[冤罪事件]ドラレコ映像で青切符が撤回されたtanosukeさんの体験談[信号無視?]

スポンサードリンク

普通に運転していて、「青信号」の交差点を通過しただけなのに、警察官の勘違いで赤信号無視だとして検挙されたtanosukeさんの体験談です。

実はこの体験談は、以下の記事の当事者からの投稿なのです。

[警察官は]富山県警が「信号無視」交通切符誤交付[色もわからない]
富山県警が信号無視をしたとして検挙した男性の車にはドライブレコーダーが搭載されており、後で見返してみたら「青信号だった」という話なのですが、「青信号を見て赤...

tanosukeさんの車にはドライブレコーダーが搭載されていたため、後で所轄にドラレコ映像を持ち込んだ事によって容疑が晴れ、一度切られた青切符も無事に撤回されましたが、ドラレコが無ければ「警官2名が現認していたから間違いはない」「検挙は適切に行われた」というようないつも警察ロジック(つまりウソってことですが…)によって反則点が付加されてしまっていたでしょう。

では、以下はtanosukeさんが寄稿して下さった体験談です。青字は管理人のコメントです。

スポンサードリンク

青信号で交差点を通過したら検挙された

自分が警察に信号無視で捕まり無罪を証明してから9ヶ月

ここのHPを見つけ興味本位で見せていただきましたけど

せっかくだから体験したことをちょこっとだけ

文才は全くないので勘弁です。

昨年(2016年)の7月23日仕事先からの帰り道 アホ面して国道を運転中

先にある交差点の左側で信号待ちのパトカーを発見

とりあえず自身の走行方向の信号を見ると

まあ普通に青やし減速もなく交差点に向かうと

ノソロノソロとパトカーが動き始めるのでもう一度信号を確認

やはり自分の方向は青なので、あのパトカー信号無視やん!!

と思いながらパトカーの前を、なにしてるんこいつらとか思いながらパトカーを

見つつ通過(警官とは目が合いました)し交差点を渡ったところで

バックミラーに侵入してくるパトカーを確認

→この時点でパトカーが信号無視をした事がわかりますね。私はドラレコ映像を見せてもらいましたが、パトカーは赤色灯を点けずに交差点に進入してきており、緊急車両だったという言い訳も通じません。

この時は前の車がシートベルトをしてなかったんかな?とか思ってました。

で後ろからついてくるパトカーが自分に向かって止まりなさいと言ってきたので

???俺???

とりあえず車を止めると助手席から警官が一人降りてきてパトカーは

前の車に向かっていきました。降りてきた警官の説明では

前を走る車が赤信号で侵入してきたので取り締まろうと思ったら

旦那さんの車も入ってきたので2台とも取り締まりました。とのこと

→「青信号」を見て「赤信号」だと勘違いしたアホ警官がパトカーを発進させたところに、tanosukeさんの車両が通り掛かったようです。反則金徴収に貪欲なアホ警官は、tanosukeさんの車両を止めて助手席の警官に対応をさせ、自身は1台前の、同じく「青信号」で通過した軽自動車を追い掛けてこちらも検挙します。

ドラレコ映像があっても変わらない?

当然 濡れ衣なので信号も確認してるし絶対の自信があるよと

多少パニックになりながらも伝えたのですが当然警察はみとめません

そこでドライブレコーダーを確認させてくれと言い 見ようと思ったがここで問題が

普段ドライブレコーダーって撮りっぱなしで見ないのですよ 面白い動画があったときは

メディアを取り出して自宅のPCに入れてから見てるのでドラレコ本体で見ることがなかった

のです。

ってことで操作方法がわからんw さらに軽く焦っているので余計にわからん

自分が使っていたのは某国内メーカーのものだけど操作ボタンの反応が鈍いだけで

慌てずに操作したら問題なかったのだけど とにかく焦って見ることができない

→ドラレコは警察から身を守る為の貴重な武器です。扱い方にはしっかりと慣れておきましょう(笑)

そうこうしてるうちに前の車を捕まえた警官と前の車の運転手も合流

その警官が「あなたがそれ見たからといって変わるわけではありませんよ」と

→冤罪だったら謝罪して検挙を取り消すしかないのに、「証拠があっても切符処理は変わらない」と言ってしまうのですから、青信号を赤信号だと勘違いした警官は、この時点では本気で赤信号だと思っていたのでしょうね。

→つまり、そのくらい人間の思い込みとは恐ろしいものなのです。見間違えをした本人には、見間違えたという認識は絶対に無いのですから、警察の「現認」だけを証拠として検挙している道交法違反の取締り全体が冤罪作成の温床になっています。

言いやがったのでカチーンときて「わかった今はサインしてやる だがドライブレコーダーの

動画はあるし確実に青だったからね」と伝えた。

ちなみにサイン中 前車の運転手さん同乗者さんも青だったと伝えたが聞く耳持たん状態

最初の警官に本当に赤を確認したか?と聞いたが赤でしたと答えていました。

→この警官は、検挙時は「赤信号であることを確認した」と言っていたのですが、後でウソがバレると「上司が見たと言っていたので間違いないと思った」と証言を翻しています。これが私がいつも言う「警察は息を吐くようにウソをつく」実例です。

この時点で実はもしかして俺の勘違いだったかもと少し思ってしまう弱気な自分

って事で無事?青切符を頂きPCのある会社に向かうのでした。

ドラレコ映像を見たらやはり青信号

会社に帰り早速 動画チェック!! 当然ですがこちら側は青信号

オマケに反対車線の自動車教習車はノンブレーキで交差点に侵入

たぶんその後ろの車も交差点に進入の勢い!!

もちろん信号も青信号って事で、あの警官やはりゆるさ~~ん で

すぐに高岡警察署に電話したのだけど

自分を捕まえた警官はパトロール中でいない じゃ署内の担当者だれ???

って事でしばらく待って欲しいと言われました。

せっかくの待ち時間なので記念の青切符をスキャン

スマフォのRECソフトの確認(結局警察では使うの忘れてた)

ここでタイムロスが生まれる 時間軸としては、ちょっと曖昧だけど

15:30頃 青だったのに信号無視容疑で捕まる

16:00頃 解放される

16:30頃 帰社しすぐ動画確認し警察に連絡

自分としてはすぐにでも警察に行くつもりでいたけど警察からの連絡待ち

17:15頃 警察からとりあえず来て欲しいと連絡が入り警察に向け出撃

17:30頃 当事者が来て無実が発覚

18:00頃 謝罪を受ける

って事でニュースなどで2時間後に運転手がドライブレコーダーの動画を持込みって

言っていたのは若干の間違いがあり 某ネット掲示板では、その2時間で編集したのだろう

とも書き込みがありちょっとだけ憤慨

で 話を戻すと警察から当事者の警官はまだ帰っていないけどとりあえず動画を見せて欲しい

とのことで

高岡警察署へGO!! 実はこの警察署 子供の頃から近所で遊んでいた地元も地元

まさかこんな事でお邪魔するとは思ってもいませんでしたw

警察署につき受付で先ほどお電話したものですがと伝えると

俳優の松重豊さん似のちょいと渋い感じの警察官が対応・・・といっても

PCに入れた動画の確認のみ基本的には、クレーマーに対するなだめ役って感じ

おかげでこの時は落ち着いて話せました。そうこうしているうちに黄色いベストを着た

交通課の警官が事故処理から帰ってて動画を確認(当事者は地域課の警官だった)

地域課の係長だか課長さんが確認

こりゃ~間違いなく青だね なんで間違えたのだろうって事でさらに当事者待ち

ここで違反クレーマーから無実が確定し迷惑をかけてしまった方に変わったのだから

お茶の一つももってこんかい!!と思ったりした。

→一般企業だったらお茶の一つじゃ済まない話なのですが…

当事者は平謝り

しばらく時間が経ちたぶん別室でパトカーのドラレコも確認したのだと思うけど

当事者の警官が入ってくるなり平謝り 真っ青な顔をして平謝り

自分は若干冷静さを失い警官にちょっと苦言 たぶん警官が現場で言った「あなたがそれ見た

からといって変わるわけではありませんよ」

という言葉と別れ際に行った「安全運転でお願いします」と言った言葉に対して

かなり厳しく反応したんだと思う

→当然ですね。私だったら「あなたも勘違いしただけで悪気はなかったのでしょう?つまり、警官が見間違えてしまった場合、本人は見間違えたとは思っていないのですから、簡単に冤罪事件が出来てしまうということを学びましたね?」と諭すように言って「はい」という証言を引き出し、それを録音しておいて全国にアップします(笑)

そして自分が無実なのはわかってもらえたようなので自分の前を走っていた

軽自動車の運転手にもこの事を伝えて欲しい 自分の目の前で!!と命令(?)

当事者の警官がすぐに女性運転手に連絡「実は先ほどの違反の件ですが間違いでし

た・・・・」と電話をしながら平謝り

→tanosukeさんの人格の良さが表れていますね。ちゃんともう一人の冤罪被害者の事も考えてあげています。

次は、パトカーの信号無視について警官sに確認 だかこれに関しては業務なので

問題なしとの回答

→問題ないワケがないですよね。見間違えで自分の方が赤信号で交差点に進入し、しかも赤色灯も点けていなかったのですから、完全にタダの信号無視です。これが通るなら警察車両は違反し放題になってしまいます。って、その通りなんですけど…

[ドラレコ映像]白バイ隊員は悪質違反常習者[追尾記録]

いやいやそもそもその業務を間違いてるやんと言っては見たものの

うなだれている警官を見るともういいやと思い じゃあこれで信号無視は無しねって事で

撮影会スタート PCの画面や車のドラレコをゆびさしながら記念撮影

ここで動画はいらないの?ってきいたら結構ですと言われた。

→優しいですね。私だったら誤検挙した警官がうなだれていようが懲戒免職になろうが良心の呵責などありません。税金から給与をもらっているシロアリ公務員の中でも、警察官というのは極端に生産性のない職種です。おまけにストーカーに追われていても民事不介入と言って殺されるまで警護もしてくれないクセに、「ウソをつく合間に息をするアベシンゾー」の警護はするのですから、救いようがありません。

→我々が赤信号を青信号と「見間違えて」交差点に進入したら信号無視で切符処理されます。この警官はそれと同じ事をしたのにどうして許されるのでしょうか?ちゃんと切符処理して2点加点してもらわないと納得がいきません!

で最後に課長クラス?の方も集まってきて申し訳ありませんでした。と再度謝られ

まあ これからは気をつけて取り締まりをしてくださいと伝え

ああ 最後にこの動画ネットにうpしてもいいですよね(^-^)と笑顔で伝えると

出来れば勘弁して頂ければありがたいのですが・・・と言われました

やっぱりデータを寄こせ

しかし、うPする気マンマンで警察を出て自宅に帰宅 家族やSNSに今日あったことを

報告し動画うpのための編集をしようかと取り込み中に

見慣れない電話番号から着信 出てみると警察でやはり動画も頂けないかとの事

自宅は車で1時間ほどのところにあるので明日でも持っていきましょうか?

それともデータで送りましょうか?と伝えたら

もしよろしければ今から取りにお伺いします。えええ結構遠いよと言ったけど

なにやらどうしても今日中に直接欲しいみたいで

じゃ~どうぞ って事で取りにこられました。もちろん元のカードではなく

警察のSDカードにコピーさせてあげただけですが 証拠の書類やらにサインをしました。

→警察の役所の一つに過ぎませんから、切符処理の抹消手続きの為にドラレコ映像が必要になったのかもしれません。私がパーキングメーターの誤作動で誤検挙された際には、ドラレコ映像を警察署長宛に送付しましたが、駐車違反標章の取消手続時にDVDは返却されました。中身を既にコピーしたから原本は要らないということかもしれませんね。

ドラレコがなかったら冤罪食らってた話

すぐに報道されたのは何故か?

SNSに今日あったことを書いたら結構な反応(そりゃそうだ)

返事を書いてたら疲れて動画の編集は翌日やろうと思いつい寝てしまいました。

で朝一に同僚からLINEが入り「昨日のこと新聞に載っているよ」との連絡

すぐ新聞を確認 おお載ってる!! お昼にはNHKでもニュースに

日テレでもBSニュースは確認 テレ朝は後日CG付きでニュースになっていたw

って事でYoutubeにうpしようと思ってたけど逆にまずくねと思い(警察に目をつけられたも

困るし)

ということで動画はうpしませんという結論に達しました。

→tanosukeさんの御判断を尊重いたしますが、この「警察に目を付けられたらどうしよう?」という心配は杞憂であることがほとんどです。

→立場を逆にして考えてみればわかるのですが、常にドラレコや録音機器を用いて警察の言動を記録する人間に関わっても警察側には何のメリットもありません。彼らの目的は「集金」であって、カネの臭いがする所には関わってきますが(パチンコ利権とか)カネにもならないのに関わると面倒な人間な所には近付いてきません。

→私のサイトだって警察からすれば邪魔でしょうし、私は以前警視庁の情報公開センターに通いつめて課長対応になるほどしつこくしていましたが、狙われたこともマークされた事もありません。警察からすれば私や私のサイトを潰す事など造作もありませんが、そんな面倒な事をしている暇があったら、一時停止線の向こう側で身を潜めている方が「儲かる」のです。

ここで思いがひとつ 多分 現場は、この一件を警察が違反を取り消して

終わろうとしたけど自分が動画をうpすると言って帰ったので 慌てて上に判断をあおいだと

ころネットで拡散される前に報道機関に発表しなければと思ったんじゃないか? そうだった

らうpを躊躇わせたから警察の考えは成功したね(うpとは関係なく警察発表はするつもりだ

ったかもしんないけど)

→この読みが当たっている可能性は十分あると思います。「Youtubeに投稿→不祥事がバレて報道」という流れよりは、「不祥事を自ら発表→Youtubeに動画が流れる」の方がマシだからです。結果的にtanosukeさんは動画の投稿を控えましたので、県警上層部の判断は奏功したとも言えます(笑)

交通違反告知是正通知書

それはともかく2日後ぐらいに警察から電話が入り「お渡ししたい書類がありますのでご自宅

へお伺いしてもよろしいでしょうか?地域課の課長も改めて謝罪に伺いたいのですが」といわ

れたのですが家に来てもらうのは嫌だったので 「謝罪は結構です書類があるなら取りに行き

ますよ」と伝えたけど今度は「いやそれは申し訳ない」と言われ結局郵送で受け取ることにな

りました。

自分としては滅多に行かない警察署で圧倒的有利な立場で行けるので残念でしたがw

ともあれ警察からは交通違反告知是正通知書なるものが届き警察との一件は終了です。

→tanosukeさんがSNSで公開した画像をいただきましたが、切符の番号なども伏字にさせていただいたものをアップしておきます。

違反の事実がなくても切符を切られる事があるという動かざる証拠です

ちなみに動画はお守りがわりにスマフォに入れてあります。

今後 納得の行かない取締に会った時は今度はうpしようと思っていますw

あと警察の2人で確認した!!は意味がないことを痛感しました。

報道にもありましたが若い警官は私の質問には「赤信号を確認した」と言いましたがその後

「上官が赤だといったので疑わなかった」と現認していないことを白状しています。

→「警察は息を吐くようにウソをつく」んですよね…

今後 捕まった時は現認のみでは納得いかないよと言えるなあw

掲示板にいる歴戦の皆様から見れば甘いと思われるかもしれませんが

こんなところで勘弁してください

→いえいえ。泣き寝入りせずにドラレコ映像を持ち込んでちゃんと抗議したからこその結果です。tanosukeさんが頑張らなければ、一台前の軽自動車を運転していた女性は完全なる冤罪被害者となっており、権利の回復もされなかったでしょう。

管理人のまとめ

ここからは管理人のコメントです。

tanosukeさんは警察による冤罪作成に備えてドライブレコーダーを搭載していた訳ではないと思います。ドライブレコーダー本来の目的である「万一の事故の際に過失割合等でモメないため」に搭載していたのだと思いますが、この備えがあったからこそ無事に権利を回復することが出来ました。

ドライブレコーダーがこのような役立ち方をするのはあまり望ましいことではありませんが、実際には割と頻繁に起こりうることです。

ドラレコがなかったら冤罪食らってた話

[効果絶大]スピード違反容疑を録画対応で切符回避[体験談]

あるいは、白バイ隊員が常習違反者であることを証明してしまうこともあります。

[ドラレコ映像]白バイ隊員は悪質違反常習者[追尾記録]

ドラレコをまだ車に付けていない方は、これを機に是非搭載しておくことをお勧めします。

ちなみに私が使っているのは以下のモデルです。

[ドラレコ]Xiaomi YI Smart Dashcamを個人輸入してみる[注文編]

さらに冤罪防止という観点から考えると、一番冤罪が起きやすいのは

警官1名の証言のみで検挙する時=白バイによる追尾計測

です。何しろ、白バイやパトカーによる追尾計測では「その時の警察車両の速度」をロックするだけで被疑車両がスピード違反をしたと吹っ掛けられてしまうからです。

これを避ける為には、さらなる対策もしておいて損はないでしょう。

[スピード違反]白バイや覆面に追尾計測された時の対処法[正攻法編]

貴重な体験談を御寄稿いただいたtanosukeさんには、この場を借りて御礼申し上げます。

警察の不祥事の記事の当事者から御連絡いただいたのは私にとっても初めての経験で、非常に参考になりましたし、ドラレコが普及して警察による冤罪被害者が一人でも減ることを願っています。

アクセス数アップに御協力いただける方は以下をクリック!
にほんブログ村 車ブログへにほんブログ村 バイクブログへ

twitterはじめました
スポンサードリンク

コメント

  1. てんちょう より:

    先日会社近くの踏切で一時停止の取締りをしていました。この場所は地元では有名です。私は歩きだったのですが隠れている警察官のような格好をした人がいたので不審に思い、警察官なら警察手帳を提示するように求めました。幸い?本物でしたが隠れて取締る事は警察官職務執行法第5条に抵触するのではないかと聞きました。その返答として何とか2条?により市民の安全を守るために必要な事はだと言っていました。このように隠れて取締りを行っている警察官と状況を証拠保全のために録画していた所、すぐ消しなさいとのことでした。警察官にプライバシー権はない事を伝えた所、これは盗撮にあたり逮捕することも出来ると言ってきました。少しだけこういう返しもあるのかと納得してしまいました。今後、交通違反で撮影している際に同様の事を言われたらどう対応すればよいでしょうか。
    その際の画像、相手の名刺はあります。

    • 取締り110番 より:

      >警察官にプライバシー権はない事を伝えた所、これは盗撮にあたり逮捕することも出来ると言ってきました。

      「警察は息を吐くようにウソをつく」という点をお忘れではないでしょうか?

      日本には盗撮罪という罪状はないため、逮捕可能な刑法犯罪は以下のいずれかです。

      1:迷惑防止条例違反
      都道府県によって規定が異なりますが、例えば東京都では「公共の場所又は公共の乗り物において、人の通常衣服で隠されている下着又は身体を撮影した者であるときは、一年以下の懲役又は百万円以下の罰金に処する」となっています。警官が全裸や下着姿だったのでない限りは違反になりませんし、全裸だったら警官の方が公然猥褻です(笑)

      2:軽犯罪法違反
      公共の場所以外(住居・浴室・脱衣所・便所など)での盗撮行為は、軽犯罪法の覗き見の罪が適用可能です。警官が便所や脱衣所に隠れて取締りをしている所を撮影したなら…って(笑)

      3:知的財産権侵害
      上映中の映画を盗撮する行為を指します。こちらは、映画の盗撮の防止に関する法律に違反しますが、警官は上映中の映画ではないので…

      従って、「盗撮にあたり逮捕する事も出来る」がウソです。逮捕出来ませんし、逮捕したら不当逮捕になります。

      警官個人が民事で訴える事も可能ですが、例の「公務中の公務員は肖像権を含むプライバシー権を主張しても認められないケースがほとんど」という法則がありますから、

      警官「盗撮で逮捕も出来る」
      市民「え?どの法令に違反してるの?ここは公共の場だからアンタが脱いでない限りは迷惑防止条例にすら違反しないよね?」
      警官「民事で訴える事も出来る」
      市民「え?じゃあ公務中じゃないってこと?公務をサボってこんなとこに隠れて何してるの?」

      というようなお話になります。

      そのアホ警官の「盗撮で逮捕する事も出来る」という発言を録画か録音してあるのであれば、「虚偽の教示をした」という理由で苦情申立などをしても面白いですが、画像と名刺だけだと訴えても「そんな事は言っていない」とまたウソをつくでしょうね。彼らにとってウソをつくという行為は呼吸と同じですから…

コメントをどうぞ