[スピード違反]白バイや覆面に追尾計測された時の対処法[正攻法編]

見通しの良い直線道路を制限速度+αで気持ち良く走っていたら、突然サイレンを鳴らされて停車を命じられ、白バイや覆面パトカーによるスピード違反(速度超過)で検挙された事がある方も少なくはないでしょう。

私が書いている検挙時の対処法は、「切符処理をさせずに警告指導で済まさせる確率を上げる」ことを目的としています。

正直言うと、ネズミ捕り(定点型取締り)やオービスは切符の回避が非常に難しいのですが、白バイや覆面(別にパンダPCでも同じ)による追尾計測であれば、警告指導で済む確率を大幅に上げる方法はいくつか存在します。

正攻法や裏技的対処法がいくつか存在しますが、今回は第一弾として正攻法による対処法を書いていきたいと思います。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について
twitterはじめました

コメントをどうぞ