[不正選挙]衆議院北海道第5区選出議員補欠選挙[ここはピョンヤン?]

スポンサードリンク

衆議院北海道第5区選出議員補欠選挙では、自滅党自民党公認の和田よしあき氏が、野党が連携して支持した池田まき氏を僅差で破って当選したようです。

ネット上では「自衛隊駐屯地では和田氏の支持が圧倒的に高かったから、自衛隊員やその家族は自民党を支持しているんだ!」みたいな嘘デマが流れているようですが、本当にそうなのでしょうか?

不正選挙2012以来、私はあらゆる選挙結果について「不正選挙の可能性もある」という前提で検討しています。今回はどうだったのでしょうか?

今回の補欠選挙で明らかにおかしかったのは千歳市の開票結果です。まずは開票率62.8%の午後10時時点での開票速票を見てみましょう。魚拓以外は既に消されているので貴重な証拠です。

FB_IMG_1461824784109

22時の時点で池田真紀氏がリードしています。ところが22:14に和田義明氏の当確が出ます。

で、最終的な開票結果なのですが…

北海道選挙管理委員会 投・開票速報 衆議院北海道第5区選出議員補欠選挙【平成28年4月24日】

市区町村別候補者別得票数

20160429

奇跡の大逆転劇ですね。まとめてみます。

  • 22時00分時点 開票率 62.84% 和田よしあき 12,000票 池田まき13,500票
  • 開票結果(確定) 和田よしあき 25,591票 池田まき 14,439票
  • 投票者数   40,582票 有効投票総数 40,030票
  • 無効投票総数  548票 22時から確定までの開票数は14,530票。
  • そのうち、 和田よしあき 13,591票(93.54%)池田まき 939票( 6.46%)

当確が出た途端に流れが変わって?それ以降は開票の93%以上が和田よしあき氏への投票だったようです。こんな事があり得るでしょうか?

この支持率はプーチン以上で金正恩並みです。千歳市はいつから平壌になったのでしょうか?

確かに千歳市には自衛隊の駐屯地があり、隊員数は約9100名、家族やOBを含めれば人口の26%が自衛隊関係という話もありますが、自衛隊員やその家族も人の子です。アメリカの戦争に日本も参戦できるようにするような安保法案に賛成する者が9割を超しているなんてバカな話はありません。

そもそも、自衛隊を志願する者のほとんどは、日本の自衛隊は災害救助活動がメインで、憲法9条の抑止力によって「戦争に行かなくても済むから」自衛隊を選択していると思われます。

幹部候補生で前線にはまず行かなくて済むような防衛大学の卒業生ですら、安保法案後は任官拒否が倍増しているという現実がある中で、現場の自衛隊員とその家族が安倍自民を支持する理由などありません。特に本人はともかく妻などの「家族」は、戦争に行くリスクが少ない方に投票する可能性が圧倒的に高いです。

防衛大「任官拒否」が倍増…安保法で“自衛隊離れ”急加速

投票所に行って投票した事がある人ならわかる事をまとめてみましょう。

  • 無記名で投票ブースで記入するので、誰に投票したかを他人に見られる心配はない
  • 不思議にツルツルな用紙に鉛筆で書かされる
  • 期日前投票箱がどこで保管されているのかよくわからない
  • 投票箱は不透明で中身は見えない
  • 投票所と開票所が別の場所なので移動中にすり替えられても気付けない
  • 出口調査なんて滅多に遭遇しないのに、出口調査だけで開票と同時に当確が出たりする

和田氏の当確が出た22:14の時点では、千歳市だけでなく総数でも池田氏が上回っていました。どうしてここで当確が出せるのでしょう?

ちなみに22時以降に開票されたのは14,530票です。それまで池田氏だった千歳市ですが、仮に残りの票の得票率が50%ずつ(7,265票ずつ)だったとしたら、総数でも池田氏が上回って当選していたハズです。

おかしいですね。不思議ですね。「開票不正があった」とする前提ならば矛盾は生じませんが、「不正などなかった。和田票だけは別に積まれていて22時以降に一気に数えたんだ」みたいな話には矛盾があります。

クドくなるのでこのあたりでやめておきますが、最後にとある有名人の発言を引用して終わっておきます。

「票を投じる者が決定するのではない。票を数える者が決定するのだ」

byスターリン

アクセス数アップに御協力いただける方は以下をクリック!
にほんブログ村 車ブログへにほんブログ村 バイクブログへ

twitterはじめました
スポンサードリンク

コメント

  1. マイケル より:

    rakuchi様こと管理人様のツイッターを見させてもらいました。
    過去に小沢一郎氏にも不正選挙についてツイートしてたんですね。
    評論家の渡邉哲也氏は管理人様のツイートに対して、(言ってる内容はともかく)リツイートして答えてくれてましたね。
    小沢氏は年頭の生活の党の記者会見(2016.1.4 生活の党と山本太郎となかまたち定例記者会見の)でも田中龍作氏から開票時に不正の疑いがある、実際に逮捕者も出ていると言われ、どのように開票するかよく知らない、開票時に機械を使っている事も知らない、と知らバックれてます・・・
    https://www.youtube.com/watch?v=wefpUNFrg64 の14~23分
    この動画、余程都合が悪いのか途中で音が極端に小さくなってますw

    国政選挙のみならず地方の首長選挙でも全国各地で毎月、毎週のように不正選挙が行われているのに、来る参院選でいくら野党が戦争法廃止、安倍政治を許さない、と叫んでも多くの選挙区でこの北海道の補欠選挙みたいに接戦で与党は共産党含めたオール野党統一候補から猛追されながらも辛くも逃げ切りました、みたいな票操作をされるに決まってます。
    小沢一郎も福島みずほも不正選挙について知らないはずが無いんです!
    あるいは参院選で与党が3分の2取れなくて憲法改正国民投票が行われなくても(もし行われたらムサシで59対40位の賛成多数で自民党改憲草案みたいなのが新憲法になるのでしょうが・・・)、不正選挙安倍偽政権がアベノミクスだの秘密保護法だの戦争法だので十分無茶苦茶やってきたし日本をズタズタにしてきたのでそのうちお役御免となり、また民主党みたいに政権交代をやってある程度マシな政策をやって国民の不満、怒りのガス抜きをするかも知れません。
    しかし、中央銀行を解体して通貨発行権を政府に持たせるとか官僚がやりたい放題出来る現在のような議員内閣制を改めるとか選挙を不正が出来ないようにオープンにやるとか抜本的な所を改善しない限り、我々国民はずっとこの先も奴隷家畜のような身分のままでしょうね・・・

    P.S. 私は以前「アルファ」というHNで中央銀行制度や民間銀行の信用創造が詐欺制度だと投稿したりしましたが、最近同じ「アルファ」というHNで別の人が投稿していたので「マイケル」に変えます。

    • 取締り110番 より:

      コメントありがとうございます。

      そもそも無記名の秘密投票というシステムは支配者層側が作った選挙システムで、記名投票で後で検証可能な選挙システムに変えない限りは常に不正の余地がありますね。

      従って、「不正選挙」という表現ですら不正確で「選挙という不正なシステム」によって支配され、民主主義という幻想を与えられて自分が奴隷である事に気付いていない国民ばかりというのが現状なのでしょうね。

      小沢一郎が今さら保身に走っているとも思いませんが、おそらく彼は「選挙という不正なシステム」とか「中央銀行制度という詐欺システム」を改めるのは今すぐには不可能であると判断した上で、このような不正システムや詐欺システムに乗っかった上で出来る「対処療法」をしたかったのではないかと思います。

      小沢鳩山政権は今から見れば「まだマシ」でしたが、民主党は強引に数を集める為に政治の素人ばかりが集まってしまって実務能力が低かったと思いますし、管・野田・枝野・前原・岡田などの自民党のスパイか松下政経塾出身のグローバリストを抱え込んでしまっていたという問題もありますね。

      それでも小沢が党首になれば「もう少しマシ」な状態にはなったかもしれませんが、CIAの手先である地検特捜部に狙われて「違法行為ではない上に仮に違法であってもどうでも良い問題」で強制起訴されて政治生命を断たれました。鈴木宗男をハメた時もこんな感じでしたよね。

      無記名の秘密選挙は常に不正が可能ですから、民主党代表選でも自民党の総裁選でも日常的に不正が行われているでしょう。

      票を投じる者が決めるのではない。票を数える者が決定するのだ。(スターリン)

    • マイケル より:

      記名投票の選挙システムでも宗教団体や業界団体に入ってて別の候補に入れてばれたら都合が悪くて嫌だと言う人もいるでしょうから完璧では無いでしょうが、現在の日本の選挙システムは期日前投票箱もすり替え放題、再開票もムサシのソースコード開示も選管や総務省や裁判所が認めないんだからデモ参加とかツイッター、FB、あるいは管理人様みたいにブログをやって自分の時間と労力を切り売りしてでも意思表示して世論を盛り上げるしか道はないですよね。
      マスコミも記者クラブ加盟メディアがあちら側の情報を垂れ流して、ニュースで「安倍内閣の支持率は54%」(5と4の間に小数点付け忘れてるよ、ってツッコミたくなりますがw)なんて堂々と言ってますし・・・
      RAPTブログ読んでると原発事故のあった福島やウクライナが裏社会の悪魔崇拝者達にとってそこに住む人々を追い出してどうしても手に入れたかった土地(最近人工地震のあった中央構造線上にある熊本もそう)だったようなので、311は小沢や福島みずほに政権交代させて民主党政権時に人工地震で起こす予定だったんじゃないかと思うんですがね。共産党も2009年の総選挙の時は小選挙の立候補者を半分強に減らして野党に援護射撃してましたし、今回の参院選も同じように野党と選挙協力してるから何か裏があるんじゃないかと私は勘ぐってます。

      • 取締り110番 より:

        記名投票システムは、一人一人が自分の行動に責任を持てる事が前提ですから、団体からの強調圧力に屈する程度の意志しかない人は棄権するか他人に判断を任せるしかないでしょうね。ならばなおさら秘密投票システムなのに千歳市民の自民党支持率の高さが説明つかないですよね。バレないんだから自衛隊員も家族も安保法案なんか支持しないでしょうw

        SNSを利用した情報流通にももちろん意味はありますが、テレビと新聞の影響力は未だに絶大なものですし、ネットに関しても主要メディアのニュースしか読まないなら新聞と変わりません。少し調べれば真実に迫るサイトに出会える良さはありますが、それって「報道されている事実を疑ってみた人」しかたどり着けないものでもあるんですよね。だから、私のサイトにたどり着いている時点で「警察は絶対に正しくてミスなんかしない」とは思っていないワケで、警察が正しいと信じている人は一生そのままです。世論が盛り上がる可能性は低いでしょうし、盛り上がった所でマスゴミが黙殺するので広まらないでしょう。

        RAPTブログもたまに読んで参考にはしていますが、彼は彼で一神教の価値観が多分に入り込んでいるので真理は語っていないでしょうね。悪魔崇拝が予想以上に広まっているのは事実だと思いますが、チェルノブイリはともかくフクシマに関してはむしろ住民を戻そうとしていますからね。人工地震(これは事実でしょう)が起こせる程の力がありながら、フクシマから庶民をパージしなかった(自然に死ぬのを待つよりも強制避難させてしまう方が早いです)理由がわかりませんね。

        参院選についてもどうせ不正をやるでしょうから結果は読めません。国民がどう思うかではなく、開票システムを操作する側がどういう結果を出そうと思っているのか?ですからね。外れて欲しい予想としては、参院選直前に「消費増税再延期!」を言い出して自公が3分の2以上を獲って圧勝→改憲しちゃえば基本的人権がなくなるので後はやりたい放題、というコンボじゃないですかね…

      • マイケル より:

        これだけインターネット、スマホが普及し自分で調べようと思えば調べられる世の中で、これからはあちら側の人達を除けば覚醒者と非覚醒者の二極化が進むでしょうね。覚醒者はどんどんネットや雑誌から能動的に情報を取って更に覚醒が進むでしょうし、そうでない人はパソコン、スマホを持ってても自分から調べようとせずに御用メディアの垂れ流す情報を信じ続けるでしょう。
        交通反則通告制度にしても、違反を否認したら99%以上不起訴で反則金は払わずに済む、更に調べると、切符は警察がデスクワークで捏造出来て勝手に他人の免許に点数付加出来る、交通違反は少なければいけない筈なのに何故か反則金を財源とする「予算」が毎年計上されている、しかも各県警は交通事故が多い程たたくさん交付金がもらえる、とありえない現実を知ることが出来るのです。
        確かにテレビ、新聞を中心とする記者クラブ加盟マスコミの影響力は大きいですが若い世代はほぼ携帯スマホを持ってますし、自民党に対する信頼感や共産党や赤旗等に対するアレルギーも高齢者程は高くないでしょう。それに近年デモが急激に市民権を得て参加者も増えてますし、私も去年、京都、大阪で戦争法案反対のデモに何度か参加しましたがSEALs(これ自体はあちら側っぽいですが)やSADLが主催団体に入ってると若い人達や学生さんもそれなりにいましたので、それ程悲観はしてないですけどね。

        あと一応RAPTブログの受け売りをしますと福島については「秦氏」が遷都したがってて、放射能汚染のデマを流して住人を追い出してタダ同然で土地を手に入れると同時に、放射能は危険じゃない、という言質も学者や陰謀論者(最近支援者に訴えられたリチャード何たら等)に流させて住人をある程度帰還させて福島に首都移転させたいようです。RAPT氏も放射能も電磁波も危険じゃないとブログで主張しています。

        別に私もRAPTブログが絶対に正しいとは思ってませんし、どの問題、疑問も管理人様がよく言われるように各自自分で調べて結論を出すのが一番だと思います。

        • 取締り110番 より:

          ですね。自分で判断して決めた事の結果ならば悪い結果が出ても納得は出来ますからね。

          だからこそ、秘密選挙という不正選挙システムが問題で、民主国家ではないので「自分達で決めたわけでもない法律に縛られて、法律を破ると逮捕・立件・起訴されて有罪になる」というあたりが嫌でたまりませんね。

          フクイチに関しては島津論文が真相に近い部分を突いていると思いますね。ニホンのマスゴミがこれを黙殺して全く報道していないあたりも傍証としては根拠になり得ますね。

  2. たーさん より:

    数あるブログで、あなたの評論を一番高く評価し、参考にさせていただきました。
    ありがとうございます。

    【北海道5区補選・池田まき選挙の不思議】 

    めずらしく100%感情移入出来た。こんなに選挙にのめり込んだのも久しぶりだ。
    「北海道5区補選」の1カ月だった。自公VS野党共闘のガチンコ勝負だったが、自分の選挙区でもないのに熱が入った。勿論、野党共闘推選候補・池田まき氏(イケマキ)にである。

     最初は、ネットで何気なくSNSを眺めていた。そのうち段々と彼女の生い立ちや人柄にのめり込んで行った。誰に指示された訳でもない。結局、新札幌の立ち合い演説会に3度、蓮舫、辻元清美、山本太郎の応援演説を目の前で聞いた。千歳では鳥越俊太郎講演に、若者との対話集会では、シールズの奥田愛基と若者たちの政治に対する想いを聞いた。
    全国電話かけ作戦に参加。何十件も電話をかけて、「イケマキよろしく」を電話口でお願いした。
    選挙運動最終日には、午後8時過ぎ、江別・野幌、通称「たこ公園」に集結、たくさんの群衆の中で、ペンライトを振って気勢を挙げ、盛り上がりも沸点に達した。

    誰に頼まれた訳でもないのに、自分のことのように駆け抜けた1カ月ではあった。

    4月24日投票日の夜、午後9時過ぎから開票が始まり、それまで51対49で僅かにリードしているにも関わらず、午後10時過ぎに、殆ど突然、「当確」が自公候補の和田よしあき氏についたのだ。目の前が真っ暗になった。

    SNSの仲間に送った一文
    ******************************************************************
    Kさん、お疲れさまでした。固唾を呑んだ開票結果は、深夜にアップされたのですね。
    最終日、江別野幌、通称「たこ公園」で秘かに、逢えるかと期待して行ったのですが、
    逢えませんでしたね。現地最期は盛り上がりましたね。市民の湧き上がる想いを実感し
    ました。イケマキは絶対活けると信じていました。でも・・・。

    私の「電話掛け地域」は、たまたま千歳でした。感触としてはそんなに悪くなかった
    のですが、でも簡単に「はい、分かりました。」という人はダメだろうなと思いました
    よ。その千歳と恵庭の得票数の差が、勝敗を決めましたね。庶民は安保や原発よりも、明日の飯、目の前の景気対策の方を優先するものなんだと、
    選挙の度に感じていましたけど、熊本で、一生懸命、瓦礫処理する自衛隊員の姿もタイ
    ムリーだったかも知れませんね。相手陣営を見回す余裕などなかったですが、鉄のよう
    な組織票に阻まれましたね。

    私感ですが、戦後70年、国民の政治に対する理解度はまだ「幼少期の終わり」にある
    と思います。GHQの「3S政策」や元々保守的な日本的風土が、中々、変革を許さな
    いのでしょうね。結局、これだけ盛り上がっても、42%強の人は、それぞれ事情があ
    るにしろ、政治に無関心な訳です。投票率さえ上がっていれば間違いなく、イケマキが
    勝てましたね。

    大変な数カ月でしたが、イケマキさんも、よく頑張りましたよね。
    こころに「勇気」と「希望」を持って、次のチャンスに駆けて欲しいですね。

    ******************************************************************

     5区の選挙権もないのに、池田まきさんの支援を1カ月続けてはっきり確認したことがある。
    補選の間じゅう、「現代版ジャンヌ・ダルク」という声をあちこちで聴いた。久々に聞いた決戦の後の演説も絶妙でしたね。必ず我々市民の手で、再び国会に送り出そう!!

     と、ここまでは、残念、落選やむなしの普通の人の感情だった。

     だがどうだろう。にわかに信じ難いが、ネットのあちこちで、今回の選挙が「不正選挙」だという狼煙(のろし)が上がった。普通なら、負け組のただの「犬の遠吠え」でしかない。
    いろいろ個人的にも調べているうちに、何ともつじつまの合わない現実にぶち当たった。

     4月24日(日)午後10時現在の「千歳市選挙管理委員会」の開票速報によると、(現在もそのページはネットで視られる)。

    開票率62.84%で、池田まき13,500票、和田よしあき12,000票で、1,500票池田まきがリード。

     ところが、開票結果の確定は午後10時40分「判明済」で、和田よしあき25,591票、池田まき14,439票で決着。千歳市内30カ所の投票所集計がなされたことになる。

     千歳市の総投票数は40,582票で有効投票数は40,030票である。無効投票数548票でした。午後10時から午後10時40分までの開票数は14,530票だ。内訳は和田よしあき13,591票(93.54%)と池田まき939票(6.46%)である。期日前投票13,177票は何処でプラスになったか不明ではあるが、激しいデットヒートを繰り広げられているのに関わらず、午後10時15分頃には、和田よしあきに「当確」が出て、しかも9割を超える票が、一方的に和田よしあきに入るのは、どう考えても不自然だ。ありえない数字のマジックだ。

     実は北海道選挙管理委員会と5区8カ所の各市・各地域の選挙管理委員会の繋がり、もしくは連絡手段は、ほんとうのところは良く分かっていない。だが、ひとつだけ云える真実は、統計的にも不作為にも、たった40分で93.54%と6.46%という、太陽が西から昇るような大逆転はあり得ないということだ。

     千歳市選挙管理委員会のホームページにあるように、概ね、エクセルによる集計結果のやり取りではなかったか。集計機ムサシによるバーコードの読み取りを500票×27束、和田票にすり替えたとか、ムサシ取り扱い会社と自民党の癒着だとか真偽の程は一切わからない。
    隣の恵庭市でも、選挙人名簿と実際の有権者との乖離397人分を選挙後、修正している。

     でも、自民党の切り札・小泉進次郎が、2度も応援演説にやって来た時に、別なSNSで、自民党支持の仲間が苦しそうに呟いていた。5時間かけて札幌・厚別にやって来たのに、たった15分の演説で、その内容も「昨日突然、党から行けと言われた。」とボヤキばかり。
    肝心の北海道に関連の深いTPPも、経済政策の話しもなかったという。4月14日は進次郎の誕生日だったらしい。これはあくまでも来札1度目の話しである。イケマキの攻勢が頷ける。

     ここからは類推でしかないが、確かに熊本で、瓦礫や崖崩れの処理をする頼もしい自衛隊員の姿もあったが、安保法制で、我が息子をを戦場に送り出したいと思う親は、正直、棄権するか、反自民票に傾いたのではないか。現に投票数は伸びてはいない。千歳市全体の25%くらいの有権者が自衛隊員の家族であったり、血縁や地縁であるらしい。
    千歳は、過去もそうだが自民党の強い地盤である。でもどこかで、「商社マンのエリートより貧困の苦労人」へ、地殻変動が確実に起きていたのではないだろうか。
    全体的にも、無党派層の票の7割が池田まきに入ったと伝えられているが、意外に投票数が伸びなかったことも、あれほど池田陣営は盛り上がったのに、摩訶不思議ではある。

     もし、この不正?が事実とするならば、単に選挙違反というだけでなく、市民の熱烈なる支援は無と化し、天地神明、民主主義や人道主義、倫理の荒廃は、最早取返しのつかない終末を迎えているといっても過言でない。公務員の罰則規定を強化したという「特定秘密保護法」に、果敢に情報公開を迫るべきではないだろうか。

     過って、ウォーター・ゲート事件で有名な「大統領の陰謀」も最初は小さな川の流れから始まった。
    池田まきさんの関係者、弁護士、5区市民の徹底的訴求を期待したい。

コメントをどうぞ