[信号無視容疑]ヤマダさんの警察撃退記[体験談]

スポンサードリンク

珍しくtwitterの方から、信号無視容疑で警察に止められ、パトカーに乗せられて切符を作成までされながらも、上手な対応で警告指導で済んだヤマダさんの体験談です。

私が以前から主張している、録画・録音の重要性がよくわかる事例だと思います。

ヤマダさんからいただいた体験談を、こちらで一部手直しして掲載しています。

例によって青字は管理人のコメントです。

信号無視容疑で止められた

追走してきたパトカーに停車を命じられ、パトカー内に来るように言われた。

免許証が見つからないのでパトカーに行って免許が見当たらないと言った。

→免許証不携帯というのは実は切符処理回避がされやすい案件です。通常は「後で免許証持って出頭して!」とか言われるのですが、今回は違うパターンようです。

信号無視をしたと指摘された。

パトカー助手席の警官が既に通知書の作成を始めていた。

無線で免許照会。

→実はこれが本来あるべき正しい警察の対応です。不携帯なら無線で照会してその場で告知書を交付しなければなりません。

パトカー内でビデオを見せられた

信号無視を現場を撮影したというビデオを見せられた。

→最近はこのパターンも増えてきていますね。それでも公判になったら絶対に警察・検察は映像証拠は提出しません。何故なら、一度でも違反の根拠に映像を使ってしまうと、警察官の目視(現認)だけで行っている多くの取締りが「証拠不十分じゃないか。映像を出せ」と言われてしまうからです。

写っているのは別の車で、そもそも赤信号の映像は写っていない。交差する道路の信号が通行可になっているだけ。違反行為車両とされた車両と不連続な形で、自分の車が映っていたのは停車を命じられた時のみ。

また映像から、パトカーが違反や事故を予防する警告などができない位置がいることが明らかだった。

→交差車両の信号を見ても、「被疑者車両が見ていた信号の色」は絶対にわかりません。信号機トラブルで両方青だったりしたらどうするつもりなのでしょうかね?警察が違反や事故を予防する気がない事は当たり前のことですが、その映像を自慢げに見せてくるあたりに、警察の慢心が見られます。

否認したところ、無線で仲間を呼んだ。

その後違反しただろと無意味が恫喝が続き、適宜否認。

否認したところ、私の些細な言い間違い(交差点に対する僕の車の挙動の左右を言い間違えたとか)の挙げ足を警官が取ったりするグダグダなやりとりののち、

警察
否認なら調書書きますよ、サインしてください

ヤマダさん
いやですよ、今みたいな揚げ足取りされたらいやですから。何にもサインしま
せん

警察
ちゃんとあなたの言い分を書くんですよ?

ヤマダさん
下手なもの残したら、後でどんなことされるかわらないです。今みたいな揚げ足取り以外にも、何に使われるかわかりませんから

というようなやり取りもありました。

→「否認する」と主張している被疑者に対して「否認するなら調書を録るぞ?大人しく認めてサインしろよ」と迫ってきていますが、「調書を録る為に長時間拘束してやる。それが嫌なら罪を認めろ」と言っているわけで、完全に脅しですよね。だから警察=ヤクザ暴力団だと私は考えています。

動画撮影を開始

否認後の警官の言動に不信をもち、動画で撮影を開始した

動画の撮影に気づくと撮影をやめろと脅してきた

警察
やめてください

ヤマダさん
いやです。公務中の公務員の撮影は最高裁でも認められてますよね?

警察
とらないでください

ヤマダさん
いやです

→最終的に信号無視の切符処理が回避できたのは、この動画撮影という対応が主因だと思います。撮られたらマズイことをしている自覚がある。警察が正義の為に働いていないことを物語っていますね。

動画をよく見せてくれといい動画を見たところ、

ヤマダさん
この車、僕の車じゃないですよ?てか、この撮影したのはこのパトカーですよね?この撮影位置にパトカーがいたとすると、悪質な違反や危険な運転を制止できませんよね?
ヤマダさん
そもそも形式的な違反に通知するではなくて、通常は警告指導にとどめ、繰り返すような悪質なもののみ通知すべきですよね?
警察
どうやって繰り返したかどうかわかるんですか?
ヤマダさん
そんなのやり方次第でしょう
警察
じゃあ、私たちの取り締まり方法では事故を予防できない、違法だとおっしゃるんですか?
ヤマダさん
そうとしか思えないですね。

→正論です(笑)ただし、日本では集金目的の取締りが合法化されていますので、違法か否かで言ったら違法ではないんですけどね…

免許証不携帯で手打ち

無線で呼ばれた警官が来たのは確かこの前後で、取り締まる満々だったようで、最初の二人と同じことを聞くので最初は答えていましたが、面倒で時間がかかるので「前の二人に話した」と言って切り上げようとしましたが、動画を撮っているのに気が付いて

警察
これ(前の警官が)もうやめるように言ってるんですよね?保秘義務に違反するのでダメ

とか言い出したので、

ヤマダさん
最高裁で認められている

と言ったら、

警察
いつのどの判決?

と言うので

ヤマダさん
かなり有名で、調べたらすぐにわかりますよ

と答えました。しばらくして調べてきてからなんか言っていた気がしますが、今思い出せません。

→正確には公務中であっても公務員にも肖像権はあります。ただし、被疑者が後の裁判に備えて証拠保全の為に録画・録音する行為は、社会通念上妥当と解されるので、公務中の警察官を撮影しても、その肖像権の侵害には違法性はないという事です。

最高裁判例というのはこれがよく使われていますね。

「ある者の容ぼう等をその承諾なく撮影することが不法行為法上違法となるかどうかは,被撮影者の社会的地位,撮影された被撮影者の活動内容,撮影の場所,撮影の目的,撮影の態様,撮影の必要性等を総合考慮して,被撮影者の上記人格的利益の侵害が社会生活上受忍の限度を超えるものといえるかどうかを判断して決すべきである」(最判平成17年11月10日)

ちょっと検討してみましょう。

  • 被撮影者:公務中の警察官
  • 被撮影者の活動内容:反則金徴収の為の交通違反取締り
  • 撮影場所:検挙現場、もしくは警察車両内
  • 撮影の目的:警官による恫喝や脅迫を防ぎ、取調べ時の様子を証拠保全するため
  • 撮影の態様:スマホにて取調べの様子を撮影
  • 撮影の必要性:録画録音をしなければ警察官は息を吐くようにウソをつくため

事故を起こしてもいないのに、カネ欲しさに取締りをしている警察官の社会生活上の受忍の限度なんか超えるわけがないですね。そんなことを言ったら、ドラレコに交通整理の警官が映っただけで肖像権の侵害となってしまいます。

この後不携帯で車をどうするかの話でまたグダグダし、その途中で動画の撮影をや
めたと思います。

信号無視は警告指導書となり、代わりに免許不携帯で通知書発行することに。

信号無視の通知書が作成されていたが、誤記として処理された。

→ここで切符回避は成功ですね。免許証不携帯だけなら、反則点0、反則金3000円の白切符ですから、免許証が汚れません。反則金は支払わずにおけば、いつもの流れに乗って不起訴で終了です。

その後増殖した交通課?の警官がそのことにぐだっていたようだが、特に蒸し返されることはなかった。

いずれもサインはしたくなかったが既に二時間立っていて早く解放されたかったのと不携帯は違反歴にならないと考えてサインした。

不携帯なので運転させられないから、エンジンをかけないまま自分がハンドルを切り、すぐ近くのコンビニの駐車場まで警官が押すことに。そこで解放。

→お疲れ様でした

ヤマダさんの総評

話の分かる警官ならそのまま解放してくれるのですが、運転させられないという話になった時に、スムーズに運転し始める方法がわかれば教えてほしいです。

→これは現場の警官の判断次第なので、〇〇すればすぐに運転できる!などというものはありません。厳密には免許証不携帯だと常に違反状態なので運転させられませんが、じゃあレッカー呼ぶしかないのかと言うと現実的でもないので、現場の判断で黙認して運転させるケースもあるというだけですから。

ただし、「わざと免許証不携帯を演じる」という方法で切符処理を回避した場合なら、切符回避が確定してから、トランクでもゴソゴソやって「あ!あったあった!免許証があったから運転して帰りますね~」と言って帰る方法もあります。あまりお勧めはしませんが。

ちなみにアメリカとヨーロッパでも交通違反の疑いをもたれまして、とくにアメリカでは今後の入国に影響する可能性があるので色々調べましたが、日本人みたいにあっさり罪を認めて罰金を払うと大変なことになるようで、戦うために裁判所に出向くと検事に何も言う前から罪を減らしたり罰金の減額を提示されたり、また裁判官に許しを請うと今回だけ許す、という手続きが州によっては正式にあったり、そもそも数万円で代行してくれる弁護士が山ほどいてネットで気軽に相談できたりと、刑事司法が全然違うなー、てか交通違反なんか凶悪犯じゃないからこんな気軽な感じなのむしろ自然だよなー、って思いました。

→アメリカは司法が最強という意味で三権分立していない国家ですからね。日本では行政が最強です。

また日本と違って現場の警官の権限はとてつもなく強く、まあ国際免許だとほとんど見逃されますが、見逃す気がない警官には何言ってもダメでした。英語わからないふり作戦もダメ。むしろその場で裁判所に連れていかれ、即罰金を支払わなったらマジで投獄されそうでやばかったです。絶対に取り締まりミスなんですが。

→日本ならナンバーを隠したバイクで逃げればほぼほぼ逃げ切れるのですが、逆に欧米で逃げようとしてしまうと、麻薬や組織犯罪などの重大犯罪をしている奴かもという事で異常な執念で追われてしまいます。そういうケースでは被疑者車両に警察車両をぶつけて止めてもOKみたいな文化ですから、交通違反程度で逃げるのはリスクが高過ぎますね。

違反や取り締まりの可否ではなくて、反省しているからこの罰金は重すぎる、とかそういう交渉がメインのようです。

→訴訟社会なので何でも訴えられますから、誤測定の嵐のレーダー式測定器は早々に採用されなくなり、誤測定のほとんどないレーザーガンタイプの測定器を導入しまくっているあたりは、米国は良くも悪くも合理主義の国ですね。住みたい国ではありませんが(笑)

ポイントとしては、

  1. 免許提示がなくても通知書を作成開始していた。
  2. ビデオ撮影という物証があったが、告知回避できた。
  3. 告知書の作成後でも誤記として比較的スムーズに処理していた。
  4. 増殖警官がグダったので蒸し返される恐れがあったが、問題なかった。
  5. 動画撮影拒否に「保秘義務」とかを持ち出してきた。

→そう言えば保秘義務について書き忘れました。警察官が取調べの内容などを外でベラベラと話したら「警察官としての保秘義務違反」になりますが、被疑者側が取調べの様子を録画・録音する行為には何ら違法性はありません。警察職員でもないのに、一市民側に保秘義務があるわけがないでしょう(笑)

従って、保秘義務だの守秘義務だのがどうのと言ってきたら、次のように言えば良いだけです。

取締り110番
は?保秘義務?そりゃあんたが捜査情報を漏らしちゃいけないって話であって、俺が不当な取調べを防ぎ、公判に備えて現場段階でどのように否認していたかを証拠保全する目的で録画・録音する行為とは何の関係もないだろ。撮られてるとマズイ事でも言うつもりなのか?パトカー内は撮影禁止だと言うなら、俺の車に乗せてやるからそっちで調書を録れよ

貴重な体験談をありがとうございました。

アクセス数アップに御協力いただける方は以下をクリック!
にほんブログ村 車ブログへにほんブログ村 バイクブログへ

twitterはじめました
スポンサードリンク

コメントをどうぞ