[アドレスV125S]SHAD製トップケースSH33を取り付ける[GIVIが来ない]

スポンサードリンク

元祖、通勤快速原付2種のアドレスV125ですが、よく言われている弱点が3つほどあります。

  1. メットインスペースが小さくて積載量が少ない
  2. 前後ともブレーキが弱い
  3. 規制が入る度に遅くなる

今回は、1.の積載量問題を解決したいと思います。

トップケース(リアボックス)を積めばOKですが…

アドレスV125S(リミテッド)には、純正のキャリアが付いていますので、ここにトップケース(リアボックス)を搭載すれば積載量問題は一気に解決します。

信頼性を考えて最初はGIVIのE300NT2を購入しようと思い、Amazonでポチりました。

\10,389(2017.3.21時点)

私がポチった時(2017.2.5)には、\7,717という破格の価格で売り出されており、「3月3日までに配送」と表示されていました。

バイクの納車も3月上旬になりそうでしたから、十分待てると思って購入したのですが、ここで問題が起きます。

いつまで経っても送って来ないのです。

最初に表示されていた納期は3月3日でしたが、当日になってから2週間程納期が遅れるとの連絡が来ます。

購入履歴を見たら「3月15日までに配送」に変更されていました。

まあ、そういう事もあるでしょう。近所の2りんかんなどでは、普通に店頭に並んで売っているのですが、Amazonでは何故か品薄のようです。

で、首を長くして待っていたら、3月15日が来てしまいました。商品は届かず、連絡も来ません。購入履歴を再度確認します。

また勝手に2週間も納期が伸ばされています。価格は\10,800前後に上がり、納期は相変わらず「1~3週間程度」と表示されています。

2/5に発注して3/31到着予定という時点で8週間以上なんですが?

ここで私は悟りました。偶然廉価な時期に\7,717で購入した私に復活した在庫を回す気はないようです。きっと3/31になっても届かないでしょう。

この予想は正しかったようで、今見たら「4月18日に入荷予定」になっています。

砂糖絶ちをしてから滅多に怒らない私ですが、今回は言わせてもらいます。

4月まで入荷予定のない商品を「納期1~3週間」表記で2月の頭に売るんじゃねぇよ!

春になるとバイクに乗る人が増えるので人気商品は品薄になったり価格が上がったりします。2月中であれば他のボックスも今よりは安く売られていたのですから、私はGIVIのボックスに縛られたせいで機会損失をしました。

というワケで、GIVIはキャンセルしました。もう2度とGIVIなんか買いません(多分ウソ)

SHAD SH33を購入

あまり赤が入っていないリアボックスが欲しかったので、GIVIの代わりに購入したのはSHADというイタリアメーカーのSH33という商品です。

\6,480(2017.3.21時点)

参考価格\14,580が\8,100引きで\6,480ってどういう価格設定なんでしょう?参考価格通りに販売しているお店なんてあるのでしょうか?

それはともかく、これはすぐに届きました。バイクも納車されたので早速取り付けてみます。

キャリアにベースを装着

説明書に日本語はありませんが、まあ絵を見ればわかりますね。

とりあえずビスやナットなどをなくさないうちに全部出してみます。

今気付きましたけど、撮影時の日時がスタンプされてますね。カメラアプリの設定を変えなくては…

ベースをキャリアに乗せて位置決めをしたらボルト・スペーサー・ベース・プレート・ワッシャー・ナットの順になるようにして固定していきます。

アドレスV125Sの純正キャリアの場合、2ヶ所はすぐに場所が決まりましたが、残りの2ヶ所はプレートが綺麗にははまりませんでした。それでもガッチリと固定出来たのでよしとしましょう。

上から

裏から

後で後方ドラレコを搭載するような場合には、このベース下のスペースが利用できそうですね。

しっかりと固定したらベースキャリアにカバーをかぶせます。

左の方に娘の足が…

ベースの前の方の溝にボックスの底を滑り込ませる形で、フタを開いた状態で押し付けて取り付けます。SHADのボックスはこの脱着が硬いとよく言われていますが、確かに少し硬かったです。私は滅多に外さないので構いませんが、よく脱着したい方はシリコンスプレーを吹いておくと良いでしょう。

容量的にはフルフェイス+雨合羽が入るかな~くらいですかね。映っているのはXLサイズのジェット型ですが、メットインに入れようとするとキツかったです。

やはりアドレスV125Sにはリアボックスは鉄板装備な気がしますね。

SHADのボックスが使いやすいのは、カギを締めなくてもボックスがちゃんと閉まるという事です。

私のようにリアボックスにヘルメットを収納している場合、バイクに乗る前の動作が以下の3ステップで済みます。

  1. リアボックスを解錠してヘルメットを出す
  2. ボックスを閉めてヘルメットを被る
  3. 跨ってエンジンを掛けて出発

ここでリアボックスの施錠をする一手間が加わると案外面倒に感じるものです。

仕上げに日焼け防止の為にボックスにもバリアスコートを掛けておきました。

ボックス取り付けに掛かった時間は30分くらいですね。タイムスタンプもたまには役に立ちます(笑)

透明リフレクターが保安上は違反の疑いもあるようですので、時間のある時にリフレクターカバーを外してLEDテープでハイマウントストップランプでも自作してみたいと思います。

購入前から知っていましたが、やはり原付2種は便利です。気軽に乗れて、交通の流れをリード出来ますから、目的地付近にバイクを停められる場所さえあれば都市部での利便性はかなり高いです。

原付より原付2種を勧める3つの理由
私は大学時代に原付(ジョグ)を友人と共同で買って通学に使っていましたが、よく警察に検挙されてました。中型免許を取ってからはメインは400cc→600cc→954ccとアップし...

そんな便利なバイク文化を廃れさせたのが、警察の「放置違反金制度」と「駐車監視員という名の老害集団」です。

バイクなのに路肩や歩道の邪魔にならない所に停めておいただけで放置違反金を取られてしまうのですから、そりゃ誰も乗らなくなります。交番の前には平然とパトカーを路駐させてるような奴らに違法駐車を取り締まる資格なんてないんですけどね。

とりあえず行動圏内のよく行く場所の駐輪事情に精通することから始めなければなりませんね。せっかくの新車を植え込みに全部突っ込むようなマネは出来ればせずに済ませたいところですw

バイクに乗っていると自動車よりも警察に狙われやすくなります。

大切な免許証を守る為には、対処法をしっかりと身に付けておきましょう。

検挙時の対処法
今後遭うかもしれない理不尽な検挙に備えて、対応法を身に付けたい方は、以下の対処法の記事を通読して下さい。「難しい法律を色々覚えるほどの余裕はないよ」という方...

アクセス数アップに御協力いただける方は以下をクリック!
にほんブログ村 車ブログへにほんブログ村 バイクブログへ

twitterはじめました
スポンサードリンク

コメントをどうぞ