[警視庁も]警視庁捜査1課長が竹刀で23歳美人記者をボコボコ[クズほど出世する]

スポンサードリンク

警視庁の捜査一課長が精神異常レベルのパワハラ野郎だったという話ですが、文春砲は健在ですねw

捜査一課と言えば、殺人・強盗・強姦などの重大犯罪を扱う花形の部署で、課長の階級は警視正です。

ノンキャリでここまで上り詰めるのは相当大変そうなのですが、23歳の女性記者をボコボコにして全治3週間の怪我を負わせるような異常者が捜査一課長、警視正なのですから、程度の差はあれ警察と言う組織では、異常な者しか生き残れないということでしょうね。

スポンサードリンク

文春砲

 2月13日に警視庁捜査1課長に就任した上野洋明氏(58)が、刑事部の武道始式で入社1年目の女性記者Aさん(23)に全治3週間の怪我を負わせていたことが週刊文春の取材で分かった。

1月26日の午後に行なわれた武道始式で「TOKYO MX」の新人女性記者のAさんと対戦した上野氏は、剣道の経験のない彼女の腕を目掛けて、チャンバラのように“横打ち”で執拗に連打したという。

「防具に覆われていない生身の腕が打たれ、バチン、バチンという音が道場に響いていました。彼女は身長が150センチ台で細身の体型。『大丈夫なのか』という雰囲気が漂い、道場はシーンと静まり返りました」(その場にいた警察関係者)

Aさんの診断結果は全治3週間の打撲だった。Aさんは都内の女子大学に在学時はミスコンで優勝し、学生キャスターとしてニュース番組にも出演していた才媛だ。

一方の上野氏は、「北海道出身で高校時代は野球一筋。歴代捜査1課長の中でも“現場”を知っていると評判です。ただ以前から『部下に厳しすぎる』という声もあった」(社会部記者)。

週刊文春の直撃取材に、上野氏は「試合で相手が怪我すると怪我をさせたほうは何か問題あるんですか?」などと答えた。

またMXは次のように回答した。

「武道始式に弊社報道局の記者が参加いたしました。その際に、負傷(打撲)いたしましたが、現在は治癒しておりますので、コメントは差し控えさせて頂きます」

週刊文春2月16日発売号では、武道始式当日の様子、上野氏の直撃取材、Aさんの親族のコメントなどを詳細に報じている。

引用:http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20170215-00001426-bunshun-soci

魚拓:http://archive.is/xn6r9

この上野洋明というサディストは、23歳の女性記者相手の武道始式の剣道の試合で、わざわざ防具を付けていない腕を横殴りに何度も打ちつけ、会場にいた人々もドン引きだったようです。

そもそもが体育会系のヤク○組織の警察組織において「部下に厳し過ぎる」という評判が立つという事は、その中でも目立つくらい弱い者イジメばかりしている輩だったのでしょう。

こういう人間は上の人間には媚びへつらうものです。ノンキャリから捜査一課長になれたということは、キャリア組に対して平身低頭、靴まで舐める勢いで媚びていたのでしょうね。

この人は柔道は有段者ですが、剣道はほぼ未経験だったようです。

これも結構ポイントで、柔道上がりの警察官は異常者が多いという声が多いです。

【職種】警察官が明かす仕事の本音

私の時に特に無礼な人間だと思ったのは武道の選考で選ばれた人間、特に柔道選考で警察学校を卒業した人間です。剣道の人は礼儀正しい人が多かったと思います。

サイト読者の方にも柔道出身者がいるでしょうから、その方は気を悪くしないでいただきたいのですが、私の周囲を見ても「柔道しかやってこなかった人間」というのはおかしなのが多いです。

気合や根性を重んじる代わりに、合理性や論理性は無視で、上には媚びながら、そのストレスを下の者にぶつけるタイプが多い気がします。柔道経験者であれば、身近にそういうタイプの嫌な先輩がいた経験があるのではないでしょうか?

傷害罪で逮捕しろ

剣道の試合とはいえ、お互い素人で片方は柔道の有段者、片方は23歳の華奢な女性記者です。

剣道のルールでも防具のない部分を執拗に攻撃すれば反則負けになります。

それを執拗に繰り返して怪我までさせているのですから、普通に傷害罪が成立しそうですよね?

オマケに本人は「試合で相手が怪我すると怪我をさせたほうは何か問題あるんですか?」などと答えているのですから反省の色もありません。

警察が逮捕しなくても犯罪者は犯罪者。立派な傷害の容疑者です。

善人に見えますか?

ちなみに人格が人相に出る事があるのは誰しも経験則で知っていますが、こんな話もあるようです。

人相が語る危ない人の見分け方!

ある事件記者によれば、最近の犯罪者の多くに共通する人相のポイントは、「きつね顔で顔のパーツが中央に吸い寄せられているように位置する」ということの様です。

顔のパーツが中央に吸い寄せられているように位置していませんか?

犯罪者を擁護する産経新聞

こんな犯罪者を取り上げて、ヨイショするのが産経新聞です。

警視庁捜査1課長に上野洋明氏就任 武士道精神「捜査は執念」

北海道八雲町出身。「日本男児たるもの武士であるべき」との思いから、「現代の武士である」警視庁警察官を目指した。尊敬するのは近代日本警察の父である川路利良(かわじ・としよし)大警視。その出身地の薩摩武士道を標榜する。正義に命を懸ける▽悪に対して戦い抜く▽弱者をいたわる▽議論はしない-。時代に合わせて変化する部分はあるものの、警視庁の根底にはその精神が息づいていると信じる。

一体どういう取材をすると、ここまで実態とかけ離れた記事が書けるのでしょうか?

薩摩武士道がどういうものか知りませんが、「議論はしない」ってのは何でしょうね?片方が勝手に自分の事を正義だと思い込んでいたら、問答無用で相手を悪者扱いして殺しちゃっても構わないということでしょうか?

そんなものは武士道ではありませんよね?従って、可能性は以下の2つです。

  1. 薩摩武士道は立派な思想だが上野は異常者
  2. 薩摩武士道も武力倒幕した革命思想で上野はその信奉者

こんな輩に捜査一課を任せて大丈夫なんでしょうか?冤罪作成部署にしかならない気がしますね。

最後にもう一箇所産経新聞の嘘デマ記事を引用しておきます。

「1課は事件を解決してこそ。どんな事件でも執念で必ず解決していく」

その意気だ!まずは剣道の試合にかこつけて、竹刀で23歳女性の防具のない腕を執拗に打ち付けて全治3週間の怪我をさせた傷害犯を検挙しろ!

アクセス数アップに御協力いただける方は以下をクリック!
にほんブログ村 車ブログへにほんブログ村 バイクブログへ

twitterはじめました
スポンサードリンク

コメント

  1. とし より:

    上から下まで弱い者虐めしかできない、さすがですね。
    彼らの言う正義とは強い者の言いなりになることですよね。

コメントをどうぞ