[右も左も]都民ファーストが極右の野田数を代表に[作られた幻想]

スポンサードリンク

都民ファーストが代表に野田数という極右を据えるそうです。

だから私は以前から、こういうのは全部分割統治の手法に過ぎないと言ってきたのです。

今回の都議会議員選挙は、自民党 vs 都民ファースト と見せかけておいて、実際には

土建利権自民党(日本会議) VS ユダ金ファースト(日本会議)

だったワケで、どちらを選んでも支配者層の手先のメンツが変わるだけで、庶民の役に立つことなんか予算の10分の1も使わないでしょう。賭けてもいいですよ。

都民ファースト・新代表、野田数氏とは——「国民主権放棄」「公金横領疑惑」「ハレンチ豪遊」

 東京都の小池百合子知事は2日に行われた東京都議選の結果を受け、第1党に躍進した「都民ファーストの会」の代表を3日付で辞任する意向を明らかにした。党代表と首長の「二足のわらじ」に二元代表制の観点から懸念が示されていることを受けての即断だった。

「私は知事に専念する形で、代表は野田氏に戻していきたい」と語る小池氏だが、都民ファーストに投票した都民たちのなかには「小池さんが代表だから投票した」という思いがあるのではないだろうか。再度代表となる野田数氏に関してはどのような人物であるのか、まったく知らないという方も多いだろう。

 野田氏は2009年に自民党から都議選に出馬して当選。2012年に離党し、当時橋下徹氏が代表を務めていた「日本維新の会」との連携を目指し「東京維新の会」を立ち上げた。その後2012年都議会議員を辞して「日本維新の会」公認で衆議院議員選挙に出馬するも落選。翌年には再度「日本維新の会」公認で東京都議選に出馬するも落選した。

国民主権を放棄すべき

 野田氏は「東京維新の会」時代の2012年10月に『「日本国憲法」(占領憲法)と「皇室典範」(占領典範)に関する請願』を都議会に提出している。これは現行憲法を無効として戦前の大日本帝国憲法の復活を求めるという請願だ。「国民主権」を「傲慢な思想」と断じて「直ちに放棄」すべきという主張には、憲法改正を目指す勢力も膝を打つに違いない。この請願は反対多数で採択を免れ、維新の会の橋下代表にも「ありえない」と不快感を示され、連携も停止となった。

 2日のBS-TBS「週刊報道LIFE」都議選開票特番に出演した野田氏は、キャスターの松原耕二氏に、この憲法観は変わらないかと問われた。すると野田氏は「都民ファーストではその立場はとらない」と釈明。では当時なぜ賛成したのかと松原氏に突っ込まれると、「当時の石原サイドからの依頼で……。お付き合いで」と野田氏は言葉を濁した。

 憲法という国の根幹にかかわる問題についてのスタンスを“お付き合い”で決めるあたりは斬新ともいえるかもしれない。

公金横領疑惑

 13年の都議選に落選後、維新の会の事務局からの紹介でアントニオ猪木参議院議員の政策担当秘書を務めることとなった野田氏。しかしアントニオ猪木議員が「週刊新潮」5月25日号のインタビューで語ったところによると、野田氏は猪木事務所の公金を横領していたというのだ。

 猪木氏によれば、野田氏は事務所の文書通信交通滞在費や政党助成金を猪木氏に内密に差配し、自由にカネを引き出していたという。猪木氏の調査の結果「クラブやキャバクラでかなりのお金を使っていることが判明」したというのだ。また野田氏名義のクレジットカードの支払いが、アントニオ猪木後援会の銀行口座からされていたことなども発覚したと猪木氏は主張する。それらの疑惑の末、野田氏は秘書を解雇となった。

 その後猪木氏は不透明なカネの使いみちについて説明を求めていたものの、十分な回答が得られず、14年12月に告訴状を提出した。

「小池知事とは、付合いもないしよく知らない。人にはそれぞれ生きる権利があって、つべこべ言うつもりはない」という猪木氏。しかし「彼は今、権力の中枢にいるわけです。でも、私が指摘したような問題のある人だとは、誰も思っていない」と告白するに至った心境を語った。

 この疑惑を問いただした「週刊新潮」の質問状に対し野田氏は「これまで一度も警察や検察から事情聴取はおろか連絡を受けたことすらなく、また、猪木寛至参議院議員及び同代理人から上記金員につき着服したとして返還を求められたこともありません」と回答。金は全て猪木氏の指示に基づき猪木氏のために使ったと主張する。

 繁華街での遊びは今もお好みのようで、この報道の直後「週刊ポスト」6月2日号でポールダンサー嬢らとの「六本木ハレンチ豪遊」が報じられた野田氏。都政の第1党となったいま、都民の目はどこにでも光っていることを忘れないで頂きたい。

こういう情報を知って、「野田という奴は極右の改憲論者か!けしからん!」と思うだけではまだまだです。

そもそも、小池百合子自体が極右の軍国主義者(のフリをした売国奴)の一人に過ぎません。

支配者層の立場から見れば、担がせる神輿は軽い方が良いと思って安倍晋三にやらせてみたら、日本経済をメタメタにするという点は徹底的にやったが、馬鹿過ぎて脇が甘過ぎて、お友達に国富を配りまくっているのがバレバレになってしまったので、そろそろ頭をすげ替えようとし始めただけの話です。

都議会を都民ファシストに取らせたのは、土建屋利権でゼネコンにカネを流している都議会自民では、カネが国内だけで回ってしまって築地を含むオリンピック利権が奪いにくいので、小池を使って一旦御破算にしてから、気付かないうちに外資が入り込めるように制度改正させるつもりなんでしょう。

不正選挙は以前からやっていたでしょうが、2012年以降はなりふり構わない感じになってきました。

不正選挙2012

都知事選だって、猪瀬がなったあたりからは、「全選挙区で石原慎太郎の得票数×○○%で揃う」とか、舛添は舛添で「全選挙区で猪瀬の得票数×○○%で揃う」みたいな、本当の選挙をしていたら起こる訳のない奇跡が起きまくっていますから、集計プログラムが自由に操作出来るようになっているのでしょう。

ならば、今回の都議会議員選挙でもそれを使わなかった訳がありません。開票機や集計機の仕組みを知らない方はなかなか信じませんが、最近の選挙では以下のような方法で開票をしていることにしています。

  1. 期日前投票の箱は夜間は部屋で放置。監視カメラなし。
  2. 投票所から開票所へは車やタクシーで運ぶ。付いて行こうとすると警察が阻止する。
  3. 開票所では同じ候補者、同じ政党名をざっくり束ねて開票機に入れる。
  4. 開票機は長年自民党に献金をしていたムサシというメーカーがほぼ独占。
  5. 開票機から出てきたものを500枚単位で束にして、バーコードを貼る。
  6. バーコードを読み取るとパソコンに集計され、本部サーバーに送られる。
  7. 開票機も、本部サーバーの集計ソフトもソースコードは非公開。

選挙管理委員会を買収しなくても、人間にはバーコードは読めません。

例えば「小沢一郎」の束に貼られたバーコードを読み取ると、「安倍晋三」にカウントされてもまず気付きません。選管はハンコを押すだけで、そもそも開票機を選挙管理委員や立会人は操作できず、メーカーから派遣された技術者(笑)しか触れません。

昔は学会員が偽票作りとかを手伝わされていたかもしれませんが、今はその必要もありません。それでも期日前投票のすり替えくらいはやってるかもしれませんけどね。集計ソフトから目を逸らす為のスピンコントロールとして。

今回は都民ファシストを勝たせるシナリオだったのでしょう。

最初から得票数まで決めなくても、事前の調査である程度の票読みをしたら、後は候補者に対して「×0.7倍」とか「×1.3倍」というような変数を入力するだけで済みます。

最近の国政選挙では「野党の比例代表投票数×0.5倍」という変数が設定されていた可能性が非常に高いです。

だから投票所が混んでいても低投票率になるのです。野党に入れる人が増えれば増えるほど現実との乖離が激しくなりますからね。

民主党に一回政権交代したじゃないかですって?

国民に開票不正を疑わせない為には、たまにはガス抜きも必要です。与党だろうが野党だろうが、日本会議やら松下政経塾やらといった売国奴が紛れ込んでいるのですから、支配者層にとっては特に痛くも痒くもありません。

そういや阪神淡路大震災も、東北大震災も、何故か非自民党が政権を取っている時に起きましたね。野党にやらせてみたら国民の為に働き始めちゃったんで御仕置きのつもりなのでしょか?

話を戻しますが、都民ファシストが暴走を始めた時に「選んだ都民が悪い」とか言い出す輩が出るでしょうが、投票に関しては都民には責任はありません。開票結果が正しい保証が1ミクロンもないのですから。

票を投じる者が決定するのではない。票を数える者が決定するのだ byスターリン

安倍は改憲まで続投したいようですが、小池は日本初の女性首相を狙っていて、改憲も自らの手でやりたいでしょう。

どちらも選んでいないのに、勝手に巻き込まれるのは本当に困ります。

分割統治の基礎知識
交通違反や道路交通法とは直接関係のない話ですが、コラムとしてなら書いてもいいだろうと思って書きます。支配者層の圧政によって、我々の生活は日々脅かされているの...

アクセス数アップに御協力いただける方は以下をクリック!
にほんブログ村 車ブログへにほんブログ村 バイクブログへ

twitterはじめました
スポンサードリンク

コメントをどうぞ