「云々」を「でんでん」と読む安倍と正論を言う山本太郎

スポンサードリンク

G.W.ブッシュは「米国史上最もIQが低い大統領」と言われていましたが、安倍晋三は「日本史上最もIQが低い首相」の名を歴史に刻もうとしているようです。

まあ、不正選挙で首相を僭称しているだけですから、民意でも何でもないんですけどね。

スポンサードリンク

まさかそこまで頭が悪い

以下の動画は30秒ですので、「言い間違い」とか「滑舌が悪いから」が理由ではないことを理解するために一度は観ておきましょう。

民進党の蓮舫代表に対する答弁のシーンですが、この動画前のやりとりをざっくりまとめますと、

安倍:国会でプラカードを持って批判する奴らがいるがいかがなものか?

蓮舫:民主党政権時代は自民党もプラカードを掲げていた。その件の整合性は?

こんな感じです。

で、最後に自信満々に、安倍にしてはちゃんとした滑舌で

「訂正でんでんというご指摘は全く当たらないのであります!」

と言っちゃってるのですが、問題点は以下の2つです。

  1. 「云々」も読めないアホが首相を自称している
  2. こんな下らないやり取りにまで官僚が書いた原稿がある

1.は今更仕方がありません。だってアホなんですから。

私は「成長力」なんて一言も言っておりません!

ちなみに彼は成蹊大卒ということになっています。「蹊」が書けないならまだわかりますが、「成」の方が書けない。予想を上回る馬鹿です。

安倍には自分の言葉で語れるだけの知性はありませんから、答弁は全て官僚が下書きをして、安倍のIQでは読めなそうな漢字にはふりがなを振る決まりになっています。

「他人事」「表す」あたりで既に読めるかどうか怪しいということですね。

で、今回の原稿では

「訂正云々というご指摘はまったく当たらないのであります。」

と、ふりがなが振られていなかったのでしょう。

困った政府は「云々と伝々は似ている」というようなアクロバット擁護を展開していますが、そもそも日本語に「伝々」なんて単語は存在しません

漢字が似ていたら読み間違えたりするでしょうか?

「輪」と「輸」は似ていますが、車の話をしている時に、「車輪」をうっかり「車輸」だと思って「しゃゆ」とか読んでしまう事がありますか?

いいえ。ありえません。むしろ「車輸」と誤記されていても、文脈の流れで「しゃりん」と読んでしまう方が普通です。

まさかそこまで頭が悪い。それが安倍晋三です。

山本太郎の正論

山本太郎は元役者です。当然原稿も用意されていますが、時間を見ながらしっかりとした論理展開で安倍政治の異常性を指摘しています。

以下の動画は21分ありますが、山本太郎の質問は10分程度ですので、消される前に一見の価値はあるかと思います。

時間がない方は以下のサイトに文字起こしがあります。

山本太郎議員初代表質問(文字起こし)

山本太郎が素晴らしいというよりも、この程度の当たり前の指摘が出来ない他の政治家が無能(もしくは心の底から国民の生活などどうでもよいと考えている)というのが問題です。

その根源は不正選挙が余裕で可能な選挙制度そのものにあります。

これをどうにかしない限り、あと100年経ってもニホンは民主国家にはなれないでしょう。

アクセス数アップに御協力いただける方は以下をクリック!
にほんブログ村 車ブログへにほんブログ村 バイクブログへ

twitterはじめました
スポンサードリンク

コメント

  1. とし より:

    総理自体、操り人形に過ぎないんじゃないですかね?
    なんで自分が総理大臣になってるかも、なぜ国会に出ているのか、政策や自分が今何に取り組んでるかわからない、知らないんじゃないでしょうか、「とりあえずこう言っといたらいい。」と誰かに言われてそのまま代弁しているのかも。

コメントをどうぞ