ご意見・ご質問はこちらから

スポンサードリンク

[注意]2017年1月より、コメント投稿は会員限定機能とさせていただきました。ログインせずにコメントを投稿してもエラーとなりますのでご注意下さい。

ちょっと質問がしたいだけなのに有料会員にならないといけないの?

ほとんどの疑問は、以下の説明とリンク先を読めば解決しますよ!

スポンサードリンク

質問する前に読むページ

青切符について質問する前に

反則点数6点未満の反則行為違反の容疑で、通称「青切符」正しくは「交通反則告知書」を切られた方は、御質問の前にリンク先の記事を御一読下さい。

知りたい事のほとんどの答えはそこに書かれていると思います。

赤切符を否認する場合のプロトコル(会員限定)

反則点数6点以上の非反則行為違反の容疑で、通称「赤切符」を切られた方は、リンク先の記事を御一読下さい。

99.9%以上が不起訴になる青切符とは異なり、赤切符を否認する場合はそれなりの覚悟が必要です、また、否認の仕方によって不起訴率もかなり変わります。

手の内を警察・検察に晒さないために、赤切符関連の記事は会員限定記事とさせていただきました。

代わりに、会員限定記事では具体的な上申書の書き方などもわかるようにしてあります。

人間の不安のほとんどは「わからないこと」に対するものですので、仕組みがわかれば不安はかなり軽減されます。

よくある質問のQ&A

警察がこんな酷い対応をしました。おかしいですよね!

私にしてみれば、警察が腐っていることは既知の事実ですので、単に警察の対応への不満を書きたくられても、「そうですね。」としか答えられません。

どうすればいいかアドバイスをお願いします。

「何かアドバイスして下さい」というのはあまりにも抽象的ですし、記事を読めば書いてある事を要約してアドバイスしろというのは勘弁して下さい。まずは関連する記事を読み、それでもわからない点について具体的にご質問下さい。

急いで下さい!今日中に返答して下さい!

申し訳ありませんが、本業が別にあります。警察署や検察庁への出頭日は電話一本で変更出来ます。出来るだけ速やかな返答を心掛けておりますが、今しばらくお待ち下さい。

違反が事実なら否認すべきではない!

それってあなたの主観的判断ですよね?人の生き方やイデオロギーの域を出ませんので、議論するだけ無駄だと思います。私は「被疑者には否認する権利がある」と言っているのですが?

私の考えは違うので賛成できません!

もちろん、私とは異なる考え方をする方がいて一向に構いません。その主張は自らブログなりサイトなりを開設して持論を展開して下さい。

検挙に納得が出来た方は反則金を納めるなり、赤切符ならば素直に認めて略式裁判で罰金刑を受ければよいと思います。その人には「是認」という選択肢を選ぶ権利があります。

一方で、納得がいかなければ「否認」という選択肢を選ぶ権利が誰にでもあり、その権利を侵害する事は許されません。

否認すると逮捕されるぞ!裁判になって大事になるぞ!

あなたは警察官ですかw 否認する権利を行使しないよう圧力をかけたいのですね。

誓って言いますが、元が青切符の反則行為で、逮捕理由が「否認したこと」である例は一例もありません。

ちなみに、警察のバイブル本にも「否認は逮捕事由にならない」と書かれています。

こちらの記事に証拠も載せていますが、残念ながら会員限定記事です。

やっぱり質問したいから会員になろうかな?会費は高い?

それは大変ありがたいのですが、登録前によく検討してからにして下さい。私が逆の立場だったら、ちょっとコメントをするためだけに有料会員になるのはもったいないと思います。

会費は500円/3ヶ月か、1500円/1年の2パターンありますが、有料記事のメインは「切符を切られない為の対処法」「赤切符を切られた場合に読む記事」です。

どうせ会員になるのであれば、会費分の元を取る為にも、ちゃんと対処法を学んで二度と警察の嘘に騙されない人間になるんだという決意を持って読んでいただきたいと思います。

会員登録申請についてはこちらからどうぞ

有料会員登録ページ
取締り110番.comでは、一部記事を会員制記事としております。少しでも質の高い記事を執筆するため、肝心の対処法を警察関係者に読まれない為に必要な措置ですので、サイ...

[注意]繰り返しになりますが、2017年1月より、コメント投稿は会員限定機能とさせていただきました。ログインせずにコメントを投稿してもエラーとなりますのでご注意下さい。

アクセス数アップに御協力いただける方は以下をクリック!
にほんブログ村 車ブログへにほんブログ村 バイクブログへ

twitterはじめました
スポンサードリンク

コメント

  1. mizuki より:

    管理人様

    いつもこちらのサイトで、万が一の時のために勉強させていただいています。

    今日は、質問と言うかご意見を伺いのですが、最近都内でも駐車禁止の場所に「運転者が乗車中でも駐車違反。取り締まりを行います」みたいな看板を多く見かけるようになりました。しかしながら、違反をしていても取り締まりをされた事はありませんし、取り締まりをされているような人も見たことがありません。
    ただ黙認しているのでしょうか?

    そんな私はなるべくコイン式のメーターパーキングに59分まで止めて、うっかり手数料を入れ忘れてしまう事が多くて反省しています。

    お手すきの時に返信頂けると幸いです。

    • 取締り110番 より:

      御返信が遅くなり申し訳ありません。

      看板の設置主が誰かにもよりますが、仮に地元の警察署だとして、警察は息を吐くように嘘をつく組織ですので「運転者が乗車中でも駐車違反」という部分が既に、半分正しく半分間違っています。

      駐車と停車の定義自体が曖昧なのが原因なのですが、一般論として「駐車」の定義は以下の3つのいずれかに該当するものだと言われています。

      1. 客待ち・荷待ち
      2. 5分を超える荷卸し
      3. 運転者が車両を離れ、直ちに運転できない状態

      通常の駐車違反の取締りは3.のケースに限られ、駐車監視員が取り締まれるのも3.だけです。

      「運転者が乗車中でも駐車違反」という表現は、1.のケースであれば違反と言えなくもありませんが、これを厳密に適用したら「タクシーの客待ちを除く」の標識がない場所の客待ちタクシーは全て違反になってしまいますし、逆に客も荷物も待っていないのであればいくらでも止まっていられるとも解釈出来てしまいます。

      日本は法治国家ではありませんので、わざと法令の解釈を曖昧にしておいて、警察官を含む公務員の胸先三寸で合法にも違法にも出来てしまうようにしている様々な例のうちの一つですね。

      よって「ただ黙認しているのか?」という御質問に対する答えとしては「直ちに運転できるし客待ちでも荷待ちでもないと主張されたら取り締まれない。看板の前半は半分ウソで、後半は99%ウソ」ということになります。

  2. supergt100 より:

    rakuchi様

    前回の投稿から大分日が空いてしまいましたが、
    6月頃、福井県で30km/hオーバーで赤切符を切られてしまったsupergt100です。
    6月14日から始まる投稿です。

    前回投稿の最後のrakuchi様のコメントから返信できなくなっていましたので、
    また新たに投稿させて頂きます。

    4月30日で福井県にて検挙され、6月19日に当方居住の愛知県の区検にて
    否認を伝え、8月15日、管轄の警察署から電話が来ました。
    お盆休み真っ最中に電話してきて頭に来たのでしばらく無視し、
    先ほどようやく電話しました。

    内容としては、区検で伝えた否認理由(計測された数値は近接車両のもの)を
    詳しく聞きたいので、現場まで来て警察官と状況確認をしたい、という内容でした。
    最初は身上調書を取るために福井の検察まで来い、という内容の電話かと勘違いし、
    rakuchi様のアドバイス通り、刑事訴訟法第二条の事も話しましたが、
    「今回電話したのはそうではなくて、否認理由の信憑性を上げるためのもので、
    どちらかというとあなたのためにやるもので、福井まで来るのも1回で済む」
    と言われました。

    上申書を送ってその内容を読んで判断できないか、という要求に対しては、
    「こちらで現認している状況と私が主張している状況が違うので、書類は
    こちらの言い分でまとめて愛知の地検へ送致します」と言われましたので、
    こちらの線は無しかなと思いました。

    上申書を渡すなら福井まで直接行った時かなと思いました。

    愛知の地検に送致するのはやるし、今回話を聞くのは否認するあなたのため
    にもなりますよという言い方でした。

    向こうの警察官は拍子抜けするくらい腰が低い人で、上から物を言ってくるような
    人ではありませんでした。

    自分としては、1回で済むなら行ってもいいかという気分です。
    とりあえず福井の警察官には「日程を調べてまた別途連絡します」と言って
    電話は切りました。

    電話は全て録音しました。

    否認したいという気持ちは変わらないので福井まで行って自分の主張を
    押し通しに行くべきでしょうか?
    何か助言・アドバイス等宜しくお願い致します。

    • 取締り110番 より:

      警察の実況見分に立ち会うかどうかという問題ですね。

      複数の警官に囲まれても自分の主張を貫ける自信がおありなのであれば、立ち会って主張を見分調書に記載させた方が不起訴率は多少上がると思われます。

      ただし、不起訴になっても福井までの交通費は補償されませんし、30km/hジャストの超過容疑は不起訴率が高いため、立ち会うメリットがどこまであるかはわかりません。

      考え方としては、仮に実況見分に立ち会わずに否認して起訴された場合に、「立ち会っておけばよかった!」と後悔する可能性があるなら立ち会った方が良いでしょうし、上申書を武器に検察で争えば十分と思うなら行かなくてOKです。ちなみに私なら今回のケースは立ち会いません。

      なお、上申書は絶対に警察には見せず、検察段階に進んでから提出すべきです。先に見せると上申書の内容に合わせた証拠の捏造をしてくるのが警察という組織です。

      赤切符なので警察の調書録取にも応じる必要があるかもしれませんが、その際には上申書の内容と矛盾しない供述を簡潔に述べて調書に記載させましょう。隠し録音をしている状態で「刑訴法198条の規定に基づいて増減変更を求めます」と言って、納得のいく調書を完成させましょう。

      30km/h超過の罰金相場は6万円です。不起訴になれば6万円稼ぐのと同じと考え、もし起訴されたら6万円で日本の司法制度が茶番に過ぎないことを体験する授業料だと考えれば、どちらに転んでも後悔はしないでしょう。

      原発を爆発させても誰も責任を取らず、首相がお友達企業に100億円規模の補助金詐欺を行わせても特捜が動かない国が日本です。事故ってもいないのに我々の税金から多額の報酬を得ている警察や検察にとやかく言われる筋合いなどありません。

  3. tomachan より:

    おはようございます、ご返答ありがとうございます。
    rakuchiさんの言われる通り私の住んでいるような田舎町では警察が幅を利かせており、まさに「警察に逆らっても勝ち目はない」状態になっています。
    なのでやはり家族の理解は得られませんでした。特に嫁とは大喧嘩をしてしまい、時期的なこともあり子供を連れて実家に帰られてしまいました。本当は家族で出かけるはずだったのですが…。
    こちらのサイトの趣旨からすると不甲斐ないと思われるかもしれませんが、これ以上家庭環境を悪くしてまでこの先不起訴までもっていき、さらに点数の訴訟までもっていくのは厳しいと判断しました。

    ただせっかくrakuchiさんのこのサイトに登録させていただきましたので、もう二度とこのような目に合わないようにしっかりと勉強させていただきたいと思います。
    まずはもう少しましなドラレコを購入したいと思います。
    この度はありがとうございました。

    • 取締り110番 より:

      家族不和の原因にまでなるのですから、警察は本当に迷惑集団ですね。

      こんなサイトを運営している私ですら嫁の説得は切符回避よりも難しいです(笑)

      点数の抹消請求は至難の業かつ時間がかかりますが、反則金を納めずに不起訴を得るのはそう難しくはありません。単に反則金を納めずに放置し、検察併設の部署からの出頭要請が来たら一度だけ出頭して

      「信号が黄色になった時点で停止線手前で安全に停止できる位置にいなかったので法に従って交差点を通過した。あの位置関係では急ブレーキを踏んでも停止線をオーバーする事は明白だった。署名・押印は無知だったが故に強制されて書かされたものであって自分の意志ではない」

      とでも言えば間違いなく不起訴になります。

      女性が求めている「安心感」であって論理や証拠ではありませんから、私なら嫁には「心配かけてゴメン。でもどう考えても自分の運転が違反だったとは思えない。家族には一切迷惑を掛けないから反則金を支払わずに否認させて欲しい。検察統計上も不起訴はほぼ確実だから、不起訴が出たら浮いたお金で美味しい物でも食べに行こう♪」とでも言ってみますかね。

      関係のない話ですが、新婚当初は夫婦喧嘩をしまくった私ですが、以下の本を読んで男女の脳の性差を学んでからは滅多な事では喧嘩しなくなりました(笑)

      この人と結婚していいの?

  4. tomachan より:

    初めまして、コメント・質問はこちらからでよろしいでしょうか?

    私も昨日、交差点で信号無視をしたという理由でバイクに乗っていた警官に止められて
    青切符を切られました。
    そこで色々調べているうちにこちらにたどり着きました。
    自分に当てはまりそうな記事を読んでみましたが、いかに自分が間違った対応をしてしまったのかと悔んでいます。
    状況としては私が黄信号で交差点に進入してすぐに赤になったのですが、そこでブレーキを踏むとと交差点の真ん中で止まってしまうと思いそのまま直進して走り抜けました。
    それを左折側にいたバイクの警官が見ていたらしく追い掛けてきたという訳です。
    暑さのせいかドラレコの調子が悪く、動画が記録されていなかったせいで動揺してしまい、自分は違反はしていないと主張したものの、この目で見たから間違いないと高圧的な態度で押し切られ署名してしまいました。(署名が拒否できる事も知りませんでした。)

    納得いかないので反則金を払わないで不起訴を狙おうかと考えているのですが
    不安な事が1つあります。実は昔、ある事で略式起訴されているのです。
    今回の交通違反の起訴、不起訴を決める時にその影響はあるのものでしょうか?
    私としては正式に裁判になり前科が付くのは避けたいのですが。
    この様なケースは書かれていなかったと思いご質問させて頂きました。
    ちなみに家族からはその時のこともあり、反則金を払って穏便に済ませろと言われてしまっています。

    • 取締り110番 より:

      青切符の不起訴率には前歴や前科は何の関係もありません。殺人犯が出所後に一時停止を無視して検挙されても、否認すれば不起訴(起訴猶予)になります。

      [反則行為]青切符の不起訴率が99.9%以上であるとする根拠[検察統計]

      家族の理解は永遠に得られないものと考えた方が良いでしょう。「警察=正義」という洗脳を受けている人も少なくありませんし、そこまで洗脳が深くなくても「警察に逆らっても勝ち目はない」という洗脳を深く受けている人に戦う術を教えても意味はないのです。

      私のサイトは100人に1人くらいしか支持者がいないサイトかもしれませんが、その1名に警察との戦い方をお伝えする為に運営しています。

      略式起訴の前歴があろうがなかろうが、青切符の不起訴率は99.9%です。それ以上でもそれ以下でもありません。

コメントをどうぞ