[念願の?]アドレスV125Sリミテッドを購入[原付2種]

スポンサードリンク

スクーターでいいから欲しいな~

今から13年位前に、首都高の走り屋をしていた私ですが、神田橋JCTで転倒して右腕粉砕骨折、右下肢単純骨折で1ヶ月半の入院+リハビリ1年を食らって以来、バイクからは遠ざかったいました。

バイクが怖くなったのでも、乗りたくなかったのでもありませんが、事故後に今の嫁と出会って結婚し、子どもが出来た事もあり、またバイクで無茶な運転をして先立ってしまっても仕方がないと考え、「いつか子ども達が独り立ちしたら…」という夢を描きながら何となく我慢していました。

しかし、です。よく考えてみたら、走り屋時代のような攻めた走りをする必要はなく、日常の足として原付2種があって困るという事もありません。ちょうど原付2種についての記事を書いた頃あたりから、徐々に欲しい気持ちが大きくなってきました。

原付より原付2種を勧める3つの理由
私は大学時代に原付(ジョグ)を友人と共同で買って通学に使っていましたが、よく警察に検挙されてました。中型免許を取ってからはメインは400cc→600cc→954ccとアップし...

コツコツ貯める

私の小遣いは月2万円で、このサイトから得られる広告収入や会員費は微々たるものですが、1年半前に独自ドメインを取得してからは、そういった収入には一切手を付けずにコツコツと貯めてきました。

後はたまに職場から出る出張手当などもコツコツ貯め、酒は飲まず(私は下戸なので年数回しか飲みに行きませんw)女遊びもせず(嫁は私のウソを見抜く天才です。TVのウソにはすぐ騙されてますが…)ひたすらコツコツ貯めていたら、何とか原付2種くらいなら買える程度のヘソクリが貯まりました!

警官なんぞ怖くも何ともない私ですが、嫁相手の説得が鬼門です。何しろ論理が一切通じない相手で

私はイヤ
あなたは何もわかってない
何言ってるかわからない

などの数々の呪文を唱え、誰とディベートしてもそれなりの戦いが出来る私が、唯一勝てないと悟った相手です(笑)

まあ、そんな相手だから結婚したんですけど。

さて、そんな魅力的で料理が抜群に上手い嫁ですが(本当の理由はこれです。チェーン店なんぞで食べるより帰宅した方が上手いメシが食えます)バイク購入については以前チラッと仄めかした時に

子ども残して死ぬ気?一生恨むわよ?

と一蹴された過去があります。いくら私でも死んだ事はないですし、死んだ後に一生恨まれてもこちらに実害はないとは思うのですが…

それでも乗りたいものは乗りたいですし、今回はカネも貯まっています。家計にダメージが無いなら嫁もイヤとは言えないハズですし、イヤと言われても買ってしまえば…

というワケで意を決して嫁に相談を持ちかけます。はっきり言って行政訴訟の初公判時よりも緊張しましたw

取締り110番
始発に乗れる途中駅までスクーターで通いたいんで、1台買わせて欲しいんだけど?
危なくない?
取締り110番
バイクは危ない乗り物だって乗る度に肝に銘じて乗るからさ。ヘソクリ貯めて買えるだけのおカネは貯まってるから家計に迷惑はかけないよ!
…。じゃあ、好きにすれば?

やりました。鬼門クリアですw

私は意気揚々とネットで原付2種を物色し、過去記事でもオススメしていた通りの結論を出し、スズキのアドレスV125Sのリミテッドを購入することにしました。

生産終了で在庫薄?

買うのはスズキのアドレスV125Sリミテッドに決定です。

主要諸元(黄色は私が気にしたor気になったところです)

  • 型式 EBJ-CF4MA
  • 全長 / 全幅 / 全高 1,780mm / 720mm / 1,050mm
  • シート高 750mm
  • 装備重量 103kg
  • 定地燃費値 52.0km/L(60km/h)2名乗車時
  • WMTCモード値 42.6km/L(クラス1)1名乗車時
  • 最小回転半径 1.8m
  • エンジン型式 / 弁方式 F468・強制空冷・4サイクル・単気筒 / SOHC・2バルブ
  • 最高出力 7.3kW〈9.9PS〉/ 7,500rpm
  • 最大トルク 10N・m〈1.0kgf・m〉/ 6,000rpm
  • ブレーキ形式(前 / 後) 油圧式シングルディスク / 機械式リーディングトレーリング
  • タイヤサイズ(前 / 後) 90/90-10 50J / 100/90-10 56J

都内在住ですから信号待ちの列くらいはスリ抜けしないと2輪に乗る意味がありません。

本当は、スリ抜けだけ考えるなら、無印やV125Sなら全幅が635mmしかないのでスリ抜け最強になりますが、リミテッドにしかない快適装備が素晴らし過ぎて妥協しました(笑)

何しろ、125ccクラスなのにシートヒーター・グリップヒーター・ナックルガードが標準装備です。

こういうのって、後から付けようとすると結構苦労する上に高く付くんですよね…

装備重量103kgは、ライバルになりそうなLEAD125やPCXと比べても軽量で、ボディのコンパクトさも都内での取り回しには便利そうです。郊外在住の方の場合はLEADやPCXの方が楽で直線が速いですけどね。

さて、2/5に近所のバイク屋さんで発注したのですが、実際に納車されたのは3/18でした。

今のアドレスは台湾で作られているのですが、生産ラインを既に絞っているらしく、バイク屋からも在庫が次々に消えていっています。毎日ヘルメットを磨きながら首を長くして待っていました(笑)

ようやく先週末に納車され、今は慣らしの真っ最中ですが、納車時にバイク屋の親父さんに聞いたら、「今から発注しても7月頃になるし、それが最終かもしれない。125ccクラスでもABSかコンビブレーキの搭載が義務化?されるみたい」とのことでした。

最終型となったアドレスV125Sを入手できたのは嬉しいですが、保守部品はともかく、社外のアフターパーツなどは早めに買っておかないと徐々に減っていくかもしれませんね…

と、いうわけで、我が家にも原付2種が来たので、原付1種ほどではないにせよ、警察の集金業務に巻き込まれる危険性が格段に上がったかもしれません。

原付2種なので30km/h規制や二段階右折はありませんが、ネズミ捕りと白バイ追尾には気を付けないといけないでしょうね。バイクでも後方ドラレコ搭載を検討しましょうか…

相手が白バイじゃなくて自転車の警察官やパトカーだったら?リスクとリターンを天秤に懸けてその都度考えますよ(笑)

逃げるは恥でも罪でもない-走り屋がゴールド免許を維持出来る理由
※この記事に記載されている内容は全てフィクションです。フィクションですから違法性のある行為も含まれます。遵法精神の強い方には、今すぐページを閉じる事をオススメ...

アクセス数アップに御協力いただける方は以下をクリック!
にほんブログ村 車ブログへにほんブログ村 バイクブログへ

twitterはじめました
スポンサードリンク

コメントをどうぞ