無免許で車両運転か=警察官を聴取―埼玉県警

記事にする程の価値もない下らない事件なのですが、「警察=正義(の味方)」と誤解している方々もいらっしゃるので、警察の不祥事については記事にしてストックしておこうと思います。

埼玉県警の女性警察官が無免許だったのに免許があるとウソをつき、平然と警察車両の運転もしていたという件です。免停中だったとか取消処分を受けたのに運転したとかではありません。最初から自動車の免許を取った事がないのに警察車両を運転していたのです。

無免許で車両運転か=警察官を聴取―埼玉県警

http://archive.is/jFh5m(魚拓)

 埼玉県警川越署に勤務する女性警察官が、無免許で警察車両を運転していた疑いがあることが24日、県警への取材で分かった。

県警はこの警察官から事情聴取し、詳しい経緯を調べる。

県警によると、16日、この警察官が川越署の駐車場に止めた警察車両が当て逃げされた。署員らが運転免許証の提示を求めたところ、無免許の疑いが浮上した。

県警は警察官の運転免許証の所持について、4月と10月に自己申告に基づいて確認を取ることになっている。この警察官は、二輪車の免許しか持っていないにもかかわらず、自動車免許を所持していると申告していた。

県警交通指導課は「捜査中の段階であり、現時点でのコメントはありません」としている。

警察官なら運転免許証の所持って、自己申告でいいんですね(笑)

違反などしていなくて単に検問に引っ掛かっただけでも免許証の確認くらいされる訳ですが、自己申告でいいなら我々が警察に止められた時も自己申告でテキトーな氏名・住所を答えても許されるべきですね。

さらに県警の交通指導課(身内の無免許にも気付かない奴らが一体何を指導しているのか不明ですが…)が「現時点でのコメントはありません」などと答えていますが、この女性警察官が無免許で警察車両を運転していた事実は明白なのですから、そんな危険な奴を今まで野放しにしていて申し訳ないという謝罪の一言くらいあってしかるべきでしょう。

また、同じ無免許でも免停中や取消処分者とこの女性警察官では事情が異なります。運転とは技術ですから、免停中や取消処分後でも運転技術そのものは変わりません。しかし、この女性警察官は自動車の免許を取得した事がないのですから、見よう見まねで運転していただけで、一度も公的に運転技術のチェックを受けた事がないのです。危険極まりないですよね?

無免許運転でも事故を伴わなければ逮捕まではされない事も多々ありますが、一方で警察の逆鱗に触れれば一発で逮捕されている事例もあります。

無免許運転で67歳男を逮捕 6月に免許失効/兵庫・篠山市

2018/12/11(火) 19:57

兵庫県篠山署は11日午後6時10分、道路交通法違反(無免許運転)の容疑で同県篠山市内の会社員の男(67)を現行犯逮捕した。男は今年6月に免許取り消し処分を受けていた。

同署によると、同日午後5時半ごろ、男が運転する軽自動車が同市東岡屋の県道をふらつきながら走行していたため、署員が停車を求め、その際、無免許運転であることが分かった。アルコールは検出されなかったという。

このように酒気帯びでも事故でも無いのに現行犯逮捕されている事例もあるのですから、免許を所持していないのに所持しているとウソをつき、業務として警察車両の運転もして給与を得ていた警察官の罪はもっと重いでしょう。何故埼玉県警はこの警察官を逮捕しないのでしょうか?

この手のニュースで気を付けなければならないのは、その後の続報がまず出ない事です。はたしてこの警察官は書類送検されて(略式)起訴されて刑罰を受けるでしょうか?ウソをついて税金から給与を騙し取っていたのですから、懲戒免職になるでしょうか?

それとも、「お前が国難」と名高い首相が自ら範を示している通り、この国では「カネかコネがあればそれが免罪符」とばかりに、不起訴と訓告程度で済ませてしまうのでしょうか?

そういやこの慶大生は、レイプだけではなく強盗もしているのですが、これで不起訴なら事故を起こしていない交通違反なんて被害者ゼロなのですから全て不起訴で良いでしょう。

そろそろ「日本は法治国家であるというウソ」にも気付かねばなりませんね…

アクセス数アップに御協力いただける方は以下をクリック!
にほんブログ村 車ブログへにほんブログ村 バイクブログへ

twitterはじめました

コメントをどうぞ