[いくらなんでも]タクシーの後は危険がいっぱい[勘弁してくれ]

スポンサードリンク

日常的に運転している人なら誰でも知っているでしょうし、バイク乗りならなおさら知っていることですが、タクシーの後方を走るのは危険がいっぱいです。

バイク乗りは際どいすり抜けを繰り返す者も多いので、タクシー側から見てもバイクはウザくて仕方ないでしょうが、「いくらなんでもそれはないでしょ!」という体験をしたので紹介しておきます。

以下の動画は私のバイクにドラレコ代わりに付けている格安中華アクションカメラの映像です。

見てもらえればわかると思いますが、私としては十分な安全運転をしていたつもりです。

夜の都内でタクシーが多いので、当然警戒しながら乗っていましたが、タクシー乗りにも上手なドライバーと下手なドライバーがいます。サイト読者のタクシードライバーさんは皆さん上手なタイプだと思います(笑)

前のタクシーが「ちょっと危ないタイプかも」と思ったのは、タクシーが自転車を避ける為に車線を跨ぎながら走った時に、ウィンカーを出さず、元の車線にもなかなか戻ろうとしなかった時です。

ウィンカー出すのってそんなに手間ですか?

右ウィンカーを出さずに車線を跨ぎながら走行し、左ウィンカーも出さずに左車線に戻ったタクシーですが、その後も平気で車線を跨いだ走行を繰り返します。

跨いでいいからウィンカー出して!

こういう危ないタイプはさっさと抜いてしまった方が良いのですが、右車線もタクシーだらけで危険がいっぱいです(笑)

急いでいる訳でもないので十分な車間距離を取りつつ、交通の流れには乗った運転をしていましたが、交差点内でタクシーが初めて右ウィンカーを出しました。

右車線に行くのかな?

バイクからは見えませんでしたが、経験から「交差点奥には駐車車両があって、右車線に移る必要があるのだろうな」と思いました。

皆さんもそう思いますよね?

さて、ここで動画をまだ見ていない方に問題です。

Q.この後前方のタクシーはどういう動きをしたでしょうか?

  1. 車線変更をして右車線に移った
  2. 急にハザードを点けて停車して客を拾った

解答はこの下

正解は…

二択を迫っておいてどちらも間違いってのが良くあるパターンです(笑)

正解は、

3. 右ウィンカーを出したまま横断歩道上に停車して客を拾った

でした!

いやいや、これはなかなか予想出来ません。

せめてハザードを出しつつ、横断歩道のちょっと先に寄せて停めてくれれば、お客さんもタクシーが止まった事に気付いて乗車出来るでしょうし、私も右車線に移ってタクシーをかわす事も出来ます。

でも、さすがにこれは無理ですよ。

当然、こういう結果になります。

交差点内に停車させないで!

安全運転をしていたので事故のリスクはありませんでしたが、このタイミングでそれなりのペースで追い付いてきたバイクとかがいたら、追突していてもおかしくありません。

こんなサイトをやっている私ですから、警察の交通違反の取締りにはほとんど全て反対の立場ですが、それでも検挙するならこういうのを検挙しろと思います。

駐停車禁止違反(非放置)で反則点数2点・反則金12,000円(普通車)に該当する違反ですよね?

というか、さすがに無過失が認められるとは思いますが、私まで交差点内で停車せざるを得ない状況に追い込まれてしまいました。

私の後の車両の反応が遅れて突っ込まれたらバイク乗りは大怪我してしまうので、こういうのは本当に勘弁して下さい。

やっぱりバイクであってもドラレコは必要ですね。

この映像はAmazonで売っていたDBPowerという中華メーカーのアクションカメラで撮ったものです。

購入時は\5,280でした。

安い割によく撮れるアクションカメラだと思いますが、外部マイク端子が付いておらず、内蔵マイクだけだと音が貧弱過ぎるので、DIYでマイク端子を付けたりして工夫はしましたが、お陰で夜でもこの程度の映像が撮れるようになりました。

お金がある人はちゃんとしたバイク用のドラレコを付けましょう。

お金がない人は私のように工夫して何とかしましょう(笑)

アクセス数アップに御協力いただける方は以下をクリック!
にほんブログ村 車ブログへにほんブログ村 バイクブログへ

twitterはじめました
スポンサードリンク

コメントをどうぞ