[交通違反]警察の取締りマニュアルの矛盾点[自己矛盾]

スポンサードリンク

交通違反の取締りをしている警官は皆「地方公務員」です。

公務員はマニュアルに従って行動しますから、反則金徴収額が予算化されている都合上、予算達成の為(カネを集める為)に取締りをします。

交通違反の取締りにもいくつかのマニュアルが存在しますが、そのうちの1つが「交通違反否認事件の措置要領」という本です。

この「警察実務研究会(笑)」というどこにあるのか、誰がやっているのかも不明の得体のしれない書籍は、部内用図書に指定され書店等では買う事が出来ません。

しかし、手に入れた警察官が古本に出したりしているようで、たまに中古本がネットで流れていたり、何故か大きめの図書館では閲覧可能だったりしますw

携帯電話使用違反の記事を書いている時に見つけたのですが、この措置要領に記載されている取締り事例自体が矛盾に満ちた酷い物であるというお話です。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について
twitterはじめました
スポンサードリンク

コメントをどうぞ