[不正選挙]次の衆院選では希望の党が躍進します[小池劇場]

スポンサードリンク

加計学園への補助金不正問題から逃げる為に、何の説明もせずに衆議院を解散したアベシンゾーですが、ユダ金CIAのバックアップを受けている小池百合子が希望の党を立ち上げた事によって、マスゴミが突然「政権選択選挙」とか言い出しました。

せっかく小沢鳩山体制で米国の植民地からの脱却を図っていた時には、CIAが作った地検特捜部が陸山会事件をでっち上げ、マスゴミ総出で小沢一郎を叩いていたのに、今回は小沢の自由党も合流すると言っているのに不思議に小池百合子を持ち上げています。

勘の良い皆さんなら既にお気付きだと思いますが、次の衆院選では希望の党が躍進し、公明党と協力して与党を取る可能性が高いでしょう。

どこに投票すればいいかですって?どこに投票したってムサシの開票システムと中央の集計システムに不正があるのですから選挙結果は変わりません。日本を支配している奥の院の人々が決めたシナリオ通りの開票結果が発表されるだけです。

不正選挙偽首相が、加計学園問題隠しで衆院解散

この問題については、以下のリンク先を読むのが一番早いでしょう。不正選挙システムも含めて探究してくれているサイトです。

http://velvetmorning.asablo.jp/blog/2017/09/26/8684524

加計学園問題とは、特定のグループに国家戦略特区を通じて利益が渡っていた(国有財産の私物化)ことであり、国家戦略特区を推進して改革とかほざいている小池百合子が仲間なのは明らか。

安倍+森(ネオコン自民党清和会Aチーム)
小池百合子+小泉(ネオコン自民党清和会Bチーム)

コイズミフィーバーと同じ手法

まあ、イメージで言えばこんな感じでしょうか?

小池百合子はジャパンハンドラーのマイケルグリーンとお友達

今の日本を実質的に支配しているのは、米国にあるCSIS(戦略国際問題研究所(Center for Strategic and International Studies))というシンクタンクです。

だから日本の売国政治家達は、閣僚になるとCSISに出掛けて行って「次はこんな事をして日本の国富を売り渡しますよ!」とアピールしてくるのです。

「CSIS 安倍晋三」の画像検索結果

「CSIS 安倍晋三」の画像検索結果

漢字も読めない「でんでん」安倍晋三や「みぞうゆう」の麻生太郎ですが、上の画像で右端に写っているのが、通称「ジャパンハンドラーズ」と呼ばれる、CSISの日本管理担当のマイケル・グリーンです。

マイケル・グリーン、リチャード・アーミテージ、ジョセフ・ナイの3名が有名ですが、まともな思考回路を持つ日本人であれば知らない人はいないでしょう。

で、そのマイケル・グリーンなんですが、小池百合子の事も当然コントロールしています。

「マイケルグリーン 小池百合子」の画像検索結果

http://keibadameningen.cocolog-nifty.com/blog/2014/12/csis-63b3.html

<世界的にも有名なシンクタンク、CSIS(戦略国際問題研究所)で講演。友人であるマイケル・グリーン上級顧問がハムレ所長を通じ実現してくれたものである。>(小池百合子『女子の本懐』文春新書)

自分で「友人であるマイケル・グリーン上級顧問」とか言ってますね。よくわかります。

アベは用済み、次はユリコで

ジャパンハンドラー達の仕事は、「日本人に奴隷労働をさせつつ、重税で吸い上げたカネを外資に吸い取らせる。それ以外でも医療・食品・教育など生活全般に渡って日本人が外資系企業にカネを使い続けるようにTVなどのメディアを使ってコントロールする」という事です。

彼らは別に米国の為に働いている訳でもありません。米国を支配している金融資本家や軍産複合体が雇い主です。

そんな彼らにとって、安倍は少々やり過ぎたのです。

もちろん、安倍だってせっせと国富を海外に貢いできましたが、加計学園問題のように彼のお友達企業に国有地をタダであげるなど、「自分と同じ朝鮮人脈のお友達」に流し過ぎました。

ジャパンハンドラー達にとっての朝鮮人脈は、「朝鮮人脈なら日本に対する愛国心はゼロだから、徹底的に日本人を奴隷化するためによく働いてくれる」という点で都合が良いから使っているだけで、多少私腹を肥やすのは多めに見るとしても、やり過ぎれば当然邪魔になります。

https://ameblo.jp/himetoatomu/entry-12292963804.htmlより

やり過ぎましたね。国有地の価値も考えれ既に440億円以上の「国民の財産」が加計学園に注ぎ込まれています。

もちろん、加計学園にしてみれば、その代償として選挙で落ちた自民党議員などを特別教授などとして加計学園で雇い、彼らに給料を払う形でキックバックしている訳ですが、我々庶民にしてみればいい迷惑です。

勝手に増税され、勝手に徴収された税金が、一部の権力者の一族や仲間を養う為に浪費されているだけですからね。

さて、お友達優遇をやり過ぎた安倍晋三をそろそろお祓い箱にして、次はグローバリストの小池百合子に権力を持たせようというのがCSISのシナリオのようです。その次は小泉進次郎だと予想されます。

CSISの政治フォーラム生たち。ハンドラーズにとっては自民も民主も関係ありません。両建てするのがユダヤ式です。

既に小泉進次郎は「日本の人口が6,000万まで減っても構わない」という趣旨の発言をしています。農協を攻撃しているのも、食糧自給率をさらに下げ、モンサントなどの遺伝子組換食品を増やして子孫を根絶やしにしようという計画の一部でしょう。

http://www.sankei.com/column/news/170106/clm1701060003-n2.html

 自民党青年局長を務めた小泉進次郎衆院議員も出席、「悲観的な考えしか持てない人口1億2千万人の国より、将来を楽観し自信に満ちた人口6千万人の国の方が、成功事例を生み出せるのではないか」と語り、会場から拍手が起きた。

こんな発言をする小泉進次郎と拍手した奴らこそ、共謀罪で逮捕・起訴・投獄するのが法治国家というものだと思いますが、日本は民主国家でも法治国家でもないのでそんなことは起こりません。彼らは「国民の半数が死んでも構わない。むしろそうしよう」と言っているのですが…

それでも投票に行こう

我々がどこの誰に投票しようとも、選挙結果は事前に決められていて、マスゴミに事前に配布されているペーパーに沿って当確の発表が出るだけです。20時までが投票時間で、それから開票所に票を運んでから開票作業を始めるのに、20時に開票率0%で当確が出る事に疑問を思わない人の頭には脳みそが入っていないのでしょう。

【要拡散】不正選挙の疑惑 〜午後8時・開票率0%の時点で「当選確実」を報じるマスメディアの怪〜

出口調査をやっているのは、竹中平蔵率いるパソナとかです。あとはお察しですね。

では、どうせ開票結果が決められているから投票には行かなくても良いのでしょうか?それは違います。

賢者は歴史に学びますが、愚者は経験に学ぶと言います。私も含めて国民の圧倒的多数は愚者です。いや、経験しても学ばない人も多いかな?それはもう人ではなくSheeple(シープル)でしょう。

経験に学ぶ為にも選挙には行きましょう。投票先は好きな所で構いません。

私としては「消費税廃止!法人税増税!公務員給与半減!」を唱える政党があれば投票したいですが、そもそもそういうまともな政策を唱える政党がないのですから、消去法で共産にでも入れるしかないでしょうね。

それはともかく、その共産票すらカウントされる保証はどこにもありません。

「選挙には不正がない」という洗脳された思い込みを一旦捨て、フラットな目線で投票してきてみて下さい。数々の疑問が湧いてくるハズです。

  1. 選挙のお知らせさえあれば、本人確認もないのは何故なのか?
  2. 投票用紙はどうしてあんなにツルツルなのか?
  3. 書き換えられては困るものなのに、どうして鉛筆書きなのか?
  4. 期日前投票箱はどうして防犯カメラのない部屋で保管されているのか?
  5. どうしてその場で開票せずに開票所まで運ぶのか?
  6. どうして開票所を見学しようとしても遠くからしか見えないのか?
  7. 開票所では開票機から出てきたバーコードを貼っているが、人間にバーコードは読めるのか?
  8. そのバーコードを読み込むとPC端末に入力されるが、中身と同じ保証はあるのか?
  9. そのデータが本部に通信されて集計されるが、その集計プログラムのソースコードが非公開なのは何故なのか?
  10. よく考えてみると、自分は今までどうして「選挙には不正がない」と考えていたのか?

昔は実際にソウカ学会員とかに偽票を書かせて、期日前投票箱を箱ごとすり替えるというようなアナログな不正もしていたでしょう。今でもダミーとしてはやっているかもしれません。

しかし、今はIT時代ですから、もはやそういうアナログな手法は必要ありません。

集計プログラムに変数を入れておいて、例えば

野党への比例投票数×1/2

とかにしておけば、あれだけ混んでいた2012年の衆院選が「史上最低の投票率」と発表された謎も解けるでしょう。

それまではちょっと放射性物質が漏れただけで大騒ぎしていた原発が一気に4基もぶっ壊れて放射性物質が垂れ流しになったのですよ?

原発の安全装置を外したのは小泉純一郎でした。

共産党に全電源喪失の可能性を指摘された時に「それはあり得ない」と断言したのは第一次安倍政権でした。

「全電源喪失は起こりえない」の画像検索結果

原発にはみんなうんざりしていたハズです。いくら「自民党野田派」の野田佳彦が消費税増税を決めて憎たらしいからって、投票先は自民党以外にいくらでもあったハズです。

しかし、民主党はボロボロで自民党が圧勝しました。なのに消費税増税を決めた野田佳彦だけは過去最高得票で再選しているのです。

どう見ても消費税増税を決め、民主党を壊滅させた事に対する御褒美ですね。

不正選挙2012
※この記事を書いた時の私は相当怒っていたので口調が厳しいですがご容赦下さいwここまでされて怒らない国民なら、道交法の改善など夢のまた夢ださる2012年12月16日(日)...

投票に行くのは清き一票を投じる為ではありません。

日本の選挙では公然と不正が行われていて、民意など最初から反映されていないという厳然たる事実を、肌感覚を伴う実感を持って認識するために、実際に投票に行かなければなりません。

次の衆院選の選挙結果をどうするつもりなのかは、CSISの上級顧問とやらに聞かないと正確にはわかりませんが、私の予想では自民も希望も単独過半数は取れず、公明党は「組織票があるからというイメージ操作」で現状維持か微増、で、ソウカ公明党が希望の党と連立政権を作るのではないかと。

当たるかどうかはわかりませんが、相変わらず20時に開票率0%で当確が出たり、いざ希望の党政権に代わっても安倍自民が行った数々の増税・福祉減政策は改められずに、一部の大企業と外資だけが儲かるような政策が推し進められていく可能性が高いでしょう。

田中角栄最後の弟子の小沢一郎が希望陣営に噛んでいますが、彼が幹事長ポストにでも付けば、日本の崩壊を数年先延ばしにする程度の抵抗はしてくれるかもしれません。

昔は自民党にも経世会という派閥があって、経世会の時は経済成長して中間層の所得が上がり、従米隷属の清和会が政権を取ると金持ち優遇で庶民を殺す政策ばかりという繰り返しでした。

しかし、経世会のメンバーは悉く地検がでっち上げた、あるいは政治家なら誰でもやっているような収賄関係の不正で挙げられて政界からパージされ続けてきました。清和会のメンバーなら何をやってもお咎めなしなんですけどね。

法の下の平等も幻想、日本が法治国家だとか民主国家だとかいうのも幻想、今目の前に起こっている事実をフラットな目線で見て、様々な情報を手に入れた上で、自分なりの判断をするしかありません。

私は、日本を変えたいなら非暴力不服従のガンジー主義が良いと思っています。

[交通違反]反則金の支払いをやめれば取締りは変わる[不服従運動]

アクセス数アップに御協力いただける方は以下をクリック!
にほんブログ村 車ブログへにほんブログ村 バイクブログへ

twitterはじめました
スポンサードリンク

コメントをどうぞ