tomoさんの覆面追尾で切符回避体験談[スピード違反容疑]

速度超過容疑で覆面パトカーに検挙されそうになるも、現場対応で切符を回避したtomoさんの体験談です。

青字は管理人のコメントです。

取締り110番を知ったキッカケ

このサイトを拝見するまでカス警察に検挙される事20回以上、それに伴う多大なる反則金、点数を無駄にしてました…

こちらのサイトにお世話になろうと思った発端は2018年6月の速度超過による赤切符からの免停でした。

普段は覆面による取り締まり区間の国道が春の交通安全月間中、ネズミ捕りを実施しておりレーダーも積んでない、何も知識も無い自分はまんまと警察の言われるがままに赤切符をきられ署名し検察に出頭、略式裁判を経て2回目の免停となりました…

当時を再現すると60㎞制限の国道を軽トラで約1○○で走行、気がつけば道の駅の入り口を2車線に渡って塞ぐ警察官の姿が…対象はもちろん私。

駐車スペースに入れられるなり、赤切符だから担当の所轄にチェンジする、と所轄の警察官が切符処理をしました。

その前に時速1○○が印字されたレシートを測定機?の方向から年配の警察官が持ってきて「スピード出しすぎ。」と確認を要求してきたのでそのまま承諾しました。。。

このサイトを拝見させて頂いて、誰が測定係なのか、現場責任者なのか、測定機の動作確認の有無、設置場所等色々聞けば良かったと後悔しています。

常磐道での覆面追尾計測

さて、本題の体験談になりますが免停短縮講習に出席し、天下りOBに免許センター内の走行一周にお決まりのネチネチお説教を受けて丸1日費やしたのが2018年の6月。そこから1年間は無事故無違反を通さねば今度は4点の加点で60日の免停処分がきてしまいます。職業が車が無いと話にならない営業なのでもう後がありません。

車が無いと生活が出来ない地方の方はもちろん、仕事で車を使う人にとっては免停や免取は生活に関わります。なのに取締り基準は「事故とは無関係な軽微な違反を狙い撃ち」なのですからやってられませんね。

その矢先2018年11月12日12:00頃某県常磐道にて。上り方面を80km制限の高速道路を1○○で走行中IC出口(下り坂)からものすごいスピードで合流してくる黒のセダンが。

追尾計測によるスピード違反の取締り自体が無意味なものだと私は考えています。違反車両以上の速度を出さなければ追い付かないのですから、合法違法とは関係なく「その速度で走ると危険だったのなら警察車両も危険な運転をしていた」ことになりますし「その速度で走っても警察車両が安全だったのであれば、違反車両にも可罰的違法性はない」ことになります。

あー覆面かも…とエンジンブレーキにてメーター目測85kmくらいまで減速その間約5秒。気がつくと赤色灯を回した黒のマークXがすぐ後ろに。追い越されてリアガラスのLEDの矢印に案内されるがまま最寄りのPAに停車させられました。

この時私は講習後ほんの触り程度でしかこちらのサイトを拝見してない対抗知識でした笑

ホイホイ言われるがままに覆面の後部座席に座って免許証提出(泣)してからの以下やりとりです。

警察
急いでましたー?

tomoさん
いや…13:00まで会社に戻ればいいんで急いでませんけど。

警察
メーター見てました?速度超過ですよ。

と、例の特有のデジタルスピード計は104kmを表示してました

覆面もパンダも白バイも、彼らが計測しているのは「警察車両が出した速度」です。運転していた警官が間違いなく速度超過をしたという物証であって、速度ロックはいつでも出来ますから、前を走っていた車の速度とは何の関係もありません。

tomoさん
いちいちメーターを確認しながら走行してませんので超過の認識はありませんでしたが。
警察
いや私たち追尾して明らかに違反速度だったのでお停めしたんですよ

と、助手席の警察官Bがゴソゴソ始める
おそらく切符を切る準備。

ここで60日免停だけは避けたい自分にスイッチが入る

tomoさん
適切な距離を追尾してました?

なぜかここで警察官Aもスイッチが入る

警察
はぁ?適切な距離とは?そもそもそんな情報はどこで見たんですか?言ってください!適切な距離ってなんですか!?

まあ、警察=ヤクザ暴力団ですから、大人しくカネ(反則金)を払ってくれるカモ相手ならともかく、ヤクザに反抗してケチつけてくるカタギは許せませんよね(笑)

tomoさん
いや過去にネットかなんかで追尾して速度超過車両を検挙するには適切な距離、か時間で追尾しなきゃいけない決まりがあると見た記憶があるんで(半笑い)

警察
だからそのサイトと内容の詳細を言って下さい!運転手さん、どうして急にそんな不確かな根拠のない情報をここで言うんですか!?(キレ顔)

tomoさん
だからネットでチラ見程度の情報だから自信持っては言えませんけど。実際そういう規定ってあるんですか?

警察
教えられません!大体運転手さんここ制限速度何kmだか知ってますか?明らかに速度超過してるから我々が追尾したんですよ?速度超過の認識はありますよね?!何kmくらいで走行してたかメーター見てましたよね!?何km出してたんですか?

とまくしたてる。

後でtomoさん自身も述べられていますが、このあたりの対応ではちゃんと理論武装をしておいて、理詰めで攻めた方が切符回避率が上がりますし決着が着くまでの時間も短くて済みます。

警察がやたらと「何キロ出していたか?」とか「急いでいたのか?」と尋ねるのは、速度超過という犯行(道交法違反も特別刑法犯ですから犯行です)をした自白を取りたいからです。だから正しい対処法は「何キロかは見ていないが切符を切られる程の違法行為をした自覚はない。ところでその数値は間違いなくお前が出した速度な訳だが、ちょっと出しすぎじゃないか?この路線の制限速度を知っているのか?」です(笑)

tomoさん
だから長年の感覚で前しか見て走行してなかったんで制限速度内だとおもいm…
警察
いや超過してました!そもそもなぜ明確な根拠もないまま追尾条件を急に言い出したんですか!?

…このやりとりだけで10分以上

バカって自分より賢い奴が嫌いなんですよね。警官でもない一般人が追尾計測の内規とか知ってたら、プロとしてやってる自分が負けた気がしてしまう。だから「根拠は?」とか「ソースは?」みたいにネトウヨみたいな妄言を吐き始めるのです…

さらにヒートアップしたAが

警察
運転手さんの勤め先支店名、電話番号、運行管理者の名前も教えて下さい

tomoさん
え?なんでそこまで教えなきゃならないんですか?いままで検挙されて運行管理者の名前まで聞かれた事ありませんよ!?

「先に警察手帳規則に基づいて警察手帳の呈示と、所轄署の電話番号、あと直属の上司の名前も教えて下さい♪」

警察
悪質な場合は過度な運転を要する仕事を強要してないか会社の責任者に確認する場合がありますので。

「悪質な場合は上司の監督責任も含めて監察室への通報や審査請求をする場合がありますので」

tomoさん
それって強制ですか?

ここで存在感のなかった警察官Bが

警察
いやそこまでは聞かなくていいでしょ

っぽい事をAに。

ここで自分警察官Aに対し所属、指名、階級を聞く。今だとかっこよく警察手帳規則第5条に基づき警察手帳の提示をお願いします。と言えたんでしょうが…

警察
○○高速道路機動隊 ○○です

手帳をみせずに口頭で階級まで言わなかったが、私は初見から彼らの左胸の認識番号を相手にわかるようわざとチラチラ見てたので多少は効果があったのかと。

そこからAが携帯で本部?に電話をし始めて指示を仰ぐ行動に。「じゃあお連れして…」とかなんか同行されそうなやりとりをする。

Aが電話しながら車内に入ったり出たりして落ち着きがない。この時刑訴法198条など全く知らない私は警察署まで連れていかれたらかなわんと

tomoさん
さっきからあの出たり入ったり落ち着きが無いし、強い口調でまくしたてられて非常に怖い思いをしています。録画していいですよね?

とスマホ録画を始める

ここで録画をすんなり許可したAとBだが、態度が徐々に軟化し始める。

今回の切符回避の要点はココですね。スマホで録画を始めたことです。ちなみに被疑者側が証拠保全と防御の為に録画・録音することを禁止できる法令は存在しません。許可など要りませんし、力づくで録画をやめさせたらそれ自体が職権乱用罪、もしくは強要罪です。

警察A
一応速度超過の車両を検挙する際は追尾式の場合赤色灯をつけて200m以上追尾し測定するという指針?みたいなものはあります。

今頃説明した笑

警察B
自分たちには検挙以外に交通違反の危険があるドライバーに警告する権限も与えられています。

ここで初めて警告のワード

警察A
警告のために停めたのに運転手さんが後部座席に座るなり何秒追跡したかとか根拠のない事を突然言い始めるから私の口調が強く感じられたかもしれない

ああ、これで勝ちですね。録画が始まった以上、これ以上恫喝を続ける事は出来ません。強引に切符処理する事も可能ですが、ネット社会でYoutubeやTwitterに上げられると自分のアホ面が全国区になってしまいます。

それでも酒気帯び運転のように揺ぎ無い証拠があるなら強行もしますが、何しろ追尾計測の数字は警察車両が出した速度ですので、年上で階級も上の警察官Bが「こいつは面倒だから警告指導したってことにして次のカモ探そう」と判断したのでしょう。

tomoさん
こっちも人間なんであんなにまくしたてられると少し感情的になってしまいます。人間ですから。

それはそうなんですが、警察との対応では感情的になって得する事はありませんので常に冷静に相手の出方を見ながら対応しましょう。あおり運転で有名になった石橋被告も「注意されたからカチンときた。こっちも人間やから」と言っていましたが、何もあんなレベルまで自分を堕とす事はありません。

警察A
私も警告のために指導しようとしたのに、急にあんな事言われたら感情的になってしまいますよ。私も人間ですから。

となぜかドヤ顏でオウム返し笑

この辺は職権濫用に抵触しないのですかね…

ここから3人とも車外にでて警告のために停車させた旨を2人掛かりで丁寧に説明し始める。この辺りでもう1時間経過

もう切符を切られないと内心安堵はしてましたが、最後まで胸の前にスマホをもってA、Bを録画し続けてました。

A、Bはその間何度もスマホをチラチラ。

警察
もう運転手さんとはお会いする事はないでしょうが、我々は運転手さんと交通の安全かつ円滑の為に今回はお時間を頂きました

と謎の念を押され

警察B
では逆走に気をつけて会社まで安全運転でお戻り下さい。すぐにまた後ろを追尾したりしませんから

と、おもしろくないジョークを飛ばし放免。

交通機動隊の警官と会いたいと思ってるドライバーは日本に一人もいないので、警察だからと調子に乗って速度超過ばかりしていないで、暴走族や煽り運転ドライバー、あと遅いのに譲らない「追い付かれた車の義務違反」の常習者とかを検挙しててくれと思いますよね。

後半Bの警察手帳を提示してもらったら巡査部長。存在感の無いおとなしい方が役職が上でした笑

だからヤクザと同じです。末端のチンピラが威勢よく被害者を脅し、兄貴分や親分は「まあ、そのくらいにしとけや…」みたいな感じで妥協点を見つける。そんな感じですw

長々と申し訳ありませんでしたが、交通違反容疑で停車させられて今までで初の切符なしの警告のみでの処理だったので体験談として書かさせて頂きました。

何よりチラ見程度でもこちらのサイトを拝見し、脳内に記憶していた「否認し続ける」、「追尾式検挙の場合適度な距離を要する事」、「スマホ録画」のワードだけで検挙を逃れられたのは事実です!

今だったらあの状況下でA警官のプライドごとねじ伏せられたかもしれないと悔しい思いですが、次にモチベーションに変えて溜めておきます笑

未だ点数は加点されてませんので、2019年の6月までこちらのサイトの情報を徹底的に頭に叩き込んで無事に乗り越えたいと思います。

また万が一検挙された際は、管理人さん始め他の投稿者さんたちの様なクールな立ち回りでカスヤ○ザ警官の醜態を投稿にて晒して行きたいと思います。

ありがとうございました。

お疲れ様でした。切符処理されていたらそこからさらに1年の無事故無違反期間が必要になりますから、とりあえず累積が消えるまでは最大限注意しましょう。

対処法も大事ですが、それ以前に検挙ポイントの事前察知が重要です。覆面の場合はまず間違いなくトラックの前などの目立たない位置を流しつつ、速そうなのが来ると一旦抜かせてから追尾しますので、今回も停められる前にその覆面を追い抜いたポイントがあるハズです。そこで気付けるかどうかも日頃の心掛け次第ですので、白・グレー・黒の怪しげな国産セダンを追い抜く際には、必ず運転席や助手席を確認する習慣を付けましょう。高速隊の場合は青色のダサい制服を着ているので一発でわかります。

出来ればこのサイトで得た知識を使わずに済むのが一番ですね。

まとめ

tomoさんの体験談に関する管理人としてのまとめです。

  1. 違反の認識を否認したのは正解でした
  2. 録画を開始したことによって警告指導に切り替わったと思われます
  3. 理論武装と後方ドラレコがあればもっと万全だったでしょう

今回の事案に関しては、対処法の記事でちゃんと学べば、もっと短時間で警告指導に切り替える事が出来たと思われます。対処法の記事は500円/3ヶ月~の有料記事となっていますが、市販本やネットの無料記事では読めない現実的な対処法が書かれていますので、我ながら一読の価値はあると思います(笑)

体験談をお寄せ下さったtomoさんに改めて御礼申し上げます。

アクセス数アップに御協力いただける方は以下をクリック!
にほんブログ村 車ブログへにほんブログ村 バイクブログへ

twitterはじめました

コメントをどうぞ