誰のため?ICチップ入り免許証の6つの目的[交通違反]

スポンサードリンク

まあ、ICチップ入り免許証が登場した時から、これが目的だろうと考えていましたし、その当時の記事にも書いた気がするのですが、遂に警察が来年(2015年)から「免許証をかざすだけで反則切符が出てくる夢の装置」を導入するようです。

免許証をかざすだけで切符処理

警視庁は2007年から管内で発行してきたICチップ内蔵の運転免許証を有効活用するという。10月28日の発表によると警視庁は、交通違反取り締まりの際に、交通反則告知書(通称:青キップ)を発行する携帯端末を全国で初めて導入する。ICチップが埋め込まれた現在の免許証の情報を読み取り、反則キップを迅速に発行。GPS(全地球測位システム)位置情報と合わせてデータを収集・分析して、違反や事故の防止にも活用する。

専用携帯端末は現在開発が進められており、2015年末をめどに東京都内の警視庁所轄署などに約4700台を導入する計画だという。

時速30km未満のスピード超過や信号無視、車線変更違反など比較的軽微な交通違反は、見つけた警察官がその場で「交通反則告知書」を発行。違反者は期日までに反則金を納付すれば起訴されない。

警視庁によると、新たに導入する専用携帯端末は、IC免許証をかざすだけで氏名、住所、免許証番号などを読み取り、GPS機能で違反場所も自動的に記録する。違反内容などはタブレット型PCのようにタッチパネル方式で入力し、プリントアウトした反則切符を違反者に渡す。

現在の交通違反取り締まりでは、警察官が違反者の免許証を見ながら氏名などを確認し、手書きで青キップを作成している。このため発行までに平均で約20分程度の時間を要しているが、専用端末の導入で10分程度に短縮できる見込みだという。

端末で記録した違反者や違反内容などの情報はデータベース化して管理する。こうしてデータベース化した情報を分析することで、違反や事故が発生しやすい場所が特定しやすくなる。データベースから得た情報を分析し、特定した場所で重点的に取り締まりを行なうなど、事故防止や安全対策のために利用できる可能性もある。

しかし、よく考えるとこのようなシステムは、iPadに専用アプリをインストールすれば可能になりそうな気がする。まぁ、個人情報の管理などに問題を残すので専用端末なんだろうが、ちょっと遅すぎの感は否めない。

現在のIC免許証は偽造防止などの目的で2007年から導入されたが、交通違反取り締まりに利用するのは初めて。警察庁は「警視庁で携帯端末(導入)が成功すれば、その他の道府県警にも導入を促したい」としている。(編集担当:吉田恒)

ツッコミ所はいくらでもあるワケですが、まずは現実を認識した上で対策を練らないとダメでしょうね。

免許証をかざすだけで反則切符が出てくる

問題点:今の道交法では免許証の提示義務はあっても提出義務はないワケですが、提出させずにどうやって端末にかざすつもりなんでしょう?免許証の提示義務は居所住所の確認や運転資格の確認の為にのみ規定されていて、「反則切符作成のため」の提示義務は道交法では規定されていません。

切符を切るための提示ですら曖昧な状態なのに、警官に手渡して端末にかざす事までを「任意だが協力しろ」とでも言うんですかね?これもそのうち法改正(改悪)によって義務化されそうな気もしますが、少なくとも義務化されるまでは、「提示義務には端末にかざす行為は含まれていない」というあたりで否認する時間を稼ぐべきでしょうね。

警視庁だけで4700台も導入

問題点:iPad+アプリで十分そうな機能を、わざわざ専用端末でやるって言うんですから、どのメーカーが受注してどういうカネの流れがあるかを調べる必要があるでしょう。東京だけで4700台も導入する予算があるなら、取締用のビデオカメラを導入して、交通違反は必ず録画するよう義務付ける方が先でしょう?

免許証の偽造防止と言いながら、交通違反の捏造についてはノーチェックなんですからね。録画しておけば違反の有無でモメる事もなくなるワケですし、信号無視の容疑なんて録画なしではどうやったって立証しようがないと思いますけどね。まあ、録画してしまうと冤罪の嵐であることがバレてしまうから嫌なんでしょう。

で、警視庁が使う4700台のレンタル代が月3000万円だそうです。

契約件名は「交通携帯端末システム用装置の借入れ」。契約日は今年5月1日で、借入期間は今年12月1日から5年間だ。借入場所は麹町警察署外(ほか)120か所、契約金額は「月額」3004万2360円。

発行までの時間が20分→10分に短縮

問題点:ただでさえ平均年収800万円以上という高給取りである警官に、これ以上楽させてどうするつもりなんですかね?それだけ警察が反則金徴収を効率化しないと予算達成が出来ないくらい面倒に感じてきているということでもあるでしょう。私のブログを読んだ方の何割かは「もう一生反則金を納めない」でしょうし、その数は増えることはあっても減ることはないでしょうからね。

端末で記録した違反者や違反内容などの情報はデータベース化して管理する

問題点:え?今まではデータベース化すらしてなかったんですか?それってどこの土人国家?

現在のIC免許証は偽造防止などの目的で2007年から導入されたが、交通違反取り締まりに利用するのは初めて

問題点:だからこっちが本命でしょう?元々偽造免許証による被害など大した数ではなかったハズです。IC入りにすることによってコストアップして更新料を値上げし、専用端末の導入でメーカーにカネを流して天下り先を確保。次に狙ってるのは放置違反金と同じ行政制裁金制度でしょう。

ここまでまとめた時点で、ある程度の対策は頭に浮かびますが、専用端末対策の否認プロトコルについてはいずれ別の記事にまとめようと思います。

※2015/9/29追記

ICカード免許証の仕組みと対策については、以下の記事にまとめました。

[12月から]タブレット型「交通携帯端末」について[ICチップ]

[タブレット]ICチップ入り運転免許証には何が記録されている?[RFIDチップ]

[うっかり]運転免許証のICチップが壊れたら?[対処法]

スポンサードリンク

まとめ

  1. 免許証をかざすだけで反則切符が出てくる
  2. 警視庁だけで4700台も導入(レンタルに月3000万円!)
  3. 発行までの時間が20分→10分に短縮
  4. 端末で記録した違反者や違反内容などの情報はデータベース化して管理する
  5. 現在のIC免許証は偽造防止などの目的で2007年から導入されたが、交通違反取り締まりに利用するのは初めて
  6. 要するに全ては警察の交通取締り利権のため!

アクセス数アップに御協力いただける方は以下をクリック!
にほんブログ村 車ブログへにほんブログ村 バイクブログへ

twitterはじめました
スポンサードリンク

コメント

  1. トム より:

    いつも拝見させて頂いています。
    トムと申します。
    ICチップでの切符作成の機械の導入はどれくらい進んでいるのでしょうか?
    サイトが新しくなってからカテゴリに関わらず新着の記事を見る機能が無くなってしまったので残念です(T_T)

    • 取締り110番 より:

      私は都民なのでタブレット端末はよく見掛けます。他府県に関してはわかりませんが、いずれ全国でタブレットがデフォになるでしょうから、ICチップだけは早めに無効化しておくことをお勧めします。

      なるほど、新着記事の一覧が見れた方が良いのですね。なるべく早く対応するように致します。

  2. 池上俊二 より:

    「本当に無実ならやってみる価値はある」と取締り110番さんは書いていますが、私に言わせれば「本当に無実ならばやらねばならない」となります。無実ならば冤罪は晴らす義務があります。私は憲法12条が好きなのですが、憲法12条には、国民はこの憲法に保障される自由及び権利を不断の努力をもつて保持せねばならないと書いてあります。「権利を主張できるときには主張してもいいですよ」なんてな程度の生ぬるい事は言っていないのです。権利を守るのが義務であると言っているのです。私はこれはとても日本人の平均レベルの人の考え方から出てきた条文だとは思えないのですが、しかし、とても好きになってしまいました。警察に不当に自由及び権利を制限されたのならば、不断の努力を持って警察と戦わなければならないのです。これは国民の義務なのです。

    • 取締り110番 より:

      憲法27条
      1. すべて国民は、勤労の権利を有し、義務を負う。
      2. 賃金、就業時間、休息その他の勤労条件に関する基準は、法律でこれを定める。
      3. 児童は、これを酷使してはならない。

      12条を杓子定規で義務事項だと捉えるのであれば、27条の勤労も国民の義務になりますね。だとすれば失業者や年金受給者は憲法違反という事になります。不動産投資や株式投資による配当利益なんかも、私の感覚では「勤労している」とは思えないのでこれも違憲でしょうか?

      そもそもの問題は、「ニホンには憲法裁判所がなく、訴えが起こされない限りは誰も憲法判断をしない」という点です。憲法の内容が素晴らしくても、それを守らせるシステムがなければ机上の空論になってしまいますね。

  3. ykuira より:

    本日一時停止違反との名目で青切符を初めて切られましたバイク乗り21歳です。私自身は止まっていた(つもり)ですが向こうは違反だと体で進路を封鎖し強制的に停止させられました。

    この時点では(このサイト等に載っている情報を)何も知らず、言われるがままに免許を提示しました。そしたら向こうは「これ出してもらえる?」と私に命じ渋々提出。すると「15年か」と呟いたら即青切符切られました。

    その上署名と捺印を求めるのに説明一切なしとかふざけてんのかインフォームドコンセントの原則知らんのかとむしゃくしゃしつつ、罰金踏み倒す為にネットを彷徨ってこのサイトに来ました。

    非常に貴重な情報の数々どうも有難う御座います。

    この後もう一仕事二仕事あるようですが、他の皆さんのように頑張っていきたく思います。

  4. 植木屋 より:

    本日信号無視で検挙されました。
    信号は直進のみ表示されていて左折用の信号は表示されていなかったのに対して左折したとの事。

    私は左折用の信号も表示されていたとの認識なので当然否認しました。
    パトカーのドラレコを見せられて本当に私が違反していたなら署名もするし違反も認める旨を伝えたのですが新宿署のR.N.巡査部長云く
    「交通違反は警察官の現認が全てだ!」
    との事。
    それならオービスで記念撮影された場合も無効だねとツッコミを入れたくなりました。

    それで免許証の提示を求められたのですが渡したくなかったので提示のみしようとしたら、再びR.N.巡査部長が
    「免許証を渡せ!でないと逮捕だ!」
    と脅迫してきました。
    端末に免許証をかざすだけでキップが出てくる機械を使いたかったのでしょう、手書きで書けよ!
    仕事中であったので長い時間拘束されるのは都合が悪く仕方なしに渡してしまいましたが…

    勿論サインはしてないし調書も都合の良い事を書かれるのは嫌だったので拒否。
    告知書だけ受け取りました。

    あとは検察からの呼び出しに応じて不起訴になるのを待つだけなのですが2点の点数は少し痛いですね。
    私は通勤や仕事で車を乗るので気を付けているつもりでも公僕の輩に声を掛けられる頻度が多いので細かい違反の蓄積で免停は確実なので。

    ちなみに公僕の輩の実名を出していますがマズイ様でしたら削除お願いします。

    • 取締り110番 より:

      タブレット端末での取締りだったんですね!是非取締りの様子を録画していて欲しかったです。録画をしていれば切符を切られなかった可能性も高いですが…

      >新宿署のR.N.巡査部長云く「交通違反は警察官の現認が全てだ!」との事。
      >それならオービスで記念撮影された場合も無効だねとツッコミを入れたくなりました。

      そういうツッコミは全て入れておきましょう。公僕相手に言いたい事を我慢するメリットがありません。

      >それで免許証の提示を求められたのですが渡したくなかったので提示のみしようとしたら、再びR.N.巡査部長が
      >「免許証を渡せ!でないと逮捕だ!」
      >と脅迫してきました。

      録画中なのにこの発言を引き出せたらその時点で勝ちですが、録画も録音をしていなかったから言ったのでしょうね。「提示はするが提出はしない」と言っているのにこの発言なら、いくら警察でも完全にアウトです。

      >端末に免許証をかざすだけでキップが出てくる機械を使いたかったのでしょう、手書きで書けよ!
      >仕事中であったので長い時間拘束されるのは都合が悪く仕方なしに渡してしまいましたが…

      録画対応なら時間が掛かっても決着まで30分程度です。次の仕事先には「急な事故渋滞」でもいいですし、「チンピ○に絡まれた」と正直に言っても大丈夫でしょう。後の免停のリスクの方が痛いと思います。

      >勿論サインはしてないし調書も都合の良い事を書かれるのは嫌だったので拒否。
      >告知書だけ受け取りました。

      で、てっきり否認事件として処理されているかと思ったら本納付書と通告書が郵送で届き、反則金を支払えと督促してきたりするのがニホンの警察ですね。

      >あとは検察からの呼び出しに応じて不起訴になるのを待つだけなのですが2点の点数は少し痛いですね。

      そのR.N.の無防備過ぎる墓穴発言から見ると、実況見分やら調書の録取やらで出頭しろと言ってくる可能性もゼロではありません。そして、それはチャンスでもあります。

      本来は出頭する義務はありませんが、今回は敢えて出頭して隠し録音を完璧にした状態で、上記の発言を確認しましょう。「現認が全てで客観証拠は必要ないって言ったよね?」とか「免許証を提出しないと逮捕だと言ったよね?」みたいな感じです。私の予想では確実に嘘をついて「そんな事は言っていない」と言ってくると思います。万一認めてくれたらその場で交通課長以上の上司を呼んで、「お前の部下が違法な脅迫をして無実の人間に反則切符を切った。今すぐ抹消上申をしてくれないならマスコミ各社や雑誌社に録音証拠を郵送する。警察の不祥事が頻発しているだけに興味を持つところもあるだろうよ。」と言ってみましょう。それがダメでも免許更新以上の処分を受けてから審査請求でもしてみましょう。

      公僕は公務中の行為についてはプライバシー権を主張出来ませんので実名で構わないのですが、以上の戦術が使えるのでイニシャルに変更しました。

      私の予想では間違いなくR.N.は嘘をつき、過去の自分の発言を認めないと思いますが、それはそれで「警察は息を吐くように嘘をつく」という事実を身を持って知る貴重な経験になるでしょう。多くの方は何だかんだ言っても「悪い警察官は警察の極一部」だと勘違いされていますからね。上から下まで例外なく嘘つきですよ?そうでなければ警察官なんかやってられません。

      なお、停められる事が多いならなおさら「すぐに録画を開始して、何を言われても絶対に止めない(切符撤回のバーター取引が成立した場合を除く)」という点を肝に銘じておきましょう。

      • 植木屋 より:

        本当に何で録画をしてなかったのか後悔しまくりです!

        出頭要請は来たとしても謙虚された場所が住まいと違う所轄なのでN村龍Hと顔を会わせることは無いでしょう。
        正直なところ、時間が惜しかったのも有りますが逮捕の言葉にビビってしまい免許証を渡してしまったのも有るので本当に悔しいです!

        今後は公僕の輩に絡まれた時に再び逮捕の言葉をチラつかせられた時はどの様な対応を取れば良いでしょうか?

        あと新宿署にクレームの電話を入れてみようかと思います、ハッタリでも録画していてネットにアップするぞと言ってやりたいです。

        • 取締り110番 より:

          >正直なところ、時間が惜しかったのも有りますが逮捕の言葉にビビってしまい免許証を渡してしまったのも有るので本当に悔しいです!

          多くの方がそういう感じなので仕方がないのですが、客観的に見れば「現場で時間がかかること」と「反則点が付加されること」を天秤に掛け、後者を諦めて前者の回避を優先したという事になります。要約すれば「時間が掛かるくらいなら切符を切られて点数が付加されてもやむなしと判断した」という事になります。
          不起訴を得るまでに掛かる時間や手間を考えれば、現場で頑張る方が余程時間も手間も少ないと私は思うのですが、録画・録音なしでの切符回避はそれなりに難しいですので、何はともあれ「止められたらすぐに録画を開始する」という鉄則だけは覚えておきましょう。

          >今後は公僕の輩に絡まれた時に再び逮捕の言葉をチラつかせられた時はどの様な対応を取れば良いでしょうか?

          そもそも、録画していればその発言はまず出てきません。Youtubeの中には交通違反以外の職質の際に「逮捕するぞ!」とカメラに向かって堂々と発言したアホ警官もいますが、録画者が「それはどの法令に基づいて言ってるの?」と訪ねたら「そらあれだよ!なんかそういう法律があるんだよ!」とさらに墓穴を掘っていましたw

          録画しているのに逮捕をチラつかされたら、まずはオウム返しに確認する事です。「免許証を提示しているのに、提出しないと逮捕だと言ってるんですね?もう一度警察手帳を見せて所属階級氏名を明らかにした上で、「免許証を提出しなければ逮捕だ」と言ってもらえますか?」みたいにです。

          後は犯罪捜査規範219条についてはしっかりと理解しておきましょう。交通違反でも逮捕して良いのは、過去の判例等から「免許証不提示」「居所氏名不明」「逃亡の恐れ」の3点のいずれかを満たした時だけです。よって、免許証を提示しながら内容を確認させた時点で居所氏名までは明らかになりますので、「これから行くのは○○で、たかが交通違反程度で逃げるつもりもない。さて、逮捕要件を満たしていないのだが、さっき逮捕すると発言した件について何を根拠に逮捕だと脅したのか説明してもらえるかな?正当な理由がないのに逮捕すると脅して義務ではない事をさせようとしたなら、職権濫用罪が成立することはもちろんわかっているよね?」みたいな感じですかね。

          法治国家ではないニホンにおいては、無知は罪であり損をするだけです。警察というヤク○以上に厄介な国家権力を相手に戦うのですから、最低限の理論武装とアドリブ力が必要なのは仕方のない事です。

          >あと新宿署にクレームの電話を入れてみようかと思います、ハッタリでも録画していてネットにアップするぞと言ってやりたいです。

          電話じゃほとんど意味がなく、不快な思いをするだけでしょうね。文書で苦情申立か審査請求をすれば本人の所に確認くらいはいきますが、警察や公安委員会の回答は当然「そのような事実はなかった」となります。息を吐くように嘘をつく連中ですからね。

          やってみればわかる事ですが、彼らの回答は「逮捕すると言ったが合法だ」ではなく「逮捕するなんて言っていない」なのです。警察がここまで簡単に嘘をつくのに、違反容疑で止められた時に「確かに違反しちゃったしな~」と思って違反の事実自体を否認しない人が多い事には驚かされます。正直者と詐欺師が争ったら詐欺師に勝つに決まっているのですが…

  5. 真村香織 より:

    このぶろぐを見て勇気付けられました。
    同乗者がいて、その時間に電車が走っていなかった、鉄道員にも確認しました。
    なのに 私は、サインをして、罰金12000円
    2点を課せられました。
    罪名は、踏切進入罪。私が窓を開けずに警報音が鳴っているのに、踏切を通過し、遮断機が、踏切を渡り終えるときに、私の車に当たりそうになったというのです。母も私も、警報音を聞いていませんし、もちろん、警報の赤い点滅もみていませんし、電車が通る時間は上下線合わせて、50分後。それを伝え、車載カメラを見せてくださいといっても、福岡県警の方針なので、できませんのいってんばり。ドライブレコーダーを付けなかったことを後悔しています。母も私をかばいきれなかったと、鬱に入りました。警察に納得できないのと伝えると否認事件になりますから、警察署に来て下さいと言われました。その警察官の顔を思い出しただけで、不快感でいっぱいです。その顔を見ないために罰金を払うか、自分の真意を証明するべきか悩んでいます。長くなりましたが、こういうブログは私達 弱い立場の人間の本当に 味方です。あなたのような、知識もあり 思いやりのある人間が警察官であってほしいと思います。今の私は、警察官を信じられない人間になりました。

    • 取締り110番 より:

      警察官を信じられない、ではなく、そう簡単に他人を信用しない慎重な人間になるべきです。悪いのは警察だけではありませんからね。

      50分間隔でしか閉まらない踏切だったのであれば、違反していない事の立証が可能ではありませんか?

      切符には検挙日時が記載されているハズで、踏切の両側の駅の時刻表を手に入れれば、とりあえず「その時刻には踏切がしまっていなかったこと」が立証できると思います。実際には貨物列車や特急の通過があるかもしれませんから、鉄道会社が運行記録を開示してくれるなら盤石ですね。

      それを用意して所轄に乗り込み「この時刻にはこの踏切付近を通過する電車が存在しないのに、遮断機が降りたハズがないだろう?さっさと取り消せ」と言ってみてはいかがでしょうか?

      まあ、福岡県警ですからヤク〇と変わりませんが、本当に無実ならやってみる価値はあると思います。

      なお、警察は息を吐くように嘘をつきますので、「県警の方針で見せられない」も嘘ですし「否認事件なら警察署に来る必要がある」も嘘です。別に所轄に行かなくても、反則金を支払わずにいれば否認した事になって最終的には不起訴になります。詳しくは青切符関連の記事を通読して下さい。

      しかし、そのパターンでは反則点が付加されたままになってしまいますので、本当に電車が通るワケがない時間帯だったのであれば、時刻表や運行記録を入手する所から初めてみてはいかがでしょうか?やるだけやってダメなら諦めもつくというものです。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です