[また兵庫県警]白バイ追跡のバイク男性死亡[執拗な追跡]

スポンサードリンク

警察学校段階で真っ当な人間を排除して、異常者だけで身内を固めている我らが兵庫県警ですが、今度はちょっと速度超過しただけのバイクを執拗に追跡して、罪もない他のライダーまで巻き込んだ事故を誘発して一人の男性の生命を奪いました。

スポンサードリンク

神戸新聞の記事

白バイ追跡のバイク男性死亡 国道逆走し別のバイクと衝突事故、線路内に 神戸

http://archive.is/M9k0K(魚拓)

神戸新聞NEXT 10月12日(水)10時53分配信

12日午前7時55分ごろ、神戸市長田区西尻池町3の国道2号で、交通取り締まり中の長田署員が、男性が運転する速度超過違反のバイクを発見。停止を求めたが、バイクは振り切って逃走した。バイクは白バイに追跡され、約7キロ西の同市垂水区塩屋町1の国道2号で反対車線を逆走し、女性が運転する別のバイクと衝突。男性は投げ出され、近くにあった電柱を支えるワイヤーに衝突し、死亡した。男性は20代とみられ、女性もけがを負ったもよう。

同署によると、男性が運転するバイクは、長田区内で制限速度を33キロ上回る時速83キロで走行したと記録されていた。同区内でバイクの制止を求めた同署員も、バイクと接触しけがをしたという。

この事故で、国道2号と並走する山陽電鉄の線路内に男性の遺体が入ったため、約1時間半にわたり、須磨浦公園-霞ケ丘駅間の運行を見合わせ、約1万人に影響した。

長田署の池田公壽副署長は「亡くなった方にお悔やみ申し上げる。詳細は調査中だが、違反車両を停止させるため、必要な追跡行為だったと考えている」などとコメントした。

速度超過は死刑なのか?

こういう事件が起きると警察は、記事にあるように「必要な追跡行為だった」とか「取締りは適切に行われた」とか言い出し、警察万歳のネトウヨ層がそれを指示して「逃げる方が悪い」「そもそも違反しなければよい」などと言い出します。でも、本当にそうでしょうか?

記事からわかる事実関係を並べてみるとこんな感じになります。

  1. 神戸市内の50km/h制限の道路を男性ライダーが83km/hくらいで走行していた
  2. 白バイが追跡して停車を求めるも男性は逃亡
  3. 7kmも追跡を続けた結果、男性は他の女性ライダーと接触→死亡
  4. 男性の遺体が線路内に入った為に1時間半も電車が停まって1万人に影響
  5. 警察「必要な追跡だった」

男性の過失あるいは故意による違法行為は「50km/h制限の道路を83km/hで走行したこと」です。死ななければならない程の罪でしょうか?

違反場所はどんな場所?

男性が違反をしたとされる場所は、神戸市長田区西尻池町3の国道2号だそうです。さて、どんな道路だと思いますか?こんな場所です。

片側5車線の見通しのよい直線道路、歩道とは縁石で分離されている上に歩道も十分な広さがありそうです。

そもそも論を言うなら、なんでこの路線が50km/h制限なのでしょう?低過ぎませんか?

欧米なら余裕で50mphあるいは80km/h規制で十分と思われる場所です。そこを83km/hで走行していたとして、違法ではあっても危険性は決して高くはなかったでしょう。

上のストリートビューを見てもこの道路を83km/hで走行した男性の行為が危険で悪質だと思われますか?私には思えません。警察さえいなければ実勢速度はそれこそ80km/h程度で流れている路線ではないでしょうか?

速度超過の罰則

速度超過に関する罰則は道路交通法118条で規定されています。

第百十八条  次の各号のいずれかに該当する者は、六月以下の懲役又は十万円以下の罰金に処する。
一  第二十二条(最高速度)の規定の違反となるような行為をした者

半年以下の懲役または10万円以下の罰金ですが、懲役なんて判決はまず出ません。仮に男性が検挙されて略式命令に応じていたとすれば、1キロあたり約2000円という罰金相場に照らせば、罰金6万円~7万円程度の罰金刑になっていた事件でしょう。どこからどうみても軽犯罪レベルの軽い罪ですね。

この程度の微罪相手に7キロも執拗に追跡する必要があったのでしょうか?

白バイさえいなければ、バイクの男性は赤信号があれば止まり、危険な場所では速度を落としていたのではないでしょうか?

白バイ追尾で事故が起こる

同区内でバイクの制止を求めた同署員も、バイクと接触しけがをしたという。

この報道から、取締りはいわゆる「ネズミ捕り」式のスピード違反の取締りで、制止しようと飛び出してきた警官と接触(身体がぶつかったのか足を踏んだのかはわかりません)したようです。

ネズミ捕り突破の是非はともかくとして、飛び出してきた警官とぶつかってしまった以上、男性ライダーは逃げるしかありません。必死だったことでしょう。

で、警察が検挙を試みるのは構いませんが、白バイ追尾ってのはダメでしょう。

83km/hで走る違反車両に追い付く為には、それ以上の速度で走らなければなりません。

この道路を83km/hで走行する行為が「危険」ならば、追尾中は「危険なバイクが2台走行している」という危険な状態になります。現に事故に繋がってしまいましたし、そもそも白バイ隊員は事故率が高いです。

白バイ隊員死亡・重傷の重大事故、5年で42件
白バイによる取締りを受けて悔しい思いをした方も多いのではないかと思います。違反だの危険だのと偉そうに言ってくる白バイが、実は一番危険な走行をしている事がわか...

白バイが無理な追跡を続けるが故に、公道上には「速度超過状態で暴走しながらチェイスしている2台の危険なバイク」が存在してしまったのではないでしょうか?

多数の人を巻き込む

白バイから逃げたい一心で男性は逃走を続けます。曲がり切れなかったのか、進行方面が渋滞していたからなのかはわかりませんが、反対車線に飛び出して他の女性ライダーと接触、本人は死亡し女性ライダーも怪我をしました。線路脇だったために電車が止まって1万人の通勤通学にも影響を与えてしまいました。

警察・ネトウヨ・マスゴミとその信者達は言います。「バカな違反をしたから高過ぎる代償を払う事になった」「そもそも違反しなければよかった」「素直に止まって罪を認めていればよかった」と。

しかし、そういうプロパガンダに乗せられる前に、先程のストリートビューを見てもう一度考えてみて下さい。あの場所を80km/h程度で走行する行為は、そこまで悪質な事でしょうか?

単なる速度超過だけなら被害者はいません。事故を起こしたら相応の罰が与えられても仕方ないと思いますが、白バイが追跡を始めた時点では男性は事故を起こしていません。

速度超過が悪いと言うのであれば、白バイに車載カメラと「前方走行車両の速度を計測する装置」でも付けて、その場で止まらないなら後日捜査に回せば良いのです。事故が起きていないなら誰も被害者はいません。

男性ライダーは停まれば6~7万円の罰金と免停(警官とぶつかっている事が公務執行妨害になったら懲役もあり得ます)が待っていて、追いかける白バイ隊員は速度超過し放題で、どれだけ無茶な運転をしても無罪放免です。

事故原因に占める速度超過の割合は対して高くないのに、こんなに男性が追い詰められるまでに執拗に追跡する必要などどこにもなかったでしょう。

事故原因はスピード違反みたいな交通違反ではなかった[知ってた]
私は知っていましたが、交通事故原因の多くは警察やマスゴミが言うような「無免許・飲酒・速度違反」いわゆる交通三悪ではないという事を、警察自体も理解しているとい...

兵庫県警の考え方

追われるよりも追う方が精神的には遥かに楽です。しかも自分の方はいくら暴走しても違反しても罪を問われない事が確定しています。7キロも追跡して男性を死に追いやった白バイ隊員の心情はどのようなものなのでしょうか?

普通に考えれば自責の念に苛まれるハズですが、これが兵庫県警の警官だとそうとばかりも言えなくなります。

異常な人間しか警察官にはなれない
私は常々「まともな価値観を持っている警察官は、警察の犯罪性の高さに嫌気が差して辞めてしまう」と書いてきました。結果として異常な精神構造を持った者か、警察の犯...

B教官は「次に言ったら腕立て3000回させるぞ」と言った。それでも辞めない意思を主張し続けたA氏に、B教官は腕立て1万2000回を命じた。A氏は腕立てをし、270回を過ぎたところで、めまいがして頭を打った。B教官は、「お前はいつも口だけや。辞めろ」と言い放った。

各クラスに、約半年早く入校した高卒の生徒が「指導員」と称して配置され、大卒の半年後輩をしごくシステムになっていた。そのE指導員は、朝食時にいきなりA氏の喉元をつかんで壁に押しつけたり、泥酔して部屋に入ってきて、いきなり平手打ちをしたりしたという。

兵庫県警では入学者490人のうち、123人も辞めていた。退職率は実に25.1%で全国ワースト1位だった。

気に入らない人間には腕立て伏せを1万2千回しろと命じ、警察学校の寮にいるハズなのに高卒後半年の先輩が何故か泥酔して平手打ちをしてきたりしています。高卒から1年以内に二十歳になる方法ってあるのでしょうか?高校でダブりでもしたのでしょうか?

で、こんな仕打ちで気に入らない人間は辞めさせ、兵庫県警のヤク○の論理に従う人間だけを登用しています。

異常な警官は一部だけで大多数は真面目で誠実?そんなわけないでしょう?

真面目で誠実なのは一部だけで大多数は異常な人間?それも甘いでしょう。真面目で誠実な国民思いの人間だったらこんな組織には長くいられません。本当に正義感が強いなら内部告発をして警察組織の不正を糺そうとするでしょう?

おそらく、兵庫県警には人間らしい心を持ったまともな人間など一人もいません。いるとしたらそれは退職者だけです。

最後の他の記事にも貼った警察官の本音がわかるサイトへのリンクと、そこに掲載されていることの一部を引用して終わりにしておきます。また、亡くなられた男性ライダーの御冥福をお祈りしております。

http://honne.biz/job/a1030/より

警察学校はあらゆる理不尽な事やストレス、パワハラと変わらない行き過ぎた指導と闘わなければならない場所です。

自分より上の階級の物が黒いカラスを見て白いカラスと言えば自分も白いといわなければならないです。

毎日、ストレスを感じ理不尽な事を言われ肉体的にも精神的にもボロボロにされます。

警察官として初めての辞令を貰う入校式までの三日間で同期の50人程が退職し、入校式までの練習は周りに教官が居て私達の動作をチェックしているのですが、ほとんど893と変わりません。叫ばれ罵られ怒鳴られ、一体自分は何をしにここに来たんだろうと自問自答してしまいました。寮に帰っても気を緩める事なんて出来ません。翌日までにしておかなければならない事が山ほどあり、尚且つ躾の一環として意味の分からない寮内規則も存在します。そんな生活を続けていてある日の朝に朝食を取っていると同期生のうちで噂になっている事がありました。

それは前日の深夜に突然同期の一人が発狂したという話でした、無理もありません毎日毎日厳しい指導を頂いているのですから。

実際、警察学校を出ても現場に出てパワハラや女性の場合はセクハラを受けて退職される方も少ないないと聞きました。昔より減ったなどと聞きましたが、パワハラ、セクハラは実在するはずです。

私は、そんな現実がアホらしくなって辞めました。

この職業・職種のここが良い

ない。クズばっか。正義感持って国民のために働いてる人なんて、本当に一握り。

この職業・職種のここが悪い

みなさん言ってますが、縦社会が非常に厳しい。

右が正しくても偉い人が左と言えば左が正しくなる。まさにそんな感じです。その間違いを正そうものなら、その後の仕事に大きく影響してきます。

セクハラ、パワハラ、モラハラ、アルハラ、ゼクハラ、、、何でもあります。

プライベートなんて無いに等しいです。貯蓄状況や恋人の有無、入籍予定、友人関係等、、、定期的に面談等で根掘り葉掘り聞かれます。また、それを署長まで報告します。少しでもおかしな点と思われることがあれば集中攻撃され、更に深く検索されます。

旅行に行くにも決裁が必要で、基本的に頭の堅い古臭い組織なので、結婚前の男女の旅行は許されません。正直に名前を出したら決裁がもらえないので、だいたいみんな友達や家族と行くと言って決裁をもらっています。

まぁ、それも上司次第なので、話のわかる人は何も言わずに印鑑を押してくれますが、堅物な人だと「本当に家族(or友人)なんだな?ウラを取るからな」と脅してきます。

警察官の場合、休みが本当に取れない。交番勤務だったら比較的取りやすいでしょうが、先輩や上司がクズだと休みをくれない場合があります。

実際に事件などを扱う生活安全課や刑事課は、本当に休みが取りにくい。正確に言えば、下っ端は休みが取りにくい、です。事件等があまりない暇な署だと、上司は日中スマホでゲームしています。

部署によっては勤務予定がコロコロ変わるので、ご家族や恋人は予定が立てられなくて不安を抱える人が多いです。

職場内での盗難事件は当たり前。制服などの装備品は無くすと面倒くさいことになるので、なくなった場合はその辺に置いてあるやつを勝手に持っていってしまいます。整理整頓が出来ない奴らが多い。

もっと色々書きたいことはありますが、とりあえずそんな感じです。

最後に、警察官は国民のために働いてなんかいません。自分の私利私欲のために働いてる奴らがほとんどです。

この組織に入って本当に幻滅しました。現在転職を考えています。

アクセス数アップに御協力いただける方は以下をクリック!
にほんブログ村 車ブログへにほんブログ村 バイクブログへ

twitterはじめました
スポンサードリンク

コメント

  1. たそがれライダー より:

    取締り110番さんの大ファンです。
    為になる情報満載のこのサイトには事あるごとにお世話になっております。
    今回の事故、いや事件は自身もライダーとしてよく利用するルートということもあり、非常に衝撃を受けました。故にあの報道を耳にした日、事故現場および取り締まり場所を掲載住所と写真から割り出そうと調べました。Googleマップはすごいツールですね。上記に掲載されている現場はまさに取り締まり場所です。
    そこで私の見解ですが、被害車両は白バイ追尾ではなく、レーダーに引っかかったであろうということです。そしてこの場所がネズミ取りのメッカだということをGoogleマップが証明しています。高速の橋脚の手前の四角い箱?に寄ってみると(操作を誤れば高速上に乗ってしまうので注意が必要(笑))レーダーを構える警察官の姿がバッチリ映っています。そしてその先の路肩には白バイと警察車両の姿も・・・。(恐るべしGoogleマップ)
    あと、新聞記事の「同署によると、男性が運転するバイクは、長田区内で制限速度を33キロ上回る時速83キロで走行したと記録されていた。同区内でバイクの制止を求めた同署員も、バイクと接触しけがをしたという。」という文面から、赤旗持って飛び出してきた間抜けな署員の足でも踏んじゃったんじゃないですかねぇ。
    その他については白バイが事故前に追跡をやめたって言うのがウソっぽい点を筆頭に取締り110番さんの見解に大賛同です。(今日ふとこのサイトのことを思い出し、記事になっているのでは・・・と思い覗いてみましたが、さすがです。)
    なんとも悲惨な事件で、亡くなられたライダーもさぞ無念だったことでしょう。
    このサイトを見て現代の日本警察のあり方に対して疑問視する目が少しでも増え、改善の方向へ向かうことを切に祈ります。

    • 取締り110番 より:

      コメントありがとうございます。

      おっしゃる通りでネズミ捕りを突破したので白バイが追尾してきて事故に発展したというのが事実だと思います。
      少し記事を訂正して再投稿したいと思います。

      警察に自浄作用なんてありませんし、官僚や政府の裏側はもっと真っ黒でしょう。警察の仕事は「国民から権力者を守ること」ですから、国民を守る警察を作りたければ、一度警察を解散させて法律や制度をゼロから作らない限りは無理でしょう。

      なので、このサイトをキッカケとして多くの人が警察や国家の実態に気付き、自衛手段を身に付けていって欲しいというのが私の願いです。これは退却戦ですからね…

  2. とし より:

    警察とは関わったら終わりですからね~、でも、逃げる勇気があるなら否認する勇気もあったんじゃないかと思ってしまいますが。
    ここの道は何回も通ったことがありますがここで50km/hっておかしいですよね~、取締を受けるか受けないかは運次第って感じでいい気分ではないですね。
    ほとんどの運転手が守ってないように思えます、白バイが追跡してるときにもほかの車は50km/h以上で走ってたんじゃないでしょうか。
    兵庫県警と電話で交通裁判所での録音に関するやり取りしたことがありますが、「ニュースで裁判所内での録音とか流されたりしてないでしょ、駄目なことってのは常識的に考えれば分かるよね。」とよく分からないことを言ってたのを思い出しますw

    • 取締り110番 より:

      気に入らない新人警官には腕立て12000回とか言い出す兵庫県警に「常識的に考えれば」とか言われたくないですね(笑)

      それこそ「常識的に考えれば」取調室という密室で録音もせずに調書の録取に応じたら、嘘デマ扇動で脅されて自白を強要されても官憲が「そのような事実は無い」とか言うだけで真実が闇に葬られてしまうのは明らかですよね。

      白バイだろうがパトカーだろうが、周囲に事故の危険をまき散らしながら追跡して良いのは、被害者が発生した重犯罪限定にすべきですね。歴史を振り返れば権力者の戦争犯罪は代替逃げ得が成立しています。岸信介なんか核開発に関わったA級戦犯だったのに、赦免された上にCIAから資金までもらって首相にまで上り詰めていますからね。

      まあ、開戦の詔勅にサインしたヒロヒトが天寿を全うする国なんですから、ここまで来たらみんな逃げ得でいいんじゃないですかね。

  3. こういち より:

    警察を悪者したい結論ありきの頭のわるい記事だな。
    今回は、被疑者が反対車線に逃げた時点で、追跡をやめたってニュースの記事にある。
    それを「執拗な追跡」と呼ぶのか?
    仮に追跡したこと自体を「執拗」と呼ぶのなら、違反して停止求められても逃げたら勝ちって、逃げ得を許すことになる。

    制限速度の適性さには私にも思うところはあるが、ともかく現在決められた交通ルールを全ての運転手が守ることで多くの事故が未然に防げているのだから、それに文句あるなら最初から免許とるべきではない。免許取得は国民の義務ではないのだから。

    このブログの発言に賛同することも多々あるが、今回のことは「警察憎し」でまとめられた私恨記事だ。猛省していただきたい。

    • 取締り110番 より:

      世の中に「客観」なんてものは存在しません。立場や思想が異なれば見解が異なるのは当たり前の話です。

      根本的な価値観が異なるなら議論しても無駄かもしれませんが、あくまでも議論として反論をさせていただきます。

      >今回は、被疑者が反対車線に逃げた時点で、追跡をやめたってニュースの記事にある。それを「執拗な追跡」と呼ぶのか?

      白バイが追跡をやめた事を立証する映像証拠や第三者の目撃証言はあるのでしょうか?男性ライダーは既に死亡しており、事故に遭った女性ライダーも転倒したでしょうから白バイを見ていたかわかりません。白バイ隊員の証言だけではとても信用出来ません。

      >仮に追跡したこと自体を「執拗」と呼ぶのなら、違反して停止求められても逃げたら勝ちって、逃げ得を許すことになる。

      そうですね。事故や渋滞の原因となっておらず、被害者が存在しない交通違反なんて逃げ得で良いと思います。私の判断基準は「その犯罪行為によって被害を受けた者がいるのかどうか?」が大きいです。

      原発を作らせた自民党、原発の安全装置を簡素化させた小泉内閣、全電源喪失はあり得ないと答弁した第一次安部政権、SPEEDIの予測を公表せずに住民を避難させずに大量被曝させた民主党政権、津波到達以前に放射能漏れを起こしていた事をいまだに隠し続けている東電は、福島第一原発を爆発させ、人類史上でも稀有なレベル7の放射能災害を引き起こし、今も放射能の拡散政策が続いています。作業員はバタバタと心筋梗塞などで命を落とし、福島県を中心に心筋梗塞や甲状腺がんなどが激増していますが、事故から5年以上経っても誰も責任を取らされていません。逃げ得を許すのでしょうか?

      おそらく許すのでしょう。良くて東電幹部をおざなりで起訴するかどうかくらいで、原発政策を推進してきた与党政治家から詰め腹を切らされる者が一人も出ないであろうことは断言出来ます。原発を爆発させても逃げ得が許されるのです。被害者の存在しない交通違反なんて逃げ得で構いません。その代わりに事故や渋滞を引き起こした者への罰則強化なら私も賛成します。

      >制限速度の適性さには私にも思うところはあるが、ともかく現在決められた交通ルールを全ての運転手が守ることで多くの事故が未然に防げているのだから、それに文句あるなら最初から免許とるべきではない。

      さらっと書いておられますが、「交通ルールを守る事」と「事故が防止出来ている事」の因果関係はいつ立証されたのでしょうか?事故原因の大半は警察の検挙対象ではない安全運転義務違反(漫然運転や操作不適)である事は、他ならぬ事故統計という警察側の資料で示されています。

      事故原因はスピード違反みたいな交通違反ではなかった[知ってた]

      >免許取得は国民の義務ではないのだから。

      それはブーメランです。交通違反どころか殺人犯ですら、警察官の制止に従う義務はありません。今の日本には拘束前の被疑者が逃げ出す事に対する逃走罪なんてものも存在しません。男性ライダーには止まる義務はなく、逃げた事は罪ではありません。

      >このブログの発言に賛同することも多々あるが、今回のことは「警察憎し」でまとめられた私恨記事だ。猛省していただきたい。

      私のブログの趣旨に賛同していただく必要はありません。青切符ですら否認率が1.5%しかない今の日本で、私は明らかにマイノリティであり、異端であり、多数派から見れば社会不適合者と見做されても異論はありません。

      私恨であることすら否定する気はありませんが、私は警察の交通道路行政は「前提からして狂っている」と考えており、それを素直に「狂っている」と言い続けているだけです。あのストリートビューを見て、あの場所を83km/hで走行する行為が、税金から平均年収800万円ももらっている公務員を投入してまで取り締まるべき違反だと心の底から思うのであれば、私とあなたは解り合う事は出来ないと思いますが、それはそれで仕方がないことです。

      反省すべきは警察で、追尾式の取締りなんて金輪際やめていただきたい。速度違反の取締りがしたいなら、最低でもレーザー式の測定器を用いた上で、移動オービスのように計測対象車が画像で確認できる方法でやるべきだと考えています。好きなタイミングで計測ボタンが押せる白バイによる追尾計測なんて、冤罪作成の温床以外の何物でもないでしょう。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です