否認する際の罪悪感をなくすための、たった1つの知識

このサイトを訪れ、「警察の交通違反の取締りの目的に事故防止は含まれていない」という事を知った方の多くは、むしろ事故が増えて欲しいと願っている警察利権に寄与する効果しかない反則金など二度と払いたくないと思うでしょう。

それ以前に、事故の危険はなく、円滑な交通も乱していないような軽微な違反程度で、勝手に反則点が付加されて免停になったりする制度に、強い不信感を抱く方も少なくないと思いま す。

一切の違反をせずに車やバイクを運転する事は現実的に不可能ですから、

運転する = 検挙されるリスク

を常に背負っている事になります。

このサイトの無料記事を読むだけでも、反則金を支払わずに不起訴を得る方法が学べますので、警察への上納金を減らす事は誰でも可能ですが、一度切符を切られてしまうと反則点の抹消は至難の業でまず成功しません。

これは行政処分というシステム自体にカラクリがあるため、システムそのものを変える為には、革命レベルの運動がなければ難しいでしょう。

しかし、儒教に基づいた教育による深い洗脳を受けまくっている日本人では、行政処分のおかしさや、特別会計の闇に対してリスクを冒してでも抵抗しようという気概のある人はほとんど現れません。現れても「逆らってもどうせ無駄だ」「警察に目をつけられたらどうする?」「頭がおかしいんじゃないか」などと言っては、奴隷が奴隷を縛り付けるような状態になっているのが今の日本社会です。

従って、今の我々に出来る事と言えば、個人レベルで検挙に遭わないように留意し、もし遭っても録画対応や法的知識を生かした臨機応変な対応をして、担当警官に切符処理を断念させ、警告指導による決着を図るという現実的なラインを狙っていくしかありません。

有料会員の方々は、対処法の記事を読み込まれたでしょうから、「どうすれば切符処理される確率が下げられるのか?」という点については、それなりの知識の蓄積が出来ている頃だと思います。

しかし、いくら知識が身に付いても、いざ警察に止められて対応を始めてみると、精神的な問題から想定通りの対応が出来ず、あるいは息をするようにウソをつく警官のウソをその場で指摘できずに返答に窮してしまったりして、満足のいく対応が出来ないケースが多々あると思います。

今回の記事では、その原因と対処法について示唆していきたいと思います。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について
twitterはじめました

コメントをどうぞ