[福岡タクシー暴走]プリウスは遠隔操作出来るらしい[ペンタゴンが実験済]

スポンサードリンク

福岡でタクシー(プリウス)が暴走して死傷者が出た事件ですが、マスゴミの論調では「64歳の男性運転手がアクセルとブレーキを踏み間違えたのではないか」という感じで統一されています。

私もその可能性が高いとは思いますが、アクセルとブレーキを踏み間違えた状態で60mも間違いに気付かずに走り続けるなんてことが本当にあるでしょうか?

前回の記事でも検討した制御コンピューターの不具合やハッキングの可能性が、実は案外低くないというお話です。

スポンサードリンク

サンスポの記事

スマホ侵入に2分、プリウス勝手に急加速… ハッカー“遠隔操作”の恐怖

http://archive.is/VFtPv(魚拓)

 ところがハッカーたちの“魔の手”はもっと危険なところにも忍び寄っていました。米国の善玉ハッカー2人が、車載コンピューターによって電子制御されている最近の乗用車は、ハッキングによって第三者がハンドルやブレーキを簡単に操作できるとの衝撃的な報告書を公表したのです。

7月28日付ロイター通信や同29日付フランス通信(AFP)などによると、2人の善玉ハッカーは、米コンピューターセキュリティーサービス会社「IOアクティブ」の情報セキュリティー担当、クリス・バラセク氏と、簡易ブログ、ツイッターのセキュリティー・エンジニア、チャーリー・ミラー氏です。

2人は米国防総省の技術研究機関、国防高等研究計画局が支援を受け、トヨタ自動車の「プリウス」とフォードのSUV「エスケープ」の車載コンピューターをハッキングした数カ月にわたる実験結果を100ページの報告書にまとめ、公表したのです。

2人は後部座席に座り、普通のノートパソコンを運転席のそばにある車載コンピューターのシステムにケーブルで直結、簡単にハッキングを成功させ、電子制御プログラムを改竄(かいざん)しました。1996年以降、米国車に義務付けられた車載コンピューターのシステムが特に脆弱(ぜいじゃく)だそうです。

そして、2人が報告した実証実験の結果は本当に恐ろしいものでした。運転手は何もしていないのに、2人が後部座席でパソコンを操作すれば、勝手にヘッドライトが点灯したり、クラクションが鳴ったりしました。さらに、時速約130キロで走る「プリウス」に勝手にブレーキをかけ、ハンドルを自在に動かし、エンジンを加速させることにも成功。また低速で走る「エスケープ」のブレーキを、運転手が踏んでも作動しないようにしたといいます。

やはり、車載コンピューターに侵入出来れば、運転手の操作に関わらずに車を自由に動かせる事がわかります。

外部からの遠隔操作は実証済み

「可能性を検討したくない人達」は、こういう記事を読んでも

  • 車と直接ケーブルで繋いだから出来ただけだ
  • 運転中の車に外部からハッキングなんて出来るわけがない
  • この運転手が狙われる理由が無い

こんな事を言って思考を停止してしまいます。

しかし、現実はそう甘くはないのです。

 しかし、こんなことで驚いている場合ではないのです。実は今回、2人は遠隔操作によるハッキング実験は行いませんでした。なぜか。理由を知ってビビりました。「もう、前に別の人が成功させちゃってるんだよね」。

そうなんです。実は一昨年、別の学者グループがブルートゥース(短距離無線通信技術)とネットのワイヤレス・ネットワークを使って、乗用車の車載コンピューターを外部からハッキングし、遠隔操作することに成功していたのです。

この手の技術は、大衆の目に入る何年(下手をすれば何十年)も前に実用化され、軍や機密情報機関などで使われます。

「可能性」を検討もしない人々

人工地震の技術も第二次世界大戦中には実用化され、米軍が地震と津波を予告するビラを撒いたり、戦後も国内で人工地震を認める記事なんかも出ていましたが、大衆は忘れっぽいので阪神や東北で不自然な大地震が起きても自然災害だと信じて疑いません。

「考えたくない人」はこれでも考えませんw

「常識」ではなく「直観」で考える

「常識」とは、世間の多数派の人々の共通の知識や感覚を意味しますが、多数派が支持しているからと言って正しい事にはなりません。

「高齢者はアクセルとブレーキを踏み間違えることがある」のは事実だとしても、だからと言って「今回のタクシー運転手もアクセルだと思ってブレーキを踏み続けた」ことにはなりません。

http://mainichi.jp/articles/20161207/k00/00m/040/144000cより

松岡容疑者が立ち寄ったトイレから病院までは約300mですが、目撃者が「タクシーが急に加速した」とされる交差点から病院までは約60mのようです。

ここで、素直な思考で考えてみて下さい。

アクセルとブレーキを踏み間違えたとして、60mも踏み続けますか?

高齢者がアクセルとブレーキを踏み間違えてコンビニに突っ込んだような事故は多々ありますが、コンビニの駐車場と店舗間なんて2mくらいしか離れていませんよね?

そのくらいの距離だと、ブレーキだと思ってアクセルを思いっ切り踏み込んだら、踏み直す間もなく突っ込んでしまうのは別に不自然ではありません。

しかし、開けた道路で踏み間違えて急加速したとして、おかしいと感じて踏み直したら、せいぜい15~20m程度で止まれるのではないでしょうか?

運転手は「ブレーキが効かないからギアを変えてエンブレを効かせようとした」というような証言もしているワケですが、制御系に不具合がなかったなら、アクセルを離すだけでもクルマは減速していきます。

なのに、病院に突っ込んだタクシーの画像を見る限りでは、およそ慣性走行で突っ込んだようにも見えません。アクセル全開で突っ込まないとこうはならないでしょう?

http://mainichi.jp/articles/20161207/k00/00m/040/144000cより

最初はアクセルとブレーキの踏み間違いの可能性が高いと考えていた私ですが、こういう情報が見えてくると、考えを改めざるを得ません。

  • 可能性①:制御コンピューターの故障
  • 可能性②:ハッキングによる外部からの遠隔操作

むしろ、運転操作不適という警察が出しそうな結論が、一番可能性が低いのではないでしょうか?

ヒトデナシは何でもやる

最近の車はアクセルやブレーキまでもがバイワイヤで物理的にエンジンの回転数を上げたりブレーキを掛けたりする事が出来ません。

コンピューター制御なのですから、ここに侵入されたら遠隔操作(ラジコン化)も可能です。

Bluetoothやワイファイで外部と通信出来る車両はそれ自体がリスクでしょうし、仮にその手の無線機器が付いていなかったとしても、点検時などに盗聴器サイズの無線機器を付けておけばいつでもログイン可能に出来るでしょう。

そんなことをする理由がないですって?

人は新しい技術を手に入れたら試してみたくなるものです。

銃を購入した人間は撃ってみたいと思い、射撃場で試射してみるでしょう。

そういう人の中には、実際に人を撃ってみたいと考える異常者もいるでしょうし、そう公言してる人間が米副大統領候補だったりします。

プリウスを遠隔操作出来る技術を国の特務機関が手に入れた場合、有事の際に反政府的な人間を事故死させる為の予行演習として、「アクセルとブレーキを踏み間違えた」とミスリードしやすい高齢者の乗るプリウスで実験した可能性は決してゼロではありません。

ヒラリーの周囲で何十人ものジャーナリストなどが不審死しているように、自民党の周囲でも昔から怪死が相次いでいます。

カネや権力の為なら、平気で人を殺す決定が出来てしまう人もいるのです。

そういう奴らが、無辜の市民を実験に使う訳がない、なんて考える根拠は何でしょうか?

フクシマに住民を還らせようとしているのが安倍自民なんですよ?

アクセス数アップに御協力いただける方は以下をクリック!
にほんブログ村 車ブログへにほんブログ村 バイクブログへ

twitterはじめました
スポンサードリンク

コメント

  1. アラフィフ より:

    高齢者というには若く、ベテランのドライバーでもあり、
    エンジンブレーキをかけようとまで機転の利いていた人が、
    単なるペダルの踏み間違えだけで、300mも暴走したとは思えません。

    コンピューターのプログラムには必ずバグがあるので、
    ハッカーの仕業じゃなくても、誤動作した可能性が高い気がしています。

    昔、親が車を買い替えた時、
    「ブレーキの反応が少し遅くなった気がする、1テンポ遅れて効き始める感じ」
    等とディーラーに言ったら、
    「ブレーキを踏むとセンサーが反応して・・・」
    と電子制御に変わった説明をしていました。
    センサーが反応しなかったら?!と少し心配したことが、頭の片隅にあります。

    高齢者のどの事故だか覚えていませんが、
    危険を回避するシステムが搭載されていたけど、
    アクセルを踏むと優先されるので、突っ込んでしまったとのこと。

    しばらく下火だった『AI』の報道が、最近多くなってきました。
    人間とコンピューターの共存、匙加減が難しいと思います。

    • 取締り110番 より:

      インジェクション車が主流の時代ですから、アクセルのバイワイヤ化はある程度は仕方ないと思いますが、ブレーキはほとんどのクルマが油圧式なのですから、ブレーキだけでも物理的な機構にしておくべきでしょう。

      ハイブリッド車は回生ブレーキ併用ですが、私はハイブリッド車自体に反対なので…

      世界の支配者層は、より人口削減や統治システムの合理化の為にAIを利用し始めていると思います。人間の部下は裏切りますが、AIは裏切らない(と考えている)からかもしれませんね。

      AIの知性が人間を抜くとするシンギュラリティが来たらどうなるのでしょうか?

  2. たいぞう より:

    一報を聞いたとき、居眠りじゃないのか?、と思いましたが、
    目撃情報ではそうではないようです。
    慌ててハンドルを切っているところを目撃されています。
    欠陥の可能性が高いような・・・。
    悪名高きトヨタ様は、もみ消すのがお上手なので、彼(運転手)のせいになって終わりでしょうか。

コメントをどうぞ