[神奈川県警]ドラレコ映像によってmagumaguさんの冤罪が晴れるまで[スピード違反]

スポンサードリンク

悪名高い神奈川県警交通機動隊は、頻繁に覆面パトカーによる追尾計測による取締りをしていますが、一言で言えば「冤罪作り放題」です。

覆面パトカーにせよ白バイにせよ、警察車両には前方を走行中の車両の速度を測定する装置は付いていません。

彼らが見せてくるのは「ロックボタンを押した時に警察車両は時速何キロで走行していたか?」を示す計測紙ですから、あれは「警察車両が速度超過違反をした証拠」でしかないのです。

そんなフザけたシステムで運用されているため、ターゲットを見つけると取締りたい速度まで加速してロックボタンを押し、サイレンを鳴らしてターゲットを止め、「速度が出過ぎていたのでお止めしました」とか言い出して冤罪を仕掛けてくるのが警察です。

そんな冤罪被害に遭いながら、搭載していたドラレコ映像によって無実が立証されて反則点なども抹消されたmagumaguさんの体験談です。

magumaguさんの許可を得て、適度に加筆修正した体験記をお届けします。

これ以降は青字が管理人のコメントです。

スポンサードリンク

検挙状況

  • 日時:2016年7月某日午後3時頃
  • 場所:246号、東名高速、青葉インター付近。市ヶ尾~藤が丘~青葉台あたり
  • 容疑:速度超過(50km/h制限の道路で73km/h)

県道12号、南側から進行。(田園都市線、市ヶ尾駅前近く)

県道12号から、国道246(厚木街道)左折。(立体交差になっていて、側道から本線に合流予定)

しばらく側道を進行。側道と本線246号との、ちょうど合流地点付近(横浜市青葉区藤が丘一丁目18-8、付近)にて、側道にて、神奈川県第一交通機動隊の覆面パトカーが停車待機中。(ドライブレコーダー動画にて確認。)

当方運転車両の「ま後ろ」に張り付き、当方の様子を伺ってた模様。

そのまま本線、国道246号の「いちばん左の車線」を「法定速度にて進行」前方車両とは、間が抜けてしまうくらい過剰に「車間距離」を空けて進行。(助手席と会話してたので、かなりスローペースでした)

その後、藤が丘の立体交差、軽く坂道を登り、軽く下った瞬間に、後方からパトカーらしきサイレンを当方は認識。(横浜市青葉区藤が丘二丁目1-7付近)の、国道246本線道路上にて。

そのまま誘導され、青葉台立体交差過ぎの、「恩田住宅バス停」の、バス停路肩部分にて停車を指示された。

どう見ても73km/hも出していない

この取締りの様子は、magumaguさんの車両のドライブレコーダーに克明に記録されていました。

論より証拠です。以下の映像を見ればmagumaguさんがそのような速度超過をしていない事がすぐにわかります。

取締り110番に相談

当方、パトカー内にて「スピードは出してない」と主張。ドライブレコーダーもあるから証明出来ると主張。

しかし、ドライブレコーダーの動画は、パソコン等じゃないと再生出来ないので、後で家に帰ってから確認する必要がある。

なので、パトカー内では、今すぐに確固たる証明が出来ない事と、警察官の言う事(取り締まり)が、明らかに間違っていない「だろう」と言う、当方の思いから、警察官の言う事を信じて、とりあえずその場で違反キップにはサインした。

本当はその場ではサインしたくなかったが、そうすると警察官の取り締まりのやり方を、「当方は証拠もなく真っ向から否定するカタチ」になってしまうだろうと思い、とりあえずその場でサインはした。

しかし、明らかに速度超過はしてない自信はあったので、その後自宅に帰り、パソコンにてドライブレコーダーの動画を確認。

そしたら、やはり、速度超過は認められないと思える動画が、キッチリと録画されていた。

どうしたものだろうと思い、ネットで情報収集していたら取締り110番を発見。

サイト内に書いてある事を、色々読んでみて

「青キップは不起訴99%」や
「刑事と行政は別で、行政に点数が登録される前に、所轄の警察署なりに出向き、状況説明する」

等の趣旨を参考に、その通りに動いてみた。

そしたら、当該取締りを行った、神奈川県第一交通機動隊の、○○さん本人を含め、当方、その他の警察官4~5人くらいで、現場検証、実況見分をしてくれる事になった。(平成28年 7月末ごろ)

夏の暑い中、全員で現地の国道246号沿道にて、徒歩にて現場検証開始。

その後、当方の供述調書を作成して頂いた。

供述調書の内容として、当方は「速度超過はしていない」「ドライブレコーダーで証明出来る」「職業柄、普段から過剰に安全運転してる」「免許ゴールドで、かつ過去9年くらい無事故無違反」等、他、主張。

その後、御サイトにあるように、1~2回、仮納付の催促が来たが拒否。(無視)

その後、「これで仮納付しないと、検察庁に送致するよ」と、最後通告と思わしきハガキが、平成28年10月初頭ごろに来る。

不起訴を意識していたので、それも拒否。(無視)

その後、なんらかの呼び出しやハガキ等来るかと思っていたが、本日現在(平成29年1月25日)なにも来ないので、おそらく不起訴になってるのかと、思っている。(と、思っている段階)

このように2017年1月末頃に御相談を受けました。私はすぐに「動画を所轄に持ち込めば良いのではないか?」と回答しましたら、以下のお答えでした。

警察がドラレコ映像を確認しようとしない

御サイトを参考に、2~3日中の週末を挟まないくらい最短で、即日動き、「所轄警察署」「神奈川県第一交通機動隊」と行きました。

両方とも、話は聞いてくれるのですが、ドラレコの話をすると頑なに動画を見てくれず「観たとしても、私の一存では判断しかねる」と、かわされました。
(ノートパソコン持参で、その場で再生できるように、こちらで取り計らった)

→このあたりが神奈川県警の凄い所ですね。普通は動かぬ証拠を見せられたらすぐに謝罪と権利の回復に走るものです。

当方も食い下がり、2~3日すると、自動的に行政に点数登録されてしまうらしい話を聞いたので、即対応してほしいと言ったら、当該取締りをした警察官は、ローテーション勤務のため、次に出勤してくるのは2日後だ。絶対に電話させるから、それまで待ってくれ。と言われた。

渋々了解して、2日後に確かに電話がかかってきた。

で、こちらでドラレコ確認したら、やはり速度超過してないので、青キップは否認で、かつ、行政に点数入るようにはしないでくれと言った。

そしたら「キップは私が明け番公休のうちに処理された」と言われた。

→ドラレコ映像を持ち込んで「違反登録前に確認してくれ」と言うと「担当者がいない」と答え、担当者は「休み中に別の者が違反登録しちゃったからもう無理」と言います。さすがは税金泥棒の公務員ですね!

それとは別に、刑事事件案件として、起訴の際、現場検証して、オタクの主張は(当方の)供述調書として作成して、検察官に伝わるようにしようと思うので、現場検証いかがですか?と言われた。

それに関しては了解して、後日、現場検証の運びとなりました。

→現場検証より動画の確認が先だろ!と誰でも思いますよね…

上申書とDVDを郵送

→ここまでの流れに対する私からの提案は「末端相手に何を言っても無駄ですので、抹消上申を求めるのであれば、検挙を受けた所轄ないしの交通機動隊のトップ宛にDVDと上申書をセットで配達証明郵便で送るのが良いと思います。」というものでした。注意点として挙げたのは以下の通りです。

上申書の文面についてはお任せ致しますが、以下の要点は入れた方が良いでしょう。

1:ドラレコの映像を観てもらえれば73km/hで走行していない事は明らかである
2:路肩で待機中の覆面パトカーも映っているので、録画シーンより手前で計測したという主張も出来ない
3:センターラインの間隔から推測しても走行速度は常に50~55km/h程度。
4:追尾計測では警察車両の速度を計測しているだけなので、追い上げ中に誤って押せばこのようなミスもありうる
5:反則点が抹消、もしくは登録保留になればそれ以上騒ぐ気はない
6:しかし、反則点が取り消されないのであれば、上長宛の上申書、苦情申立、審査請求、行政訴訟、マスコミ各社への動画の提供など
打てる限りの手を打たざるを得ない。職権濫用罪や虚偽告訴罪等での刑事告訴・告発も検討せざるを得ない。
7:自分が望むのは権利の回復であって、関係者の処罰ではないので、動画を確認し、速やかに反則点を抹消していただきたい。

言葉遣いを柔らかにしてお願いする形式を取るのは構いませんが、警察には「お願い」を聞く義務はありません。

残念ながら警察とは合法ヤクザ組織ですから、自分より権力のある者から命令にしか従いませんし、自分の身に火の粉がかからない
限りは対応しません。私なら「隊長の管理責任を問う苦情申立・審査請求等も考えざるを得ない」くらいの事は書くでしょう。

→magumaguさんが上申書を完成させ、交通機動隊にレターパックにて発送します。しかし…

レーターパックで正攻法で郵便出しまして、普通に受け取って頂き、内容を拝見して頂き、本日、電話にて、現場検証をした内の一人の方から、返答がありました。

現段階では、対応不可との事です。

理由としては「現段階で、magumaguさんは不利益をこうむってない」

免許の更新の時に、初めてゴールド免許からブルー免許になった段階で、初めて不利益をこうむった事となると思いますので、その時に改めて「行政訴訟」にて争ってみてはいかがでしょうか?」との事。

まさに管理人さんが言うように、絵に描いたような想定内の返答。

→神奈川県警の交通機動隊は骨の芯までカスですね。

で、当方は電話越しに「行政訴訟は99%(ほぼ100%)勝てないのは調べた」と言うと
「なんで勝てないと言い切れるんですか?」や「そもそもなにを根拠に調べたんですか?」と言いつつ「詳しいですね。よく調べてますね」とも。

当方も、この返答はある程度想定内だったのですが、どうしても第一機動隊さんで動いてもらえないなら、違う方法も検討します。

この件に関しては、死ぬほど色々調べたり、関係各位に相談等、考えてみます。と言いました。

一応、これ以上話が大きくなる前に、第一機動隊さんレベルでの対応は期待してたのですが、どうしても動いてもらえないのでしょうか?

「よろしければ、今回の電話にて、magumaguさんと話しましたが、相当色々調べてたり、機動隊内で対応しないと、本当に外部や上部組織に上申書を送りつけそうな人物だと言う事を、今一度、機動隊の隊長さんと相談して、よかったら数日以内に、また電話頂ければと思ってます。」

と言って、電話を終わりました。

  1. 期待に答えられるかは分かりませんが、今日の電話のやりとりは、隊長に報告はします。との事。DVDの動画は、隊長さん本人も観てくれた様子です。(もちろん当方レベルでは裏づけ取れませんが)
  2. 電話切る間際に「あ。ちょっとすいません。」と少し慌てた様子で「反則金は払ってませんよね?」と聞かれました。「払ってなく、しばらく3ヶ月以上なにも通知が来ないから、不起訴で処理されてると思います」と、それっぽくスムーズに返答してみました。
  3. 電話では言うの忘れてましたが、今回の件で、当方が「不利益をこうむってる」かどうかですが、免許証的には、確かに次回の更新まで「こうむってない」ですが、私は職業ドライバーとして従事しており、数年後の免許の更新にて不利益をこうむるのを待たずとも、その業界での「安全運転表彰制度的」な部分での無事故無違反ランキングで減点され、「即時、不利益の影響が出てしまう」のですが、ここを言うの忘れました。

→あの動画を見ても取り消そうとしないのですから本当に終わっています。

→次の私からの提案は「監察室」と「運転免許本部」にもDVDと上申書を送るというものでした。

やっと交通機動隊が動いた!

進捗あったので報告します。と言うか速報。結論から言うと、行政点数抹消、後日やってくれるそうです。

神奈川県警本部の監査室と、二俣川の免許センターに、レターパック送付。内容は機動隊のヤツにプラス、機動隊の隊長が動いてくれませんとの内容。

本日午前中に「機動隊の中隊長(鈴木)」と言う方から電話きて、ドラレコ映像観ました、ほぼお宅さんの言うとおりかと思いますので、速やかに抹消処理したいと思いますとの事。

おそらく、監査室か免許センターから、圧力、指示があったのではないかと思います。

→その予想は正しいでしょう。交通機動隊宛に先に送っているのに、その時は「文句があるなら行政訴訟で争えばいいだろ!」だった訳ですから…

こちらからの問いで「隊長の米川僚一さんはどうしました?」と聞いたら「隊長は米川僚一です。今回の電話は私、鈴木でございます」との事。やはり公務員は個人名特定はイヤがる所なのか?

→組織のトップってのは責任を取る為にいるハズですが、指揮下にある部下が犯罪を犯しても謝罪もしないのが神奈川県警交通機動隊という事ですね。

「書類処理に多少時間かかるので、完了したら、あらためて、お電話にて連絡します」との事。(こちらから催促は不要。かならず機動隊から(鈴木氏)連絡差し上げます。との事。

「形の上で、ドラレコ動画のDVDを解析しますが、おそらくお宅さんの言うとおりかと思いますし、現場を知る中隊長の私としても、あの取締りのやり方はマズイと思うので、電話口ですがスイマセンとの事」

「当該、取り締まり時の警察官(従二さん)には、なんらかの処分をしますので、今回は申し訳ございませんでした」との事。

→まあ、いつもああやって検挙したい速度でテキトーに取り締まっていて、運転免許本部や監察室にまで働きかける被害者がなかなかいなかっただけの話でしょう。警察がやり方を改めるとは到底思えません。

外部流失を怖れる交通機動隊

先週金曜日(7日)、また第一機動隊、副隊長、鈴木氏から電話あり、関係各位の決裁おりたので、これから着手しますとの事。

中間報告だそうで。

中間報告とか、エライ、マメな対応だ事。

抹消完了したら、また、必ず電話で報告しますとの事。

あと、県警本部監査室と、二俣川免許センター以外にも、DVDや上申書を送付しましたか?と聞かれました。

マスコミ等、外部流失を気にしてるのでしょうね。

→疚しい事がある者は情報の流布を怖れます。正しい事をしている意識なら誰に知られても恥ずかしくないものです。

他には送付してませんよと、答えました。

→「取締り110番には送りました」と答えたらどうなっていたのでしょうね?私のサイトが潰されたりしてw

進捗あったら、またメールします。

言い訳でもウソをつく神奈川県警交通機動隊

行政処分、点数抹消となったようです。

先週、木曜日に、機動隊副隊長(鈴木氏)から電話。4月12日付けで、抹消しました。長い事心労スイマセンとの事です。

一応、来週、運転記録証明、取って確認しようと思います。

鈴木氏の言い分(いいわけ)ですが、DVDをちゃんと検証したようです。

で、現場担当した警察官に事情を聞いたて、本人の口から「やや、やりすぎた取り締まり方だった」と言質とれたので、代わって謝罪しますとの事。

国道246号に合流の段階で、こちらもやや加速してたのですが、どうやらその時に60キロ超出てたらしいです。

で、その時に、スピード取り締まる機械を「ピッ」とやって、そのままの状態で、約1キロほど追尾して、手ごろなタイミングで自分を捕まえた。そうです。

→と、神奈川県警交通機動隊は言い訳をしているのですが、これも明らかなウソなのです。

→何しろ、国道246号に合流する時点では、路肩に停車していた覆面パトカーをmagumaguさんのドラレコがちゃんと記録しているのですから。

→246号との合流路の所に「停車」しているのですから、合流時の追尾計測は不可能です。

→また、覆面パトカーにはレーダー測定器などは付いていませんし、仮に付いていても後方からの測定は出来ません。

→動画を見ても合流時の速度が60km/h以上もあるようには見えませんし、仮に60km/h出ていたとしても、どの時点で「ピッとやった」のでしょうか?

やはり本当は、黄色のフェアレディZを狙っていたそうです。

→ここは憶測になってしまいますが、覆面パトカーの最初のターゲットは右に映っているフェアレディZだったのでしょう。

→フェアレディZを捕まえる為に急加速して追い上げ中に73km/hで速度ロックをするも、Zのドライバーが覆面に気付いて制限速度未満でノロノロと運転。

→さすがにこれを止めて「73km/hでした」は通じないと考え、まだ覆面に気付いていなそうなmagumaguさんを代わりに止めて、罪を被せようと判断したのではないでしょうか?

本人の処分は、今回は保留。様子見だそうですが、同じような事繰り返すようなら、機動隊から異動はさせるとのことです。

(この場合、警察内の処分としての異動と言うより、うまい事取り締まり集金業務をやれない隊員は、わが機動隊には必要ない。的な意味合いかと感じました)

→あからさまな冤罪作成で、無実の人間を特別刑法犯に仕立てあげようとしたのですから、懲戒免職+禁固3年くらいが妥当じゃないですかね?

DVDに関しては「現段階で」マスコミ等に送付してなければ、助かりますとの事です。

→何が「助かる」のでしょうね?ちゃんと報道で公式発表すべきですよね?「覆面パトカーによる追尾計測では、このように被疑車両の速度とは無関係に好きな速度で計測することが出来ます!」って。

今後も「なるべく」公開はしてほしくないが、強制は出来ないとの事。

あくまで機動隊副隊長(鈴木氏)が、今回の交渉窓口担当に「上から」命じられたそうで、今回を凌ぐ事に注力してる雰囲気でした。(ホント、組織ってそういうもんだな~と。特に警察)

上層部は体面を気にする。
(今回、免許センター交通部長?的な、そこそこ上からの命令で、この件は収めろとの事で、メンツ的に、機動隊「隊長、米川」は表に出てこないで、副隊長の鈴木氏が自分との窓口。だそうです。)

現場はノルマを気にする。

そんな感じですね。

無事に運転記録証明書で抹消を確認

→magumaguさんは念の為運転記録証明書を取得しました。

→プライバシー保護の為に黒塗りにさせていただいていますが、間違いなくmagumaguさん御本人の運転記録であることを確認しました。無事に抹消されて何よりです。

magumaguさんからのメッセージ

ドラレコ絶対必須かと思いました。

バイク、原付にも、車体のカウルかヘルメット当たりに付けたほうがいいんじゃないかと思いました。

車購入時に、色やグレード、オプションなんかで悩んでないで、ドラレコの取り付けは強制でもいいかと思います。

下手したら、任意保険のカバー範囲を落としてでもいいから(例えば、車両保険とか、相手が悪い場合のカバー範囲とか)とにかくドラレコ必須。

管理人のコメント

ここからは管理人のコメントになります。

magumaguさんも強調されていますが、このような冤罪事件を防ぐ為には、ドライブレコーダーの設置が必須と言える時代かと思います。

神奈川県警交通機動隊が極悪な所は、本当に警察官の勘違いや見間違いによって取締りをしてしまい、被疑者が持ち込んだドライブレコーダーの映像によって無実が判明した場合、普通ならばすぐに謝罪して抹消手続きに入るものです。

富山県警による「青信号で通過したのに信号無視で検挙」という冤罪事件では、ドラレコ映像を持ち込んだ当日中に検挙した本人からの謝罪もあり、抹消手続きも速やかに進みました。

[冤罪事件]ドラレコ映像で青切符が撤回されたtanosukeさんの体験談[信号無視?]
普通に運転していて、「青信号」の交差点を通過しただけなのに、警察官の勘違いで赤信号無視だとして検挙されたtanosukeさんの体験談です。実はこの体験談は、以下の記...

ところが神奈川県警交通機動隊の場合、magumaguさんがすぐに再生の為のパソコンまで持ち込んで撤回を求めたにも関わらず、

  • ドラレコ映像の確認を拒否し
  • 当事者不在を理由に数日待たせ
  • 当事者は「非番中にもう違反登録された」と嘯き

機動隊隊長宛にDVD化したドラレコ映像を送付してもなお

  • まだ不利益が発生していない
  • 文句があるなら行政訴訟で争えばいい

という対応を取りました。

結局、監察室や運転免許本部にまでアプローチした事によって、ようやく点数の抹消が進みましたが、

  • 責任者である交通機動隊隊長の米川僚一は電話にも出ず
  • 意図的に冤罪作成を仕掛けた当事者からの謝罪もないまま

です。

ちなみにこの「米川僚一」は以下の人物です。今年の4月から海老名署長だそうです。

警察人事異動ノート

▽海老名署長(1交機隊長)米川僚一

http://www.townnews.co.jp/0402/i/2017/04/21/379099.htmlより

○…中高時代に流行していた刑事ドラマの影響で警察官を志し、20歳の時に同職に就いた。当初は刑事に憧れたが、もともとオートバイが好きだったこともあり白バイ隊員に。以来、交通に関わる部署を中心に勤務してきた。白バイは全国大会に出場するほどの腕前。出場前の1年間は休みを取らず朝5時から夜8時まで訓練に励んだという。「怪我をした時にはギプスをして続けました。負けず嫌いなんです」と微笑む。

→バイク好きな男が、車体もガソリン代も維持費も全部税金持ちの白バイを好きなだけ乗り回していたって話ですが、これのどこが美談なんでしょうか?

○…座右の銘は”自助練磨”。「人生で起こることは全て、自分に与えられた試練。試練を乗り越えることで人間が大きくなると思うんです」と自身の人生を振り返りながら語る。警察官になって以来抱く”悪いやつは許さない”という思いを体現するため、今後は署員と一丸となりながら、近年増加傾向にある空き巣や振り込め詐欺対策などに臨んでいく。「定年まで残り2年。ラストスパートと思って頑張りたい」と意欲を見せる。

→機動隊の部下に無実の市民を犯罪者扱いした極悪人がいたのですが、試練を乗り越えるどころか副隊長の鈴木とやらに全部対応させて、被害者であるmagumaguさんに謝罪の一言も言ってませんよ?そんなんじゃ人間小さいままです。

もしmagumaguさんの車両にドライブレコーダーが搭載されていなければ容疑を晴らす事は不可能だったでしょうし、交通機動隊へのアプローチまでで諦めてしまっていたらやはり点数はそのままだったでしょう。

物証がある為に行政訴訟を起こしても勝訴出来た可能性は十分ありますが、行政訴訟には訴訟費用だけでも2万円前後の出費と、訴状や準備書面の作成を弁護士に依頼したら10万単位のお金が掛かっていたでしょう。そこまでやる人はなかなかいないものです。

最後にもう一度動画リンクを貼っておきますが、勘違いや見間違いによる誤検挙が起こるような状況ではまるでないという事がよくわかるかと思います。

つまり、誤検挙ではなく、神奈川県警交通機動隊は、普段から通常業務としてこのような冤罪を作りまくっているという事がわかります。

  • ターゲットになりそうな車を見つけ
  • 後方から一気に加速して覆面が20~29km/h程度の速度超過した時点で測定し
  • その測定値がターゲット車両の速度だとウソをついて検挙

こんな無茶苦茶な事をやっているのが神奈川県警という事です。

県民からの警察信頼度が全国最下位というのは伊達ではないという事ですね。

[みんな納得]体感治安 大阪最下位 警察信頼度 神奈川最下位[そらそうだ]
毎日の記事体感治安 大阪最下位 警察庁が初調査、警察信頼度に比例http://archive.is/Yo2jz(魚拓)(部分引用) 調査では「地域の治安をどの程度だと感じるか」を尋...

冒頭にも貼りましたが、まだ視聴されていないのであれば、是非観てみて下さい。

この運転でスピード違反をした犯人に仕立て上げられてしまうのです。ドラレコ搭載以外に一体どうしろと言うのでしょうか?

アクセス数アップに御協力いただける方は以下をクリック!
にほんブログ村 車ブログへにほんブログ村 バイクブログへ

twitterはじめました
スポンサードリンク

コメントをどうぞ