[交通事故]萩原流行さんをハネたのは警察車両でした

スポンサードリンク
スポンサードリンク

事故の一報

事故の第一報の時から「萩原さんの事故歴」とか「薬の服用歴」が強調されている気がして胡散臭い感じを受けていたのですが、そもそも萩原さんのバイクを引っ掛けたのは警察の護送車だったという事ですね。

http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2015/04/24/kiji/K20150424010225790.html

東京都杉並区の青梅街道で俳優萩原流行さん(享年62)が交通事故で死亡してから一夜明けた23日、事故現場で警視庁の護送車が萩原さんのバイクに接触していたことが分かった。同庁は当初、ワンボックスカーと説明していた。事故直前に護送車は車線変更しており、萩原さんがよけようとして事故になった可能性もある。

警視庁によると、萩原さんのバイクは片側3車線の中央車線を走行中、何らかの理由で転倒し、前を走っていた護送車の右側の前輪付近に接触した。その後、萩原さんは一番右側の車線に投げ出され、会社役員の男性(59)の乗用車にひかれた。搬送時には意識がなく、22日午後7時26分、都内の病院で死亡が確認された。死因は心房破裂だった。

警視庁は、萩原さんが護送車をよけようとして転倒した可能性があるとみて、自動車運転処罰法違反の疑いで、護送車を運転していた高井戸署の男性警部補(55)らから事情聴取。警部補は「車線変更した後にドーンと転倒するような音が聞こえた。バイクに当たった感覚はなかった」、会社役員の男性は「バイクが転ぶ音がして、タイヤで何かをひいた感触があった」と話している。

護送車は当時、容疑者の治療のため、高井戸署から病院に向かっていた。事故後、警部補が現場から119番。警視庁は事故当日、「事実確認中だったため」として、護送車を「ワンボックスカー」と説明していた。事故当時、近くを走行中だった男性は取材陣に「バイクとワンボックスカー(護送車)が中央車線内で、異常なほど接近して並走していた」と証言した。

事故後、現場検証は7時間にも及んでおり、警察関係者は「事故に絡んだ人の数が多い時には時間がかかるが、今回のケースでは時間がかかっている印象だ。警察車両が絡んだことでより慎重になった可能性がある」と指摘した。警視庁は、事故原因や萩原さんの転倒時期などについて「捜査中」としている。

おかしな点

まあ、ツッコミどころが満載なワケですが、可哀想なのはハネられて結果的に亡くなってしまった萩原さんと、後から来て避けきれずに萩原さんを轢いてしまった運転手ですね。警察の護送車が萩原さんをハネなければ事故は起こらなかったのですから。

萩原さんの名誉を守る為にも問題点を指摘だけはしておきましょう。

①警察は護送車を「ワンボックスカー」と説明

護送車ってワンボックスカーなんですか?言い換えるとしても大型車両だと思うんですが、あれって普通免許で運転出来るんでしたっけ?

事故を起こしたのが救急車だったら、警察もマスゴミも「救急車と接触」って発表すると思うのですが、警察車両だけは一般車両みたいな名称で言い換えるんですか?

②「右側の前輪付近に接触」しているのに、護送車を「前を走っていた」と報道

目撃者の証言では「バイクと護送車が中央車線内で異常なほど接近して並走していた」ハズですが、どうして護送車が前を走っていた事にするのでしょうね?護送車の全長とバイクの全長を考えれば、並走していない限りは右の前輪付近になんかぶつかれないと思いますが?

要するに運転していた警官を不起訴にして、後から追突してきた萩原さんが悪いという事にしたいので印象操作をしているのでしょうが、そもそも停車していない限りは前方車両も過失ありとされるものですし、大型車両とバイクの事故だったら、どう考えても大型の方が過失割合が高くなりますよね?

しかも護送車は車線変更をしてきたのですから、これが一般車両だったら8:2か9:1で四輪車側の過失が大とされるケースです。さて、今回はどう処理するんでしょうね?

③現場検証が7時間も掛かって、警察車両絡みだから慎重になった

事故の現場検証って、警察車両が絡まないと慎重に検証しないんですね。

目撃者もいて状況は明らかなんですから、どう考えても7時間は掛かり過ぎです。何とかして護送車に非がないように見える証拠を捏造しようと頑張っていたと考えるのが妥当じゃないですか?高知白バイ冤罪事件ではスリップ痕まで捏造していましたからね。

しかし今回は護送車が車線変更しているので捏造が難しかったのでしょう。それでマスゴミに圧力を掛けて、萩原さんの事故歴や通院歴なんかを強調させて、まるで萩原さんが悪かったように印象操作を試みているのでしょう。

でも、萩原さんは中央車線を直進していただけで、護送車の前輪付近にぶつかって転倒して第3車線に投げ出され、それを後続車にハネられて亡くなられたのですよね?誰がどう考えても萩原さんに過失はないと思うのですが?

護送車が本当に前を走っていたなら、萩原さんは護送車の後に追突しているハズです。仮に萩原さんがある程度のスピードを出していたとしても、ならば護送車側が車線変更を控えて先に追い越させていなければおかしいです。

護送車に過失がないのに右の前輪付近にバイクがぶつかる為には、バイク側が車線変更してきて前輪付近にぶつかるしかありませんが、目撃者の証言を見ても、「バイクが横にいるのに強引に車線変更して引っ掛けた」というのが事実でしょう。

赤字にはしませんでしたが、「萩原さんが避けようとして事故になった」みたいな書かれ方をしていますが、避けようとしたから事故になったのではなく、護送車が無理な車線変更をしたから事故になったワケですし、萩原さんはそれを必死で避けようとした、つまり事故を未然に防ごうとしただけですよね?なんで「事故になった」の主語が萩原さんになっているのでしょうか?

今後の予想

今後の予想ですが、運転していた警部補は不起訴。結果的に萩原さんをハネてしまった後続車の運転手は、警部補の不起訴と帳尻を合わせる為に不起訴、もしくは一般人だからと業務上過失致死で起訴。

警察にとって厄介なのは「並走していた」と証言している証人の存在です。圧力を掛けるかカネを払うかして、不思議にこの証人が今後は出て来なくなる可能性が高いです。

で、代わりに「萩原さんのバイクは相当スピードを出していた」とか「護送車が車線変更を開始しているのに、後を走っていた萩原さんのバイクが突っ込んで接触していた」と証言する証人が出てきそうな悪寒がします。警察という組織は、常識では測れないほど腐っていますからね。

萩原さんのご冥福を心よりお祈りいたします。同時に、やはり警察は許せません。警察車両が自ら事故を起こしていれば世話はないでしょう。事故が減ると交付金が減るのですから、裏を返せばこの事故で交付金は増えるワケです。そんな制度、とっとと廃止した方がいいと思いませんか?

まとめ

  1. 萩原流行さんをハネたのは警察の護送車両だった
  2. それを警察は「ワンボックスカー」と報道させた
  3. 事故検分には異例の7時間を費やして何かをやっていた
  4. 「中央車線内で並走していた」という証言があるのに、萩原さんの方からぶつかったかのような論説
  5. 警察の不祥事を隠蔽するために萩原さんバッシングが始まるのではないか?

記事の内容が「参考になった!」「興味深かった!」という方は、是非twitterやFacebookでシェアして下さい!アクセス数アップが励みになります!

アクセス数アップに御協力いただける方は以下をクリック!
にほんブログ村 車ブログへにほんブログ村 バイクブログへ

twitterはじめました
スポンサードリンク

コメントをどうぞ