豊洲市場 石原氏、08年に地下コンクリ箱案に言及「ずっと安く早い」

スポンサードリンク

TVでは、連日豊洲市場の地下に空洞があって強アルカリ性の水が溜まっているという話ばかりやっていますが、事の発端は石原都政にあったようです。

東京新聞

http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/list/201609/CK2016091502000132.html

 築地市場(東京都中央区)からの移転が延期された豊洲市場(江東区)の主要な建物下に盛り土がされていなかった問題で、石原慎太郎氏が都知事在任中の二〇〇八年、地下にコンクリートの箱を埋める案に言及していたことが分かった。長所として工費の安さや工期の短さを挙げていた。土壌汚染対策を検討する専門家会議の盛り土案に反し、都が地下空間案を採用した判断に、石原氏の意見が影響したかどうか、解明が進むことになりそうだ。 (中沢誠、中山高志)

専門家会議は〇七年五月、ベンゼンで土壌が汚染されていた豊洲市場の地下利用について「有害物質が建物内に入る恐れがあるため、地下施設は造らない方がいい」と指摘。〇八年五月十九日、土を入れ替えて盛り土にする方針を決定した。

しかし、石原氏は〇八年五月三十日の都知事の定例会見で、海洋工学の専門家がインターネットで「もっと違う発想でものを考えたらどうだ」と述べていると紹介。土を全部さらった後、地下にコンクリートの箱を埋め込み「その上に市場としてのインフラを支える」との工法があると「担当の局長に言った」と説明していた。

当時は、六百七十億円と見込まれた汚染対策費が一千億円を超えるとの見方も出ていた。石原氏は五月十六日の会見で「もっと費用のかからない、しかし効果の高い技術を模索したい」と説明。五月二十三日の会見では専門家会議の座長が「新しい方法論を試すにはリスクが高い」と述べたことについて、「その人の専門性というのはどんなものか分からない。いたずらに金かけることで済むものじゃない」と反論した。

二カ月後の七月、専門家会議は敷地全体を盛り土にするよう都に提言した。都は翌月、工法を検討する別の有識者の「技術会議」を設置。その会議で、地下空間を設けて駐車場などに有効利用する公募案を候補の一つに選んだ。この公募案は委員の反対で不採用になったが、「浄化作業のため」とする都の別の提案で地下空間案が設計に反映された。土壌対策費は最終的に八百五十八億円となった。

石原氏は今月十三日のBSフジの番組に出演し、盛り土にしなかったことを部下から「聞いてません。これは僕、だまされたんですね」と述べた。本紙は十四日、事務所を通じて石原氏に取材を申し込んだが、コメントは得られなかった。

%e7%9f%b3%e5%8e%9f%e7%99%ba%e8%a8%80

石原慎太郎がしてきたこと

中国や韓国に対する強気発言が多かったせいか、ネトウヨ層にはやたら人気があった石原慎太郎ですが、彼がしてきた事を見る限りではロクな人間ではなさそうです。

石原慎太郎と言えば石原裕次郎、石原裕次郎と言えば闘病生活で何度か手術を受けているのですが、1981年に解離性大動脈瘤で入院したときの執刀医はオウム真理教の林郁夫でした。

http://d.hatena.ne.jp/kamayan/20100406/1270496070

オウム真理教と石原裕次郎になんの関係があるのかと思われるであろう。キーワードは「慶應病院」である。1981年に解離性大動脈瘤で入院したときの執刀医がだれであったか、そこに鍵がある。この大手術の執刀を行ったのは、心臓外科医としての林郁夫だった。

1987年に石原裕次郎が亡くなった2年後、オウム真理教は宗教法人になっている。頑なに宗教法人認定を拒否されていたオウム真理教としては、好き勝手なことをするためにはなんとしても宗教法人の認定を受けたかった。林郁夫から1988年に運輸大臣であった石原慎太郎に、状況打開の依頼がいったことは想像に難くない。実際、石原慎太郎は運輸大臣の肩書きを背景に東京都にプレッシャーをかけ、オウム真理教はまんまと宗教法人に成りおおせている。

で、通称「地下鉄サリン事件」(最初は「地下鉄で異臭騒ぎ」と報道していました。サリンは無色無臭なので、撒かれたのがサリンかどうかは実はわかりません)が起きたのが1995年3月20日でした。その直後の1995年4月14日に石原慎太郎は国会議員在職25年表彰の国会演説で突然の議員辞職を表明します。オウム真理教との関連性を追求させない代わりの議員辞職というバーター取引でもあったのでしょう。

石原とオウムの関係は4つくらいあるようです。

http://www.asyura2.com/12/senkyo130/msg/691.html

項目だけまとめてみるとこうなります。

  1. 石原慎太郎の弟裕次郎の手術の執刀医がオウムの林郁夫だった
  2. 石原慎太郎の圧力でオウム真理教は宗教法人になった。
  3. 石原慎太郎は、オウム真理教への資金提供を行っていた。
  4. 石原慎太郎の四男は「オウムの幹部」だった。

こんな男がほとぼりが冷めた頃に東京都知事になるのですから、選挙不正がなかったとすれば都民の民度がそこまで低いという事になります。

こんな人間が豊洲市場の開拓に関わるとこういう事になるわけで、私としては別に以外でも何でもありません。

そもそも、ガス工場の跡地に生鮮食品を扱う市場を作ろうという時点で頭がおかしいでしょう?

工場の跡地って、土壌汚染が凄まじくて住居を建てようとすると土壌改良に多額の費用が掛かるのでなかなかそうは出来ません。営業施設の方が基準が甘いので、「利便性が良く地価も低くなさそうな場所なのに、不思議に平屋のコンビニが建ってる場所」とかは、大抵は工場の跡地です。

安倍晋三とオウム真理教

これについては別記事にしてありますが、安部家とオウムの繋がりも指摘されていますね。安倍晋三と殺された村井秀夫には「神戸製鋼」という共通点もありますしね。

[島津論文]福島第一原発4号機が爆発した理由
その筋のクラスタでは有名すぎる記事なので「何を今さら…」と思われる方もいらっしゃるでしょうが、一度読んでおいて損はない記事なので紹介しておきます。島津論文通称...

彼の祖父である岸信介は、戦時中に原子爆弾のプロジェクトを育て、戦後は首相として、一般の核開発計画を制定した。彼の父安倍晋太郎(元外相)は、1980年代にロシアと取引をして、ロシア-日本カレッジを後援しているが、ここはオウム真理教(外国諜報機関のフロント)に運営され、崩壊したロシアから軍事科学者を雇っていた。

ニホンで偉くなる人って大抵軍産複合体との関係があるんですね。

今後の予想

石原慎太郎が都民のカネを使いまくってもマスゴミはあまり叩きませんでした。猪瀬と舛添は用済みになった時点で叩かれまくりましたけどね。

今回の豊洲市場の件にしても、このタイミングで石原が切られた意味を考えなくてはなりません。都知事選では定番となった不正選挙で小池が勝ったという事は、他の候補よりも小池の方が今の政権(もしくはその背後の支配者層)にとって都合が良いから当選させてもらえたのです。

[不正選挙]今度は都知事選で小池百合子を勝たせるようです[仕込み済み?]
TVでも新聞でも、選挙結果の分析や勝手な選挙結果の予想ばかり行われていますが、不正選挙について言及するメディアは皆無です。周囲の人々に話しても不正選挙の話にな...
[不正選挙]やっぱり小池を勝たせました。次は約束を破るターンです[出来レース]
東京都知事(不正)選挙が無事に?終わりました。私が予想した通り小池百合子が圧勝した事になっていますね。特に共産党がわかりやすいですが、野党の役割は「わざと与...

豊洲市場の本当の問題点は「盛土がされていなかったこと」ではありません。「環境基準の4万倍の土壌汚染があって、人が住んだり食品を扱ったり出来る場所ではない」という事が問題です。要するに「豊洲に市場を建てる事は出来ない」のが問題なのに、マスゴミはどこもそれに突っ込みません。

小池の役割は何でしょうか?今後の可能性はいくつか考えられます。

  1. 改めて基礎工事からやり直して多額の税金を投入する
  2. 付け焼刃の改良工事をすることにして多額の税金を投入する
  3. 豊洲以外の場所に新市場を作ることにして多額の税金を投入する
  4. 築地市場を存続させることにして、築地市場の改築工事に多額の税金を投入する

個人的には2か4ではないかと思いますが、さらに税金を使うことだけは間違いありません。マスゴミは犯人探しを「しているふり」をしていますが、こちらについても一番の問題点は「公共事業が失敗した時に誰かが賠償責任を負うというシステムが完備されていない」という点です。

一応システム上は、住民訴訟で勝訴すれば、当時または現在の知事に個人賠償の責任を負わせる事は出来ますが、「数千億円規模の公共事業の賠償を払えるような者が知事になっているわけではない」のですし「知事の指示に反して現場(職員)が不正をしても、職員に個人賠償責任はない」のですから、このシステム自体もあまり意味のないものです。知事に自己破産されたらそれで終了ですからね。

大阪を壊しまくった橋本という男は、さっさと豊洲に移転しろと言った上で、「移転までの施設維持費1日700万円はどうするのか?」とか言ってますが、地下の空洞が発覚する前の発言とはいえ、言ってることが無茶苦茶過ぎます。

http://blogos.com/article/188640/より

築地移転問題は既存の業者を新施設に移す時に必ず出てくる問題の典型。メディアが面白おかしく問題視していることがどれだけ実態を表しているかは疑問。施設の不具合は実際に稼働してみないと分からない。だからまずは移転。

ガス工場の跡地で土壌汚染が凄まじい上に、毒性が高い上に引火性まであるベンゼンが施設内で検出されているのですが、「実際に稼働してみないと分からないからまずは移転」って、稼働してみたら働いている人はベンゼンを吸い込み、下手すりゃ引火して大惨事になるんですが、市民の安全に対する責任を持っている行政側が「とりあえず稼働してみて問題が出たらそれから考えればいい」って、お前は一体何を言ってるんだ?というレベルのお話ですね。

まあ、そんな発想で作られちゃったのが原発で、高速増殖炉もんじゅが役立たずのまま終わる事が確定した今、プルサーマル(和製英語)計画は完全に頓挫しました。やってみなけりゃわからないと言って原発を稼働してMOX燃料まで使って、不思議な地震と津波でフクイチは爆発し、今もこの国は「原子力緊急事態宣言」が発令中で未だに解除されていません。

レベルとしては原発の方が遥かに影響が大きいですが、都民の食卓を支える市場の食品を扱う場所が、ガス工場の跡地って時点で頭がおかしいでしょう。

冗長になってきたのでここで終わりますが、市場経由の食品を買うのはやめて、出来るだけ安全な食材を取り寄せたりしないと、原子力緊急事態宣言下の関東東北では、天寿を全うすることは難しそうですね。

アクセス数アップに御協力いただける方は以下をクリック!
にほんブログ村 車ブログへにほんブログ村 バイクブログへ

twitterはじめました
スポンサードリンク

コメントをどうぞ