[切符回避]免停などを食らわない為の究極の対処法①

決してメジャーではないこのサイトを訪れ、酔狂にも有料会員になってまで交通違反容疑に関して警察と戦う術を身に付けたいとお考えの皆様ですから、日常的に自動車やバイクに乗る方がほとんどだと思います。

明らかに危険な運転を繰り返している者(例えば白バイ隊員とかw)が検挙されているのであれば納得がいくでしょうし、実際に事故を起こしてしまって免停等になるなら反省のしようもあります。

しかし、おそらく皆様は日頃から「安全かつ円滑な交通の維持」という道交法の趣旨を守った運転を心掛けているつもりなのに、理不尽な検挙を受けた結果としてこのサイトを探し当てた方がほとんどではないでしょうか?

見通しの良い直線道路や空いている高速道路を、十分余裕を持った運転で少し飛ばしていただけなのに…

見通しの良い交差点なので、一時停止線を徐行で通過しても十分安全確認は出来ていたのに…

標識がわかりにくい場所にあって、右折禁止とは知らずに十分安全確認してから右折しただけなのに…

あるいは青信号を見て赤信号だと言いがかりをつけるような富山県警のように、本当に冤罪で検挙された方もいるのはないでしょうか?

どれほど納得がいかなくても、警察が切符処理をしてしまえば反則点が加算され、ゴールド免許は遠のき、累積すれば免停や免許取消になります。

二度と今回のような悲劇を繰り返さない為に、知識を身に付け、警察と戦う術を身に付けたくてこのサイトの対処法の記事を既に読み込んでおられるかと思いますが、それでも運悪く光電管式のネズミ捕りなどに遭遇してしまえば、避けられずに検挙される事もまたあるかもしれません。

それも含めて、「それでも切符を切られずにゴールド免許を獲得、そして維持する」という目標を達成する為の現時点における究極の対処法について少しずつ述べていきたいと思います。

話が道交法から逸れているように感じる部分もあるかと思いますが、人生万事塞翁が馬と申します。これから私が書く事が、皆様の人生のどこで役に立つかはわかりませんが、きっとどこかで点と点が繋がって線になって、「そういうことだったのか!」と目から鱗が落ちる瞬間が来ると思いますので、こんなサイトを運営している変人の戯れ言だと思って読んで下さい。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について
twitterはじめました

コメントをどうぞ