ご意見・ご質問はこちらから

スポンサードリンク

[注意]2017年1月より、コメント投稿は会員限定機能とさせていただきました。ログインせずにコメントを投稿してもエラーとなりますのでご注意下さい。

ちょっと質問がしたいだけなのに有料会員にならないといけないの?

ほとんどの疑問は、以下の説明とリンク先を読めば解決しますよ!

スポンサードリンク

質問する前に読むページ

青切符について質問する前に

反則点数6点未満の反則行為違反の容疑で、通称「青切符」正しくは「交通反則告知書」を切られた方は、御質問の前にリンク先の記事を御一読下さい。

知りたい事のほとんどの答えはそこに書かれていると思います。

赤切符を否認する場合のプロトコル(会員限定)

反則点数6点以上の非反則行為違反の容疑で、通称「赤切符」を切られた方は、リンク先の記事を御一読下さい。

99.9%以上が不起訴になる青切符とは異なり、赤切符を否認する場合はそれなりの覚悟が必要です、また、否認の仕方によって不起訴率もかなり変わります。

手の内を警察・検察に晒さないために、赤切符関連の記事は会員限定記事とさせていただきました。

代わりに、会員限定記事では具体的な上申書の書き方などもわかるようにしてあります。

人間の不安のほとんどは「わからないこと」に対するものですので、仕組みがわかれば不安はかなり軽減されます。

よくある質問のQ&A

警察がこんな酷い対応をしました。おかしいですよね!

私にしてみれば、警察が腐っていることは既知の事実ですので、単に警察の対応への不満を書きたくられても、「そうですね。」としか答えられません。

どうすればいいかアドバイスをお願いします。

「何かアドバイスして下さい」というのはあまりにも抽象的ですし、記事を読めば書いてある事を要約してアドバイスしろというのは勘弁して下さい。まずは関連する記事を読み、それでもわからない点について具体的にご質問下さい。

急いで下さい!今日中に返答して下さい!

申し訳ありませんが、本業が別にあります。警察署や検察庁への出頭日は電話一本で変更出来ます。出来るだけ速やかな返答を心掛けておりますが、今しばらくお待ち下さい。

違反が事実なら否認すべきではない!

それってあなたの主観的判断ですよね?人の生き方やイデオロギーの域を出ませんので、議論するだけ無駄だと思います。私は「被疑者には否認する権利がある」と言っているのですが?

私の考えは違うので賛成できません!

もちろん、私とは異なる考え方をする方がいて一向に構いません。その主張は自らブログなりサイトなりを開設して持論を展開して下さい。

検挙に納得が出来た方は反則金を納めるなり、赤切符ならば素直に認めて略式裁判で罰金刑を受ければよいと思います。その人には「是認」という選択肢を選ぶ権利があります。

一方で、納得がいかなければ「否認」という選択肢を選ぶ権利が誰にでもあり、その権利を侵害する事は許されません。

否認すると逮捕されるぞ!裁判になって大事になるぞ!

あなたは警察官ですかw 否認する権利を行使しないよう圧力をかけたいのですね。

誓って言いますが、元が青切符の反則行為で、逮捕理由が「否認したこと」である例は一例もありません。

ちなみに、警察のバイブル本にも「否認は逮捕事由にならない」と書かれています。

こちらの記事に証拠も載せていますが、残念ながら会員限定記事です。

やっぱり質問したいから会員になろうかな?会費は高い?

それは大変ありがたいのですが、登録前によく検討してからにして下さい。私が逆の立場だったら、ちょっとコメントをするためだけに有料会員になるのはもったいないと思います。

会費は500円/3ヶ月か、1500円/1年の2パターンありますが、有料記事のメインは「切符を切られない為の対処法」「赤切符を切られた場合に読む記事」です。

どうせ会員になるのであれば、会費分の元を取る為にも、ちゃんと対処法を学んで二度と警察の嘘に騙されない人間になるんだという決意を持って読んでいただきたいと思います。

会員登録申請についてはこちらからどうぞ

有料会員登録ページ
取締り110番.comでは、一部記事を会員制記事としております。少しでも質の高い記事を執筆するため、肝心の対処法を警察関係者に読まれない為に必要な措置ですので、サイ...

[注意]繰り返しになりますが、2017年1月より、コメント投稿は会員限定機能とさせていただきました。ログインせずにコメントを投稿してもエラーとなりますのでご注意下さい。

アクセス数アップに御協力いただける方は以下をクリック!
にほんブログ村 車ブログへにほんブログ村 バイクブログへ

twitterはじめました
スポンサードリンク

コメント

  1. たろ より:

    先程も投稿しましたが、通信不良のため念のため再投稿します。
    よろしくお願いいたします。
    このサイトを隅々まで拝見し、他サイト等も廻りましたが、前例のない新ケースだと思いますので、投稿いたします。
    皆様のお知恵をお貸しいただけませんでしょうか。
    よろしくお願いいたします。

    九月末、バス専用道路を通行していたとのことで、検問中の警察官に停止を求められ、停止しました。
    その際急いでいるから後で話を聞くと告げ、免許証を提示し、氏名住所電話番号をメモに取られ、現場を離れました。
    その後電話にて、出頭はいつになるかとの催促があり、なんのための出頭かを訪ねたところ、切符作成のために出頭してほしいとのことだったので、任意の出頭ならば応じない旨を伝えました。
    その後何度か電話でやり取りをしました。
    おおむねこのサイトを参考にして会話しました。話の詳しい内容は長くなるので省きますが、道路交通法126条に基づき、注意処分ですんだと思っているので、切符を作成するための出頭には応じられないとの主張を繰り返していたところ、
    十月中旬、
    別記様式第7号 犯罪捜査規範第102条
    の呼出状が届きました。
    呼出状に記載の担当係員に電話し、改めて切符を作成するための出頭には応じられない旨を伝えたところ、本日、再度呼出状が届きました。
    このまま拒否し続けた場合どうなるか、管轄の警察本部の交通課に問い合わせたところ、この度の軽微な交通違反容疑であっても、法律上逮捕は可能ということでした。

    現状ををまとめますと、
    切符は切られていない。
    呼出状にて出頭を求められているが拒否している。
    という状況です。

    この先どう対応するのが得策でしょうか。
    お知恵をお貸しください。
    よろしくお願いいたします。

    • たろ より:

      追記ですが、
      このサイトの青切符を切られた場合のフローチャートを参照しますと、
      現場で切符処理しなかったんだから警告指導処分でしょ。
      という主張を警察が飲めば実害無し。
      飲まなかった場合は面倒が長引きます。
      とありました。
      現状、警察からは警告指導処分ではありません。切符を作成させてください。
      と要請されています。
      この先どのようなパターンが考えられるのか知りたく投稿いたしました。
      改めてよろしくお願いいたします。

      • 取締り110番 より:

        出先なので結論だけ書きますが、警察が諦めずに呼出状まで送ってきたら、残念ながら負けパターンです。

        少なくとも出頭には応じないと本当に逮捕される可能性がありますので、時効まで逃げ切るか、逮捕されても後悔しないだけの覚悟がないなら出頭した方が良いでしょう。

        免許証不携帯で本人確認が微妙だった場合には通用することがある方法ですが、職業や連絡先をバカ正直に答えてしまった場合には、今回のような負けパターンが多いです。

        お力になれず申し訳ありません。

        • たろ より:

          出先でお忙しいところをご回答ありがとうございます。
          負けパターンなら仕方がありませんので出頭します。
          とりあえず免許を持たずに出頭するなど、抗ってみますが無駄でしょうかね(-_-)
          もっと早くこのサイトを知っていれば対応できたかもしれないので残念です。

          警察官の対応のなかで、虚偽の教示があったこと、最初の電話の際には車の車種車番は控えていないと言っておきながら、おそらく後日自宅まで来て控えたのでしょう。後になって証拠として残っていると言い出したこと等、行政不服申し立てで担当警察官に抗ってやろうと思います。

          この度は本当にありがとうございました。

          あともう一点質問なのですが、警察官が、私が現場にいなかったと証言しても切符は切れると言っていましたが事実でしょうか?
          出頭しても、調書をとらせるつもりもないですし、すべて覚えていませんで対応してやろうと思うのですが、意味ないでしょうか。
          後日でも結構ですので最後によろしくお願いいたします。

          • 取締り110番 より:

            逮捕されたらほとんどの人は否認を貫けませんし、逮捕された時点で切符処理されますから、今回については出頭でやむなしだと思います。

            「免許証を置いてきた」だと、取りに帰れとか日を改めて出頭しろとなりますから、「免許証を紛失しちゃった。再発行はまだしていない」という主張はアリかもしれませんね。警察は別に免許証がなくても切符処理は出来ますけどね。

            >あともう一点質問なのですが、警察官が、私が現場にいなかったと証言しても切符は切れると言っていましたが事実でしょうか?

            事実です。それどころかそれで冤罪作成を繰り返していた警官もいました。

            警察は交通違反切符を捏造しています

            この事件を踏まえて考えると、明白なアリバイがあれば切符処理を免れたり、後で抹消させられる可能性はあります。ただし、今回については実際に取締りを受けたのでしょうし、警告指導で済ませたハズだみたいな発言もしているのであれば主張に矛盾が生じるので難しいと思いますが。

            >出頭しても、調書をとらせるつもりもないですし、すべて覚えていませんで対応してやろうと思うのですが、意味ないでしょうか。

            切符を切られた時点で反則点は回避出来ませんから、調書拒否や黙秘権の行使に特に意味はありません。青切符はどうせ不起訴ですから。

            反則点は諦めてさっさと不起訴になりたいのであれば、「違反をした記憶がないから否認する。絶対に反則金は支払わずに正式裁判で争いたいから、最初から通告処理をしてくれ。」と言えば処理が早まるでしょう。

            せめてもの抵抗がしたいのであれば、「検挙を受けた記憶もないから俺が違反をしたとする証拠が見たい。北海道警には切符の捏造を繰り返していた警官もいるくらいだから、警官の証言だけではまるで信用が出来ない。画像や映像のような客観証拠か、警察ではない第三者の目撃証言でも持って来てくれ」と言えば、警官は怒り出して色んな暴言が引き出せるかもしれませんね。

            それでも切符処理されたら反則点は付きます。暴言を引き出すのは、それを録音しておいて後の苦情申立や審査請求に証拠添付して、意趣返しに使うという目的ですけどね。

  2. くるマニア より:

    大変ご無沙汰しております。

    rakuchiさんのブログのおかげでゴールド免許となり、その後も無検挙を継続しております。

    警察実務研究会の記事、大変興味深く拝見させていただきました。
    調べたところ、この本は立花書房という出版社から出されているようです。
    HP内の『採用情報』を見ましたが、天下り先の為、もちろん【現在募集はありません】となっております(笑)

    http://tachibanashobo.co.jp/

    サイト内にwebショップがあったのでカートに入れて購入を試みましたが、警察官のみ購入可能で送付先は所属の警察署しか指定できないようです。
    内部文書でもないただの一般書籍を一般人には売れないなんて、何の根拠があっての事かは知りませんが、一般人に見られては困る事が書いてあるのは記事に載せていただいてる『はしがき』の一部を見ただけでも明らかですね。

    知り合いの警官に頼んで購入してもらおうかと考えてますが、販売先を厳しく管理されそうですね。

    この本を紹介したツイートを批判してるアホがいたようですが、警察関係者でしょうかね?
    この出版社は昇任試験対策のアプリにも関わってるようですし、こんなにわかりやすい天下り先もあるんですね。

    • 取締り110番 より:

      私もアラフィフさんに教えてもらってそのサイトを見ました。

      同僚に警察幹部にコネがある人がいるので、そちら経由で入手できないか相談してみましたが「部内専用図書だから売れない」と一蹴されました…

      いずれ国会図書館等に並ぶと思われますので、そうなったら時間のある時に閲覧してみようと思いますが、そらさんが寄付してくれた措置要領のPart1とPart2をまとめた内容だと予想されます。

      • くるマニア より:

        措置要領セレクト16選、知り合いの警察官が二つ返事で購入してくれるとの事でしたが、翌日に「やっぱりバレたらヤバイので買えない」との返事がきました。

        保身第一の警察なのでしょうがないですね。

        私は地方在住で国立国会図書館にはなかなか行く機会がないので、既に蔵書済みの措置要領のPart1・2を遠隔複写で取り寄せて読もうと思っています。
        複写はページ数に制限があるので、何度かに分けて取り寄せる必要がありますが、どうにか手に入れられればと思います。
        コピー代が一枚24円、加えて手数料と送料が必要と、なかなかのボッタクリですが地方在住なのでしょうがないですね。

        あとは警察から変な圧力がかかって、法的根拠もないのに「この本はお見せできません」等とふざけた事を言われない事を祈るばかりです。

        • 取締り110番 より:

          御尽力いただきありがとうございます。

          そらさんの御厚意によって措置要領のPart1は入手致しましたので、随時記事にしていく予定です。

          迷っているのは、措置要領からの引用を増やした方が読者の方の興味が満たされると思うのですが、何しろ一般発売を制限している図書ですので、画像などを晒し過ぎると横槍が入る可能性が高まる懸念があるという事です。

          会員制の記事にする方法も検討しているのですが、サイト構築スキルがまだまだなので難航しています。

          • くるマニア より:

            今回、職務質問の本が流出(?)した事は警察内でも問題になってるでしょうから、あまり大っぴらに画像を晒すのは少し控えた方がいいかもしれませんね。

            ちなみに職務質問の本はまだ楽天ブックで定価で手に入れることが出来ました。
            はしがきで
            【警察の真価は、「捕まえてナンボ」の世界。その手法の一つである職務質問による検挙は「無」から「有」を生み出す捜査手法で〜】
            と、とんでもない書き出しで始まっておりました。

            『アベックへの職質の手法』等といった文面からも、警察OBのジジイどもが金を稼ぐために出版してる事が明らかですね。

            措置要領に関してですが、単行本は複写できるのは何回に分けても最大で半分までとの事で、全てを読む事は不可能でした。
            ただ、この措置要領は警察公論という本の中で連載されていた記事をまとめたものみたいで、記事は全て複写可能でしたので、そちらの方で手配をかけました。

            届いた物を更にコピーすると問題なので、必要であれば私が一度読んだ後にPart2にあたる部分の複写物原本を無期限でお貸しします。

          • 取締り110番 より:

            ありがとうございます!

            措置要領の中身の画像アップは色々とリスクがありそうなので、Part 1についてどのような形で記事にするかを思案中です。

            措置要領に関する記事などはログインしなければ読めない会員制の記事にしようかなどと考えています。
            あるいは画像を一切載せずに引用したい部分を打ち込む形なら著作権云々はクリア出来るかなと思います。

            Part2も是非中身が読みたいところです。貸し借りの具体的な方法については、別途メールで御相談したいと思いますので、
            届いた上でくるマニアさんが一通り読んだら御連絡いただければ幸いです。

  3. アラフィフ より:

    rakuchi様が指摘しているのと同じようなことを
    下っ端の警察官達も感じているみたいです!

    『現職・警察官が怒り心頭。道路交通法を仕切る「司法」がクズすぎる』
    http://www.mag2.com/p/news/222787

    パーキングメーターが59分まで料金未納で使えることを広めた方の記事でした。

    • 取締り110番 より:

      いつも情報提供ありがとうございます。今回紹介いただいた記事も良記事ですね。現職警官にインタビュー出来る所がプロたる所以でしょう。

      「あらゆる組織は必ず上から腐敗する」という法則があります。上がしっかりしていれば、下が腐敗しそうになっても粛正するなり強い指導するなりをして腐敗は防げます。

      しかし、上が腐敗した場合に、末端にはそれを是正する手段がありません。

      日本で言うなら、官僚組織と政治家が腐敗しているのですが、それを糺す手段が国民にはない訳です。官僚は選べませんし、金持ちしか政治家になれないシステムになっている上に、今は不正選挙という伝家の宝刀が使われまくっていますからね。

      我々のような下々の者に出来る事は、騙されないだけの知識を身に付け、誘導や洗脳に引っ掛からずに「心だけでも自由でいる」ことくらいしかないのでしょう。

  4. GPIF より:

    お久しぶりです。
    先週の10月18日に公安委員会宛に昨年私に切符を切った警官が運転するドラレコの映像を返せと苦情申出書を送りまして翌日10月19日水曜日には到着したもようです。
    苦情内容は下記のとおりですが、数か月後には私宛に届くであろう苦情処理結果通知書に書いてくる屁理屈を今から楽しみに待ってます(笑)

    苦 情 申 出 書

    平成28年10月18日
    神奈川県公安委員会 殿

    氏  名    G P I F  

    住  所  
    電話番号   

    苦情処理結果通知書(神公委発第6号平成28年1月13日及び神公委発第145号平成28年6月8日)にかかる録画映像記録(以下「データ」という)を平成27年10月2日午後7時10分ごろの録音記録によれば、藤沢北警察署生活安全課において(当時)交通課課長市川、警務課課長有馬及び警務課住民相談係係長鈴木並びにアリヨシ(漢字名、役職及び階級不明)らは生活安全課内へGPIF(以下「所有者」という)を連行し生活安全課に所属する氏名等を一切明らかにしない警察官らしき者が操作するノートパソコンへ所有者が所持するデータを有馬課長らの「預かりたい」という受託の申出により所有者はこれを預託したものである。
    当該データは預託後、約1年が経過しており、または苦情処理結果通知書が所有者へ到達後、4か月以上が経過した。
    当該期間中に公安委員会及び神奈川県警察から一切返納の意思表示はない。
    よって以下の通り通知しまたは要望する。
    1.本書面到着後10日以内に藤沢北警察署生活安全課内のノートパソコンから当該データを別添のコンパクトディスクへ移動させ所有者へ返納せよ。
    2.複写複製したデータ等は復元できないよう完全に消去せよ。
    3.生活安全課内で鈴木係長がビデオ撮影した録画記録は消去の対象である。
    4.所有者からの預託物を理由なく返納しない県警察本部長、藤沢北警察署長及びその関係者ら全員を厳罰に処すること。
    5.本苦情申出は、マスコミ各社宛て送付し及びインターネット掲示板等へ公開予定である。
    以上

    • 取締り110番 より:

      お疲れ様です!警察署内の担当者の苦労が目に浮かぶようです(笑)

      予想としては「任意による提出を受けたものであり受託したものではないから返却の必要はない」か「既に削除済みであり当該資料は不存在である」あたりですかね?

  5. かとー より:

    こんにちは。以前友人運転の車でドライブに行った際駐禁を取られたのですが、知りたい事が2点あります。
    1、現場に隣接してる建物内の自販機で飲み物を買っていただけで「放置」違反車両扱いになった。そしてその放置違反車両をシールを貼りそうになっている時に車両に戻ったにもかかわらず婦警に強制的に違反シールを貼られた
    →なぜ放置扱いかつ現場に運転手がいるのに駐禁を切るのか

    2、婦警2人はパトカーで取り締まりを行なっており、駐禁を切るなら自分達にも切れとその際友人が言っていたのですが、婦警は「取り締まりの際の警察車両は駐車違反車両にはならない」と言っていました。
    →その根拠となる法令はあるのか。

    以上2点、長文になりましたが質問させて頂きます。

  6. レッサーパンダ より:

    管理人様、ご無沙汰しております。

    管理人様に助言を頂いてから約一年半、免停と審査請求を送付してから約一年が経過しましたが、先日審査請求の裁決書が届きました。
    最初は一年しかたってないのと、分厚い封書がきたので「もしや認容か?」と甘い期待を抱きましたが結果は棄却でした。

    管理人様に助言を頂きながら作成した上申書も影響したのか、妙に細かく10ページ弱に渡って意味不明は反証がダラダラ書いてありました(笑)
    それだけなら態々多忙な管理人様にご報告するまでもないのですが、気になる一文がありましたのでご報告したいと思います。

    その一文は
    「交通取締り用パトカーに搭載されているドライブレコーダーは交通取締りのための装備でないことから、本件違反の取締りにおいてドライブレコーダーの映像を示す必要はない」

    とありました。

    これを警察側のロジックで推察すると、取締り用速度計は法令により認定を受けて設置され、かつ定期的に校正試験を受けているので交通取締りの装備として認められ間違いは起こらない(笑)
    ドラレコは法令によらない任意の装備で、交通取締りの為に法的に認められない、となるかと思います。

    つまり、違反通告の際に「パトカーのドラレコに写ってるぞ」などと言われて実際に自分に不利な状況を自認していても、気にしなくて良いことになります。
    具体的には
    「パトカーのドラレコって取締りに使っていいんだっけ?」
    「取締り用速度計と同様に校正試験を受けているんだな?」
    などと言っとけばいいのですかね。

    実際に管理人様が再三発言しています通り、ドラレコの映像を証拠として送検された相談者が居ない事とも整合性があります。
    私が知りうる限り、パトカーのドラレコを使用した捜査は、殺人事件の発生時刻前後に付近を走行してたパトカーのドラレコから犯人の逃走ルートを解明したという報道を見た限りです。

    私と同様、ブログ読者の方々も参考にして頂ければ幸いです。

    • 取締り110番 より:

      情報ありがとうございます。

      なかなか興味深い書証だと思うのですが、該当ページだけでも(個人情報に触れる部分はもちろん黒塗りで構いません)PDFファイルなどでいただく事は可能でしょうか?

      記事にする際にそのあたりの画像があると非常に有用だと思いますので、是非御一考下さい。

      • レッサーパンダ より:

        管理人様

        承知しました。
        管理人様に上申書の所感などを頂いた身としては、断る理由はありませんので裁決書の全ページのデータを送らせて頂きます。

        私なりにこの件を再考してみたのですが、
        警察の装備の調達については、どの物品でも法令か最低でも内部基準が存在し
        交通取り締まりに使用する装備(白バイ・パトカー・ネズミ取り・オービス)は調達にあたって法令や通達などに沿うものです。
        一般的なドラレコは実質デジタルビデオカメラですので、構造上(難易度は別として)ソフト上の改竄が可能なものなので
        民間の防犯カメラと違い、警察が扱う法的証拠しては根拠が弱いからではないでしょうか。
        突き詰めれば、違法収集証拠排除法則に抵触する可能性がある物を使えないのでは?と思います。
        国費調達のパトカーもありますが、大半が都道府県費から出てる警察の装備は入札が基本ですので
        比較的採用実績が多い機種は存在しますが、様々なメーカーのドラレコが使われていますし
        改竄が難しい動画を撮影するのはフィルムを回すしかないでしょうが、現在製造してるメーカーがあるとは思えません。

        お時間ありましたら裁決書の所感を頂ければ幸いです。

        それと送付先のアドレスを教えて頂けますか
        以前相談に乗って頂いた際のアドレスだとエラーで送れませんだした。

        • レッサーパンダ より:

          別のアドレスから再送しました。
          ご確認下さい。

          • 取締り110番 より:

            ありがとうございます!無事に受信しました。

            もちろん、個人情報については慎重に配慮し、公開するとしてもドラレコに関する回答部分だけに絞って記事を作成したいと考えております。

  7. MTK より:

    管理人さま、お久しぶりです。
    大阪府警察官の土人発言、それを擁護する市長とキチガイぶりがマスゴミを賑わせていますね。
    警察24時なんてプロパガンダ番組とかありますね。特に交通取り締まりが好きでよく観ますw自分ならこうやって否認するなぁとか、善良市民が任意の要請に素直に応じているのを見ると無知は罪ではないが大損するということがよくわかります。この前も走行中の携帯使用を女性の白バイに検挙されてましたが、青切符に指名を書き写すのを間違えて訂正してましたw静止している免許証の文字を間違える奴の移動している車内の目視証言なんて当てになるかくらいのことを言えないんですね。IC読み取り端末はそんなアホ警官の為に導入が進むのかな。私もココを知る前は無知側の人間だったので大変感謝しております。(大阪府警密着はミヤネ屋以外で見ないのはやはり異常者の集まりだから?)

  8. 亮くん より:

    こんにちは。
    はじめて投稿させていただきます。
    昨晩 駅前の信号のない横断歩道のある道を走行していたところ二人のりのパトカーに呼び止められ「横断歩行者妨害」とのことで違反キップをきると言われました。
    3ヶ月前にも同じ場所で自覚なく同様のことを言われキップの切られたので(そのときも私は歩行者の存在に気がつかず「居なかった」と主張しましたが警察官二人がみていたのでまちがちないし これが証拠になると押しきられました)
    今回は気をつけて走行していました。
    横断歩道の10メートルくらい出前を横断歩道に向かってあるいてくる人は確認できましたがまだ横断歩道を渡るタイミングではなかったし駅前の横断歩道なのでそんな歩行者を待っていたら いつまでたっても車は走行できません。なので徐行して走行したら停められました。
    ですので「何で停められたか分かる?」とうえから聞かれたときも一度は「何ですか?」と聞きました。
    するとやはり横断歩行者妨害のことが言われましたので「あんなタイミングでいちいち止まってたらこの道は車は走れませんよ」と主張し「横断歩行者の妨害はしていません」と何度も訴えていたら
    「そこまで言うなら本署まできで免許証を返納してください」まで言われました。
    (この会話はボイスレコーダーに記録してあります)
    なので免許証がなくなっては生活できないので「違反キップでいいです」となり
    パトカーの後部座席に乗りました。
    二人の警察官とも私が聞くまで名乗ることもせず警察手帳の提示は最後までありませんでした。
    青色キップに署名と拇印をさせられましたが身におぼえがない違反に違反金を払うつもりは毛頭ありません。
    しかしキップを切られる経緯で「免許証を返納してほしい」までいう権利が警察にあるのでしょうか?
    またパトカーの後部座席に乗ったときにパトカー据え付けのドライブレコーダーの存在を言われたので「納得できないから見せてほしい」と言ったら「個人情報の関係で見せられない」と言われました。

    罰金の支払いを拒否するつもりでいますが検察の出頭のときにこの警察のレコーダーデータをだしてきて有罪にされる可能性はあるでしょうか?

    • 取締り110番 より:

      そもそも青切符を否認した場合の不起訴率は99.9%以上というのは記事でご覧になったかと思います。
      さらに、横断歩行者等妨害での起訴事例を私は知りません。

      レッサーパンダさんのコメントにもありますが、警察車両のドラレコの映像は公判の書証としては弱いようですし、そもそも青切符は起訴しませんので気にしても仕方ないかと…

      「免許証を返納しろ」という発言については、苦情申立や審査請求の際に証拠として添付すればそれなりに効果はあると思いますが、おそらく切符の撤回までには至らないでしょう。何故なら「理由はともあれ切符を切られて署名までしたから」です。

      世の中のあらゆる署名・押印は任意であって義務ではありません。署名が義務なら最初からさせる必要がありませんし、手に障害があって署名できない人はどうするのでしょうか?

      切符の撤回の為に「まず無駄になるがやってみる価値はある行動」がしたいのであれば、所轄に乗り込んで直談判してみましょう。その時に「否認するなら警察署に来て免許証を返納しろと言う命令をボイスレコーダーに録音してあるが、後で調べたら否認と免許証の返納には何の関係もなく、これは虚偽の教示による脅迫に他ならない。切符を撤回しないなら、職権濫用罪での告訴と同時に、こんな発言をする部下を指導出来ていない交通課課長及び署長に対する審査請求等を、ボイスレコーダーの音声を付けて請求するし、マスコミにも音声データを送るつもりだ。とりあえず交通課長と署長の氏名を教えろ!」とでも言ってみましょう。

      まあ、警察署ってのはヤク○の事務所みたいなものですから、これをやるのは勇気が要ると思いますし、ここまでやっても切符の撤回に成功する例は極一部でしょう。

      しかし、諦めずにやってみた人だけが、稀に切符の撤回というレア事例に遭遇する事が出来るのです。

      切符を切られても諦めない!後で出頭して切符が撤回された事例!

      反則点はもう諦めがついていて、不起訴だけで良いなら記事のパターン通りで大丈夫です。どうせ不起訴にしかなりませんよ。

    • 亮くん より:

      ご返答ありがとうございます。またドラレコのくだりでは他の投稿者の方の投稿も大変参考になり否認手続きをすすめていくうえで大きな自信になりました。
      今回の検挙のあとに こちらのサイトを熟読させていただき「本当に無知は大損をする」ということを痛感いたしました。
      当方 静岡県御●●市在住ですが こちらの警察はどうも1人で運転をしているドライバー(捕まえても抵抗しなさそうな主婦や年配者)を重点的に検挙しているように思われます。
      ですので今回のような「免許証返納」をちらつかせ否認する権利もないように思わせ青キップをきるような手法がとられたのだと思います。実際に駅前の往来で大声で「こちらが言っていることが守れないなら本署にきて免許証を返納してもらいたい」なんて二人の男性の警察官につめよられたら主婦1人で太刀打ちすることはできません。
      反則点は撤回が難しいようですので今回はよい勉強代だと思って諦めます。
      口では市民の為といいながら最後には「我々も組織の人間だから」などと言い訳をして(この会話もボイスレコーダーに録音してあります)このような事を繰り返す。
      いったい何がしたくて警察官になったのやら。
      ともあれ我々一般市民もきちんと自分達の保護されるべき権利を知っておくべきだと思いました。
      お忙しいなかアドバイスありがとうございました。

  9. なつ より:

    こんにちは。

    昨年1月に、冤罪の一旦停止で青切符を切られた(徐行していたし、ブレーキランプも確認したが『停まり方があまかった』と)の件では、アドバイスいただきありがとうございました。昨夏、無事に不起訴となりました。

    今日、久しぶりに警察に『信号、赤なの気づいてました?』と止められました。
    素直に停車し、停止線直前で黄色信号に変わり、危険だったのでそのまま通過したことを説明すると『切符を切るとは言ってない。今回は警告にするから免許貸して』と言われたのですが、提示のみして住所・氏名を読み上げると、電話番号・職場名も聞かれメモされました。

    警告でここまでされるのは普通のことなのでしょうか。

    万が一、後日出頭して改めて切符を切ると言ってこられても出頭するつもりはありませんが、そのような連絡もなく、いきなり切符を作成して送りつけてくることはないでしょうか。

    また、累積点数証明書でこの加点がされているかどうか確認する場合、どのくらい開けて確認したほうがよいのでしょうか。

    理不尽な取締りに憤りを感じます。
    ちなみに兵庫県警です。

    どうぞよろしくお願いします。

    • 取締り110番 より:

      >警告でここまでされるのは普通のことなのでしょうか。

      いいえ。警告の場合は免許証の有効期限や免許資格などを確認したらそれで返すパターンが多いです。但し、しつこく聞いてくるパターンもたまにはありますし、何しろ兵庫県警にはまともな人間などいないでしょうから、イレギュラーな事をされても真意は測れません。

      >万が一、後日出頭して改めて切符を切ると言ってこられても出頭するつもりはありませんが、そのような連絡もなく、いきなり切符を作成して送りつけてくることはないでしょうか。

      さすがにそれはない。と言いたい所ですが、警察=ヤク○○力団であり、合法ヤク○ですから切符を捏造した事もあります。
      警察は交通違反切符を捏造しています

      >また、累積点数証明書でこの加点がされているかどうか確認する場合、どのくらい開けて確認したほうがよいのでしょうか。

      違反登録から証明書に反映されるまでに1ヶ月程度のラグはありそうですし、更新する免許証の色が更新可能日の41日前の累積点で決定されるらしいですから、そのくらいのラグがあるということでしょうね。

      >理不尽な取締りに憤りを感じます。

      私も最初はそう感じていましたが、今は理不尽じゃない取締りを見た時の方が驚きます。取締りの目的は「事故を減らさずカネ儲け♪」ですから、理不尽じゃない方が不自然なくらいです。

      >ちなみに兵庫県警です。

      こちらの記事を読んでいくと、兵庫県警の登場回数が多い事に気付くかと思います。

      警察の不祥事

      • なつ より:

        お返事ありがとうございます。

        やっぱり対応おかしいですよね。
        前回のこともあり警察不信になっています。

        兵庫県警察学校の記事や北海道警の切符ねつ造の記事は、こちらのサイトでリアルでも拝見しました。
        改めて読んでみて、善良な人間が淘汰され悪意ある人間が幅を利かせていることに恐ろしさを感じます。

        更新する免許証の色が更新可能日の41日前の累積点で決定されることは知りませんでした。
        以前、捕まってすぐの人が違反者講習なしで更新できたって聞いたのを思い出しましたが、それはそういうことだったんですね。

        約6週間、長いですがあまり考えすぎず何事もなく無事に過ぎることを願い、祈りながら過ごしたいと思います。

        事故を減らさずカネ儲け、その理不尽なキャンペーンでいかに多くの被害者がいるのか。

        ありがとうございました。

  10. 山田太郎 より:

    すみません。「ご意見・ご質問はこちらから」以外に質問していたので再度質問させていただきます。

    今年3月頃他府県で違反をしたとして逮捕されました。(スピード違反していなかったので証拠や証明を求めたのですが提示されず逮捕されました。)
    青切符と免許不提示?で調書をとられその日に釈放されました。
    6月頃その地域の検察から連絡があり他府県だったので「あなたの住む県に送ります。来月(7月)頃にあなたの住む県の検察から連絡があると思います。」と言われました。
    もう10月になるのですが連絡がありません。
    ちなみに他府県は田舎で私の住む県はやや都会です。

    現在どのようになっていると考えられますか?
    また(その地域の検察の名前を忘れてしまったのですが)現在どうなっているか確認する方法はありますか?

    よろしくお願いします。

    • 取締り110番 より:

      逮捕の状況がよくわかりませんが、逮捕状を持っての通常逮捕だったのでしょうか?逮捕以前に警察から電話があったり、出頭要請はありませんでしたか?

      さて、切られた切符が手元にあるのであれば、地元の区検に電話して切符の番号を読み上げた上で「進捗状況を教えてくれ。海外渡航予定もあるから出頭要請があるなら事前に知っておきたい」というような事を言えば割と簡単に教えてくれます。

      警察も検察もお役所仕事ですから、まだ送検していなくて進行が止まっている可能性も十分ありますが。

      • 山田太郎 より:

        お返事ありがとうございます。

        とりあえず地元の検察に連絡してみようかと思います。

        交番前でスピード違反(青キップ)で捕まりその後その場で免許不提示を理由にスピード違反で逮捕されたようです。
        そのまま警察署に連れて行かれ取り調べ室で供述調書をとられました。

        逮捕されたのは兵庫県で住んでいるところは大阪府です。
        兵庫県の検察から連絡があったことから警察から検察への書類送検はあったと思うのですが
        兵庫県から大阪府の検察に送られたのか送られた後どうなっているのか等よくわからない状態なので困っているところです。
        検察に送られている状態でこんなに時間がかかるものなのでしょうか?

        逮捕時に警官本人が「スピード違反の証拠もない証明もできない」と言われたのでスピードを出していなかったので「納得できない」ともめてる内に逮捕されました。
        また供述調書も不自然だったのでもう一度見てみたい(内容が知りたい)っていうのもあります。

        • 取締り110番 より:

          なるほど。免許証不提示が逮捕事由ですね。で、安定の兵庫県警と…

          調書や捜査報告書の内容を見たいのであれば、ブログ読者のアラフィフさんがコメントされていますが、「不起訴処分決定後に、
          検察庁で記録の謄写申請」をすると閲覧出来るようです。

          まずはスピード違反について不起訴を勝ち取り(万一起訴されたら、その公判時に検察側の証拠が閲覧出来ます)その後に記録の謄写申請をするのが良いでしょうね。

          • 山田太郎 より:

            後日電話で確認した話によると逮捕事由はスピード違反になるらしいです。

            一応免許は見せたのですが名前が特殊だったため(免許番号から調べればいいのにと思っていましたけど)青キップをきれなかったんだと思います。
            取調終了後に青キップをきられたのですが自信があるが証明はできないと言われ青キップをきられました。もちろんサインはしなかったです。
            法律に詳しい方数人と知り合いの警察官に相談すると不当逮捕のようです。

            色々調べると検察からの呼び出しは半年から1年くらい掛かることもあるらしいのですが送検に時間が掛かるのか送検後に時間が掛かるのかどっちなんでしょうね?
            それとも警察とその地元の検察だけの繋がりで呼び出しの電話だけされたのでしょうか?

            やっぱり兵庫県警って評判悪いんですか?
            私は録音していたスマホを取り上げられたのですが押収品に入っておらず取調室で電源が切られた状態で返されたりしました。(ただスマホは2台持っていてそれは見逃してくれたのか気付かれなかったようです。)
            ただ一番許せなかったのは同乗者を脅したことですが…。

            一応監査官室に行くつもりです。
            あまり争うつもりはないので監査室が調べた結果が(録音は提出しませんが)録音と違っておらず誠意のある対応だったらそれで終わりにしようと思っています。
            でも監査室含め組織的に隠蔽されますかね?

    • けんちゃん より:

      初めまして。楽しく拝見させて頂いてます。
      本日(2016/10/17)珍しい事が起きましたので報告させて下さい!
      本日の早朝5時に10トントラックを運転中に信号無視で若い警察官1人に捕まりました。若い警察官は赤信号ですよ!運転手さん!と言うので、まだ黄色でしたよっと言うと黄色信号無視っていう違反もあります!と言うので、じゃあそれでいいです。と言って青切符をもらいました。そしてその件の事は何事もなく夕方17時過ぎに知らない番号から電話が鳴り出てみると地元の交通課の専務の方でした。
      最初のほうはよく聞き取れなかったのですが、青切符の回収に自宅まで伺いという事でした!そして、先程専務1人がきて若い警官に関しては自分の教育不足と謝って青切符を回収していきました!家族一同で出迎えてあげました。
      ちなみにレアケースが発生した場所は福岡県の田舎の市です。

      • 取締り110番 より:

        その青切符にどのようなチェックが入っていたかを確認しないと断言は出来ませんが、おそらく信号無視の定義をよくわかっていなくて、切符処理を間違えたのでしょうね。定義については以下の記事に書いてあります。

        http://xn--110-rf4b302pzd3bcnm.com/methods/examples-6/

        警察に「専務」という役職はないのですが、新人教育係の巡査部長か警部補あたりでしょうかね。

        いずれにせよ、強引に「信号無視(赤色等)」で切符処理されていたら、反則点だけは付加されてしまっていたでしょうから、撤回されて何よりでした!

  11. まさとし より:

    こんにちは。
    実況見分に呼ばれました。いくつか質問させてください。

    1か月ほど前に、白バイにスピード違反で捕まりました。
    40km制限を59kmで、19kmオーバーの青切符です。
    強引な取り締まりのように感じ、すぐに否認しました。

    青切符にはサインしました。その場で、調書も取られました。
    「そんなにスピードは出していない」「スピードの測定方法がおかしい」
    こんな感じのことを主張しました。

    「否認したい場合は、違反金を払わないでください。
    1か月後ぐらいに実況見分をすることになります」
    と最後に言われました。

    実際に1か月とちょっとで警察から連絡があり、
    実況見分に呼ばれました。

    このサイトでは、「実況見分をするのはレア」とのことでしたが、
    もしかしたら結構多いのかもしれませんね。ちなみに私は神奈川県です。

    そこで質問ですが、

    実況見分後に、また調書をとるようなことを言われています。
    調書というのは何度もとるものなのでしょうか?

    略式裁判にするか正式な裁判にするかはどのタイミングで聞かれるのでしょうか?
    間違えて略式にしないように注意したいです。

    最悪、裁判になった場合、弁護士を付けずに裁判できるのでしょうか?

    以上です。ご回答いただければ幸いです。

    • 取締り110番 より:

      どうやら実況見分に呼び出さず、否認調書を録らないまま送検してくれるのは警視庁くらいしかないのかもしれませんね。記事の訂正を検討しておきます。

      さて、調書を録る回数に制限はありませんが、そもそも応じる義務もないので交渉次第です。既に否認する意思が伝わる調書が録られているのであれば、「既に否認する胸の被疑者供述調書は録らせたのだから、さっさと送検してくれないか?送検してしまえば後は検察マターでそちらも面倒が減るだろうし、こちらは何を言われようが反則金だけは絶対に支払わないから結局送検するしかないだろう?まだ調書が必要だと言うなら自宅まで録りに来てくれ。そっちは公務員、こっちは納税者、俺がそっちに行くと交通費がかかるが、お前が来る分には経費で落ちるだろう?それとも何?神奈川県警では捜査費を裏金化してるから現場の捜査員が本来使うべき経費が残ってないなんてことはないよね?」くらいの事を言ってみるのも一興です。

      青切符の起訴事例は本当にレアなのでどうやっても不起訴にしかならないでしょうが、国選弁護人を拒否する事も出来ますし、強引に付けられても判決で「被告人負担なし」になれば弁護士費用はなし。と言いますか、白バイ追尾の19km/h超過で公判請求は過去に見た事がありません。

      • まさとし より:

        すばやいご回答ありがとうございます。

        マイナス思考なもので、どうしても最悪の事態も考えてしまいます。

        実況見分には立ち合う予定です。
        意味はないのでしょうが、どんなことをするのか興味があります。

        口下手なので、できるだけ冷静に否認だけしてこようと思います。

        • 取締り110番 より:

          口下手でも以下の三つの事に気を付ければ大丈夫です。

          1:必ず隠し録音出来る体制を整えていく(スマホで録音するなら外付けマイクがあると便利です)
          2:自分の主張は曲げない(警察が何を言っても「いや、私は○○キロで走っていました」とか)
          3:怖くなる発言をされたら「本当に○○なんですね?法律上そう決まっているのですね?後で確認しますが間違いありませんね?」とその都度聞く

          まあ、実況見分への立ち会いも経験値稼ぎだと思えば悪い経験ではありません。警察もおそらく2~3名で来てそれなりの時間をかけるでしょう。
          被疑者が否認するとこんなに面倒な仕事が発生するという事を知るだけでも、怒りが少しは収まるかもしれません。

          • アラフィフ より:

            横から失礼します。

            神奈川県警の実況見分(踏切一時不停止の濡れ衣)の経験者です。
            指定された時間に行ったところ、もう1人立会っている人がいて、
            しばらく待たされました。
            よく取締りが行われている場所なら、手間を省くために、
            まとめて行われるかもしれません。

            あと、余り関係ないかと思いますが、
            車の特徴など再認識させ(余計な情報を与え)たくなくて、
            車は近くのスーパーに止めて、歩いて現場に行きました。

            実況見分に立会ったなら、是非不起訴処分決定後に、
            検察庁で記録の謄写申請をして、警察官の頭の程度を確認して
            もらいたいなぁと思います!!

  12. 納得できない より:

    何度もすみません。先ほど、機動隊の方より電話がありました。私が交差点を左折し、外灯が有るか無いかのような場所から追尾したし(覆面は直進で信号待ち終わってからなのでかなり速度を出して私の車の後ろについたということだと思います。)、赤色灯も付けていたと上司に報告したそうです。追走は100m~200m以上していたとのこと。何キロも追走してから停められたということになるのですが、その間右車線で何台も追い越して行った車が有ったのに、周りには車は無かった。という始末で・・・思わず上司の方に「あそこの道路は、大型も良く通るし、いないってことはないですよね?」と質問を投げかけたところ「そうですね、国道が災害で通れないのでそこの道は、よく車が通ってますよね。」と、次に慌てたように「でも、夜でしたよね?」と言われました。
    取りあえず、私が納得してないとの旨を伝えたところ「じゃあ○○さんは否認するってことで良いですね?」私「はい、納得してないのでお願いします。」と返事をし「立ち合い見分等色々あります」と説明されて「時間が合えば大丈夫です」とだけ答えました。
    立ち合いとかは必ず行ったほうが良いのでしょうか?検察とか行かなくてはならない所からのは分かるのですが。

    • 取締り110番 より:

      赤切符の検挙の場合は起訴率もそれなりにあるので、不起訴率を少しでも上げる為に実況見分にも立ち会ってこちらの主張を入れされるという戦術もありますが、青切符の場合は立ち会うメリットはあまりありません。どうせ不起訴ですから。

      とはいえ、現場では違反を認めた形になっていて調書が録取されていない場合、警察は送検する為に調書を録りたがります。応じる義務は無いのですが、調書なしで送検してくれるのは東京くらいのようで、地方ではしつこく調書の為の出頭要請が繰り返されます。

      出頭するのも面倒なので「自宅まで来てくれれば応じるよ♪」と答えるよう勧めているのですが、なかなか警察がそれに応じないケースが多いようなので、送検→不起訴までの時間短縮がしたいのであれば「実況見分は立ち会っても意味ないから行かないけど、調書は録りたいんでしょ?○月×日の何時頃から30分くらいなら応じてあげてもいいけど署にいる?」って感じでフレンドリーに出頭日の相談をしても良いでしょう。向こうも「罪のない庶民からカネを巻き上げるお仕事」をしているだけで、否認されちゃった時点で大量の書証作成でうんざりしているでしょうから、こちらがテコでも反則金を納めないとわかれば調書の録取も短時間で切り上げる傾向があります。

      ただし、警察は「息を吐くように嘘をつく組織」であることだけは忘れないで下さい。ドラレコがあれば周囲の交通状況の証明が可能ですがドラレコは搭載されていませんか?

      • 納得できない より:

        今晩は。やはり田舎というか地方は何度も呼び出しがかかってしまうのですね(-“-)
        ドラレコは当時ついていなかったです。(悲しいことに取り付け予約がその翌日だったんです。)
        ただ、覆面の方もドラレコらしきものが無かったのか上司が口頭だけの報告を受けての回答とのことだったので、担当の職員が周り前後には車が見当たらなかったと報告があったそうです。機動隊事務?の方から連絡があり、違反金を納めないようにと、支払われなかったときに送られてくる書類を送付しなくても良いかの確認がありましたので。否認しているので送付しなくても良いです。との返事はしました。
        マスコミ関係の警察担当にも話を聞いてもらったのですが、ここの機動隊は評判がかなり悪いと返事が返ってきました。卑怯な手を使ってこなければ良いのですが。
        まさか、家族に危害を加える等は考えられますか?

        • 納得できない より:

          先程、マスコミの方が話を聞いてくれて、その機動隊の上司に然り気無く聞いた所、送検して裁判をする。と言ってたそうです。確たる証拠を持って行く❗との事で、支払えるなら支払った方が良いと言われました。
          傍聴席で皆の前でおおごとになるから冷静に考えた方が良いと言われました。
          理不尽過ぎて

          • 取締り110番 より:

            根拠や証拠がない事に対して不安を感じ過ぎです。

            機動隊だろうが署長だろうが、警察が出来るのは「送検」までです。警察に公訴権(起訴する権利)はありません。

            なのに「送検して裁判をする」と答えてしまっている時点で、その上司とやらは何も知らないかわかっていて嘘をついているかのどちらかです。青切符なら99.9%以上が不起訴になることはデータが示している通りです。

            [検察統計]地検と区検の不起訴率2015[赤切符・青切符]

            「支払えるなら支払った方がよい」とか「皆の前でおおごとになる」という発言は誰のものでしょうか?機動隊ですか?マスゴミの人ですか?

            マスコミの仕事も嘘をついて世論誘導をするお仕事ですから、鵜呑みにするのは危険だと思いますが、それこそ上記の記事のデータなどを見た上で冷静に考えてみて下さい。

            毎年全国で約12万件もの不起訴(起訴されているのは赤切符ばかりで8千件弱)が出ているのに、機動隊の上司(笑)がどういう証拠(笑)を揃えたら検察官を動かして強引に起訴させられるのでしょうか?

            万万が一起訴されても反則金と同額程度の罰金刑が出るだけですが、「おおごと」とは何でしょうか?オービスを光らせて一発免停を食らっている人はみんな略式命令を受けて数万円の罰金刑を食らっているのですが、それで「おおごと」になってどうにかなってしまった方を御存知でしょうか?

            警察は反則金を集める為に取締りをしていますから、嘘をついてでも、脅してでもあなたに反則金を払わせたいのです。

            それにしても「確たる証拠」ですか(笑) 覆面追尾でドラレコなしという時点で、測定紙も「警察車両の速度を記録したもの」ですし、ドラレコがないので等速度・等間隔で追尾中に計測したものかどうかも証明が出来ません。ちなみにドラレコがあっても「いつロックボタンを押したか」は映らないので証拠になりません。

            そんなわけで、追尾計測は赤切符であっても不起訴率が非常に高いです。私も長年こんなサイトをやっていますが、追尾計測で起訴された方は赤切符の方であってもまだお見かけしていません。

            別に私の言う事を信じなくてよいですし、信じてはいけません。不安を取り除く唯一の方法は「事実と思われる情報を集めて、自分の頭で考えて納得する」ことですから、それこそ冷静になってよく考えてみて下さい。

          • 納得できない より:

            今晩は。有難うございます。
            都会と違い田舎なので、もしかしたら…と不安になってしまいました。マスコミの人がその上司に然り気無く聞いてくれたので、余計に変な不安を抱いてしまい、確たる証拠にも驚き慌て書き込みました。
            冷静に考えたら公訴権は無いですよね。

            否認したことによって家族とかに嫌がらせをしたりとかは無いのでしょうか?
            昔、ワザワザ家族を狙って違反させようとする警察もいましたから…
            今は無いとは思うのですが…

          • 納得できない より:

            こんにちは。連投すみません⤵⤵
            今日、朝早くから担当の機動隊から電話が来ました。モゾモゾと話す方みたいで聞き取りにくく調書やら作成どうのこうので、私の都合を聞いてきたので正直に忙しい事を伝えると、また、連絡します。とか弱く言われました。こんなに早く電話が来るものなのでしょうか?上司は1週間~1カ月位で担当の「切符を切った」者が連絡しますね。と言っていたんですが。

          • 取締り110番 より:

            とにかく無用な不安を抱きすぎです。「警察は息を吐くように嘘をつく」という前提を心に刻んで下さい。

            上司が「1週間~1ヶ月くらいで連絡が行く」と言ったとして、嘘つきの言うことなんですから、すぐに連絡が来ることもあれば3ヶ月後に連絡があることもあります。今回の場合は上司に「否認事件として調書を取って送検しろ!」とか言われた末端機動隊員が、面倒臭いな~と思いながら調書を録るための日程調整を試みてきただけでしょう。

            御家族への具体的な危害が加わる可能性は非常に低いですが、出頭要請を拒否し続けていると、あなたの不在中に自宅まで来て、家族に「違反したくせにゴネてて困ってるんですよ!」とか言ってくる可能性なら5%くらいならあるでしょう。それが実害だと感じるのであれば、さっさと反則金を払ってあげれば警察も喜びます。

            私がこのサイトで紹介しているのは、否認して不起訴を勝ち取る方法です。相手はヤク○みたいな警察なのですから、嘘デマで脅される事もあれば、家族に迷惑がかかる事もあるでしょう。ただし、いわゆるヤク○と異なるのは、たかが1万数千円の反則金の為に、向こうが逮捕される可能性がある程の犯罪行為はして来ないということです。

            警察には捜査権がありますし、家に電話したり、被疑者宅を訪問する事が違法とは言えません。それが嫌なら出頭して調書を録らせてあげるもよし、無用な不安に苛まれるくらいならカネを払って終わらせてしまえば良いと考えるなら反則金を支払ってしまえば良いです。世の中の98.5%に人はそうやってカネを払う事によって不起訴を捨てているだけの話です。

            この世に正義など存在せず、あるのはパワーバランスだけです。正義が貫かれる事を待っていても死ぬまでそんな日は訪れないでしょう。

            たかが青切符ですから、否認を貫けば不起訴になります。地方ならば、警察署へ1回、検察へ1回で計2回出頭すれば不起訴になるでしょう。私は否認する権利とその方法をお伝えしているのであって、警察からの電話も嫌だ、出頭も嫌だ、家に来られるのも嫌だと我儘を言うのであれば、カネを払って終わらせていただいても構いません。

          • 納得できない より:

            今晩は。息を吐くように嘘をつく❗ですよね。

            あまりにも早い連絡で戸惑ってしまったのもありました。

            私は、電話も出頭も気にはならないです。

            何度も出頭になると面倒にはなりますが2.3回なら都合をつけられますしね

            家族にも事情を話したので大丈夫そうです。
            調書の時はボイスレコーダーを購入して行こうと思ってます✨

          • 納得できない より:

            夜分申し訳ありません。調書の時に気を付ける点とICレコーダーは何処に隠して録音するのが良いのでしょうか⁉

          • 取締り110番 より:

            青切符の調書は内容がどうであれどうせ不起訴ですから気を付ける点はありません。刑訴法198条くらいは読んでから行くべきですが。

            ICレコーダーの仕掛け方よりも、身体検査をちゃんと拒否出来るかどうかの方が大切でしょう。どれほど巧妙に仕掛けておいても、検査されたら見つかってしまい、そこで没収を拒否すると、警察は調書を録るのを辞めて押し問答になるだけですから。

            私なら、スマホに外部マイクを付けて袖口あたりに伸ばしておいて、ダミー提出用のスマホを渡して身体検査は拒否します。「逮捕されてもいないのに身体検査なんか嫌ですよ。あなたが何か隠し持ってる可能性もあるから、私が身体検査したいって言ったら応じますか?警察バッジの中に盗聴器がないか確認するためにバッジをバラシたりしても怒りません?当然拒否するでしょう?私も同じです♪」とか言うでしょうね。

          • 納得できない より:

            今晩は。身体検査が有るんですね・・・女性の場合は婦警か何か同性での身体検査になるのでしょうか?異性に触られるのも拒否したいですし。外部マイクでお勧めは有りますか?調べると意外に種類が有るので・・・ダミー提出用の携帯電話は稼働してない物でも大丈夫ですか?わざわざ中身を見て使用してるか?までは調べることは、無いですよね?←そんなことをしたらプライバシーの侵害ですよね?
            先週、電話が来た時に、「今週は忙しい」と正直に話したら、「また連絡します。」と言われてからまだ連絡はないのですが・・・

          • 納得できない より:

            こんにちは。身体検査があるんですね。女性相手だと婦警が担当になるんですか⁉どちらにしろ、逮捕されてるわけでは無いし、身体に触られるのはなので拒否したいですダミーの携帯電話は通話とか出来なくても大丈夫ですか?

            外部マイクでお勧めは有りますか?ネットで調べると意外に種類があったので迷っています。
            担当から連絡があり、来週中に調書の為に機動隊に行ってきます❗

            実況見分は意味がないから行かないし忙しいから無理と伝えると、「意味がない⁉どうして?」と聞いてきたので、「色々忙しいし、調書も30分時間が取れるかわからない」と返答しておきました。「30分以上かかるのに…」と言われましたがスルーしておきました。

            ついでに否認した理由を聞かれたので、右車線で何台も抜かれていたのに何故左車線の私を狙ったのか、警告も無し、赤点灯も無しで捕まったのに納得いかない。と返答しました。

          • 取締り110番 より:

            身体検査に応じる義務はありませんから、嫌ならちゃんと拒否しましょう。

            女性の場合は婦警がする事になっていますから、さすがに男性警官に触られる事はありませんが、「義務ではないから拒否できる」という事実を知らずにノコノコ出頭してしまうと、「被疑者同意の上で身体検査した」となるだけです。ちゃんと拒否しなかったら同意した事になるなんて常識なのに「拒否できるなんて教えてくれなかった」とか「拒否できると知っていたら同意しなかった」なんて言ってしまうような甘ちゃんにはならない事です。そういう者から搾取するのが警察・政府・国家なのですから。

            外部マイクについては、2,000円くらい出せるならこれ 1,000円で済ませたいならこれで良いと思いますが、必ず事前に録音実験をして、相手の声がちゃんと拾えるか試してから向かいましょう。

            で、義務でもない身体検査に応じてしまうと終わりです。カバンの中に入れている状態でも声が拾えるかなど、自分の状況に合わせて実験した上でどうぞ。

          • 納得できない より:

            今晩は。身体検査は義務じゃないんですね。
            拒否しても問題がないのなら安心できそうです。

            朝早くか夜9時近くに電話が来るという非常識にも違和感が有ったのでそれも、言おうかと

            これからのためにお勧めのIC レコーダーと外部マイクを購入しようかと考えてます✨

    • 納得できない より:

      今晩は。来週末喰らいに調書を取りに行く事になりました。何故か免許証と印鑑を持ってくるように言われ「切符を切るときに見せましたよね?また何故ですか?」と聞くと、少し間が空いて「本人確認の為に必要」と言われたのですが、持って行くべきなのでしょうか?切符を切るときに見せたのに必要と思えないのですが…

      • 取締り110番 より:

        どちらでも構いません。免許証の代わりになる身分証を持って行けば調書の録取自体は始めるでしょう。

        印鑑を持って来いと言っているのは、調書に署名・押印させるためです。これは署名で代用が効きますし、そもそも署名自体が任意なので内容に納得がいかなければ署名しなくて大丈夫です。

        身分証明を何も持参しなかった場合、警察には「本人かどうか確認が取れないので調書を録らない」という選択肢が出てくるだけです。

        警察の都合で取調べの為に呼んでおいて、身分証がなければ取調べは出来ないから改めて来いとか言い出すのが警察というヤク○組織です。

        意外な事を言われたら全て確認をして下さい。もちろん録音は忘れずに。

        「本人確認の為に必要」と言われたなら「免許証以外でも本人確認は出来ますよね?」とか「本人確認に印鑑が必要とはどういう事ですか?」とか聞くのが正しい対応です。

        • 納得できない より:

          今晩は。免許証以外は健康保険証か診察券位しかないので免許証を一応用意しておこうかと…
          印鑑は次、確認の電話が来るのが水曜日なので、その時聞いてみようかと思ってます。
          ただ、用意が有るので時間、日にちの確認で電話すると言われました。
          その時に、身体検査や持ち物検査の有無を聞いて、義務じゃないから拒否したいと伝える事はな事でしょうか?
          送迎してもらうので時間を更に短縮したい場合は刑法198条をプリントアウトでもして担当の警部補に読んでもらい、否認して理由を述べて退室しても大丈夫なのでしょうか?

          • 取締り110番 より:

            繰り返し述べているつもりですが、不安になるのは知らないからで、不安のほとんどは意味のない懸念です。

            >その時に、身体検査や持ち物検査の有無を聞いて、義務じゃないから拒否したいと伝える事はな事でしょうか?

            当然警察は「そういう決まりになっているから簡単な身体検査は受けてもらいます。」とか言うかもしれませんが、そうしたらどうしますか?
            警察には身体検査を要請する権利と、それを受けないなら取調べをしないという選択肢があります。あなたには義務ではない身体検査を拒否する権利があります。

            先に電話で釘を刺しておくのも悪くありませんし、先に伝えると隠し録音などを余計に警戒されるので、何も言わずにしれ~っと行って隠し録音を試すのも悪くないでしょう。正解の無い問い掛けですので「あなたの判断次第です」としか言えません。私なら何も言わずに行って身体検査を要請されたら拒否するだけですが、そこで取調べが行われないとまた出頭しろだの何だの押し問答が続くかもしれません。私はそれでも構わない人間なのでそれでいいですが、あなたは早く終わって欲しいだけかもしれません。人生で出遭う問題の多くには正解など存在しないのですから、自分で考えて自分で判断しましょう。

            >送迎してもらうので時間を更に短縮したい場合は刑法198条をプリントアウトでもして担当の警部補に読んでもらい、否認して理由を述べて退室しても大丈夫なのでしょうか?

            「大丈夫」の定義がわからないとお答えできませんが、刑訴法198条を読ませるまでもなく、刑訴法198条に基づいて退去すると言って出てくれば警察は止められません。逮捕も出来ません。殺されたり危害を加えられることもありません。そういう意味では「大丈夫」です。

            しかし、それで調書の録取が中途半端で終われば、警察には再び「もう一度取調べがしたいから出頭しろ」と要請する権利があります。それは「大丈夫」に入りますか?

            「私なら」という枕詞が付きますが、私なら取り調べの冒頭に「私は刑訴法198条を知っているので、主張と異なる調書を録られたらその都度増減変更の申立をするので、お互いに面倒を避ける為に言った通りに書いてもらえないかな?」と言っておき、その上で否認する理由を端的に述べます。「計測したのは他の車両であって自分のではない」とか「測定値は警察車両の速度であって私のではないので」とか、それは何でもいいです。

            で、調書が完成したら読み上げてもらい、語尾や表現がおかしかったら修正させます。修正に応じてこちらが満足する調書が出来れば署名くらいはしてあげて、相手が応じなければ「あなたが刑訴法198条に反して増減変更の申立に対する訂正を拒否したから署名出来ません。まあ、警察にとって刑訴法なんてどうでもいい法令なんでしょうから、最初から守る気なんてないんでしょう?もう帰っていいですか?」とか言ってから帰ります。

            相手はただの地方公務員です。市役所の窓口職員と大差ありません。警察官を特別視するのはやめて、「こっちは納税者、あっちは公僕」という認識で対応すれば、警察なんてのは強い者にはヘイコラして、弱い者をイジメてるだけですから、こっちが強気に出ると急に弱くなったりしますよ。

          • 納得できない より:

            お早う御座います。しれっと行って、身体検査は義務じゃないから拒否します❗で通して調書取れないって言われたら帰ろうと思います。
            その後、調書を取りに来い。になるなら、少し強気に義務じゃないことを拒否したら調書取れないって帰したのはそちらでしょう⁉位言ってみようかと思ってます。
            刑訴法198条は一応コピーして鞄にでも入れておこうかと思います。
            伝えても理解できない警察がごねてきたら面倒だな~って思うのでシツコイ時の対策用にしようと思います。他に対策用の刑法は有りますか⁉
            納得出来ない違反切符を切られてから車載用 取締まり対策使える法令集はキチンとに置いているのですが。(チャッカリ何枚もコピーして友達とかにも渡す予定です)
            自分達は偉いんだ‼状態の勘違い機動隊達が多いのと、婦警も必ずと言って良いほどイケメンらしき男性には優しい(十勝だけですかね?)と以前、勤めていた会社の女性の間では有名だった位なので、身体検査の時、拒否する権利を呪文のように繰返してみようと思います。

          • 取締り110番 より:

            想定外の事態をも想定して、私の返答は基本的に「最悪のパターン」を想定して書いているだけで、怪しまれなければ身体検査を受けずに取調べを受けられるケースも多々あります。

            喧嘩腰で「身体検査は拒否します!」とか言っちゃうと、結局調書が録られずに二度手間になる可能性も高いですから、もし身体検査の要請があったら

            「身体検査ですか?フツーに嫌なんですけど義務なら仕方ないですね。確認の為に身体検査を受ける義務が私にある事を示す法令を教えてもらえますか?」

            あたりで始めても良いでしょう。

            法令について詳しければ詳しいほど武器にはなりますが、あまり手を広げ過ぎるとアドリブも効かなくなりますので、既にダウンロードしていただいている対策集・条文集の内容を繰り返し音読してソラで言えるようになっておいた方が効果的だと思います。

          • 納得できない より:

            こんにちは。暗記が得意ではないのですが、練習はしてみます✨
            明日、調書なので、服装もキチンとした方が良いかと思い、スーツを引っ張りだしてみました
            普段着なれないので違和感は有りますが、そう言う人達は外見を重視すると感じてるので…
            マイクの確認み、明日取り付けて行ってみます。
            ダミーの携帯は無かったので、少し不安ですが。

          • 取締り110番 より:

            そもそもが青切符、しかも追尾計測ですから、基本的には不起訴確定みたいな事案です。

            もし録音がバレて、あるいは身体検査を強行されて録音なしで調書を録られることになったとしても、動揺せずにしっかりと主張をしてきましょう。

            ポイントは「計測値は覆面パトカーが出していた速度であって自分の車の速度ではない。私の車と等速度で走行しながらロックボタンを押した時の様子が確認出来るドラレコの映像が見たいと申し出たが警察には拒否された」というような供述をねじ込めれば、まあ不起訴でしょう。

          • 納得できない より:

            調書前日なので、早い解答有難うございます。
            ポイントの部分なんですが、調書の時にドラレコを見せて欲しいと言ったのに拒否された。と話すのと、検察側に呼ばれた時に話した方が良いのですか❔
            強制的に身体検査をされたときは何か対処法は有りますか⁉

          • 納得できない より:

            今晩は。初調書に行ってきました。過去3年間以内に違反等で切符も罰金も取られたとが無いと話したからか(事実)身体検査も無く、携帯も袋の中に入れてください、他には録音機能無いですね。と聞かれ、「はい」と言って座り、調書を手書で書くせいなのか、誤字、脱字が多く、1時間位かかってしまいました。最後は朗読してもらいサイン捺印して終わりました。検察に呼ばれるとしたら連絡があると言われましたが、呼ばれないことも有るのでしょうか⁉

          • 取締り110番 より:

            東京では青切符程度では検事には会えません。現場で否認すると呼出がないまま不起訴。切符に署名した場合でも、一回だけ簡裁に呼ばれて「警察官取調室」で調書を録ると不起訴って感じです。

            従って、あなたの居住地区の警察・検察次第ですので、呼ばれる事もあれば呼ばれない事もある、ということです。

          • 納得できない より:

            今晩は。都会とは異なって、田舎は時間があるので呼ばれるかも知れないですね。
            点数の方もどうなるかは分からないのですが、様子を見ようと思っています。

          • 取締り110番 より:

            田舎であればあるほど呼び出される確率は高まります。向こうもヒマですから(笑)

            点数は既に付加されている可能性が高いです。切符を切った週の週末には違反登録がされているパターンがほとんどです。

  13. 納得できない より:

    10/8に青切符を切られてしまいました。初めての事で訳が分からずクラウン黒の覆面に案内されて署名・捺印をしてしまいましたが、どうしても納得いかず、○広警察に納得の説明が欲しいと連絡しました。勿論当日帰宅してすぐにです。片側2車線の計4車線での出来事で、私は車を買い替えてから初めて運転、左車線を走っていて右車線の走行車が何台もスピードを出して追い越して行ったのですが何故か左車線の私を止めました。その日は雨が降っており、また、街灯もない田舎道で皆速度を出していないとあおられたり、危険行為な抜かし方をされるので80㌔以上で走る暗黙のルール道です。道路脇には速度制限の標識も無く、キツネ等の動物も通るので普段から気を付けている場所でした。当日、雨、暗闇、動物の飛び出し、視界も良くないので、かなりサイドミラー、ルームミラーから後続車や追い越し車線、動物確認をしていたのですが。後続車もなく、追い越し車線で何台かに抜かれただけなので「今日は煽られない」と安心して燃費計やら、速度を確認しながら走行してる最中に後方からパッシングが(私が速度計を見たときにはアクセル踏んでも70~75㌔行ってたかどうか状態でした。)・・・平たい道路ではないので勘違いかと思ってもう一度いきなり現れた後続車を見ると赤点灯が・・・
    とても疑問のまま逃亡扱いされても嫌なので、素直に乗ってしまい署名、捺印をしてしまいましたが、どうしても納得いかず、○広警察署に電話をし、事情を説明し納得いかないとの旨を伝えました。(その時の会話は録音してあります。最後に必要であればネットでアップして世論の意見を求めても良いかと尋ねるとと、警察の受付をした女性に半ば切れ気味で「良いですよ」と言われました。)

    それでも、何にも変化がないのと、色々調べていたらここのサイトにたどり着き翌日、道東本部に当たる警察署?に電話したつもりが、北○の方にかかってしまい、とりあえずそこから、本部の方に連絡して、その時の担当が電話するかわからないけど連絡が来るとのことでした。
    返答まで時間がかかると言われたのですが、10/11になっても電話がこないので、もう一度北○の方に連絡をしてみたところ、書類が整って、今道東本部の方に送られているので十○機動隊の方にはこれからとのことでした。ただ、そこの電話を受けた方も、私が同じ管轄の警察署に連絡もしているのに未だに連絡機動隊の方から連絡が無いは???って感じでしたけど・・・(管轄違うときは時間かかりますから)
    ここのサイトをみて、週明けに点数を入力されると取り消しが大変になる、と読んだのでかなり不安になっています。
    点数も、罰金も納得いかない状況で支払いたくはありません。というより納得しないです。
    支払わずそのまま否認をしておけばよいのでしょうか?
    理不尽すぎて・・・

    • 取締り110番 より:

      まずはパターンは4つだけ!青切符について質問する前に[交通違反]を御一読いただき、行政処分(反則点)については免停・反則点などの行政処分の目次からいくつかの記事を読んでいただければ疑問点の大半は解消すると思います。

      先に結論めいた事を書くなら、今回の違反が青切符(一般道30km/h未満超過)ならば、否認を貫けば不起訴になって反則金改め罰金の支払義務はなくなりますが、反則点は既に付加されていて抹消は至難の業でしょう。

      前提が間違っていると結論も間違えます。「交通違反の取締りは事故防止の為にやっている」という誤った前提をお持ちのようですが、警察の取締りは「事故防止が目的ではなく、事故を減らさずに反則金を徴収することが目的である」という正しい前提を持てれば理不尽とは感じなくなります。

      交通違反で理不尽な取締りが多い理由は交付金?

      例えば、右側車線をバンバン飛ばしているクルマがいたのに、どうして左車線を制限速度+αで走行していた自分だけ捕まったのか?という疑問があるようですが、飛ばしているクルマは余裕で30km/h以上の超過をしていたことでしょう。すると、そちらを捕まえても赤切符の非反則行為になってしまい、最初から送検する手間が生じる上に「罰金刑になってしまって反則金予算には計上できない=警察にカネを還流することが出来ない」というシステムになっていますので、警察は赤切符を捕まえたがりません。

      一般道の速度超過で反則金額が一番美味しいのは「25km/h~30km/h未満超過」です。そこが無理なら「20km/h~25km/h超過」で捕まえたいというのが警察の本音で、30km/h以上で捕まえてしまうと反則金が手に入らないのでヤブヘビです。さて、今回は何キロ超過で検挙されたのでしょうか?

      理不尽なのは「事故が多い県ほど反則金を財源とした交付金がたくさんもらえる」というシステムであって、このシステムがある以上は警察の取締りは常に危険性とは無関係、むしろ安全な違反ほど検挙したがることになります。事故防止を目的としていないのですから、狂っていますよね。

      だから私はこんなサイトを開設し、カネにもならないのに日々道路行政の被害者の方々に知識のお裾分けをしているのです。

      • 納得できない より:

        早いお返事有難うございます。自分でメーター、燃費計等を確認しながら走行していたので、覆面に言われた法定速度60km/hの場所で(速度の標識は無い場所ですが) 24km/h超過と言われ、速度をプリントアウトして、後で申請用紙?みたいのに貼り付けると言ってましたが、70~75km/h出すか出さないで走行していた私には疑問のまま5分ほどで覆面から出ました。北海道の田舎なので、もしかしたら都会とは違い納得のいかないまま点数を加算されたり、罰金を支払わなければならないのかも・・・と不安になってしまいコメントしました。
        お金にはならないかも知れないけど、取締り110番さんは、納得いかない理不尽な取り締まりをする警察から一人でも多く救済してるのは素晴らしいことだと思いますよ!

  14. 1当 より:

    違反ではなく事故に関する質問です。
    8月下旬、通勤途中にミラー同士の接触事故をしました。
    相手は福井県警本部 生活安全課の公用車、車はアリオン(警察官3人乗車らしい)です。
    自車のミラーは少し倒れ、電格の操作で戻りました。相手はウインカー付ドアミラーで割れてミラー一式を交換したそうです。
    僕は相手も行ってしまったと思い、そのまま行きました。相手はその後すぐ停まって、Uターンして追いかけたらしいです。その後信号待ちで後ろの車から人が降りてきました。丁度青に変わったのでそのまま行ったのですが、僕の中ではヤカラがボコりにでも来る!まずい!と思い、次の交差点をシ◯ムシして逃げました。あとから「信号無視もしただろ、3人の警察官が現認した」と言われました。
    当日の仕事の休憩中に福井南署から祖父(書類上の所有者)に電話があったらしく、南署に電話すると、交通課から「飲酒運転かもしれないから今すぐ来い」などと言われ、なかなか話を終わろうとしないので、「仕事中で迷惑なので、名前も住所も言ってるし逃げもしないし切る」というようなことを言って仕事に戻りました。
    その後、相手、交通課と話し、確か「この件に関しては行政処分の点数の付加はない」ということを言われました。しかし先週、警察署で調書を取られた時に
    ( 29(木)夜です。)
    「その場から逃げなかったら何もないと言ったが、逃げたので5点を付ける」というような事を言われました。

    それも警察に有利な内容の調書になっていたと思いますが、全然訂正できませんでした。
    ちなみに調書をとる前に黙秘権に関する説明はありませんでした。事故の調書ですが、これは刑事訴訟法198条2項に対する違反になるのでしょうか?

    その後も右折禁止の違反で2点の青切符を受取りました。(福井署管轄)
    ちなみに反則金はまだ払っていません。
    また、その後さらに福井南署の同じ管轄で事故をして同じ南署4班の担当者が来ました。自分が過失割合が大きい事故で、相手は通院はしていますが、今の所人身事故にはなっていません。
    もしかするとこの件に関しても点数がどうこうと言ってくるかもしれません。

    対応としては、
    仕事も忙しく人事異動も多く、(今の所2ヶ月おき)右折禁止違反に関しては警察や検察に出向く手間を考えて反則金を収めようかとも思います。
    しかし、最初の事故の件で点数が付くのは納得がいきません。
    もし両方付加されると6点以上となり、30日免停になります。
    今までの間で残念ながら録音はできていません。

    今まで読んだ記事の中から
    今から切符処理する行為には手続上の瑕疵がある。苦情申立と審査請求をする用意があるから、警察手帳規則第5条に基づいて所属、階級、名前、識別番号を教えてくれるか?
    と言おうかとも考えています。
    南署交通課、4班、フルネームだけはすでに分かっています。

    また以前の記事から、
    この件に関して、上の組織である県警本部に電話などで処分の違法性や不服の旨をうったえるのもありなのでしょうか?

    切符は本人がいなくとも警察が勝手に切ることもできると知り、不安です。また5点も追加されれば免停講習の高額な費用がかかってしまいます。
    また南署は職場のすぐそばです。
    調書を取られた時に、後の違反は反則金を払わず、否認するかもしれないと言うと、南署に近いからなのか、「私が家まで行くことになる、警察はしつこいよ」というようなことも言われました。

    また住民票は移していますが免許の住所は地元(石川)のままです。

    やたら点数や費用をがかさみそうです。
    いろいろ説明しようとして長くなってしまいました、お忙しいところすみません。
    どう対応すれば良いでしょうか?

    • 取締り110番 より:

      大変申し訳ありませんが、私のスタンスの前提として、事故を伴わない外形上の違反を処分するのはおかしいと考えている一方で、違反の有無に関わらず事故は出来るだけ避けるべきものだと考えています。つまり、事故に関する御相談に対しては割と冷淡である事を御了承下さい。

      >それも警察に有利な内容の調書になっていたと思いますが、全然訂正できませんでした。

      刑訴法198条を知らず、増減変更の申立をしなかったからです。無知は罪ではありませんが大損にはなります。

      >ちなみに調書をとる前に黙秘権に関する説明はありませんでした。事故の調書ですが、これは刑事訴訟法198条2項に対する違反になるのでしょうか?

      刑事訴訟法の規定ですので、黙秘権の説明が必要なのは違法行為に関する刑事処分の取調べについてです。警察がその事故調書を送検時に書証として添付するなら違法でしょうし、単なる内部資料として刑事処分で利用しないなら問題ありません。

      >仕事も忙しく人事異動も多く、(今の所2ヶ月おき)右折禁止違反に関しては警察や検察に出向く手間を考えて反則金を収めようかとも思います。
      >しかし、最初の事故の件で点数が付くのは納得がいきません。

      私なら右折禁止違反の方は納得がいきませんが、物損事故に遭いながら停まって事故処理を行わなかったのですから、いわゆる「当て逃げ」に関する5点は仕方ないと考えてしまいます。あなたは停まったにも関わらず相手が逃げてしまったのであれば、あなたに非はありませんが、「相手も行ってしまった」と思い込んで停まらず、相手が追い掛けてきたら今度は逃げたのですから、これが「当て逃げ」でないなら何だと言うのでしょうか?

      事故の状況がわかりませんから、ミラーが接触したのは警察車両が悪かったのかもしれません。なおさら逃げる理由はありません。

      警察はヤク○ですから、追い掛けられて逃げたくなった気持ちは理解できます。ならば逃げ切らなければ意味がありません。追い付かれて捕らえられた時点でその代償を支払わなければならなくなります。

      その後も事故を起こし、人身事故かどうか微妙なラインのようですが、こちらも被害者が人身事故を主張してきたら2~6点程度の点数が加算されます(点数は怪我の程度や被害者側の過失の有無による)

      そうすると、今後の展開で予想されるのは以下の3パターンです。

      最悪パターン:当て逃げ5点+信号無視2点+右折禁止2点+人身事故6点=15点(免許取消対象)
      通常パターン:当て逃げ5点+信号無視2点+右折禁止2点=9点(60日免停)
      軽めパターン:当て逃げ5点+右折禁止2点=7点(30日免停)

      あなたが望んでいるのは右折禁止2点のみのパターンだと思いますが、相手が警察車両で制止を振り切って信号無視をしてまで逃げたのですから、これに関して警察が全てを不問に処すとは思えません。

      「この件に関しては行政処分の点数の付加はない」という発言を録音してあればワンチャンあったかもしれませんが、仮に録音してあったとしても「逃げなかったらという意味で言っただけで今回は逃げたので5点」と言われればそれまでですし、警官の口ぶりから察するに既に違反登録されて5点加算されている可能性が高いです。

      事故の権利を守りたければ戦うしかありません。ですから、今から徹底抗戦するのを反対するつもりはありませんが、その覚悟はミラーが接触した時、信号待ちで後ろから男達が降りてきた時に発揮すべきでした。

      私はこの件が5点の付加を免れる可能性はないと考えていますが、私の考えが間違っている可能性もありますので、御自身の判断を信じて行動して下さい。

  15. みぃ より:

    こんばんは。夜分に、スイマセン。
    はじめて、質問させて頂きます。
    サイトは、確認しましたが少し違っていてわからないのでお願いします。
    6月の中旬に、踏切の一時停止で止まったのですが止まりが甘かったみたいで捕まりました。否認した為、サイン・捺印はしていませんが調書は取られました。その際、裁判・裁判言われて不安だった為 振込用紙は念の為貰いました。 
    その後、ネットで調べていて このサイトを見つけました。振込はしていません。
    そして、1度郵送料が上乗せされた振込用紙が届き その後2度、交通課の人から電話があり お金を払える権利があるんだからとしつこかったのですが否認しますと言い
    本日、速達で地元の警察署から呼出状が届きました。
    こちらのサイトを確認した際、実況見分に呼ばれる場合はレアと書いてあったのですが静岡県なのですが、うちの県は暇なのでしょうか?呼出状の注意事項に、
    『連絡なき場合、及び正当な理由なく出頭に応じない場合は強制捜査へ移行する場合があることを承知しておくこと。』
    との記載がありました。
    無知な為、教えて頂きたいのですが これはレアだけど実況見分に行かなければいけないケースでしょうか?
    子供が小さい為、行かなくていいようであれば時間をさいてまで行きたくありません。電話でも言われて、任意であれば行きません!と言った時 強制捜査にするぞと脅された為質問させて頂きました。
    ちなみに、出頭と書いてあるのは実況見分には現場ではなく警察署に行くのでしょうか?スイマセンが、アドバイスの方ヨロシクお願いします。

    • 取締り110番 より:

      青切符で実況見分に呼ばれるのは、東京・名古屋・大阪などの大都市ではレアですが、地方都市ではそれほど珍しい話ではありません。

      実況見分は時間の無駄なので拒否して構わないと思いますが、たかが青切符で逮捕をチラつかせてきたという事は、「相手の警官がキチガ○である」という証拠みたいなものですので、調書の一つくらいは録らせてあげないと無駄に長期化して面倒が長引く可能性が高いです。

      私があなたなら、録音状態で電話して以下のように言っておきます。

      「実況見分への立ち会いは任意であるし、警察だけでやってもらって構わない。私としてはちゃんと一時停止したつもりなので容疑については否認する。それで起訴されるならそれはそれで仕方ないと思うので否認事件として処理してくれ。調書が録りたいなら自宅まで来てくれれば応じるし、簡裁併設の部署からの出頭要請であれば応じるのでそちらに回してくれればと思う。所轄への出頭に応じないのは、幼い子供がいて不要不急の要件の為に家を開けられないからであり、免許証を見せた通り居所氏名は明らかであるし、逃亡するつもりもない。調書の録取もそちらが来れば応じると言っている。犯罪捜査規範219条に照らせば逮捕要件を満たさないと思うが、犯罪捜査規範なんかどうでもいいんだと言うのであればどうぞ。この通話は録音してあるので、出頭しない正当な理由も述べたし、あなたが自宅まで来るか、簡裁併設の部署からの出頭要請であれば応じる旨も話した証拠は保全してある。ちゃんと停まったのに「止まり方が甘い」などという因縁を付けてまで検挙実績を上げたいのかもしれないが、絶対に反則金は払わないし、違法な言動があれば録音証拠付きで苦情申立・審査請求・刑事告訴なども検討するからそのつもりで。」

      ここまで喧嘩腰になりたくないのであれば表現は柔らかくして構いませんが、「犯罪捜査規範219条」と「録音してある」の2つのフレーズは省略しない方が良いでしょう。

      警察とは「強きを助け、弱気を挫く組織」です。相手が情報弱者だと知れば嘘デマ脅迫で誘導してきますが、法令を知っていると知った途端に態度を豹変させる事も多々あります。

      よく考えてみればわかる話ですが、警察官はただの地方公務員です。市役所の窓口職員と変わりませんので、納税者として毅然とした冷静な態度で対応してみて下さい。

      • みぃ より:

        お忙しい中、返答ありがとうございます。地方の場合は、実況見分はレアではないんですね!電話をかけてきた交通課の人はあまり信用出来なかったので、
        うまく丸め込まれたら嫌だなぁと思ったので質問してよかったです。
        また、わからない事がありましたら
        質問させて下さい。
        ちなみに、実況見分って現場に直接行くものですか?あまり、警察署とかの個室とかには行きたくないんですけど…
        電話ですら、30分くらい電話切ってもらえなくて しつこかったから警察署
        なんて行ったら いつ帰れるかわからないしなぁ…と思って。

        • 取締り110番 より:

          実況見分は現場で行うものですが、当然のごとく調書も録ると言い出し、所轄に連れ込まれて長時間拘束され(本当は任意ですが逆らえる胆力のない人にとっては拘束と変わりません)早く帰りたい一心で違反や違法行為を認めてしまうというのが冤罪天国ニホンの実情です。

          実況見分は警察単独でも出来ますが、調書の録取はさすがに被疑者がいないと出来ません。(小沢陸山会事件では、取り調べ内容とは全く異なる供述調書を捏造した特捜検事がいましたが、向こう側の人間なので無事に不起訴になりましたw)

          調書が無いと送検しずらいというのは事実です。(出来ないわけではありません)

          だから、「調書を録りたいなら自宅まで来るか簡裁併設の部署に回してくれ。とにかく反則金だけは支払わないから、さっさと通告処理して送検して欲しいだけだ」という主張をしておくのが良いと思います。

          無知は罪ではありませんが損ではあります。「警察は息を吐くように嘘をつく」ということだけは覚えておいた方が良いでしょう。

          • みぃ より:

            返信ありがとうございます。
            参考になります。
            警察官は、公務員なんだから
            市役所の窓口と同じと言われて気が楽になりました。110番さんみたいにうまくかわせそうにないので実況見分言ってきます。
            警察署に電話したら、すぐに前
            電話かけてきた担当が出ました。
            多分、暇なんでしょうね。
            電話したら、またしつこく『踏切のトコで止まってないんだから お金払いなよ』と言われ…
            ホント、しつこいですね…
            否認するとここまで、しつこいものなんですかね(汗)
            知識がないと丸め込まれそうで
            危ないですね。また、わからない事あったら質問させて頂きます。
            アドバイスありがとうございました。

          • 取締り110番 より:

            >電話したら、またしつこく『踏切のトコで止まってないんだから お金払いなよ』と言われ…

            その発言は録音されましたか?反則金の支払いは任意であり、こちらは否認して刑事裁判で争いたいと言っているわけですから、「お金払いなよ」は不当な命令と解することもできます。「こないだの通話を録音しておいて弁護士の友人に聞いてもらったら「お金払いなよ」という発言は違法の疑いがあるから審査請求したらどうかと言われたんですが?」とでも言うと態度が変わるかもしれません。

            実況見分は無意味ですが、ついでに調書も録られそうですので、必ず隠し録音出来る体制は整えてから行きましょう。それはそれは本当に息を吐くように嘘をつく奴らですので、ノコノコ出頭すると「録音はダメだと言われた(ウソ)」「否認すると何時間もかかると言われた(ウソ)」「調書に署名しないと送検出来ないと言われた(ウソ)」というように、バレバレの嘘に騙されて警察に都合の良い調書に署名してしまう人が後を絶ちません。

            よくあるのが「止まったつもりだったが、警官に止まっていないと言われ納得がいかない」というような調書です。これだと停まっていない可能性を認めている内容なのですが、国語力のない人にはわからないようです。書かせるべきは「確実に一時停止したにも関わらず、「停まり方が甘かった」「ちゃんと停まっていなかった」と警官に言われた。一時停止の停止時間には規定がない以上、違反の事実そのものがない」です。

            なお、調書を録る前に黙秘権についての説明がなかったら、その時点で刑事訴訟法198条2項に対する警察の違反です。

  16. 猫のレオ より:

    管理人さま、はじめまして。お忙しいところ誠に恐縮ですが
    ご相談にのっていただけたら幸いです。
    本日、夕方に携帯電話通話中にて走行中にパトロール中のパトカー(警官3人乗車)に
    見つかってしまい、現行犯で青切符と罰金6000円を食らってしまいました。
    最初私は、『録画とか証拠』を見せろと食い下がっていたのですが、
    警官は『自分たち3人が携帯で話しているところを目撃した』と言い、
    挙句の果てには、その使っていた携帯も出せ!出さないなら逮捕もありえるみたいな感じで言われました。車内にかくしてあろうその携帯を探す!とまで言われました。
    回りの人目と、逮捕もありえるという言葉にて、私はこれ以上ゴネても無理だと思い、
    観念してパトカーに乗り込み、運転中携帯使用を認める供述をしてしまいました。

    ここで、管理人様に質問なんですが青色切符の場合、99.9%不起訴処分になるとの
    記述を拝見させていただいたのですが、
    当方の場合、パトカー内供述にて運転中携帯使用を認める様な内容を言っていますが
    その場合でも、検察庁もしくは裁判所併設の交通執行課にはちゃんと出頭して、
    99.9%不起訴処分を勝ち取ることは可能でしょうか?

    現行犯の時、自分なりにもがきあがいたつもりなんですが
    やはり、知識不足ということで認める様な供述をしてしまって、
    はらわた煮えくりかえった状態で納得いかないままネット検索していましたら
    勇気が出てくる管理人さまのサイトに巡り合えた訳でございます。

    現在、手元に青切符と10月7日納付期限の納付書があります。
    納付書を無視して支払わず、検察庁もしくは裁判所併設の交通執行課からの
    呼び出しで出頭して、
    『あの時は逮捕するぞ』という内容を言われ警官から脅されたので
    怖くなって運転中携帯使用を認める供述をしてしまいましたが、
    『私は運転中、携帯は使用していません!』と否認すればいいんでしょうか?

    どうか無知の私に管理人さまよりご教示お願いいたします。

    • 取締り110番 より:

      現場では違反を認める供述をして、切符にも署名してしまったものと思われます。

      それと不起訴率には何の関係もありませんが、警官3名が現認を主張している状態で「違反の事実がない」という主張は、嘘をつくことに抵抗感がある人にとってはハードルが高いのではないでしょうか?

      別に違反の事実があるからと言って罰を受けなければならないわけではありません。可罰的違法性という言葉があり、「罰する事が出来るほどの違法性があるかどうか?」というのも刑事処分における判断材料の一つですから、例えば「電話が掛かってきてしまって、「今運転中だからかけ直す」とだけ答えて切った。確かに違反はしたが、可罰的違法性があるとは思えないので正式裁判で争いたい」という主張でも構わないわけです。

      青切符の不起訴率は99.9%で変わりがありません。稀に起訴されている事例はほとんどがネズミ捕りなど、測定紙という客観証拠があるものが中心で、一時不停止などの警官の現認証言のみで起訴される事例は「極めて少ない(ないわけではない)」です。

      記事にも書いてあると思いますが、0.1%未満の起訴を怖れるのであれば反則金を納める権利もあなたにはあります。

      現場段階から否認していれば送検→不起訴が早いですが、納付書をもらったということは是認した形になりますので、ここから不起訴までは半年~1年くらいかかり、警察と検察に1回ずつ出頭する手間が生じるかもしれません。2回の出頭の手間と反則金額を比較して決めてはいかがでしょうか?

      法令上は警察署への出頭要請に応じる義務はないのですが、調書の一つも録らせてあげないと警察も送検しづらくて無駄に長期化しますからね。

      • 猫のレオ より:

        管理人様
        ご回答ありがとうございます。
        その後ですが、違反して青切符切られて
        青切符の罰金支払い期限が(確か10/6)切れて、
        1ヶ月が経とうとしていますがその後警察から何の音沙汰もありません。
        管轄署の署長名義で再度罰金督促が私に届くのでしょうか?
        それとも(あわよくば)、違反した際の担当おまわりが違反の入力をしていないんでしょうか?
        長期化なりますか?
        初めての経験なので私自身、社会見学感覚で様子を見ています。
        ご教示よろしくお願いいたします。

        • 取締り110番 より:

          疑問点に関してはパターンは4つだけ!青切符について質問する前に[交通違反]の記事から読み始めていただければ、ほとんど解決する内容かと思います。

          なお、遅くとも切符を切られた週の週末には、所轄の端末から違反登録がされますので、反則点については既に付加されている可能性が非常に高いです。
          本納付書や通告書が届くのは1~3ヶ月後ですし、そもそもお役所仕事ですので時期を予想しても意味がありません。

  17. TEJI より:

    ランクル発火の件について

    ご返信ありがとうございました。
    速報を扱った局に問い合わせたところ、ネットでは24時間しか掲載しないそうで、現在は残っていないそうです。
    明日トヨタと交渉することになりましたので、詳細は後日改めてご連絡いたします。
    ご配慮ありがとうございます。

    • TEJI より:

      rakuchi様

      ご連絡が遅くなり、申し訳ございません。
      ランクル発火の件ですが、交渉はやはり一度では終わらず、今後お互いの妥協点を探ることになりそうです。

      さて、発火そのものの件ですが、いくつかアドレスをご紹介します。
      すでにご存じのことと思いますが「ランクル スターター(またはセルモーター)オーバーラン」等で検索していただくと、色々出てきました。

      トヨタキャンペーン
      http://toyota.jp/recall/campaign/061004.html

      ランクル専門店情報
      http://flexdream-lancru.seesaa.net/article/399089382.html

      ブログ(発火写真あり)
      http://www.phoenix-4×4.com/mt5_key/mt-search.cgi?IncludeBlogs=6&tag=%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%82%AF%E3%83%AB%E3%82%BB%E3%83%AB%E3%83%A2%E3%83%BC%E3%82%BF%E3%83%BC&limit=20

      なお、発火原因検証の際の画像をお送りしたいのですが、よろしいでしょうか?
      どちらへ送信すべきか、また、1枚500KB前後(1600×1200)ですので、支障ない枚数を教えていただけると助かります。

      よろしくお願いいたします。

      • 取締り110番 より:

        続報をありがとうございます。

        複数のURLが入っていたためにスパム判定されてしまっていました。HNについても可能な限り変更致しましたが見落としがありましたら御一報下さい。

        画像についてはrakuchirakuchi@gmail.comに送信して下さい。添付ファイルは10MB未満なら大丈夫だと思います。

        • TEJI より:

          rakuchi様

          度々失礼いたします。
          トヨタとの交渉ですが、賠償額はこちらから提示した額(それでも最低限のものでしたが)ということで終結しました。
          原因の特定には至らないとなった時点でトヨタ自動車(愛知の親玉)は責任を負わず、札幌トヨタ自動車(車両を預けたディーラー)が賠償金を支払うことで本件終了です。

          大変な思いをしましたが、我が家ではまたランクルを購入することになりました。中古では台数も少なく、新車よりはるかに高額になっていますが、それでも好きなものは好きなんだそうです。

          ネットでは様々な情報が出ています。関心をもって少し調べればわかることが少なくありません。しかし、知る機会がなければ? 私も今後どうすべきか考えてみます。

          rakuchi様には、今回の件は警察の取締りに関係ないにも関わらず色々ご配慮いただき、心より感謝しております。またご迷惑をおかけしたことはお詫び申し上げます。

          ありがとうございました。

          • 取締り110番 より:

            一先ずは賠償交渉が成立したようで何よりです。お疲れ様でした。

            車は単なる移動ツールではなく、所有欲を満たし、乗る度に楽しさを味わえるものである事が重要です。愛着が湧くからこそ大切に乗り、こまめに整備し、そういう日頃のメンテナンスが故障や事故を防ぐ事にも繋がると思います。

            発火原因が特定されなかったのが残念ですね。常識的に考えれば、電装系のショートで火花が散って、オイルが漏れて埃に染み込んでいるあたりに引火して広がったのではないかと思いますが、あれだけ燃えてしまった後では特定が難しいのでしょうね…

  18. レガシィ より:

    はじめまして
    先月の中旬に県外(600km程度離れている)の都市高速で線形の良い60km制限のところを120km(メーター読み)で走行してしまい、オービスを光らせてしまいました。
    そこで、違反の事実を認め今後はこういうことが起こらないように反省したいのですが、罰金や免停などの処罰はできれば回避したいです。そこで、
    ・違反事実を認めた上で正式裁判へと移行(正確にはその前に不起訴処分)することは可能であるか?
    ・可能である場合、どのような主張を警察にはしたらよいか?
    何かよい知恵がありましたら、お手数ですが記載させていただきました、メールアドレスの方にご一報いただけたらと思います。

    • 取締り110番 より:

      メール対応は基本的に御遠慮いただいております。コメント欄のやり取りであれば、他の読者の方の参考になりますが、メール対応では私の労力が1名の方にのみ注がれるにも関わらず、赤切符はどうしても起訴のリスクがあるからです。私が提案しているのは「不起訴率を上げる為の手法」であって、「確実に不起訴になる方法」はありません。

      ・違反事実を認めた上で正式裁判へと移行(正確にはその前に不起訴処分)することは可能であるか?

      これは可能です。「違反事実は認めるが、量刑不当を争いたいので略式起訴には応じない」と主張すれば良いだけです。ただし、オービスの場合は起訴率も高く、起訴されたら100%負けます。

      ・可能である場合、どのような主張を警察にはしたらよいか?

      上記の通りです。

      なお、仮に不起訴になっても反則点の付加=免停処分は免れません。反則点については、あなたが警察からの出頭要請に応じて出頭して赤切符の処理をされた時点で勝手に付加され、否認しようが署名を拒否しようが切符を渡されなかろうが関係ありません。警察が違反登録をしたらそれが全てです。このあたりについては行政処分関連の記事を御一読下さい。

      免停・反則点などの行政処分

  19. ビリー より:

    連投ですいません。
    ずらりんちょさんが一時不停止の取締りを受けた時の体験談で、免許の提示義務はあるが見せるだけだ!というところを書いていましたが、どこまで見せる義務が
    あるのでしょうか?住所、氏名、免許番号等すべて開示はするが、
    あくまで相手に渡してはいけないということでしょうか?

    また、パターンは4つだけ!青切符について質問する前に[交通違反]の記事を読みましたが「切符は切られず、後日出頭を約束させられた」当てはまると思います、

    道路交通法 第百二十六条
    警察官は、反則者があると認めるときは、次に掲げる場合を除き、その者に対し、速やかに、反則行為となるべき事実の要旨及び当該反則行為が属する反則行 為の種別並びにその者が次条第一項前段の規定による通告を受けるための出頭の期日及び場所を書面で告知するものとする。ただし、出頭の期日及び場所の告知 は、その必要がないと認めるときは、この限りでない。

    一  その者の居所又は氏名が明らかでないとき。
    二  その者が逃亡するおそれがあるとき。

    私の場合、逃亡にあたるのかが気になります。
    それでも管理人さんがお書きになっている通り、「現場で切符を切られなかったのだから、警告指導処分だという事だ」を貫きとおすのがよいでしょうか?
    ご教示おねがいします。

    • 取締り110番 より:

      その時バイクに乗っていたのが自分だと認めてしまったら切符を切られてしまう可能性が非常に高いです。「現場で切られなかったのだから…」は、免許証不携帯などを主張して現場を離れた時に使う戦術で、検挙から逃げ切った場合の追跡捜査に対しては、「身に覚えがない。バイクはよく友人に貸すから乗っていたのは自分ではない。警察は嫌いだから誰に貸したかまで教える義務はないので、そちらで調べてそちらで検挙してくれ」で通すのが常道です。ただし、嘘をつく事に抵抗がなければ、ですが。

      次のリアクションがあるまでは無視しておいて、電話なり待ち伏せなりで警官と直接応対する場面になったら、上の主張で突っぱねても良いでしょう。当分の間は当日着ていた服装は封印して、同じ格好で出歩く事がないようにしましょう。

      検挙から逃げ切った事は「逃亡のおそれ」には当たりません。現場で取り調べに応じている途中に逃げたしたりした場合に、逃亡のおそれがあるとして現行犯逮捕が可能になるというだけの話です。今から通常逮捕に踏み切る為には、当日運転していたのがあなたであると警察が証明する必要があります。だから、当日と同じ服装で繰り返しバイクに乗っていると、そこを撮影されて本人特定されるパターンもあるということです。

      ただしこれは、常連の暴走族などを逮捕する時にやる方法で、1回の違反程度でそこまでやる警官はまずいません。他の事務処理で忙しくて、たかがバイク1台の検挙の為にそこまでやることは滅多にありません。

      この「滅多にない」が曲者で、世の中には運が悪く1/1000くらいの確率を引いて、青切符なのに逮捕される人もいますが、それを怖れるかどうかはあなた次第です。

      なお、警察が欲しいのは「乗っていたのは自分だ」というあなたからの自白であり、「乗ってたよね?」「調べはついてる」「証明できる」などの嘘を、息を吐くようについてきますので、それらの誘導に引っ掛かって「現場で切らなかったのだから…」とか言い出してしまうと切符処理が可能になります。

      バイクに乗っている時に職質されたのでない限りは、警官が来ても免許証の提示などはしないようにしましょう。

      • ビリー より:

        管理人さま、ご返信ありがとうございます。

        まずは今回私の理解が少しずれていたことを指摘していただきありがとう
        ございます。確かにその時に青切符を切られたかどうかではなく、その時の運転者
        が誰かを特定させないことが肝心だということに気づきました。

        今後向こうから接触してきたときには、その日に私自身が運転していたかはよく覚えていない。バイクはよく友人や親戚に貸すから乗っていたのは自分ではない可能性がある。その人のことは個人情報なので教えたくない。(警察は嫌いだからは少し反抗的になってしまうので、今のところはやめときます。)教える義務はないので、そちらで調べてくれ。このスタンスで対応しようかと思います。

        抵抗がなければとのお話でしたが、まだ簡易裁判所や警察署の取り調べ室ではないので、この位は大丈夫かと。また運悪いと逮捕ということもあるということでしたが、
        その辺も相手の対応、本気度合いを読み取ってみてからにしようと思います。
        現在秋の交通安全運動中で忙しくして、こちらのほうはあきらめてくれればいいの
        ですが、少し長丁場になりそうでしょうかね。

        またその当日の写真などは撮影されてはいないと思いますが、管理人さまのアドバイス通り、ヘルメット、バッグ、服装は封印しておきます。
        あと今回のことを目的とした職務質問も気を付けます。

        このサイトを初めて訪れて、いろいろと勉強になりましたし、多くの人が戦っている
        のだと知りました。今後どのようになるかわかりませんが、自分なりのやり方で防衛してみようと思います。またご報告も合わせて投稿させていただきますので、その
        際はよろしくおねがいします。

        • 取締り110番 より:

          不安だとは思いますが、バイクの走り屋連中は白バイからも平気で逃げ切ります。ナンバーを見せるような事はまずしませんが、見られたとしても人定して逮捕する為のハードルはかなり高く、それこそ料金所突破の常習犯や暴走族関係者でない限りはまず逮捕はありません。

          ただし「誘導尋問に引っ掛かって自分が運転していた事を認めた場合は別」です。その点にだけは注意しておきましょう。

          • ビリー より:

            お気使いありがとうございます。
            誘導尋問には気を付けて、もうすぐ2週間ほどたちますので、まったく覚えがないで通そうと思います。
            バリバリのライダーはすごいですね。

            ここで管理人さまに、質問させてください。
            当方原付2種にナンバーはそのままつけている状況です。
            街でよく見るナンバーの取り付け部分にアタッチメントつけて、可動式にしているライダー(原付が多い)や、普通二輪でも水平に近い人もいます。
            それ自体は取締の対象になるのでしょうか? 

            もう何年も前のことになりますが、50ccを乗っていた時ナンバーがしらない間に少しひん曲がっていたところ、止められて青切符を切られたことがあります。「ナンバープレートは常に後方から見えるようにし、汚れないようにしなければいけない。加工もしてはいけない。」とのことでした。チョークのようなもので数字を消している人もいるのに、不公平だなと思いました。

            2016年4月から、ナンバープレートに関する法律が改正され、カバーやステッカーを付けたり貼ったりは禁止ようですが、実際のところどうなんでしょうか?

          • 取締り110番 より:

            >街でよく見るナンバーの取り付け部分にアタッチメントつけて、可動式にしているライダー(原付が多い)や、普通二輪でも水平に近い人もいます。
            それ自体は取締の対象になるのでしょうか? 

            可変アタッチメントを付けている事自体は違反ではありません。後方からナンバーが確認できる角度であれば多少傾けても違反ではありません。確認が出来ないほど傾けた状態で走っている間は「番号標表示義務違反」となり、反則点2点ですね。私は可変アタッチメントを付けた上で通常は普通の角度にしておいて、本気で走る時はハネ上げていました。ハネ上げている間は常に違法ですからそれなりに覚悟が要りますね。

            >もう何年も前のことになりますが、50ccを乗っていた時ナンバーがしらない間に少しひん曲がっていたところ、止められて青切符を切られたことがあります。「ナンバープレートは常に後方から見えるようにし、汚れないようにしなければいけない。加工もしてはいけない。」とのことでした。チョークのようなもので数字を消している人もいるのに、不公平だなと思いました。

            チョークで消しているのを警官が確認したのに見逃したなら不公平と言えますが、意図的にナンバーに加工しているのは全部違法です。どうせ違法ならとハネ上げてしまえば良いと思うのですが、そこまでの勇気はないタイプや四輪の場合は、オイルスプレーをナンバーに掛けてるトラックの運ちゃんとかたまにいますよね。オイルを塗っておくとダストがこびり付いて判別不能になるのですが、「勝手に汚れちゃっただけ。気付かなかった」と言われると表示義務違反を問うのが難しくなります。

            >2016年4月から、ナンバープレートに関する法律が改正され、カバーやステッカーを付けたり貼ったりは禁止ようですが、実際のところどうなんでしょうか?

            カバーやステッカーは4月から既に禁止状態ですが、角度・フレーム・ボルトカバーに関しては平成33年以降の登録車が対象ですので、今のところは「ちゃんと読めればOK」です。まあ、そういう恣意的な基準の方が厄介なんですけどね…

  20. ビリー より:

    追記いたします。大事なことを書き忘れました。
    車両は125cc原付2種でした。

  21. ビリー より:

    管理人さま、初めて投稿させていただきます。

    今回こちらは違反の覚えがないので、そのまま走行したのですが後日
    ナンバープレートの登録住所に警察関係者が訪れてきた件について
    お聞きしたいと思います。

    1)まず点数3点以下の青切符はすべて現場での取締でなくては
    ならないとおもうのですが、いかがでしょうか?
    2)状況としては直進と右折専用レーンがあり(中央線は白線)右折レーンを先頭あたりまで進み、直進レーン先頭車の後ろに車線変更をして入りました。
    青信号の後進むと、交差点左上のあたりから警官が飛び出してきました。
    あわてた私はそれをかわし、仕方なく前方の車の右側追い越しをしました。
    (その車線は片側一車線でした。)
    警官は止まるようにの声も、笛での注意など引き止めはありませんでした。
    私はしばらく立ち止まっていましたが、警官は元の場所に戻っていったので
    そのまま走行してしまったのですが、ナンバーは控えていたらしく
    今日の午後に訪れてきました。私は留守だったのでそれ以上はわからないのですが
    後日また訪問してきたときの対応としてはどんなことが最善なのか、アドバイス
    いただければと思います。こちらのサイトにあるように小型ボイスレコーダーで音声と
    スマホでの動画は録画は心がけます。

  22. hisui より:

    こんばんは。
    青切符の情報を検索していて、こちらのページを見つけました。
    青切符の処理フローにない状況がありましたので、御質問させて頂きます。

    一時停止違反(指定場所一時不停止)で青切符を切られました。4月上旬のことです。
    こちらは停止していたのですが、警察官は「してない」の一点張り。
    いくら言っても埒があかず、話は平行線のまま、ただ時間だけが無駄に過ぎていきます。
    電車に乗るために駅に向かっていた途中で、電車の時間が刻々と迫るので、
    「否認するから切符だけくれ!」と言ったら「署名捺印しないと駄目だ」と
    言われてまた平行線(ここ読むとこれすらも嘘だったんですね…無知が恥ずかしい)
    仕方なく署名拇印押して切符と納付書を渡されました。

    否認なので納付せず、しばらく放置してると、例によって郵送料加算の納付書が
    届きましたが、そのときに警察署へ電話して「否認しますので納付しません、
    刑事裁判手続きをしてください」と言ったのですが、この申し送りがされて
    いなかったのか、先月、深夜23時近く(寝付く少し前でした)に、インターホンを何度も
    押す音が聞こえました。
    来客にしても非常識な時間ですし、インターホン連打という時点で怖かったため、
    そのまま居留守で寝たところ、翌朝、ポストに、納付書を渡すから今日すぐ来るように、
    という趣旨の文書が、冒頭の「呼出状」の部分が外に見える状態で入れてありました。
    再度警察署に電話して、これこれこういう文書が入ってたんですがと言ったところ、
    4月○日の違反の反則金の納付が確認できませんので納付書をお渡ししたいのですが〜と
    いうことを言われるので、改めて「否認しますから刑事裁判手続きをしてほしいと
    言ったはずなんですが」言ったところ、記録が無かったのか、慌てた感じで
    「わかりました、否認ということでよろしいですね?」と確認されたので、
    「はいその通りです」といって電話を終えました。

    前書きが長くなりましたが。
    御質問はここからです。

    今日、警察署の交通指導係名義で封書が届きました。
    内容は

    ○日に実況見分をするので、立ち会いたい場合は3日前までに連絡するように、
    連絡がない場合は貴方の実況見分は省略します。
    ※この立ち会いは「任意」(鍵括弧内はボールド)であり、立ち会うことができなくても
    今後の手続き等で不利な立場になるわけではありません

    という文書でした。

    今後の呼び出しは、地域の検察か裁判所からのものだと思っていたので、
    この内容はちょっと肩透かしだったのですが、
    これは放置しておいてよい類いのものなのでしょうか?
    内容的には放置でよいもののように思えるのですが…

    以上、よろしくお願いいたします。

    • 取締り110番 より:

      元が青切符なので実況見分に立ち会うメリットもありません。無視が心配なら電話でもして「実況見分には立ち会わないのでそちらでやってもらって構わない」とでも伝えておきましょう。

      現場段階から否認していれば、さっさと送検されてすぐに不起訴で終了でしたが、警官に騙されて署名をしたため、形式上は後から否認に転じた事になります。すると警察は送検に備えて実況見分や捜査報告書を作らねばならず、実況見分には被疑者も立ち会う「権利」があるため、仕方なく連絡してきたという感じです。まあ、東京だと出頭要請自体が来ない事が多いですが、東京はむしろ例外ですからね。

      というワケで、実況見分への立ち会いは任意ですし、無視でも連絡した上で拒否でも構いません。余計なワンステップが入ったのは「現場で署名してしまったため」ですので、時間がかかる点については自業自得と御理解下さい。

      頭を冷やして考えてみれば「署名が義務」なんて状況があるわけがないことがわかるかと思います。任意だからこそ署名押印には意味があるのです。

  23. zeror より:

    こんにちは、お世話になります。
    行政処分(意見の聴取)について、なんですが、 無免許運転による一発取消前の状態です。 無免許運転は過失犯を処罰する規定がないのは理解しており、事実として無免許運転の自覚がなかったので過失によるもので違反には当たらないと警察段階の取り調べより主張しております。 先日、意見の聴取の案内がきましたので警察は違反に当たるということで処理しているようです。
    ただ、無免許の自覚があった状態での運転という立証できるはずのない(調書作成何度も作成し直し、全て録音。うっかり失効ではないが、状況から考えても過失で、あると考えるのが普通の事案)にも関わらず、違反として処理しされている事に腹立たしさを隠せないのです。
    意見の聴取は違反が前提であると認識していますが、意見の聴取会で違反を否認し、自分の主張を訴える事で「処分なし」や「処分保留」という当たり前の権利を勝ちとる事は可能なのでしょうか?
    刑事は6月末の送検で未だ連絡なしの状態です。

    • 取締り110番 より:

      状況が不明なので回答が難しいのですが、うっかり失効ではないパターンで無免許運転の過失犯というのはどういう状況でしょうか?中型(大型)無資格運転とか、2輪免許でトライクを運転したというような事例でしょうか?

      行政処分は基本的にはノーチャンスです。システム上、警察と公安委員会の独断で処分が可能で「文句があるなら行政訴訟で争え」というトンデモないシステムです。

      意見の聴取で処分なしや処分保留が出る可能性は極めて低いですが、欠席してしまうと規定通りの処分が確定してしまいますので、ダメ元でも出頭して「無免許運転に当たるとは知らず、後で知って本当に反省している。過失犯であるので刑事処分においても同様の主張をしているが、出来れば過失犯であることを認めていただき、うっかり失効と同じく処分対象ではないという判断をしていただきたい。それが無理ならせめて刑事処分の結果が出て、過失犯か否かについての検察の判断が出るまでは処分保留として欲しい」と下手(したて)に出た方が「まだマシ」かもしれません。

      意見の聴取においては、同席しているはずの公安委員が裁判官であり処分決定権を持っています。実際には実務は警察がやるので公安委員はお飾りですが、理路整然と事情を説明し、かつ、相手の立場を尊重して下手に出た方が「悪い奴じゃなさそうだから減免くらいしてあげてもいいかな?」という心証を与えるかもしれません。聴取にいる警官と公安委員がヒトデナシのクズ野郎だとノーチャンスですが、これについては運を天に任せるしかありません。

      ニホンは法治国家ではなく人治国家ですから、「法令上論理的に考えれば故意犯ではありえない」という論拠は、多少の武器にはなっても決定打にはなりません。本当は故意犯だったとしても、警察よりも上位の存在(本庁キャリア組や政治家など)からの圧力さえあれば余裕で処分なしになりますし、どうみても過失犯であっても権力のない庶民に対しては平然と重い処分が科されます。

      程度が違うだけで基本的な支配構造は北朝鮮と大差ないのです。

      • zeror より:

        管理人様ご回答ありがとうございます。
        今回の事案ですが簡単にご説明しますと知人から長期に渡り借りていた二輪車が聞いていた排気量と違い、中型免許では乗れない大型であったという案件です。
        勿論、知人は正式な排気量を把握しており、「zerorは大型免許を持っていると他の知人から聞いていたので貸した」というような調書を取られています。(知人はお咎めなし)

        私は警察の取り調べ段階より多少高圧的な対応をとっており、意見の聴取会でも「処分するという事は故意犯と判断したよだが、訴訟になったらこれだけの客観的事実があっても故意犯という立証ができるんだな?」と主張しようと思っていましたが無謀な行為と思われますか?

        また管理人様の見解ではノーチャンスとのことですし、もし処分されれば審査請求と行政訴訟を行うつもりです。訴訟では挙証責任は私にあるのでしょうか? 仮にそうであれば、私には上記記載の事実しか主張できる事は無いので、後は裁判官の判断という事になるのですか?もし行政に挙証責任が行政にあるのなら立証できるはず無いので推定無罪推定で 処分なしと考えているのですが、甘い考えと思われますか?

  24. たけなか はやと より:

    迅速な回答ありがとうございます。
    回答で質問ですが
    1) 3.の逮捕に至る可る過程を知りたい。いきなりは無いと思いますが

    2)切符は既に切られている可能性は?
    免許証渡してワンボックスまで届けてました。→ICから切符発行?

    3)罪状認否は最初から否認してますが問答無用で切符は切れますか?弁解の余地無し?
    後からモックは通用しない?

    補足) 住所管轄5k圏内 会社情報は伝えて無し

    回答、知恵を与えて下さい。

    • 取締り110番 より:

      1) 3.の逮捕に至る可る過程を知りたい。いきなりは無いと思いますが

      逮捕されてしまった方の事例を見ると、「逮捕される時はいきなり」です。もちろん、逮捕状を請求する前に面割り(本人確認)の為に自宅近くで警察官が隠れて待っていてこっそり顔を確認されたりと「後になってから思えば思い当たる節」はあった方も多いようです。

      とはいえ、不出頭の人の何割が逮捕まで進んでいるのかはデータがないのでわかりませんが、今回の事例は「既に切符処理されている可能性が高い」事を考えると、逮捕までは行かずに自宅前に警官が待っていて「告知した」というアリバイを作られて終了という可能性が高い気もします。

      2)切符は既に切られている可能性は?
      免許証渡してワンボックスまで届けてました。→ICから切符発行?

      クレジットカードのスキミング被害と同じで、カード(免許証)を渡して目の届かない所まで行かれた時点で「何をされたかはわからない」としか答えようがありません。神奈川県警で交通携帯端末(タブレット)が導入済みかどうかは未確認ですが、導入済みなのであれば免許証をかざすだけでデータは抜き取られますので、既に切符は作成されていて、後は渡すだけという状態である可能性も十分あります。

      3)罪状認否は最初から否認してますが問答無用で切符は切れますか?弁解の余地無し?
      後からモックは通用しない?

      切符処理は警官の独断で出来ます。極端な話が被疑者が現場にいなくても切符が切れますし、冤罪作成も容易です。

      検索 切符を捏造 警察は交通違反切符を捏造しています

      だから交通違反の切符は捏造出来るって事ですよね?

      切られてしまうと後から取り消させるのは至難の業ですので、私はこのサイトで一貫して「現場で否認して警告処分での決着を目指す」ことを推奨しています。そのための録画・録音、その為のモックの準備です。

      住所が5km圏内であることも鑑みると、追跡捜査が来る可能性も十分あります。警察=ヤク○○力団で、所轄=組事務所ですから、ターゲットが自分のシマの中に住んでいるなら、「しっかり取り立ててこいや!」って話になるのが当たり前ですよね。

      通信携帯端末は「保持」だけで違反扱いですから、現場でどう否認したかはわかりませんが、基本的には「持っていたのは停車中で運転中は保持も注視もしていない」か「モックをイジっていただけなんですが違法ですか?」の2パターンしかありません。前者は「運転中に保持しているのを警官が見た」で返されてしまいますが、モックには通信機能は無いのでモックを見せれば警察は検挙しようがありません。車内を捜索させろと言われたら「義務じゃないなら断る!」と返せますしね。

      現場での1分は後日の1時間以上の価値があります。切符処理前なら警察も引きやすいので、現場対応力を高めるのが一番ですが、神奈川県警は本気でヤバイので私でも回避出来たかわかりません…

      [みんな納得]体感治安 大阪最下位 警察信頼度 神奈川最下位[そらそうだ]

  25. たけなか はやと より:

    初めまして、検挙され考えられる動きに対しての想定対処を御指南頂ければと存じます。

    9/15 9:10 横浜市内
    携帯保持にて取締検挙、5名程の警察官にて対応
    (裏道から大通りに合流するやいなや、1人手前に現認者がいたらしい→先に2人旗持ち停止者→2人対処者→ワンボックス警察車両人数未確認)

    停止、検挙され
    20代女性警察官から携帯保持にて切符を切る旨口頭説明

    私は否認(モック対応で切抜ようと考えたが時間がないので未行動)

    時間がないので後日出頭します

    免許証提示→免許証を渡して付近の停車中警察車両ワンボックスの上長に確認し後日出頭了承、出頭日は未定で後日連絡する旨伝えた

    私の車両ナンバー控えられ
    交通違反出頭表を渡された
    自宅電話番号→正番号伝えた→引越後未工事の為未接続
    携帯番号→誤番号伝えた

    切符は切られず現地離れる
    絶対に負けたくありません。

    ご回答お願い致します。

    • 取締り110番 より:

      また神奈川県警ですか…本当にどうしようもない県警ですね~

      免許証を提示し、車両ナンバーも控えられているので相当に不利な状況です。モックを持っていたならモックを見せていればすぐに解放されたと思うのですが…

      車両ナンバーから車検上の所有者や使用者が洗われます。それと免許証の氏名が一致している場合、「乗っていたのは俺じゃない」と言ってもなかなか通じないでしょう。

      予想される警察の動きとしては、

      連絡がないので自宅電話にかける
      →出ないので携帯電話にかける
      →かからないので自宅か職場に来る

      というパターンが多いです。職場について説明していないのであれば、自宅まで来る可能性が高いでしょう。ただし、管轄によります。

      例えば貴方が東京都民や静岡県民で、県警を跨る居住地の場合は、面倒くさがってそのまま放置もあると思います。逆に横浜市民で取締りをした所轄近辺に住んでいる場合、末端職員が自宅まで確認に来て、貴方が不在でも家族に対して「違反をしたのに不出頭を続けるけしからん奴だ。出頭しないと逮捕されることになる」とか脅してきます。実際に逮捕事例もあるのであながち嘘でもないですけどね。

      とりあえずこちらからは何のリアクションもせず、自宅まで来たり、どこからか携帯番号を調べて掛けてきたとしたら、とりあえず録画・録音をしながら対応して「その日に停められた記憶がない」「免許証情報は所轄の端末でも見れるでしょ?」「ナンバー?車のナンバーって誰でも見れるものでしょ?」というあたりで対応するしかありません。

      とはいえ、自宅まで来る時点で警察が検挙する気だという事ですので、勝手に作成してきた切符を持参された時点で、渡されなくても「告知したが受領を拒否した」として反則点は付加されてしまうでしょう。

      逮捕される確率はそれほど高くはありませんが、何しろ神奈川県警ですし、時効が近づいてくると逮捕事例も増えてきますので、どこまで抵抗するかはあなた次第です。どこまでされたら諦めるかのラインを自分の中で決めておいて下さい。例えば、

      1:警察からの連絡が来てしまった時点
      2:自宅か職場まで来てしまった時点
      3:逮捕された時点
      4:検察に起訴された時点
      5:裁判で有罪が出た時点

      まあ、青切符ですから、実際には4と5はまず起こりません。多くの人は2の時点で諦めてしまいます。それこそ遠隔地に引っ越してしまえば、交通違反程度で県外まで追跡捜査が来る事はまずありませんが、掛かるコストを考えるとそこまでやる人も少ないでしょうし、リスクやコストを考えた上で納得のいくラインを考えておきましょう。

  26. Satoru より:

    はじめまして、8月11日に東北道のオービスで撮影され、明日、9月14日に宮城県高速道路交通警察に出向くことになっております。

    どうすれば良いか分からずインターネットを検索しHPにたどり着きました。
    HPを拝見し、とても参考になりました。

    当日、私はオービスに撮影されたとの自覚がないため、明日は、事実を確認してくるつもりです。 また、オービスの速度の信頼性はかなり高いとの印象を受けましたが、納得できない場合は、速度について否認したいと考えております。

    今後の対応について、お力をお貸しいただきたいと考えております。
    お忙しおいところ、大変申し訳ございませんが、私を助けていただけると幸いです。

    当日の記憶をメモにしました。
    明日は持参したいと考えております。

    以下はそのメモになります。

    8月11日に宮城県内の東北道で自動取締機に記録されてため、9月14日に出向くようはがきを受け取った。

    当日の状況メモ

    8月11日~13日、友人家族と自分の家族で南三陸町歌津に行った。
    10年以上前から、夏には、親友の母親の実家のある歌津町に行く習慣がある。
    親友の親族は、私を本当の身内のように扱ってくれている。
    5年前の地震による津波で、その実家は流され、友人の祖母もなくなった。
    5年前からは、墓参りも兼ねた訪問として、実家跡地に行っている。
    13日は14時歌津町を離れ、志津川の南三陸さんさん商店街に土産物を買うために立ち寄ったのち、三陸自動車道~仙台南部道路~東北道へ走行した。

    オービスに撮られた実感は無い。
    そこで、インターネットでオービスの場所を調べたところ、菅生PAの手前にあることが分かり、そこで撮られたものと想定して、記憶をメモすることとした。

    当日の交通の状況は、比較的混雑していた。
    盆前の土曜日だから、混雑していたものと考えている。
    そのため、単独での走行ではなく、前に車の後について、交通に流れに乗って走行した。

    三陸自動車道~仙台南部道路に乗ったころ、突然、娘が、腹痛を訴えた。
    娘が生まれてから、これまでに、腹痛を訴えた事がほとんど無いが、すくなくとも、これまでに経験したことがないほど、痛がっていた。 また、とても苦しそうだった。

    腹痛の原因が何か、思い当たるものはなかったが、子供の腹痛なので、盲腸かもしれないと考えた。

    トイレに行けば、多少改善するかもしれないと考え、先ずは、SAかPAのトイレを目指す事とした。

    カーナビによると、東北道に入れば、菅生PAがあることが分かった。

    仙台南部道路~東北道合流後、しばらく、第一通行帯を走っていたが、娘の状態が悪化したので、第2通行帯を走行した。

    前には車が走っており、車の流れは少し早いなと感じたが、緊急事態のため、前の車について行った。

    村田SAに入ると、妻が娘を抱き上げてトイレに急行した。

    なかなかトイレから出て来ないので、大変心配した。

    多分30分程して娘と妻がトイレから出てきた。
    腹痛が落ち着くまでに時間がかかったのと、汚れた下着の処理に時間がかかったため。

    聞いたところ、娘はひどい下痢をしているとのことだった。

    当日は、すぐ前には別の車が走っており、特に危険な走行をしたとの認識はない。

    緊急事態のため、何キロ出ていたのか記憶していないが、ものすごく早い速度で、走っていたわけではない。

    前に車がいるので、その様な走行は不可能な状態だった。
    また、11日に利府のイオンモール近くのガソンリンスタンドで給油し、歌津までの走行と、歌津内の移動、13日の帰宅の燃費は、16.8kmであった。 低燃費運転と安全運転に気を使ったため、とても燃費が良かったと思う。
    村田PAの先の、PA/SAに定期的に止まり、娘はトイレに行ったが、下痢が少しずつ収まった。
    食中毒だったかもしれないと考えている。

    翌日には、下痢はほぼ解消していた。

    今回、どこで、オービスに撮られたか分かりませんが、最大でも120km以下だったと考えている。

    しかし、それが、速度超過と言われれば、娘の緊急事態であったとはいえ、反省し、今後は、2度とこの様な事がないように気を付けたいと思う。

    • 取締り110番 より:

      道交法違反容疑の判例において、緊急避難が認められた例を私は一例も知りません。起訴された場合は、「事情はどうあれ違反したのだから有罪」とするのがニホンの裁判所です。

      オービスは画像証拠があるので起訴率もそれなりに高く、起訴されてしまったら有罪判決率は100%に限りなく近いです。

      不起訴であれば一定数は出ているようですので、不起訴狙いならば否認するしかなく、否認するのであれば「運転しているのは自分ではない」か「計測値が間違っている」のどちらかで行くしかなく、「この速度で走行したが危険だとは思えない」は無理筋です。まあ、起訴されてしまえば否認理由の如何によらず有罪ですけどね。

      オービスに関しては違法電波で測定値が狂う事を警察が認めた事例がありますので、「その時に違法電波が出ていなかった証拠がない」という主張だと検察も多少は嫌がるかもしれません。

      認めちゃった!オービスは電波で誤測定する話

      • Saruto より:

        管理人 様
        ご返信ありがとうございました。

        また、アドバイスありがとうございました。

        先日は、写真と速度の確認のみで、本日もう一度仙台に出向くことになっております.

        今回の顛末は、皆様の参考になると思いますので、またご報告いたします。

        実名は恥ずかしいので、「Saruto」に変更していただきたいのですが、よろしいでしょうか?

  27. TEJI より:

    初めまして。北海道の TEJIと申します。
    9月7日(水)に一時不停止で停められました。免許取得から20年数年で初体験です。
    絶対違反したとは認めない、裁判になっても負けない自信がある、と思いましたから、警察署まで同行し、取調室での調書作成にまで応じました。
    しかし、長々と話し、最後の最後で 納得いかないままでしたが 折れることにしてしまいました。署名したわけです。しかも最悪なことに、もう面倒だから、とそれだけの理由で反則金の納付まで済ませてきてしまいました。
    帰宅後どうしてもモヤモヤが残り、ネットで検索したところ、最初にこちらのページを拝見しました。
    とにかく、悔しい!
    そしてやはり、事前にこの記事を読んでいたら!と思いました。
    間違いなく警告処分で済んだはずですから、その後も気持ちが収まらず、10日(土)に署へ出向き、話をしてきました。が、やはり署名だけならまだしも、反則金納付済みですから、どうしようもなく。
    とにかく、無知とはこういうことだ、といたく反省しました。

    すっかり前置きが長くなりましたが、お礼をお伝えしたくなりまして。
    (ちなみに、このように全く面識のない管理人さんへコメントを送るというのも、40年以上の人生で初体験ですw。)
    ありがとうございます。
    ぜひとも、掲載を続けてください。
    そして、ページを消さずに残しておいてくださると、なおありがたいです。
    できるだけ多くの方に、私も「取締り110番」を紹介していきます。微々たるものですが、少しでもこちらの存在を知り、理解してくださる方が増えるようお役に立てればと思います。

    今回は、ほんの少し車を停止し足りなかっただけで、貴重な?体験をしました(実は、取調室に入ってみたいという邪な思いも少しありました。普通はなかなか入ることができませんからw)
    なかでもいちばんの収穫は、こちらのページを知ったことです。
    知らなかったことを知る、その楽しさを久々に思い出しました。
    お陰様で、ようやく、悔しくてモヤモヤした気持ちを払拭できそうです。

    どうもありがとうございました。
    心より御礼申し上げます。

    • 取締り110番 より:

      今回の経験が活かされれば、もう二度と反則金を納めることはないかと思います。今回はそれを学ぶための授業料だと考えるのが良いかもしれませんね。

      • TEJI より:

        ありがとうございます。
        授業料、仰る通りですね。以後、重々気を付けます。

        すぐにコメントの訂正をしてくださり、それだけで十分ありがたいと思っていましたし、まさか返信のコメントをいただけるとは思っておらず、お礼が遅くなり、申し訳ありませんでした。
        お気遣い本当にありがとうございます。

        ところで、取締りとは関係のない、全くの余談なのですが。

        先週、我が家のランクル80が、スターターの故障で発煙、自走不能となり、ディーラーに連絡、指示通りレッカーにて預けました。
        14時引渡し、ディーラーの最終確認が18時だったそうです。
        そして、翌日「車が焼けました」とディーラーから連絡。早朝5時にランクルから発火、修理工場の火災となり、消防・警察も駆けつける騒ぎになったそうで、道内ニュースでは速報が流れたそうです。
        修理で預けた車両が翌日に全焼。悲惨な姿に変わり果ててしまいました。

        ランクルのスターター不具合は、10年ほど前に、リコールではなく「キャンペーン」の対象で、部品交換を無償でしていたそうです。
        検索したところ、発火の例もありましたが、修理工場の火災まではさすがに無いようです。

        今回また「知らなかった」ところからのスタートでしたので、もし、まだ自分たちのように知らない方がいたら、そして、同じようなことが起こってしまわないようにと、友人知人に、ランクル乗車の方がいたら気を付けてもらうよう伝えています。

        取締りに関するページにいかがなものか、とは思いますし、rakuchiさんの周りの方々や、このページにいらっしゃる方々なら、すでにご承知のことと思います。
        が、万が一もあり得るかと思い、あえてお知らせいたしました。

        週末にエンジンルームの解体、原因解明が終わり、賠償等の交渉はこれからになります。(結局、スターターの過熱は認められるが、10時間後の発火なので、原因は不明とのこと)
        長くかかるだろうと、保険会社の方に言われました。
        またしても「知らないこと」だらけになりそうです。

        車とはいえ、22年間夫が可愛がって、大事に大事に扱ってきたものでした。
        同じ姿では二度と戻ってきません。
        また、もし自宅のガレージで発火、あるいは走行中に・・・など諸々を考えると、一時停止での青切符、反則金など取るに足らないと思えてきました。
        とにかく人命に関わることが無く、それだけは不幸中の幸いでした。

        お知らせすることで、少しでも悲しいことが起こらなければと思います。

        長々と失礼いたしました。
        またお時間をいただいてしまい、申し訳ありません。
        ありがとうございました。

        • 取締り110番 より:

          ランクルから発火して工場が全焼ですか、大変不幸な事故ですが乗車中や自宅車庫での発火ではなく怪我人が出なかった事は幸いでしたね。

          北海道の速報ニュースのソースを御存知でしたら教えていただければ幸いです。ランクルの発火事故は他にもあるようですので、注意喚起の記事を書いてみようかと思います。

  28. YT より:

    自専道にて速度超過32kmオーバーで青切符を切られました。反則金には25000円と記入されており、振込用紙ももらいました。本来であれば赤切符だと思いますがこれは警察のミスなのでしょうか。また、警官の話の中で「ここは高速じゃないから30kmオーバーでもいきなり免停にはならないから」とも言われました。反則金を払ったとしても、後日やはり免停でした、という連絡がくることはあるのでしょうか。

    • 取締り110番 より:

      自動車専用道路は高速道路扱いで、40km/h超過から先が赤切符です。
      http://www.keishicho.metro.tokyo.jp/menkyo/torishimari/gyosei/seido/tensu.html

      従って、32km/h超過で反則点3点反則金額25,000円の正真正銘の青切符です。

      青切符ですし、追尾計測でしょうから、否認を貫けばいずれ不起訴になり25,000円は納めなくてよくなります。

      警官の「ここは高速じゃないから30kmオーバーでもいきなり免停にはならないから」は、「ここは一般道じゃないから」の言い間違いでしょう。アホ警官の知能レベルなんてそんなものです。

  29. スイフト乗り より:

    お久しぶりです。

    スイフト乗りと申します。

    7月26日に出頭して否認して調書を作成してもらいそのまま帰り待つ事一月ちょっとの9月7日に検察からの手紙が届きました。

    指定日は9月14日午後1時半になっていました。

    この時は相手方の紙に書いてある持ち物とボイスレコーダー・上申書・筆記用具以外は必要な物はあるでしょうか?

    それからその時の話の進め方、改めての注意点などがあれば色々とご教授お願いします。

    わからない事だらけで不安になってきました。
    よろしくお願いします。

    • 取締り110番 より:

      赤切符の否認事件ですので、私が必要と思うこと、否認する際の持ち物や心構えなどは全て赤切符関連の記事にまとめてあります。まずはそちらを通読して下さい。

      赤切符(非反則行為)の目次

      その上で、実際に検察での取調べを体験された方の体験談を読んでおく事をお勧めします。

      否認した人の体験談

      不安の原因は「知らない事」「わからない事」ですから、他人の経験談を読めば不明な点が減って不安も減るでしょう。それでも残る不安は「起訴されたらどうしよう?」なのかもしれませんが、赤切符を否認するのであれば「折れない心」が一番必要な持ち物ですし、起訴された所で相場通りの罰金刑にしかならず、収監されたり命を奪われる事もありません。論理的に考えてみれば、心配するだけ無駄であり、心配する暇があるなら当日主張したい事を書き出して口頭で何と言うか練習しておいた方が余程役に立ちます。

      口下手なら上申書だけ提出して「そこにある通りに供述します。それ以外の質問に関しては、答えたくない事については黙秘権を行使します」とだけ言えば良いだけです。

      そもそも、検察官とはただの地方公務員であり、立場としては市役所の窓口職員と大差ありません。しかも道交法違反の取調べを担当する検事は大抵の場合は副検事か検察事務官であり、司法試験を受けてもいないなんちゃって検事です。少し勉強すれば知識で上回ることすら可能な相手です。

      今やっているのは、10万円弱の罰金がチャラになるかどうか度胸試しです。最初から認めていれば取られていたおカネなのですから、不起訴が出たらそのおカネで何を買おうかを考えておくくらいの方が余程励みになりますし、起訴されたらその金額で「リアル刑事裁判体験」が受けられる体験費用だと思えば腹も立ちません。

      私は2度の行政訴訟で計5万円程度の経費が掛かりましたが、その経験がこのサイトや日常生活で活かされています。今になって思えば安い投資だったと思います。

      • スイフト乗り より:

        返信遅れて申し訳ありません。

        9月14日に検察庁に行ってきました。
        録音も忘れずにしてきました。

        生年月日と名前・職業を聞かれました。

        まず受け付けをすませてから検察官に上申書を渡し先に目を通していただきました。

        それからは上申書内容について色々聞かれたので上申書の写しを見ながら話しが変わらない様に答えました。

        それから警察側の調書を読み上げ内容は間違い無いですかと聞かれました。

        その後は少し雑談をしてお開きになりました。

        帰り際にこれからも気をつけて運転して下さいねって言われました(笑)

        今回の流れはこの様なながれでした。

        また結果待ちします。

        • 取締り110番 より:

          出頭お疲れ様でした。

          甘い見通しは禁物ですが、反応的には不起訴の流れですね。

          また呼び出しがあるようだと起訴のリスクが上がってきます。2ヶ月程度音沙汰がなかったら電話して確認してみましょう。

          • スイフト乗り より:

            本日、行政処分の出頭通知書が届きました。

            期限は10月20日までになっております。

            検察に出頭してから15日できました。

            この感じだと完全な不起訴ではなさそうですね。

            仕事に差し支えがあるので近々講習に行ってきます。

          • 取締り110番 より:

            刑事処分と行政処分は全くの別進行ですので起訴・不起訴とは無関係です。

            行政処分は、切符処理した警官が所轄で違反登録したから時点で始まります。反則点が付加され、運転免許本部のデータベースに登録され、行政処分課がチンタラお役所仕事で免停処分の通知を発送します。概ね検挙から3~6ヶ月後に届く事が多いようですね。

            不起訴が決定してから通知が届くこともありますし、検察出頭前に通知が届くこともあります。「刑事と行政は別」ですから。

            もし、刑事処分でレアな嫌疑不十分や嫌疑なしでの不起訴が出た場合は、それを根拠に行政処分の取消請求をすると、処分歴が抹消されるケースは稀にあります。

            体験談のページには、審査請求で処分歴が抹消されたレアケースもありますので御一読下さい。

          • スイフト乗り より:

            すみませんでした。

            刑事処分と行政処分は別だとは分かっていたのですが、その中の内容を少し勘違いしていました。

            自分の場合もここまで遅くなるとは思っていませんでした。

            本当にお役所仕事には腹が立ちます。

          • 取締り110番 より:

            そうですね。

            一方で、そのお役所仕事の杓子定規な見解のお陰?で、とんでもない話のような妙な話が出てきたりもするのですが…

          • スイフト乗り より:

            ご無沙汰しておりました。

            先日検察庁に確認の電話をしましたら担当者不在で本日折り返し電話が来ました。

            結果は起訴はしないと言っておりました。

            これも全て取締り110番様の分かりやすいアドバイスと過去の体験談のまとめやカラクリの説明のおかげです!

            これからは行政処分の取消を目標に頑張りたいと思います。

          • 取締り110番 より:

            無事に不起訴になり何よりです。

            甘い見通しは禁物なので係争中の方には言いませんが、追尾計測はちゃんと否認すれば大体不起訴です。何しろ「警察車両の速度を記録したもの」しかないので、画像証拠があるオービスや、被疑者の車両の速度を計測したという建前になっているレーダー式や光電管式の速度測定と比べても、被疑者の犯罪行為の立証としては証拠が不十分だからです。

            まして今回は、「計測は1秒でOK」と警察が言い放ってしまったあたりも致命傷でしょうね。いくら検察もカル○だと言っても、「1秒じゃ等速度・等間隔で追尾したかどうかもわかんねぇだろ…」とツッコミを入れたくなってしまうでしょうw

            まず間違いなく起訴猶予処分であって、嫌疑不十分や嫌疑なしではありませんから、行政処分の取り消しに警察が応じる可能性は極めて低いですが、それでもやれることはやっておいた方が納得が行くと思います。諦めなかった人だけが、レアが成功事例に出会う事がありますからね。

            行政処分(免停)の取消に成功!審査請求が認められた!

  30. YK より:

     青切符を切られました。納得いかずサインはしていません。
     9月2迄に反則金を支払わないと刑事事件として扱うとの事です。
     直線約2㎞に渡り条件付きの右折禁止道路でした。(7:00~9;00と16:00~19:00)
     私は11:40頃に右折したところ、50m位先に進行方向に赤色灯もつけず進行方向前方にミニパトが路肩に寄せ停車していたので何か事件でもあったのかと思い時速40㎞以下で追い越した途端、赤色灯を回しスピーカーで停止指示を出され停止しました。
     パトカーに乗車していた警察は単独でした。警官が言うには右折禁止を曲がってきたと事でした。私は、時間制限条件付きではないかと尋ねると、警官は、ここだけは終日右折禁止との事で言われ、私は、確認させて欲しいと言いましたが、とりあえず免許証を持ってパトカーに乗る様支持されましたが乗車は拒否し免許証を渡したところ、警官はパトカーに戻り15分くらい戻って来ませんでした。待ち時間も長かった為標識の確認に行きたい事を伝えたましたが「逃げないで免許証を返すまでその場で待つ様に言われ、免許証が戻されて即標識を確認しに行ったところ、その標識は他の条件付き標識位置も高く、しかも一部許可車輌は除くと書かれていたのです。私は止められた場所へ戻り警官に対し「確認はしてきたけど標識のたかさも違い右折しようとする人からしたら見ずらい」事を伝えましたが、警官は、「違反は違反だから」と言い青切符と振込用紙を持ってきました。
     私はいきなり反則切符に納得いかず警官に対しつぎの事を質問しました。
    1,交差点でどこで右折をしたのを見ていたのか?  警官;黙秘
    2,黄色から赤信号になった為、先頭車両で停車してウィンカー点灯させているのにスピーカーを使い右折抑止することは出来たのにしないで、誘発させた事は納得いかないのですが何故しなかったか。 警官;黙秘
    警官は質問には全く答えず、ただひたすらに署名をさせようとするので私は「納得いかないので表ではなく裏面に承認出来ない理由を書いた上で裏面に署名するよ」と伝えると警官は、「理由は私が一番理解しましたから書かなくても良いですよ」と言い私の手元にある記入する書面を抜き取り去って行きました。
    その後配達証明で振込用紙、で、今回は反則金を支払わなければ刑事事件として扱うというハガキがきました。
     泣き寝入りして払わなければいけないのでしょうか?
     検察に事実を伝えても違反は違反で済まされてしまうのでしょうか?
     刑事事件でやっぱり有罪になるのでしょうか?
     反則金ではなく刑事事件になれば罰金は幾ら課せられるのでしょうか?
    私自身現状況では原点は0です。来年にはゴールドの予定でした。悔しくてたまりません。
     

コメントをどうぞ