつつ円滑な運転がしたいのであれば、ドラレコ・録画機器(スマホ)・使える法律に関する知識の3つが必要です。

体験談を御寄稿いただきありがとうございました。yellow-cutさんにはこの場を借りて御礼申し上げます。

アクセス数アップに御協力いただける方は以下をクリック!
にほんブログ村 車ブログへにほんブログ村 バイクブログへ

twitterはじめました

コメント

  1. chikaranotate より:

    こんばんは、以前にも2・3回コメントいたしました「マーク@力の盾」といいます。

    >もし、スマホを叩き落されてスマホが壊れたとしても、その様子が保存されていなければ警察は平然と「そのような事実はない。被疑者が勝手に落として破損したものであ
    る」と主張してきます。

    取締110番さまはこのように記載されてますが、こんな時のためにもう1・2コくらいは録画用カメラを準備しておくのもありじゃないかなと思っておりますし、実際に私はそ
    ういった物を常時カバンの中に入れております。

    もちろん、そのままカメラの形だと公営暴力団に気づかれますので、何か別の形のヤツに偽装したヤツをね。

    https://www.amazon.co.jp/gp/product/B07PZ6871K/ref=vp_c_A2OB8FGMMN6DVN?ie=UTF8&m=A3Q5J9MPB0R3SF

    他にもモバイルバッテリー型・メガネ型・サングラス型・ライター型等のカメラがあります。

    あと、今回のケースですと、ヤツらが「警察手帳にカメラをむけて録画してはいけない、それは義務だ」とか言ってきたみたいですが、自分だったら、「それって何罪? もしくは何法違反なの? 警察って●●罪(傷害罪等)や●●法違反(覚醒剤取締法違反等)に該当する行為でないかぎり住民に何か強制したりできないんだろ? ちなみに、おまえらがデタラメな事いってもオレはスマートホンやタブレット等で検索できるからな」等と言いかえしますね(笑)。

コメントをどうぞ