切符を切られても諦めない!後で出頭して切符が撤回された事例!

スポンサードリンク

以前いただいたコメントの中に、私でも経験した事のないレアケースを体験した方からのものがありましたので掲載しておきます。

太字や見出しは私が追記しました。

スポンサードリンク

最初のコメント

地震は大丈夫でしたでしょうか (らら)

2011-04-04 23:22:44

この度は大変参考になりました。
わたしは、右折禁止のところを曲がって切符を切られたのですが(署名してしまいました)、悔しくて検索していたところ、こちらにたどり着きました。

「無視すればよい」とのことだったのですが、負けず嫌いのわたしは警察に出向きました。

まず「告知書の事実は仕方がない。が、説明をお願いします」と伝え、説明を求めました。
(ちなみにICレコーダーはこの後から開始)

・道路交通法第1条、警察官職務執行法第5条において、危険防止としてまず警告をしなかったのは何故か?
厳重注意処分という扱いも出来るのに、告知書の交付という厳罰に処さなければならないほどの可罰的違法性の根拠の説明を要求。

(ちなみに、現認者に「対向車線の先の信号は赤で交通の流れは止まっていた・対向車が道を譲ってくれていた状況でも告知書という厳罰に処した根拠の説明も求めました)

少し揉めましたが、「説明を求めているだけです」と貫きました。

で、質問が終わってから

「告知書の裏に記載されている通り、違反金は任意とのことなので、裁判所で争います。その際、こちらの記録を証拠とします」

と伝えたら対応が変わって、厳重注意(書類は誤記)扱いになりました!

(田舎だからですかね?)

ほんとうにありがとうございました。

お礼を言いたいのはこちらの方ですね。2度も行政訴訟を起こして敗訴した私は、いつの間にか「反則点は取り消せないもの」という先入観を抱いていたようです。

抹消上申という方法がある事は最近知りましたが、悲観的に「どうせ警察にコネのある有力者の違反しか抹消なんかしないんだろ?」と思っていました。

しかし、このららさんのケースが事実ならば、切符を切られても諦めずに所轄に乗り込んでみる価値があるということを意味しています。

もちろん、これはレアケースだとは思います。通常は検挙から所轄に戻ると、その日のうちに違反登録をしてしまいます。違反登録をすると運転免許本部のデータベースに保存されてしまいますので、これを後から取り消すには、上司の決裁が必要な抹消上申しかありません。

ところがこのケースでは「書類は誤記」という扱いをしたということは、まだ違反登録をしていなかった事を意味します。「書類は誤記」という処理は、現場で切符を取り下げた場合に使われる言い訳であって、違反登録後に単なる誤記を理由に抹消上申をするとは考えにくいです。

追加のコメント

そんなレアケースを勝ち取ったららさんから追加のコメントをいただきましたので以下に引用します。

遅くなってすみません (ららです)

2011-04-24 11:06:53
すみません、お返事をいただけているとはつゆしらず、遅くなりました。

今更ですが、お返事させていただいてよろしいでしょうか(汗)

①警察に出向いたのは検挙の何日後でしたか?

当日です。
午前10時ごろ右折禁止で捕まり、その後家に帰ってネットをしていたところ、こちらのブログにたどり着きました。食事もせず、こちらのブログを参考にさせていただき、参考にさせていただいた部分、必要な法律概要(道路交通法第1条、警察官職務執行法第5条)をコピーし、こちらのブログを参考にICレコーダーを持っていきました。
警察にのりこんだのは15時ごろだったと思います。
自分とは思えないくらい行動的でした^^;

②そこでららさんに応対したのは検挙した警官でしたか?それとも別の警官でしたか?

最初は、告知書を切った警官を指名し、現認者もよんでもらいました(告知書を切った警官と、現認者は別でした)私が上記説明を求めた時点で巡査部長も出てきました。

③対応した警官の階級を覚えていらしたら教えて下さい。(巡査・巡査部長・警部補など)

最初に指名した警官は2名とも巡査、実際に厳重注意扱いにしたのは巡査部長でした。
説明を求めてからは巡査部長が発言していました。

警察署に乗り込む

警察とのやりとりの流れ (ららです)

2011-04-24 11:24:39

私は右折禁止のところを曲がってしまったのは事実だったので、はじめにそこは認めてしまいました。。。
(認めたところはICレコーダーにはとりませんでしたが)

ICレコーダーを取り始めた後はこのようなやりとりでした。

ららさん
この度はお忙しいところすみません。少し腑に落ちないところがあって説明をお願いしたいのですが。

(ここで待たされて、巡査部長が来ました)

ららさん
まず、私が違反を切られたのは○○巡査と○○巡査ですが、まずお名前と階級お伺いできますか

警察
○○です(かなり嫌々)

ららさん
ありがとうございます。今回の件で、厳重注意処分という扱いも出来るのに、告知書の交付という厳罰に処さなければならないほどの可罰的違法性の根拠の説明をお願いします。

警察
あなたはなんなんだ

ららさん
何というのはなんですか?

警察
不服があってごねにきたのか?

ららさん
いえ、聞きたいことを伺いに来ました。で、先ほどの質問のことを伺いたいのですが

警察
決まった交通ルールを違反したからだ

ららさん
いえ、私がききたいのは厳罰に処さなければならないほどの可罰的違法性の根拠です

警察
決まった交通ルールを違反したからで、警官が判断することだ

ららさん
今回はなぜ判断されたんですか

警察
決まった交通ルールを違反したからだ

ららさん
納得のいく説明はいただけないのですね。現認された○○さんに聞きたいんですが、対向車線の先の信号は赤で交通の流れは止まっていた・対向車が道を譲ってくれていた状況でも告知書という厳罰に処した根拠をお願いします。

警察
関係ない。交通ルールを違反したからだ

ららさん
○○さんにきいたんですが

警察
誰に聞いても同じ回答だ
ららさん
誰に何を聞いても説明はいただけないんですね。では次の質問お願いします。本当に道交法に基づいた取締りであれば、現認した警官が後を追いかけて処理すべきで、今回の取締はどうなんですか?道路交通法第1条、警察官職務執行法第5条において、危険防止としてまず警告をしなかったのは何故ですか?

(告知書の交付をした警官は見通しの悪いところにおり、彼に現認は不可能で、事実後から別の警官が後ろから来ました。(現認した警官は、こちらが確認できるところにはいませんでした。)

警察
適正だった
ららさん
どう適正だったのですか?
警察
それを説明する義務はない
ららさん
ではこちらが求める説明はいただけないのですね。わかりました。ありがとうございました
警察
違反したくせに、ごねる非常識者が最近多くて。人道的には自分がおかしいことをしているとは思わないのか。どちらにしても、今回の処置は適切でどうにもならないよ

(人道的って…法律にのっとって罰則してるとかいっといて結局モラルに訴えるの?って感じですよね)

ららさん
いえ、納得のいかない部分の説明を求めただけで、交付を覆しにきたわけではありません。説明はいただけませんでしたが。

(もっと方言丸出しの威圧的な話し方で、なんども「ごねに来たのか」等言われましたがはしょりました。私もこんなに理路整然とはしてませんでしたが読みやすいようにまとめました)

録音の事実を告げたら

で、ここでICレコーダーを切って

ららさん
今回の会話は録らせていただきました。先ほども言いましたが、私は説明を求めにきただけで、違反を覆しにきたのではありません。告知書の裏に記載されている通り、違反金は任意とのことなので、裁判所で争います。その際、こちらの記録を証拠としますなので、裁判でこちらを提出して事情を話した上でなら罰金も、処罰も受けるつもりです。お忙しいところお時間とっていただいてありがとうございました。

と帰ろうとしたところ、対応ががらっと変わって結局厳重注意になったという流れです。

威圧的な態度は変わらず

警察
自分が悪いということを認めるのであれば、今回は厳重注意しよう
ららさん
いえ、いいです。先ほどどうにもならないとおっしゃられましたしごねにきたわけではないので
警察
でも、裁判になると手間もかかるよ。点数にも響くし。
ららさん
分かりました。お願いします

↑すみません、この辺りの言動はICレコーダー切ってたので曖昧です。

納得いかなかったのでつっぱねようかとも思ったんですが、まぁ取り消されるならラッキーと思ってのっかりました。そのかわりICレコーダーのデータも消さされました。(復元できますよ~って思いましたが。そして復元しましたが。)

上記のような流れでした。
改めて警察って…腐ってますよね。
交通課にいるような警官はバカですから、切符に記入する際に細かい誤字脱字は言うに及ばず、住所氏名にまで誤記をする警官が後を絶ちません。しかし、現実的には免許証番号によってキッチリ本人に反則点が付加され、誤記を理由に取消を求めても、「誤記は訂正すればいいんだ」と主張しますし、裁判所も「多少の誤記があるからと言って、被疑者の違反行為がなかったとまでは言えない」なんて屁理屈でこれを追認します。

つまり、多少誤記があっても警察が処理しようと思えば処理出来るのです。このケースでは、当日の午後に乗り込んでおり、違反登録前に警官の不法な発言の数々を録音できたのが勝因と言えます。

それでもこのコメントには勇気付けられます。切符を切られても納得がいかなければ、出来るだけ早く所轄に乗り込んで、録音しながらやり合ってみるのも一興だということです。もちろん門前払いされる人も少なくないでしょう。しかし、そういう被疑者が増えれば警察も対処を変えてくる可能性があります。

危ない場所で危険性の高い違反を重点的に取り締まってくれるなんてことを期待するほど夢想家ではありませんが、面倒な奴が増えれば警告処分に切り替えるケースも増えてくるでしょう。うっかり違法な発言を録音でもされてしまうと保身の心が働きます。ブログ内では何度も書いていますが、保身と出世と予算の3つが地方公務員たる警官にとっての行動原理です。

私はかねがね「ICレコーダーを携行しろ」と提言していますが、最近の携帯やスマートフォンの録音機能は進化していますので、胸ポケットに入れた状態で相手の会話内容が聞き取れる程度に録音出来るのであれば、ICレコーダーがなくても出来るだけ早く所轄に乗り込むべきでしょう。勝負は違反登録をされる前までだと私は思いますから。

このららさんのケースでは、違反自体は事実だったためにそれは否認せずに可罰的違法性や検挙の手続上の瑕疵について上手に攻められています。この巡査部長のように「答える義務はない」とか「適正だった」と強弁しているのは、要するに答えられないからです。

相手が答えてこなかった時に「説明はしないということですね?」という趣旨の確認をしているのも上手な対応法です。私自身が切符を取り下げさせた体験記の中でも触れていますが、オウム返しに警官の発言を繰り返して確認するのは非常に有用な方法です。いくら警官が嘘つきでも、2秒前に発言した事を取り消すのは難しいですし、実はそれが録音までされていたなんてことを知れば地方公務員である警官は真っ青になります。

非常に上手いタイミングで話を切り上げ、そこで録音証拠の存在を相手に知らせているのも賞賛に値します。いくら録音してもそれを相手に告げなければ効果がありませんし、かといって最初から録音する旨を伝えてしまったら警戒して不法な発言をしなくなってしまいます。

あえて不安要素も述べてみますが、最後にデータを消すように強要されている部分には一抹の不安も覚えます。ららさんのICレコーダーは復元が容易なもののようでしたが、携帯などで録音した場合は消去データの復元が難しい場合もあります。

警察は嘘つきの巣窟ですから、厳重注意処分にすると言っておいてデータを消去させ、「やっぱり違反だから取り消さない」なんて暴挙に出る可能性もゼロではないと私は思います。このようなケースで厳重注意処分に切り下げさせた場合は、データの消去に関しては相当慎重に対応するべきでしょう。

とはいえ、厳重注意処分での決着というのは、警官に逃げ道を与える大人の対応法です。厳重注意をしたということは、違反の事実はあり、検挙も妥当であり、単に軽微な違反だったので告知せずに注意で済ませたということですから、警官の行動には一切のミスはなかったという建前が通ります。だからこそ警官も応じてきやすいのです。

違反の事実が全くなかったとしても、違反の有無について押し問答をするのではなく、「違反はした認識はない。仮に無自覚に違反をしたとしてもそれは過失であって故意ではない。この状況下での過失による違反にも、厳重注意処分では済まないだけの可罰的違法性があると主張するのであれば、その根拠を示しなさい。」程度の対応の方が応じてきやすいということですね。

で、私ならどうするかと言えば、現在はスマホで録画してしまうのが一番早いと考えています。録画されている状態では免許証も奪えませんから、その状態で切符処理が出来るほど胆力がある警官はそうそういないと思います。

それにしても警察は腐敗していますね。切符が撤回されたのはららさんにとっても、ブログ読者の皆様にとっても朗報ですが、このようにどう対応するかで結果が変わる事自体が、警察の腐敗を示していますね。しかも自分の身に不利益が生じると感じた瞬間の豹変ですから、かくも浅ましい警察の実態には軽蔑視以外の視点を持ち得ません。

まとめ

  1. 違反を認めて切符を切られてからでも勝機はある
  2. 違反登録前に出来るだけ早く所轄に乗り込む事
  3. 失言を引き出したければICレコーダーで隠し録りが有効
  4. 無理に反論せずに確認を繰り返す
  5. ここぞという場面で録音の存在を明かす
  6. 違反の事実自体は認めて警告指導で済ますのが確率がよいかも

隠し録音となるとスマホよりもICレコーダーの方が優秀そうです。サイドバーでも紹介してますが、そこそこの性能のレコーダーを持っていて損はないでしょう。

耐久性や長時間録音重視でこのあたりか

隠し録りがまずバレないという秘匿性でこのあたりがいいでしょう

記事の内容が「参考になった!」「興味深かった!」という方は、是非twitterやFacebookでシェアして下さい!アクセス数アップが励みになります!

アクセス数アップに御協力いただける方は以下をクリック!
にほんブログ村 車ブログへにほんブログ村 バイクブログへ

twitterはじめました
スポンサードリンク

コメント

  1. マサユキ より:

    6月14日に一時不停止で止められました。そこは停止線が奥にあり到底交差する道路の状況確認などできる場所ではありません。私は道路の状況が確認できるところまで出て停止をしましたが警察官が物陰から出てきて「停止線で停車しなかったから切符を切ります」と言い、私は納得いかないので否認をしました。私の調書を作成している傍では同じようなことをしている車が何台も通過しているにも関わらずそれを止めもせず私の調書に没頭していたところ、あまりにもひどい状態なので「一時不停止車両を取り締まれ」と言ったら一台止めて警告だけで通過させました。それを見た私は「あの車が警告なら私も同じじゃないか!」と言いましたが取り合ってもらえませんでした。
    今日警察署に出向き説明を求めあわよくば違反の撤回をしてもらおうと思いますが、話をするうえで何か注意しておくことがあればアドバイスをお願いします。

コメントをどうぞ