[仮想通貨バブル]2018年にオススメな3つの投資法[今年が最後かも]

2017年は仮想通貨元年と呼ばれ、含み益が億を超えるような通称「億り人」を何人も生み出しました。

ビットコインという単語がTVメディアでも流され始め、コインチェックのような仮想通貨取引所のCMも流れるようになり、今までは警戒していた人々も仮想通貨を買ってみようと取引所の開設が渋滞状態になっています。

詐欺ではないのか、バブルじゃないのかという懸念を持つ人が多いですが、中央銀行制度によって民間資本の民間銀行が通貨発行権を持っている事も詐欺ですし、年金基金で買い支えている日経平均もバブルです。

バブルは弾けた時に初めてバブルだとわかります。

ビットコイン狂騒曲もいずれは崩壊する時期がきますし、ビットコインに代わる高度な暗号通貨(仮想通貨)が基軸通貨になった頃には無価値に近い額まで落ちているでしょう。

しかし、それが起こるのは2018年ではないでしょう。そこらへんの主婦や女子高生がビットコインビットコインと言い出した頃、それがバブルが崩壊する予兆のようなものです。

いずれは弾けるバブルとわかった上で、失っても良い額を宝くじを買ったと思って賭けても良いと考えるのであれば、現時点で私が考える3つの投資法を紹介しておきます。もちろん、私も少額ながら全てやってみていますが、何の責任も取れませんので自己責任で…

会社が飛ばなきゃまず勝てるクラウドマイニング

ビットコイン(BTC)に代表される通貨は、世界中にパソコンで暗号を解読し、改竄不可能な取引台帳に記載する事によって送金処理を行っています。

この暗号解読を手伝った人は、定期的に新しく生み出されるビットコイン(総発行量は2100万BTCと決まっていますが、発行済みは1600万程度です)がもらえます。これを仮想通貨の世界ではマイニング(発掘)と呼び、計算させるためのASICと呼ばれる専用機で発掘して儲けている人々がいます。俗に言うマイナー(発掘者)ですね。

BTCがマイニングできるASICは高価(1台30万円くらい)でメンテも必要なため、素人はなかなか手が出せません。そこでマイニング企業が多額の資本投資をして電気代が安く寒い地域(マイニング機器は発熱も凄いため)にマイニング工場を作ってマイニング収益を得ています。

そういう企業のいくつかは、出資者を募ってマイニングするための発掘能力(ハッシュパワー)を貸し出し、発掘されたビットコインから手数料を引いたものを送ってくれるようなサービスを行っています。これがクラウドマイニングです。

これについては別記事にまとめましたが、仮想通貨における基軸通貨がBTCから他の通貨に変わるのは今年ではないでしょう。理由は、各取引所がBTCを基軸通貨とした仕組みを作り上げてしまっているため、基軸通貨の変更はかなり面倒だからです(笑)

クラウドマイニングのメリット・デメリットは以下の通りです。

メリット

  • 一度投資してしまえば後は放置していれば勝手に残高が増えていく
  • なので相場の乱高下に一喜一憂しないで済む
  • 1年間での予想収益は今のペースだと3~4倍

デメリット

  • 海外にあるマイニング企業なので夜逃げされたら終わり
  • 大きく儲けたいなら2番以降の投資法の方が夢がある

仕事が忙しくて相場をいちいち見てられないよ!とか、大きく儲けられなくてもいいから勝率が高いのが良い!というようなタイプの方には、クラウドマイニングがお勧めです。詳しくは以下の記事にまとめましたので、興味がある方はリンク先をお読み下さい。

[仮想通貨]クラウドマイニングの3つのリスク[ビットコインバルブ?]
ビットコインの高騰が止まりませんね。直接取引をしてキャピタルゲインを狙うのも良いですが、「ビットコインが増やしたい」と考えた私は、リスクを承知でクラウドマイ...

まあ、マイニング会社さえ飛ばなければ負けはないと思います。色々な仮想通貨がマイニング出来る所もありますが、投資するならSHA-256(ビットコインのマイニング)一択です。

5倍くらいになる可能性が高いBCHとXRP

仮想通貨を今から始めて買おうという人は、どうしても知名度の高さでBTC(ビットコイン)を買いたくなってしまうと思いますが、ビットコインは既にかなりの時価総額になっているため、ここから暴騰する可能性はあまり高くありません。

クラウドマイニングが低リスク低リターン(それでも1年で資金が3~4倍になるなら低リターンではありませんが)だとするなら、今からオススメするのは中リスク中リターンの通貨です。

オススメ通貨① ビットコインキャッシュ(BCH)

「bch」の画像検索結果

BCHはビットコインキャッシュと呼ばれるビットコインから派生した通貨ですが、キャッシュサイズが1MBしかないビットコインとは異なり、8MBのキャッシュサイズがあり機能的にはビットコインよりも遥かに高性能です。

中国の大手マイニング企業のビットメイン社がビットコインキャッシュのマイニングにも力を入れていますし、ジム・ロジャースあたりの著名投資家も「BCHが本物のビットコインだ」とか言ったとか言わないとか(笑)

ビットコインの処理能力の遅さからくる送金遅延は致命的で解決策もありませんから、大手取引所がBCH建の取引を始めたら、他も追随していずれはBCHが基軸通貨になるかもしれません(なるとは言ってない)

という訳で、2018年はBCHがBTCを追い抜く年になるかもしれません。(なるとは言ってない)

2018年1月9日現在の相場だと、BTCが160万円くらい、BCHが27万円くらいです。BCHの時価総額が今のBTCと同じくらいになると予想するなら5~6倍は十分あり得るでしょう。

3~4月頃にはより顕著になると言われているBTCの送金遅延問題。仕込むなら今のうちです。

BCHを買うならZaifかBitflyerが良いでしょう。コインチェックはスプレッドが高過ぎです。
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

オススメ通貨② リップル(XRP)

「XRP」の画像検索結果

XRPは銀行間取引に使われると言われているブリッジ通貨ですので、他の仮想通貨とは色々な面で異なります。中央集権的な通貨なので個人的には好きではないのですが、日本人はもちろん、外国の人も権威や大手という言葉に弱い人がいくらでもいるので、そういう安心感からまだまだ上がる可能性があります。

XRPを発行しているリップル社には、早い段階からGoogleなどが出資しているようですし、世界統一通貨を作って集中管理したいグローバリスト達が最終的に望んでいるのはXRPのような通貨でしょう。

グローバル社会なんて来てほしくないですが、それでも来るならそれまでに資産を作っておきたいものです。

2016年の10月に私が買った時は1XRP=0.9円くらいでしたが、今は270円位で取り引きされています。300倍ですね。私は早めに利確して他の通貨を買い始めてしまったのでいくらも儲かりませんでしたが、信じて持っていた人は資産が300倍くらいになったのです。

時価総額も既にかなり高いのですが、もうすぐオープンすると言われているSBIバーチャルカレンシーがXRPを扱うというような噂もありますので、日本の高齢者が貯め込んでいるタンス預金が流入したら1500~2000円位はあり得ると思います。

リップル社にはGoogleやAppleが出資していますから、彼らが本気を出して広告を打ったら投資者が一気に増えるでしょう。

XRPを日本円で買いたいならスプレッドの大きさには目を瞑ってコインチェックを使うしかありません。初心者を脱出したらコインチェックはまず使わなくなりますが、他に買える所が少ないのでやむを得ません。

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

Zaifにせよコインチェックにせよ、取引所は開設申込が殺到していてなかなか本人確認が終わりません。なおさら、申し込むなら早めの方が良いでしょう。開設だけなら1円もかかりませんから。

もちろん、上記の通貨が2018年中に4~5倍にならない可能性も十分ありますので、何度も繰り返しになりますが、失っても構わない余剰資金だけ使いましょう。1000円投資して1年後に5000円になったと喜べる人ならそれはそれで構わないのです。

100倍以上を狙うなら草コイン、オススメは耐量子性

ここから先は完全にハイリスク・ハイリターンの世界です。投資額が回収できない可能性の方が大きいですが、夢を買うなら大きい方がいいですよね。

草コインというのは、知名度が低く、扱っている取引所も少ないマイナーな仮想通貨のことですが、既に世の中には1000種類以上の仮想通貨があると言われており、今もどんどん増えています。SEレベルの知識があれば誰にでも作れるのが仮想通貨というもののようです(私はSEレベルではないので作れませんが…)

最近暴騰したコインでADAというものがありますが、ICOと呼ばれるプレセール時の価格と比べると1万倍以上になりました。まあ、ビットコインもそうですね。

ビットコインが今から1万倍になることはあり得ませんが、草コインの中でいずれ注目を集めて買いたい人が増えるものの中には、100倍以上になるお宝コインがいくつもあるでしょう。

それを正確に予想することは誰にも出来ませんが、とある理由によって私が注目している草コインがいくつかあります。

それは、量子コンピューターでもクラッキング不可能とされる耐量子性を持ったコインです。

量子コンピューターはまだまだ実用化されていませんが、0と1だけで計算している今のコンピューターでは(スパコンはそれを大量に並べているだけで仕組みは同じです)到底不可能とされているビットコインなどの仮想通貨の秘密鍵(これがバレると仮想通貨が盗まれます)をあっさりと解析出来てしまう可能性がある次世代型のコンピューターの事です。

専門家ではないので詳しくはわかりませんが、量子コンピューターが実現すると、解析速度が今の1億倍にもなり、通常の暗号は簡単に破られてしまうようになると思えば良いでしょう。

実現や実用化はまだまだ先だとは言われていますが、軍事技術は世間よりも20年は進んでいるとも言われていますし、「量子コンピューターが実現しそうだ」という噂だけでも耐量子性(量子コンピューターでも破られないような暗号形式)を持っている仮想通貨は注目を浴びる可能性が高いと考えています。

実は、最近暴騰したADAコインもそのうちの一つなのです。

私のリサーチ能力では、耐量子性を持っている仮想通貨は以下の3つしかまだ見つけられていません。

  • カルダノ エイダコイン(ADA)
  • SHIELDコイン(XSH)
  • クァンタム・レジスタント・レジャー(QRL)

これらのコインは日本の取引所では購入できませんので、海外取引所に口座を開設して買うしかないのですが、その時には日本円を一旦BTCに替えてから送る必要があります。BTCが基軸通貨であることを実感する瞬間です。

年末頃から仮想通貨を始めようと思った個人投資家達からの申込殺到で開設が一時ストップしている取引所も多いですが、それぞれのコインが買える取引所の紹介まではしておきます。

中国取引所大手のBinanceでもADAは購入できますが、それこそ申込殺到で一向に復活しません。たまに覗いてみて登録できる瞬間があったら登録しておきましょう。

Stocks.Exchangeだけは今でも登録可能ですが、本人確認機能がないなど、セキュリティがガバガバな感じがしてなりませんので、SHIELDを購入したらウォレットに移しておきたいところです。初心者にはハードルが高いですが、興味を持って調べてみれば何とかなります(笑)

夢を買うために草コインを買いたければ海外取引所しかありませんが、国内取引所の口座がないと日本円がBTCに替えられませんし、利確して日本円で引き出したい時にも国内取引所が必要です。

開設だけならお金もかかりませんし、取引画面の使い方やスマホの2段階認証のやり方などを覚えるためにも、以下の3つから一つくらいは作っておいても損はないでしょう。

多額の利益が出た際の納税申告をどうするかなどは、儲かってから考えればよい話ですし、去年の私のように年間の利確合計が20万円に満たなければ申告義務はありません。

ビットフライヤー
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

Zaif

コインチェック
ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

さてさて、仮想通貨狂騒曲に上手く乗って一財産築く事が出来るでしょうか?いずれ来るであろう政府主導によるブロックチェーン通貨や量子コンピューターの台頭を鑑みると、そのチャンスがあるのは今年が最後ではないかなと考えています。

しつこく言いますが、失っても惜しくない額で宝くじを買ったと思って投資して下さい。仮想通貨は投資ではなく投機=ギャンブルです。ただ、今の流れならパチンコ・競馬・宝くじよりも余程勝機が多いギャンブルだというだけです。

アクセス数アップに御協力いただける方は以下をクリック!
にほんブログ村 車ブログへにほんブログ村 バイクブログへ

twitterはじめました

コメントをどうぞ